2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

カテゴリー「パゴス」の記事

2014年5月 1日 (木)

パゴス記念日

001
ゴールデンウィークも中休みながら、頬をなでる風はもう初夏の香り。
そんな爽やかな今日・5月1日は、ちょうど48年前
ご存知「たんぽぽ団の誓いを忘れたの!?」の名ゼリフでおなじみの
ウルトラQ第18話『虹の卵』が放送された日です。

言わば今日は、バラゴン改造のウルトラ怪獣第一号
電気のいらない扇風機じゃなかった、パゴスの誕生日というわけで。

奇しくも近所の公園では、たんぽぽが満開。
というわけでたんぽぽ団団長、ピー子ちゃんの努力に敬意を表し
わが家のパゴスを連れて、虹の卵さがしに出かけましたrun

このソフビパゴス、当然ながらマルサンの当時物なんて貴重品じゃなく
後年のバンダイ復刻版。
でもこの一体には、Qを代表するビッグネームの魂が
しっかりと刻み込まれているのです
punch
ウソじゃありませんよ。だいいちアタイはねぇ
ウソつきとダイコンの煮たのとカマキリは大キライなんだからpout


002_2
サザメダケならぬツツジの花に囲まれご満悦happy01
その背中に記された一筆こそ
元祖ウルトラ戦闘機、星川航空のセスナ・ヘリコプターを自在に操る
戸川一平隊員・西条康彦氏その人のサインぢゃありませんかっ
lovely
ちゃんと一平って書いてあるところがスバラシイhappy02

まーこのサイン、昔のウルトラQトークショーでご本人から戴いたモノ。
以来このパゴスは、門外不出のご神体として大事にしまってあったんですけど
久々のパゴス記念日ですから、たまには外の空気も吸わせてあげようと。

最近はウルトライベントも盛んに行われているので
当時の出演者から戴いたサインのおひろめ日記も多く見かけます。
「Q」以来、ウルトラマン以降にも出演していた
佐原健二さん、桜井浩子さんのサインは、わりあい見かけるんですが
メインキャストとしては「Q」のみだった西条さんのサインは
あまり日の目を見ない所がなんとも寂しい
weep

ウルトラマンよりむしろ、ウルトラQに思い入れの強い私としては
やっぱり淳ちゃん、由利ちゃん、一平くんのトリオこそ魂の故郷だよなあと。

その割に、未だに佐原さんにはお会いした経験のないあたり
なんとも詰めの甘い私なんですけどcoldsweats01
まーあえて最後のピースをハメない所が、ジグソーパズルの醍醐味って事でsmile


003

一平くんがあれば、もちろん由利ちゃんのサインもhappy01
現在は円谷プロの敏腕Pとして、精力的に活躍されている桜井さんですが
このサインを戴いた頃は、まだ現在のポストに就かれていなかったように
記憶しています。

それでもこのパゴスを携えた私に「後でサインしますから待ってて下さい」
気軽にお声をかけて下さった気遣いには
すでにプロデューサーの才覚が見えていたなあと、今にしてみればしみじみとconfident

以前、友人が
「サインはその文字以上に、ご本人とやりとりした時の思い出こそがお宝。
記名戴いた色紙やソフビは、その思い出を反芻するタイムカプセル。」

と語っていましたが、私も同感ですね。
人づてに書いてもらったサインには、貴重さ以上の感慨は沸きませんが
自分が直接ご本人にお会いしペンを渡して、戴く時に二言三言交わした時の記憶は
サイン以上に心に刻まれていますもんね。


当時、ソフビにサインをお願いするファンは少なく、会場でも私ひとりだったので
コレをお渡しした時も、お二人で不思議そうに眺めながら
「たしかこの怪獣、ウルトラQの怪獣でしたね~」
嬉しそうにお話下さった思い出が昨日の事のように蘇えります。そんな時代でした。
まさにその会話の記憶こそ、私の『虹の卵』。
わざわざ探しに行かなくても、あったんですね手元に
happy01

この写真、パゴスの彼方に見えるカラフルなつぶつぶは
公園にたまたま遠足で来ていた、幼稚園の子どもたちなんですよ。
今日の思い出も、彼らの心には美しい虹の卵として残るのでしょうかhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2006年5月23日 (火)

ウチのご神体「パゴスちゃん」

間欠ワイパーの奏でるけだるいリズム。ダッシュボードのブースカもどこか元気がなさそう。そんな小雨の中の帰宅でした。雨のおかげで髪はパサパサ、メイクは崩れるし・・・泣きたくなるような一日。こんなテンションの低い日はサッとシャワーを浴びて、久しぶりに「ウチのご神体」のご機嫌をうかがうことにしましょう。                    

