2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« チルソノアの神 | トップページ | 白眼の怨獣 »

2018年7月22日 (日)

酷暑の恐怖 狙われたニュータウン

1

今日も命に関わる危険な暑さ襲来の、2018年7月22日。
肌を刺す灼熱の太陽の下、名古屋の片隅に降り立った
パチ感満点の一つ目怪獣は!?

2

そうですこれこそ、おなじみ宇宙猿人ゴリが地球侵略に放った新たな刺客
吸血怪獣バクラー!happy02
「できたての家に、人間様より先にバクラーが棲んでいようとは
お釈迦さまでも知るまいて。ヘハハハハハsmile
E惑星出身の割に仏教徒らしい悪の宇宙科学者は
庭付き3DK一万円の安さに惹かれた、若夫婦の生き血を吸い
バクラー飼育要員としてインベーダー配下化。
我らが公害Gメン・加賀隊員夫妻にもその魔手を向けるのだった・・・shock

ああなんて恐ろしいゴリ博士の陰謀。迎え撃てネヴィラの勇士!
"新緑とオゾンの別天地"日向ニュータウンを舞台に
スペクトルマンとバクラーの息詰まる激闘が始まった!punch

というわけで今回はネタに合わせ
いつもの森を飛び出して、近所の新興住宅地へやって来ましたhappy01
屋台骨を根こそぎ食いつぶすわが家の大敵・シロアリ怪獣ですから
ぜったい歓迎されないだろうと、撮影も一瞬の早業でしたがcamera

3

ゴキノザウルスと並ぶピープロ害虫怪獣の代表格として
強烈な印象を残す一頭ですね。このバクラーは。
(赤ちゃんが顔を出してるこの個体は、後に出現したVer.らしいですがcoldsweats01
何よりこの巨大な一つ目と、お腹に飼ってる弱点・原生生物の姿は
一度見たら忘れられないインパクトでしたcoldsweats02
加えておどろおどろしいメイクや照明、カメラワークが印象的な
犠牲者インベーダー夫妻のアクションも相まって
この『ゴリ』バクラー前後篇は、スペクトルマン屈指のホラーエピソードとして
ファンに語り継がれているのです・・・

まースペクトルマンが富士山に脚をかけ、火口にガスタンクを投げ込む
超スペクタクルカットでも有名なエピソードですねcoldsweats01
あれのおかげで、本邦最巨大化ヒーローの栄冠(?)に輝いたネヴィラの勇士ですが
ウルトラセブンのダリー戦同様、ヒーローに不可能無しをアピールする
エスカレート演出の一つと解釈していますsmile
(そう考えなきゃやっていけませんよピープロファンは。
 スペクトルフラッシュのエフェクトやSEも千差万別ですしcoldsweats01

4

5

6

さすがシロアリ怪獣。巨大化でラドン並みの暴風を起こし
家をお菓子みたいに端からバリボリ食べちゃうんですから、かなりのストロング派ですねrock
今回入手のソフビはマスダヤ復刻版。人気は設定どおりの黄色成型色なので
やや不人気なこの茶色は、相場より若干お値打ちに入手できましたhappy01

7

オールドファンにはたまらない、ヤダモン印のピープロ証紙。
この絵の怪獣を解説しなきゃ分からない時代が、もう訪れているんでしょうねwink

8

茶色なので地味に見えますが、シルバー彩色の白目は目力アピール最高shine
公園名物・タコチュウすべり台にもひけをとらないインパクトです。
もちろん当時の金型から起こされているので、フォルムは'71年テイストそのまま。
加えて、全身から漂う愛嬌が幸いし
当時物・復刻版共に今も人気のアイテムですhappy02
造型が劇中の暴れっぷりを思わせ
デフォルメの中にもやんちゃ坊主感があるせいでしょうかhappy01

設定では吸血怪獣ですし、ニュータウン壊滅から富士山噴火に至る大破壊エピソードですが
このソフビには、カネゴンブースカに通じるファニー系の香りがありますねlovely
これもマスダヤマジックの一つでしょう。造型の妙はマルサンだけではないとhappy01

9

遠近法でちょっと小さく見えますが、全高は25cm。
同じSTサイズでもマルサンを若干上回るのが、マスダヤの標準サイズです。
加えて頭も大きいので、かなりのボリューム感happy02

宿敵同士なのに、バクラー込みだと和みますねーなんかlovely
加えてユルソフビだと、仲が良さそうに見えるところがどーも。
尋常じゃなく暑いですねーと挨拶を交わす、真夏のピープロトリオでした。
(名古屋は39.5度で撮影汗だくsweat01ソフビも暑さでフニャフニャのありさまcoldsweats01

« チルソノアの神 | トップページ | 白眼の怨獣 »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/73903371

この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑の恐怖 狙われたニュータウン:

« チルソノアの神 | トップページ | 白眼の怨獣 »