2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 永遠のショートケーキ | トップページ | 聴兵器4号A »

2017年9月13日 (水)

スペクトルマン変色セヨ

1

秋雨にぐずついたここ数日の空も、今朝は抜けるような青さ
今回もおなじみ、近所の森で変身するいつものお方は!?

2

ピープロGメンのマストアイテム、マスダヤスタンダード・スペクトルマン。
何のヒネリもありませんが、私にとってこの茶色ボディは初入手の上
コレまたヒネリの無いヤフオク捕獲

スペクトルマンの当時物STは、この頭部で成型色が赤・茶の二種類
さらに頭部別造型のものが一種類、合計三種類が有名どころですが
入手済みは昨年一月の赤ボディ版のみで
機会あればとこの茶ボディを狙っていたのです

で、最近、即決可能2,000円という夢のようなブツが出品されたのですが
残念ながら商品写真が極めて不鮮明で、ボディ色が赤か茶か分からない
それが災いしたのか、モノの良さに反してしばらく回転寿司状態。
でも、地元のまん●らけに8,000円で並んでいた逸品に迫るクォリティだし
コレを逃せば一生の不覚と、色ダブり覚悟でエイヤ入札
待ち切れず配送会社の営業所まで走って受け取り。読みは大当りでした

'71年物とはいえ生産数も多かったのか、今に至るも低プレミアのアイテムですが
プチプチ越しでも良い品と推測でき、久々に開封する手が震えました。
「お買い得」「大きな破損なし」の謳い文句はホントでしたね~
当時物は程度が命。そういう意味で最近稀に見る好機だったと言えましょう。

3

4

5

もちろんマジック書き込み無し(盲点の足裏も)。
スレや色ハゲはほとんど無く、胸や背中の銀スプレーも経年の割に健在という
奇跡のようなコンディション
唯一、右足ブーツ部に腿の金塗装が付いていますが
この程度のダメージでここまでのお値打ち価格なら以下同文。
なんでこんなに喜んでいるかと言うと・・・

6

舞い上がる茶スペさんの肩をトントンと叩くコチラのお方
彼こそ誰あろう!

7

そうです。昨年1月にお迎えした赤スペさんその人!
程度は経年並みなのに、良品の茶スペさんの方が安いという不思議
とはいえオークションは時の運、ソフビに罪はないですからこれくらいで

さて。一年半余りを経て、やっと同原型の二体が揃いました。
別々では分からなかった違いですが、並べて見れば面白い発見が。
すでに全身のトーンで一目瞭然ですが・・・

8

9

成型色そのままのボディやブーツ・グローブ部はともかく
頭部や上腕部、腿のゴールドって、成型色に合わせて色味を変えてあるんですね
いやー同原型ですからてっきり、同じ金塗装と思っていたのに。
ベルトやバックル部は両モデル同色ですから、この彩色差は意図的なものでしょう。
うーむ同じ金でも微妙に違うとは。
そーかー茶スペさんが着ぐるみっぽく、赤スペさんがおもちゃっぽく見えるのは
そういう色彩設計の効果もあったわけですね

怪獣ソフビと言えば、マルサンやブルマァクばかりが話題になりますが
46年前のマスダヤスタッフにも、こんな細やかなおもちゃ愛があったという事を
今さらながらに感じた一幕でした
当時物恐るべし。コレクター諸氏はよくご存知でしょうけど。

10

先日揃ったパチクトルマン二種も偶然、赤茶ボディでしたが
コレもよく見ると、ゴールド部の色味が違うんですね。
単純に原料の仕入れ都合だったかもしれませんが
色味一つにも作り手の拘りが感じられて
おもちゃは奥が深い商材と、創り手になった今余計に感じます
さて。行きつけショップのマスターが語る三種のマスダヤスペクトルマンも
サタン・マリアの二種が揃い、後はゼウスを残すのみ。
次の獲物はサイズ違い?それともパチの深みにハマるかな?

« 永遠のショートケーキ | トップページ | 聴兵器4号A »

怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペクトルマン変色セヨ:

« 永遠のショートケーキ | トップページ | 聴兵器4号A »