夕食をすませ、部屋の隅のコンテナボックスをおもむろに運び出します。中に鎮座するその姿こそ、我が家に数年(短いね)伝わるご神体「パゴスちゃん」なのです。

Pagos3 まあ、ごらん頂ければ何の変哲もない、むしろ「なんじゃこれは」レベルの「ソフトビニール怪獣人形」です。これがなぜ「ご神体」なのか?こんな雨の日は、数年前のこれにまつわる記憶をひもといて、自分のテンションを上げたいと思ってしまう訳です。「たまたま雨宿りしたひさしの隣に居合わせた、話好きのたわごと」とでも思ってお付き合い下さい。

この「パゴス」、「ギリシャのソフィスト」でも、「電気のいらない扇風機」の名前でもなく、昭和41年放送の特撮テレビ番組「ウルトラQ」の第18話として放送された「虹の卵」というタイトルのお話に登場する地底怪獣の名前です。災いの前兆という「サザメ竹の花」が咲いた時、地底から現れて近くで運ばれていた濃縮ウランを狙う、正統派怪獣。その濃縮ウランを「どんな願いもかなえてくれる<虹の卵>」と思い込み、足の悪いおばあちゃんを助けようとする子供が見つけて・・・というお話です。言っておきますが「ウルトラマン」は出てきませんよ。この人形は番組に登場する「本物」よりかなりかわいく作られています。まあこれは放送当時に発売されていた子供向けのおもちゃの復刻版なので。当時の物はお宝ブームのおかげでプレミアがついちゃってとても手がでません。その「復刻版」を後生大事にしているのには訳があるんです。                                                                              

4年ほど前、私の住む町で、この「ウルトラQ」で主役を演じた西条康彦さんと桜井浩子さんがトークショーを開きました。 「ウルトラQ」のDVD販促イベントだったんです。本当は主人公役の佐原健二さんを入れてトリオで怪事件を追うドラマなんですが、この「二人だけ」のトークショーっていうのがまた良かったんですよねー。「主人公の目を盗んでちょっと裏話しにきちゃいました」という雰囲気で。のびのびと話す姿がほほえましいイベントでした。その後、 「記念写真タイム」 というのがありまして、要はこのお二人の真ん中に立って記念写真を撮ってもらうという、(ポラロイドでしたが)夢のようなイベント。私にとって桜井浩子さんは「マイ・フェバリット・ウルトラヒロイン」なんですよ。アンヌ隊員の比じゃないんです。活動的な女性記者の姿が「あんな風になれたらいいな」と子供の私には映ったんですね。その役名「江戸川由利子」こと桜井さんと握手。「戸川一平」役の西条さんも加わって3ショットで写真。 そりゃテンション上がりますよね。                                                                    

その写真タイムの為に、当日詰め掛けたファンは自分の持てる「ウルトラQ」グッズを選りすぐって、記念写真に写りこませようと奮闘するのでした。かくいう私も頭をひねったんですが、そんな貴重な物なんて持っちゃいません。たまたま安く手に入ったこの「パゴス」をバッグにねじこんで会場へ向かいました。桜井さんとの話のきっかけにでもなればと思ったんです。それがいざ自分の番が回ってくると、これがまた意外にもご本人の食いつきがいい。「あ、これなんて怪獣でしたっけ?あーここまで出てるんだけど・・・ウルトラQの怪獣でしたよねこれ!」というノリで。なんてフレンドリーな・・・ 写真を撮った直後、お二人から耳打ちがありました。 「この怪獣に、よかったらサインしましょうか?」ちょっと耳を疑いました。事前にイベントのスタッフから、会場が混乱するのでサインは要求しないで下さいと説明があったからです。それがご本人から申し出があったなんて。「全員撮影が終わったらしますから待っててください。」桜井浩子さんに「後で待ってて」と言わせたオタク!    

Pagos2_1                             まあなんの事Pagos1_1はない、グッズを持参したファンには全員声を掛けられていたようで。撮影終了後、二人で「サインしまーす」と(マイクを使わずに)会場に呼びかける姿は今でも目に焼きついています。優しい人だなー。写真はその時もらったサイン。役名とお二人のお名前が、「バゴス」の背中に書かれています。その瞬間、この 「パゴスちゃん」は、ウチのご神体になったのでした。会場に怪獣のソフビを持ってきていたのは見回したところ私だけだったようで(皆さんは色紙とかムック本とか大人なグッズが多かったので、ちょっと私は肩身が狭かったですが)これは本当にいい記念になりました。私にとってこの「パゴスちゃん」は、復刻版とかサイン入りの付加価値とかそういう物じゃなく、憧れの桜井さん、西条さんとの至福の時を与えてくれた「虹の卵」なのです。

で、私よくわからないんですが、ソフトビニール素材って時間の経過によって「可塑剤」が抜けて割れやすくなるとか、サインのマジックペンの油分が飛んで、サインが薄くなるとか聞いたんですが、本当なんでしょうか?今のところそんな兆候は見えないんですが、なにせ「ご神体」なもので・・・無知な私は「せめて紫外線対策を」と、専用の黒のコンテナボックスに厳重にしまいこんで、たまーにしか眺めないんですが。あまり出しておくと、婚期が遅くなるとか・・・おひなさまか!