2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の記事

2018年4月22日 (日)

一峰トルマンの謎 ※追記アリ

1

最高気温26.9度、Tシャツも汗ばむ初夏並みの名古屋で
タンポポに囲まれ変身する、似ヴィラからやってきた昭和ヒーローは!?

2

さあ遂にわが家へお越し下さいました
全高31.5cmの無版権ス●クトルソフビ。
すでに夏バテ気味に佇むその姿、名付けてツカレトルマン様でございます!happy02
(『ヤツレトルマン』案もありましたが、協議の結果コッチを採用coldsweats01

もちろん1971年の本放送当時発売。47年の風雪に耐えた超お宝。
ピープロGメン諸氏には有名なパチソフビですねhappy01
高騰アイテム三要素、ソフビ・パチ・ヴィンテージが揃った危険な品ですから
出品の度に敗退また敗退、屈辱の土にまみれて十数年。
今回こそはと気合のバトルで、ようやく落穂拾いにあずかれましたwink

3

巷に溢れる(溢れてもいませんか)スペクトルマンソフビの中で
パチとはいえこの逸品が人気の理由は
当時コミカライズを担当した一峰大二先生の、初期スペクトルマンデザインに
酷似している所wink
ご覧の通り、先生のSマンデザインが連載初期と後期でやや異なる事は
ピープロGメン諸氏には周知の事実。写真の一峰画は初期デザインですhappy01
正規品・パチ含め、他の立体物がTV本編の着ぐるみを再現しているのに対し
このソフビは何故か、この初期デザインを参考に作られているのです。
(写真は後年発売の角川版。秋田書店版コミックスを再現したもの)
当時派の私には特に不思議でもありませんが
放送後約半世紀、スペクトルマン自体の認知度が下がりつつある21世紀にあっては
とてつもなくマニアックなアイテムという訳ですねcoldsweats01
案の定今回のオークションも、好事家同士の壮絶な争奪戦となりましたshock

Photo

そのプロポーションは、マッシブなTV本編の上西"ウルトラセブン"弘次体型に対し
細マッチョ風のスレンダー&筋肉質rock
さらに着ぐるみではやや下膨れ気味だったマスク部分も
一峰スペクトルマンらしい、面長気味の理知的スッキリフェイスに。
コリャどう見ても確信犯、着ぐるみ無視としか思えません。
たぶん原型師さんは、筋金入りの一峰ファンだったのでしょうhappy01

Photo_2

Photo_3

瞳も着ぐるみの細目と違い、感情を表現するつぶらな"一峰丸目"が再現されていますeye
当時、雑誌『冒険王』や『少年チャンピオン』で
この丸目が語るスペクトルマンの喜怒哀楽に、どれほど心を躍らせた事でしょうlovely

額の面取りもスペクトルマンの特徴ですが
初期一峰スペクトルフェイスは、着ぐるみ寄りの後期デザインと異なり
瞼上部がライン状に後頭部まで繋がっていて、このソフビも忠実に造型されています。
加えてツノのサイズや耳の形状も独特。こんな所まで再現するとはタダモノじゃありませんcoldsweats02
ファンをして大傑作と唸らせる造型への拘りが、このソフビには溢れているのですhappy02

7

私をはじめ、当時TV本編に加え一峰コミカライズに魅入られた方々には
パチと片付けられない思い入れがこのソフビに込められている事を
感じ取られたのではないでしょうか?heart04
ソフビに無縁な子ども時代を過ごした私は、この逸品の存在も知りませんでしたが
当時知っていれば、間違いなく入手に走ったでしょうねsmile

とはいえパチならではの難や謎も、このソフビには少なからずあって。

8

9

10

❶ご覧の通り、このソフビって立たせると右へ傾くんですよcoldsweats01
はっきり言って、直立させるのはなかなか大変なんです。
私の物だけかなと思ったんですが、ネットで見るどの個体も傾いていてcoldsweats02

11

12

コレは脚の取付位置の問題じゃなくて、どーも右脚より左脚が長いみたいなんですねsmile
その効果が、ツカレトルマンと名付けたくなるポージングの秘密でした。
まーいいでしょう。こういう所も当時物の大らかさと楽しむのが
旧玩具散策の醍醐味って事でwink
足裏も清々しいほど刻印無しだしfoot

13

❷さらにこちらも大きな謎。
お持ちの方はお察しと思いますが、過去ネット等で確認したこのソフビの彩色は
目やベルトの黒、瞳の白を除けば

成型色=黄
手足グローブ・ブーツ部、ベルトバックル=赤
頭頂部=薄いオレンジスプレー

以上で、ボディ本体は成型色の黄色そのままなんです。
(証拠写真を載せたいのですが無断転用は良くないので、お手数ですがご検索下さいcoldsweats01
ところが私が入手したブツは、ボディにも手足同様の赤彩色がart
私としてはTV版同様の色分けで、嬉しい限りだったんですが
コレがこのソフビ最大の謎。

当時こういう彩色バージョンが存在したのか?それとも前オーナー氏の再塗装か?
どーしても気になり出品者さんに質問。
ショップさんらしかったので、ご返答は
「譲られ品。前オーナーによれば未開封品だったとの事。
 彩色が開封前か開封後かは未確認の為不明」との事でした。
非常に丁寧なご対応でしたが、依然として謎が謎を呼ぶこの展開coldsweats02
まさに'60年代の少年活劇状態tv

いやーパチは侮れない。
シルバー単色と思い込んでいたマルミツ製パチスペクトルマンも
彩色版の出現に驚愕しましたからねーcoldsweats01
こんなスペシャルカラーの存在も否定できない闇が
あの時代の駄玩具ワールドにはありそうで。
まー入手品はコンディション最良でしたから、文句はありません。
いつか霧が晴れるのを楽しみに、末永く愛玩する事としましょうhappy01

14

ネヴィラ・スタンダード防衛軍チームパチ、初夏の森にスタンバイ!
左からわが家への着任順smile
ポリ軍団の中にあって今回のツカレトルマン、ポーズはアレですがさすがソフビ素材。
軟質ながら肉厚なのでズッシリ感もかなり大きく
30cm超えの大サイズも手伝って、満足感は抜群ですhappy01

魅力的な謎も提供してもらったし、またしばらくは楽しめそうですね。
最近はブツ自体に加え、背景のドラマやエピソードに興味が湧いてきましたgood



※追記

Photo

その後試行錯誤の結果、右脚5mmかさ上げでツカレトルマン返上。
直立ポーズがサマになりますhappy01
隣の後期一峰スペクトルマンとは、やっぱり顔が違いますね。
パチとはいえ貴重な初期一峰顔。
フューチャーモデルズ・楳図ウルトラマン並みのコアなソフビに思える今日この頃happy02

2018年4月14日 (土)

究極スペシウムポーズ

1

桜の宴と入れ替わり、新緑の季節を迎えた名古屋の片田舎。
しかし春に三日の晴れ無し。春霞に煙る森の奥で
おなじみの構えをキメる怪獣退治の専門家は!?

2

ピープロ贔屓のわが日記では久々の登場happy01
全高38.5cmの海洋堂メガソフビ、ウルトラマンCタイプ。
(腰だめポーズですから、直立すれば40cmサイズでしょうかwink
原型はウルトラ造形の第一人者・木下隆志氏。
数あるCタイプリアルソフビの中でも、生粋の血筋を引く塗装済モデルですart

初代ウルトラマン独特の前傾姿勢スペシウムポーズを
確かな造形力で立体化。
個人的には、このサイズでコレを超えるCタイプソフビは見当たらない気がしますhappy02
世の腕自慢モデラーが、プロップ仕上モデルのベースに選ぶ理由も
よく分かるというものでwink

3

4

5

その存在感は、まるで画面から抜け出たようで
全身バランスからポージングまで、BP社等の同サイズプライズとは一線を画す出来scissors
そのリアリティはおそらく、前傾姿勢の上半身を支える腰から下のドッシリ感や
足元の踏ん張り表現から来るものでしょう。
まさしく「腰が据わった」「地に足が着いた」造形で
二足フィギュアは人体構造の把握がリアリティ再現にいかに重要かが
理解できるアイテムですlovely

6

7

8

9

誕生から半世紀以上も魅了され続ける、このスペシウムポーズも
スーツアクター古谷敏氏の特徴を再現していて、ただ秀逸の一言happy01
両ひじの角度や掌の反り具合に加え
見せ場となる左の二の腕など、内なる筋肉の緊張が想像出来る造型で
実に説得力を与えてくれます。

マスクの出来で定評のある、木下造形ですが
意外にも正面から見ると、他社の同サイズソフビより若干横幅が広い印象です。
ところがサイドカットでは面長が強調され、本編通りのCタイプマスクになるのですから
実に不思議eye
おそらく実物マスクも、そうした造型マジックの産物でしょう。
マスク表面の丸み(Rのつけ方)も、綿密に計算されているようです。
この大スケールでも、1ミリ単位の違いが大きなイメージ違いに繋がる立体再現の世界。
しかもソフビ素材の伸縮を計算に入れての原型製作ですから
そのご努力には脱帽するばかりですhappy02

10

ディテール表現にも説得力が。
このブーツのファスナー再現は、同サイズのCタイプソフビでは見た事がありませんeye
しかも、脛ズボンとの重ね穿きで盛り上がった部分まで造型されているとは。
着ぐるみの完全再現を目指した木下氏の努力に、ただ頭が下がるばかりlovely

11

12_2

この二箇所のみクリアパーツ(内側カッティング処理)になっています。
その素材感を活かし電飾発光させるのが、このアイテムの定番改造ですが
全身プロップ並みのリアル塗装を施され闇を照らす
カラータイマー、アーモンドアイの輝きは
大人のウルトラ趣味として、実にセンスの良い処理ですねflair
私も腕さえあれば、一手間加えてみたいものですが
失敗が目に見えているので、飾って愛でるだけで我慢する事としますcoldsweats01

13

最近入手のウルトラソフビは大サイズばっかりで迫力満点happy01
いずれも素晴らしい出来ですが、今回捕獲の逸品はさすがGKメーカーらしく
ドラマ性・存在感を演出するポージング再現が、新鮮な感動を与えてくれましたlovely
とはいえスーツの好みはスペクトルマン同様、B→A→Cなので
機会あればBタイプの決定版が欲しい所です。
ここまで持ってるのにゼイタクな悩み。やっぱり決定版はメガソフビかな?smile

2018年4月 4日 (水)

葉桜分光仮面

1

この春の名古屋は季節外れの夏日続きで、年度替わりと同時に早くも桜吹雪の気配cherryblossom
いつもの森もこんな風情でしたが、葉桜の脇に見慣れたお顔が花を咲かせてました。
うひょー冒険少年シャダーでおなじみの人面瘡みたいだeye
(取付は桜の前に植わった旧木。桜自体には触れていませんcamera

2

出ました先月末日に撃墜したお祭りのお供、スペクトルマンのセルロイドお面happy02
駄玩具と侮れない出来の良さで、届いた昨日から感服しっぱなしlovely
心なしか口元にも穏やかな笑みが浮かび、ネヴィラの勇士らしい頼もしさですね。
子ども用なので被れはしませんがcoldsweats01
ネット検索すると、メッキ風の処理が施されたピカピカ品があるようですが(照明効果?)
コレは成型色そのものが金色の通常品?みたいです。
いやーお面の世界も深い。真偽不明とはいえ、昭和路地裏文化のロマンを感じさせます。
迷いこめば抜けられなくなりそうですから、今は傍観者の立ち位置でsmile

3

朝日に輝く版権シール。フジテレビの刻印が眩しい!happy02
コレがライセンス品の風格でしょうか。
パチ物率が高いわが家のピープロコーナーに、グッと箔が付きましたwink

4

在庫のパチお面、チビッコトイス版と。
比べてみるとやっぱり、正規品はクォリティが違いますねhappy01
と言っても個人的には、パチにも味があって好きなんですが。
ベビーラーメンよりラメック、クッピーラムネよりあべっ子ラムネ派なのでdelicious
トイス版もパチの引け目か、正規品より心持ち栄養が行きわたってるようですね。
てっぽうも付いてるからお得だし。ス●クトルガンかな?smile

桜とタンポポのエール交換も、今年は少々かけ足のようです。
4月初頭にして早くも、森の絨毯はピンクから黄色へと変わってきましたhappy01

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »