2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の記事

2018年7月22日 (日)

酷暑の恐怖 狙われたニュータウン

1

今日も命に関わる危険な暑さ襲来の、2018年7月22日。
肌を刺す灼熱の太陽の下、名古屋の片隅に降り立った
パチ感満点の一つ目怪獣は!?

2

そうですこれこそ、おなじみ宇宙猿人ゴリが地球侵略に放った新たな刺客
吸血怪獣バクラー!
「できたての家に、人間様より先にバクラーが棲んでいようとは
お釈迦さまでも知るまいて。ヘハハハハハ
E惑星出身の割に仏教徒らしい悪の宇宙科学者は
庭付き3DK一万円の安さに惹かれた、若夫婦の生き血を吸い
バクラー飼育要員としてインベーダー配下化。
我らが公害Gメン・加賀隊員夫妻にもその魔手を向けるのだった・・・

ああなんて恐ろしいゴリ博士の陰謀。迎え撃てネヴィラの勇士!
"新緑とオゾンの別天地"日向ニュータウンを舞台に
スペクトルマンとバクラーの息詰まる激闘が始まった!

というわけで今回はネタに合わせ
いつもの森を飛び出して、近所の新興住宅地へやって来ました
屋台骨を根こそぎ食いつぶすわが家の大敵・シロアリ怪獣ですから
ぜったい歓迎されないだろうと、撮影も一瞬の早業でしたが

3

ゴキノザウルスと並ぶピープロ害虫怪獣の代表格として
強烈な印象を残す一頭ですね。このバクラーは。
(赤ちゃんが顔を出してるこの個体は、後に出現したVer.らしいですが
何よりこの巨大な一つ目と、お腹に飼ってる弱点・原生生物の姿は
一度見たら忘れられないインパクトでした
加えておどろおどろしいメイクや照明、カメラワークが印象的な
犠牲者インベーダー夫妻のアクションも相まって
この『ゴリ』バクラー前後篇は、スペクトルマン屈指のホラーエピソードとして
ファンに語り継がれているのです・・・

まースペクトルマンが富士山に脚をかけ、火口にガスタンクを投げ込む
超スペクタクルカットでも有名なエピソードですね
あれのおかげで、本邦最巨大化ヒーローの栄冠(?)に輝いたネヴィラの勇士ですが
ウルトラセブンのダリー戦同様、ヒーローに不可能無しをアピールする
エスカレート演出の一つと解釈しています
(そう考えなきゃやっていけませんよピープロファンは。
 スペクトルフラッシュのエフェクトやSEも千差万別ですし

4

5

6

さすがシロアリ怪獣。巨大化でラドン並みの暴風を起こし
家をお菓子みたいに端からバリボリ食べちゃうんですから、かなりのストロング派ですね
今回入手のソフビはマスダヤ復刻版。人気は設定どおりの黄色成型色なので
やや不人気なこの茶色は、相場より若干お値打ちに入手できました

7

オールドファンにはたまらない、ヤダモン印のピープロ証紙。
この絵の怪獣を解説しなきゃ分からない時代が、もう訪れているんでしょうね

8

茶色なので地味に見えますが、シルバー彩色の白目は目力アピール最高
公園名物・タコチュウすべり台にもひけをとらないインパクトです。
もちろん当時の金型から起こされているので、フォルムは'71年テイストそのまま。
加えて、全身から漂う愛嬌が幸いし
当時物・復刻版共に今も人気のアイテムです
造型が劇中の暴れっぷりを思わせ
デフォルメの中にもやんちゃ坊主感があるせいでしょうか

設定では吸血怪獣ですし、ニュータウン壊滅から富士山噴火に至る大破壊エピソードですが
このソフビには、カネゴンブースカに通じるファニー系の香りがありますね
これもマスダヤマジックの一つでしょう。造型の妙はマルサンだけではないと

9

遠近法でちょっと小さく見えますが、全高は25cm。
同じSTサイズでもマルサンを若干上回るのが、マスダヤの標準サイズです。
加えて頭も大きいので、かなりのボリューム感

宿敵同士なのに、バクラー込みだと和みますねーなんか
加えてユルソフビだと、仲が良さそうに見えるところがどーも。
尋常じゃなく暑いですねーと挨拶を交わす、真夏のピープロトリオでした。
(名古屋は39.5度で撮影汗だくソフビも暑さでフニャフニャのありさま

2018年7月 3日 (火)

チルソノアの神

1

人跡未踏・謎の町と呼ばれた中近東の秘境、ガラージに分け入った科特隊は
森の聖地に佇む純白の石像に息を飲んだ!
「チルソノアの神・・・五千年の昔、ガラモンの先祖は地球上に現れ
侵略の魔の手を伸ばしていたのか!?」
(ロボット怪獣を先祖呼ばわりもアレですが、まー原典遵守という事で

2

という訳で今回お迎えしたのは、海洋堂ソフビキット・1/200ガラモン
ガレージキット黎明期にスター原型師として名を馳せた、原詠人氏の手によるもので
白成型色が美しい1989年発売バージョンの、素組み無塗装版です。
そのクォリティの高さは、2016年に再販された事実からも証明できますね

このキットは当時、予想の斜め上を行く個性的造形の原氏が手がけたとあって
仲間内では話題騒然でした。
体中のトゲ再現がネックとなり、それまでメジャーメーカーが二の足を踏んでいたアイテムだけに
大人の鑑賞に耐えうるリアルガラモン、それもあの原アレンジが手に入るというだけで
ファンにはとてつもない朗報だったのです。
さらにキャストに比べ安価で手軽なソフビキットという事もあり、発売直後は争奪戦勃発
幸運にも入手できた者は200個近いパーツ接着にも果敢に挑み
仕上げただけで勇者扱い
思い込みタップリに塗装の腕を競ったものでした

3

かくいう私も当時は東奔西走、行きつけショップで有名な成田画パッケージを入手。
喜び勇んだものの、ガラモン命の先輩が既に一体をロールアウト直後で
その工作・整形・塗装テクの凄まじさに呆然自失、ため息交じりに仰ぎ見るのみで
わが腕のふがいなさに手を出せなくなった過去があります
いわゆるトラウマアイテムですね
自分の実力が十しかないのに百を見ちゃった敗北感と言うか
そんな過去がモチベーションに影を落とし、キットも手つかずのまま手放すハメに
ガレキに手を染めた者なら誰もが通る黒歴史まーそんな昔話はともかく。

4

今回の入手は素組無塗装版だったので、当時のリベンジ的意味合いもあったのですが
前オーナーさんの工作技術が予想以上に素晴らしく、接着剤漏れ一つ無いので
むしろこのままで全然OK、しばらくはオブジェ扱いで鑑賞したい気分になって来まして
ビリケンキット等でもありますよね。無塗装で成型色を楽しむ鑑賞スタイルが。
私には珍しいですが、白のボディカラーにデッサン像的魅力を感じたとでも思って下さい

5

白という色はディテールを浮き立たせ、明暗のコントラストがはっきり出るので
塗装でごまかせない分、造形の嘘がつけません。
その特性が、デッサンのモチーフとして使われる理由でもあるのでしょう
言ってみれば、原型師の腕がそのまま出てしまう恐ろしい色なんですね。
ですからこのガラモンも、期せずして原氏の造形技術を味わう
絶好の立体モデルというわけです
背面の量感からトゲのサイズ・フォルム・配置をはじめ・・・

6

7

ガラモンという怪獣が持つ個性、プロポーションはもとより表面の細かい凹凸などが
塗装済みモデル以上にはっきり確認できます。
おそらく造型姿勢は憑依型であろう、豪放にして緻密な原氏のディテールへの執着。
左右非対称な腕の位置などに見られる、ポージングの躍動感。
それでいてガラモンの基本ラインを崩していない、このさじ加減が絶妙なんですね

8

ガラモンの肌ってこんなにデコボコしてたっけ?まるで冷えて固まった溶岩のようですね。
皺の彫も尋常じゃない深さだし。
そこも微妙な原アレンジ。着ぐるみ再現より印象の追及と言う方向性でしょうか
その造型の魅力が、発表から30年近くを経た今も再販され続ける所以なのでしょう

9

ただ白いというだけで巨大感を演出する"スター・ウォーズの法則"で
この一体も、実物以上に巨大に見えます。
梅雨空を切り取るその威容は、全高100mを誇るかの仙台大観音を思わせますね。
怪獣を観音様と比べちゃバチ当たりですけど

で、今回、あえてサイズ表記を避けていましたが・・・

10

意外にもノスヒロやメディコムとほぼ同じ、25cmというビッグサイズなんですね
しかも昔見た時よりボリューミーな印象でした。逆はあるんですけどこういうのは珍しい。
三体並べてみればさながら、ガラモンフィギュア40年の歩み
電動歩行から固定モデルを経て、フレキシブルフィギュアにまでなっちゃうんですから
さすが人気怪獣、大したバリエーションと唸っています
ご覧の通り、海洋堂版はメディコム版よりハードディテールで顔も大きく
近くで見ればすごい迫力
しかも係累を持たない唯一無二のフォルムですから、存在感も抜群です

やっぱりガラモンは特別ですね。
いつかチャンスがあれば、ビリケン版とも比べてみたいところです

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »