2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018年6月10日 (日)

梅雨の復刻まつり

高額な当時物とは無縁な日々を強いられる、万年貧乏な私の強い味方
バンダイのブルマァク復刻ソフビ。
それすらもモノによってはプレミアが付く中
今回は双方難アリゆえ、お手頃価格でやって来てくれました
外は梅雨ですから、部屋に引きこもっての公開には絶好という事で
珍しくもないモノを何で今さらと、ご立腹などなさらぬよう

1

好事家諸氏には基本中の基本と、鼻で笑われそうですが

1991年リリース・カネゴンSTサイズ(マルサン風復刻カラー) 全高約22cm
※オリジナル・・・1966年マルサン→金型ブルマァク移行
2001年リリース・ジャイアントゴジラ(復刻第一期カラー) 全高約31cm
※オリジナル・・・1970年ブルマァク

の二体です。

難アリ部分は推して知るべし。
いずれも出品者さんのご厚意により、相場よりお値打ちでした
それでもカネちゃんは復刻時より高騰してる所が、人気アイテムの証ですね。
近所のショップに色違いが一万円超えで並んでいた時には、目が眩みました
ですから晴れれば連れ出して、バンザイの一つもしたくなるというモノ。
さすが当時型。見れば見るほど味わい深いスルメアイテムです

2

円谷ファニー系怪獣はブースカ派なので、カネちゃんの手持ちは少ないですが
気がつけばそれなりに集まってるあたりが、おもちゃ好きの業
復刻とはいえ真打の登場で、一族集合の絵も引き締まりますね。
いやーいつ見てもかわいいわあ
ちなみに手持ちの十円玉はギザジュウ。きっとツルジュウより美味しいんだろうなと

3

ジャイアントゴジラもミニサイズを絡め、親子ショットで
グリーン成型に黒彩色が復刻一期に選ばれた理由は不明ですが
ミニサイズのHMV限定版が同カラーリングな所を見ると
オリジナルにも存在したという事でしょうか?
(バンダイ'93年刊「ゴジラTOY博物館」には、記述が無いようですが
おびただしい色違いのほとんどがハデハデな、このアイテムにあって
着ぐるみを意識した渋い配色は、逆に新鮮に見えますね
なおこの個体、前オーナーさんが非常に大切にされていたようで
傷や汚れは皆無、スレ焼けも全く無いんですよ
まさに新品の輝き。復刻物は扱いにオーナーさんの性格が出るなあと

4

オリジナルの発売は'70年ですが、参考着ぐるみは息子ゴジラ~総進撃ゴジラあたり?
この角度だとキンゴジにも見えるような。
まー着ぐるみ特定さえ無かった時代の大らかさこそ、当時物の一番の魅力ですが
やっぱり良いですね。30cmサイズのレトロゴジラも。
リアルフォルムとは一味違う昭和オーラで、梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばしてくれています

2018年6月 8日 (金)

メトロン星人対ス●ル星人

1

名古屋も梅雨入り重苦しい灰色の空の下
ドドンゴーと駆けつけたウルトラさんを待っていた当時物は?

2_2

好事家諸氏にはおなじみのウルトラアイテムEP盤「怪獣《4大主題歌と大迫力ドラマ》」。
前回日記のスペクトルマン「公害怪獣総登場」と、抱き合わせで入手したものです
メインはアチラだった上、補修アリジャンク扱いとあったので
それほど期待していませんでしたが、予想を上回る充実の内容で

表紙からいきなり、梶田達二画と思われるリアル挿絵で期待満点。
Bタイプウルトラマン対アントラーにビラ星人参戦!番組枠を越えた夢の対決
収録曲から見てリリースは、セブン放送時~新マン放送前の'68~'71年ごろでしょうか。
小松崎世代の私には、ツルリとしたCG画より肉筆画の方が思い入れ大で。
子ども時代に培われた価値観は、これほど強固な物なのかと

3

表紙を開けばセブンのうた、大怪獣のうたと賑やかな幕開け
(テープ補修はご愛嬌
今にして思えば、宇宙哲学を語るセブンと怪獣大暴れのQでは色合いが異なりますが
当時はこういうカップリングも当たり前でしたね
怪獣とセブンの果てしない肉弾戦、ウルトラファイトのイメージも強いですし。
今でもセブンと言えば、宇宙陰陽の構えやマキシ斬りを駆使する
武闘派の印象があるんですよ
セブンファンには怒られそうですが

その後は数ページに渡る怪獣大図鑑。
かなり設定に忠実で、「ゼットンの炎は一兆度」ほどの驚きが無い所は今一つ。
巷の怪獣図鑑をご参考頂ければ充分なので、今回は割愛させて頂きます
ここは、前回の公害怪獣くらいのインパクトが欲しかったですね。
当時の円谷スタッフの、公式設定整備の素晴らしさとも言えますが。
(この頃、もう竹内博さんはご活躍だったのでしょうか?)

