2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 電人スカイ・ハイ | トップページ | 赤い大物ふたたび »

2017年10月26日 (木)

スペクトルマン巨大化セヨ

1

ネヴィラ界隈で噂の変身名所・いつもの森で
右腕をかざす正義の勇士は
久々の晴天でバクラー戦並みの超巨大化!

2

この正面FFでお分かりの貴方は筋金入りのソフビ好き!
そうです誰あろう、あのマスダヤスペクトルマンの中でも
現在に至るも復刻されていない(はず)、全高39cmのジャイアントサイズ!
1971年製当時もの!

毎日ヤフオク出品ページを賑わす三種のSTサイズに対し
このジャイアントサイズの出現率は、平均で40日に一体という貴重品。
一生入手不可と諦めていた、落札平均送料込み約11,000円の超高額アイテムが
かなりの安値で万年貧乏の私の元にhappy02
こんなミラクルがあるでしょうか?リアルでさえ現物を見た事が無いのに。
争奪戦に代わり、出合頭の偶然が運を左右するメルカリの恩恵。
手にした今も信じられない気分。ありがたい事ですhappy01

3

4

5

これに関してはもう、おもちゃ素人の私ごときがアレコレ言うよりも
素直にご覧頂けば充分でしょうhappy01
STサイズとのディテール・バランス差、同原型で金型流用のトーキング版との違いなど
見れば見るほど発見の嵐eye

頬が曲面ではなく直線構成である事から、Bタイプマスクが参考と思われます。
第二期と呼ばれるSTサイズ頭部改修版との共通点も多く
そこから発売時期を推測し、第二次怪獣ブームのおもちゃ事情に想いを馳せるのも
ヴィンテージ物鑑賞の楽しみですねwink
ご多分に漏れず、私もスペクトルマンと言えばBタイプなので
(ついでにゴジラはキンゴジとGMKゴジラ。ウルトラマンはB→A→Cの順で好みsmile
このBタイプチョイスには感動の雨あられhappy01

6

7

ところで、ピープロGメンの皆さん。
当時のマスダヤスペクトルマンって、異常なまでにBタイプが多くないですか?
やっぱり、玩具化の際にピープロから渡されたデザイン資料は
初期設定のBタイプだったんでしょうねcoldsweats01
最近の新作アイテムは、逆に最もスタンダードなCタイプばかりで。
私はさらに個性的な最初期マスク、Aタイプも大好きなんですが
あのマスクの立体化も、後年エクスプラスでようやく実現したマイナー度でcoldsweats01

ABCのマスク違いを知る人も、一般社会では少ないですもんね。
それどころか。スペクトルマンの屋外撮影で通りがかりの人に訊ねられるのは
ほぼ100%「ウルトラマンですか?」ですしsad
ああ昭和46年は遠くなりにけり。当たり前ですがsmile

8

そんな失礼な人には、正式名が刻まれたこの足裏でスペクトルキックだ!
フジテレビの局名も入ってるしhappy01

9

右は2001年リリース、CSS製レトロカラーBタイプ。
明らかにこのマスダヤ版を意識してますね。
サイズ、カラー共に全く同じ。二体並びを前提に作られたかのようです。
30年の時を超えた揃い踏み。なんて粋なんでしょうCSS(現CCP)スタッフはhappy02

10

遠近法じゃなくこのサイズ差。
この大きい頭が当時物の良さですねsmile

11

6体中5体が今年入手という恐ろしさshock
間違いなく今年はスペクトルイヤーですね。
2017年にこのヒーローへここまで血道を上げるのも、私ぐらいのモノですがcoldsweats01
こうなってくると、次の獲物はST版第二期かな。
(迷い込めば修羅の道、マルミツ・マルヨシ版パチには手を出さない方向でsmile

« 電人スカイ・ハイ | トップページ | 赤い大物ふたたび »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/72063899

この記事へのトラックバック一覧です: スペクトルマン巨大化セヨ:

« 電人スカイ・ハイ | トップページ | 赤い大物ふたたび »