2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 梅雨の復刻まつり | トップページ | 酷暑の恐怖 狙われたニュータウン »

2018年7月 3日 (火)

チルソノアの神

1

人跡未踏・謎の町と呼ばれた中近東の秘境、ガラージに分け入った科特隊は
森の聖地に佇む純白の石像に息を飲んだ!
「チルソノアの神・・・五千年の昔、ガラモンの先祖は地球上に現れ
侵略の魔の手を伸ばしていたのか!?」
(ロボット怪獣を先祖呼ばわりもアレですが、まー原典遵守という事でcoldsweats01

2

という訳で今回お迎えしたのは、海洋堂ソフビキット・1/200ガラモンhappy01
ガレージキット黎明期にスター原型師として名を馳せた、原詠人氏の手によるもので
白成型色が美しい1989年発売バージョンの、素組み無塗装版です。
そのクォリティの高さは、2016年に再販された事実からも証明できますねhappy01

このキットは当時、予想の斜め上を行く個性的造形の原氏が手がけたとあって
仲間内では話題騒然でした。
体中のトゲ再現がネックとなり、それまでメジャーメーカーが二の足を踏んでいたアイテムだけに
大人の鑑賞に耐えうるリアルガラモン、それもあの原アレンジが手に入るというだけで
ファンにはとてつもない朗報だったのです。
さらにキャストに比べ安価で手軽なソフビキットという事もあり、発売直後は争奪戦勃発impact
幸運にも入手できた者は200個近いパーツ接着にも果敢に挑み
仕上げただけで勇者扱いscissors
思い込みタップリに塗装の腕を競ったものでしたart

3

かくいう私も当時は東奔西走、行きつけショップで有名な成田画パッケージを入手。
喜び勇んだものの、ガラモン命の先輩が既に一体をロールアウト直後で
その工作・整形・塗装テクの凄まじさに呆然自失、ため息交じりに仰ぎ見るのみで
わが腕のふがいなさに手を出せなくなった過去がありますweep
いわゆるトラウマアイテムですねsmile
自分の実力が十しかないのに百を見ちゃった敗北感と言うかshock
そんな過去がモチベーションに影を落とし、キットも手つかずのまま手放すハメにcrying
ガレキに手を染めた者なら誰もが通る黒歴史coldsweats01まーそんな昔話はともかく。

4

今回の入手は素組無塗装版だったので、当時のリベンジ的意味合いもあったのですが
前オーナーさんの工作技術が予想以上に素晴らしく、接着剤漏れ一つ無いので
むしろこのままで全然OK、しばらくはオブジェ扱いで鑑賞したい気分になって来ましてhappy01
ビリケンキット等でもありますよね。無塗装で成型色を楽しむ鑑賞スタイルが。
私には珍しいですが、白のボディカラーにデッサン像的魅力を感じたとでも思って下さいcoldsweats01

5

白という色はディテールを浮き立たせ、明暗のコントラストがはっきり出るので
塗装でごまかせない分、造形の嘘がつけません。
その特性が、デッサンのモチーフとして使われる理由でもあるのでしょうart
言ってみれば、原型師の腕がそのまま出てしまう恐ろしい色なんですね。
ですからこのガラモンも、期せずして原氏の造形技術を味わう
絶好の立体モデルというわけですwink
背面の量感からトゲのサイズ・フォルム・配置をはじめ・・・

6

7

ガラモンという怪獣が持つ個性、プロポーションはもとより表面の細かい凹凸などが
塗装済みモデル以上にはっきり確認できます。
おそらく造型姿勢は憑依型であろう、豪放にして緻密な原氏のディテールへの執着。
左右非対称な腕の位置などに見られる、ポージングの躍動感。
それでいてガラモンの基本ラインを崩していない、このさじ加減が絶妙なんですねhappy02

8

ガラモンの肌ってこんなにデコボコしてたっけ?まるで冷えて固まった溶岩のようですね。
皺の彫も尋常じゃない深さだし。
そこも微妙な原アレンジ。着ぐるみ再現より印象の追及と言う方向性でしょうかlovely
その造型の魅力が、発表から30年近くを経た今も再販され続ける所以なのでしょうwink

9

ただ白いというだけで巨大感を演出する"スター・ウォーズの法則"で
この一体も、実物以上に巨大に見えます。
梅雨空を切り取るその威容は、全高100mを誇るかの仙台大観音を思わせますね。
怪獣を観音様と比べちゃバチ当たりですけどsmile

で、今回、あえてサイズ表記を避けていましたが・・・

10

意外にもノスヒロやメディコムとほぼ同じ、25cmというビッグサイズなんですねhappy02
しかも昔見た時よりボリューミーな印象でした。逆はあるんですけどこういうのは珍しい。
三体並べてみればさながら、ガラモンフィギュア40年の歩みclock
電動歩行から固定モデルを経て、フレキシブルフィギュアにまでなっちゃうんですから
さすが人気怪獣、大したバリエーションと唸っていますhappy02
ご覧の通り、海洋堂版はメディコム版よりハードディテールで顔も大きく
近くで見ればすごい迫力smile
しかも係累を持たない唯一無二のフォルムですから、存在感も抜群ですhappy02

やっぱりガラモンは特別ですね。
いつかチャンスがあれば、ビリケン版とも比べてみたいところですhappy01

« 梅雨の復刻まつり | トップページ | 酷暑の恐怖 狙われたニュータウン »

「円谷プロ名作」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/73794142

この記事へのトラックバック一覧です: チルソノアの神:

« 梅雨の復刻まつり | トップページ | 酷暑の恐怖 狙われたニュータウン »