4

怪獣図鑑に挟まれ現れたカラーページは「モーレツ怪獣大あばれ」。
待ってました!おバカな私にピッタリのビジュアル企画
今は失われた秘蔵図版続出かと、期待も高まりますが・・・
(結果的にある意味、期待以上でしたが

5

おおーここからは、梶田画伯の誌上ウルトラファイトぢゃありませんか!
物語によれば、テレスドン下のツインローターが科特隊の装備みたいですが
ずいぶん思い切った発想ですねー。ミサイルまで発射してるし。
怪獣Gメンのボントトルエカも真っ青。腕自慢のモデラーさんが立体化しそうですね

6

で、コレが当時物ならではの大ショックカット
予備知識ゼロだったのでひっくり返りました。
ス●ル先生がゴドラ・メトロンと並ぶセブン代表メンバーとは!
居並ぶセブン宇宙人を差し置き、見開きで堂々の出演

7

この品が重版されたかどうかは不明ですが、間違いなくアウトでしょうコレは
件の回は本放送も見ましたが、大方のご感想通り他の回と変わりない印象で
とりわけ強インパクトでもなかったですし。
セブン以降がアウェイの私には、琴線に触れなかったのかもしれませんね。
しかしながら、未だに円谷側の解禁が無いあたり
問題が複雑化しているのかもしれませんし、私も配慮して公開はこの辺りまでに。
本放送数年後における当話の世間の感触が、わずかに垣間見える資料という事で。
(余談ですが右側の隊員、横顔ですがちょっとアマギさんに似てますね

8

ハードテイストな宇宙人戦からうって変わって、次ページは華やかな怪獣大絵巻。
後光の射すレインボーコモラ?と正統派怪獣ガボラと戦うのは、なぜかウルトラセブン
テレスドンのページに記された「ウルトラマンはいずこに・・・」の語り通り
このレコードは完全にセブン推しなんでしょうね。収録曲も一曲目がセブンだし。
だったらウルトラファイトのタイトルで出せば良かったのに
山田二郎アナの新録実況入りなら、珍盤認定間違いなしだったでしょうね

9

宇宙人も、こうして分かりやすく暴れてもらった方が気持ちいいなあと
やっぱり光線の応酬とブロウバトルですよ。着ぐるみ対決の醍醐味は
「地球人はこの二大怪獣の滅亡を願っいる」(原文ママ)
うーむメフィラス怪獣扱い!(ウルトラ怪獣散歩ではMCだしイロモノ枠だなこの人

10

裏表紙前になってようやく、ウルトラマンがメイン扱いに
おまけにセブンより多い二曲入り。梶田挿絵がカッコイイですね。
ついでに言えば音源はすべてオリジナルで、やるなーエルムと感心

11

まさかエルム版は「ピュピュン」なのかと期待しましたが
聴き慣れた3番でちょっと残念
東京一さんのお戯れではありませんでした

12

裏表紙も気が抜けない、ザラブ対ジャミラ対(またなぜか)ホーク1号
ここまで番組の枠を越えてると、おはなし「怪獣ランドたんけん」も気になりますが
コレはキャップ役の小林昭二さんをホストに、ビートルで空中パトロールという
完全新録ドラマでした。小林さんの声が若い!
レッドキング、スフラン、ヒドラ、ケムラー、ゴモラ、バルタン星人、ガマクジラ
グビラ アボラス、バニラ、テレスドン、アントラーが暴れまわる賑やかなエピソードで
ウルトラマンと激闘を繰り広げます。(SEも完全オリジナル。さすがエルムの底力)
もちろんキャップも、防衛隊と共に大活躍。
「どんな怪獣でも束になってかかってこい!」「ウルトラ宙返りでかわしてやれ!」
この日のキャップは血の気が多いです

いやージャケットはセブン推しなのに、ドラマは全部マン怪獣という珍盤。
若き小林さんの名調子も聴けておなか一杯。マニア諸氏には有名な盤なのでしょうか?
こうなるとレコードやソノシートも、まだまだ発掘しがいがありそうですね。
思いがけない拾い物に感謝です。
こういうのがあるからやめられないんですよ。当時物散策は

2018年6月 5日 (火)

公害怪獣総登場

1

早くも梅雨入り間近、貴重な晴れ間を見せた名古屋の片隅で
マスダヤの両雄に挟まれたシブい新着アイテムは!?

2

原色怪獣怪人大百科で有名な今は無き出版社・ケイブンシャ製EPレコード
『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン 公害怪獣総登場』'71年当時物。
お値打ち品を狙い続けて数年、やっと私の元に来てくれました
万が一ピープロ検定があっても、コレで対策OKだ!

それにしても物々しいタイトル『公害怪獣総登場』。
いにしえの東芝レコードEP『科学特捜隊』を思わせる熟語仕立ての硬質感が
いやが上にも期待を高めます
石原豪人もかくやのリアル挿絵も、'70年代初頭の雰囲気濃厚で
レコード屋さんで目にしたお子さんを震え上がらせた事でしょう
当時おこづかいを貯めても買えそうで買えない、500円という価格設定が
そこはかとないスペシャル感を醸し出し秀逸。
アダルトな魅力が詰まった、通好みの一枚なのです

パネルレコードというふれこみですが
どこがどうパネルなのか、発売後47年を経た今も分からない所がケイブンシャテイスト。
ジャケットが厚紙だからかななんて、勝手に解釈しています
折れも無く半世紀近くの風雪に耐えられた堅牢仕様に、今は感謝の雨あられ

3

表紙を開けば早くも飛び込んでくるのは、見開きページの"足あとつき"公害怪獣図鑑
『総登場』のタイトルはダテぢゃありません。
ウルトラ怪獣に比べ極端に露出が少ない、ピープロ怪獣のひみつが満載。
モグネチュードンが起こす震度はなんと20、ギラギンドの弱点が目なんて初耳の嵐
コレと秋田書店刊・スペクトルマン怪獣カラー図鑑が揃えば
あなたも公害怪獣博士だ!(なんちゅう肩書き

4

宇宙軍人ラー様の扱いはちょっと残念
あの巨大化が思いつきだったとは
さすがIQ300のゴリ博士。お戯れもスケールが大きい

5

ピープロ代表怪獣・ゼロンの体長がわずか17メートルなんて
画面からは想像出来ませんね。巨大オーラ出まくりの効果かな?
そんな小さな体で線路を壊滅させ
初スペクトルフラッシュ被害の栄冠を勝ち取ったんですから
超ストロング派とも言えますが
でも"おびきよせの作戦怪獣"って呼び名は、前座みたいで言われたくないかな

6

発見続出の怪獣図鑑に続いては、めくるめくスペクトル戦闘絵巻。
シルバーロボ中心の構図でお察しの通り、この盤に収録されているドラマの音源は
TV本編27話のサウンドトラック抜粋でした
家庭用ビデオ普及以前、音だけとはいえ番組そのものが手に入るのは
子どもにとって最高の喜びだったでしょうね
それにしてもいやー、この見開き挿絵の迫力たるや素晴らしい。
不勉強で失礼ですが、いかなる画伯の筆でしょうか
まさに怪獣天国(@親桜子)。
一度は迷い込みたい、ピープロ好きの桃源郷でございました

7

8

開けばさらに怪獣図鑑。歌詞ページには主役三人の雄姿が。
クルマニクラスやサタンキングは、今でも名獣と思っています。
シュールやお笑いに逃げず、恐怖の存在としての体裁を水際で保っている所が
ピープロ怪獣の素晴らしさと思うのですが

9

一峰大二氏のコミカライズとは異なるリアリティで、虎視眈々と地球を狙う宇宙猿人コンビ。
ネヴィラの勇士と堂々渡り合ったその姿には、卑怯逃げ腰の欠片もありませんでした。
番組当初のタイトル通り、この二人には悪役の枠を超えた魅力を感じますね
天知茂と書いてニヒルと読むがごとく、ゴリと書いて好敵手と読むのです

10

このカットも良いですねえ
ダストマンなど、筆使いでしか出せない生物感です。
CGやエアブラシ、スクリーントーンを使わない肉筆画の魅力とは
こういうタッチを言うのでしょう

11

主題歌「スペクトルマン ゴー・ゴー」
ED曲「宇宙猿人ゴリなのだ」は、先行入手のサン企画盤と同じカバーVer.。
第二次怪獣ブーム当時、会社を跨いで同種のカバー音源が使われる事は
珍しくなかったのでしょうか?
今後このあたりの事情も、ピープロGメンの探索課題になりそうですね

ともあれ、充実の怪獣図鑑から超リアルタッチの挿絵まで
おなか一杯の一枚でした。
そして何より『公害怪獣総登場』というレコードタイトルのシブさ(何度も言いますが
今のお子さんに公害なんて言っても、意味が分からないでしょうね
まー負の歴史ですから、良い時代になったのかもしれませんが。
ゴジラ対ヘドラ同様、宇宙猿人ゴリという番組も
'70年代初頭にしか作られ得なかった、時代の仇花だったんだなあと

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »