2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 電人ちはやふる | トップページ | ジ・アート・オブ・スペクトルマン »

2017年8月13日 (日)

赤い分光超人

1

最高気温33度まで上がったお盆の名古屋sun
不安定な空が晴れ間を見せた一瞬、ネヴィラを発見し変身を遂げた
レッドボディの勇士こそ!

2

ご存知わが家のメジャーヒーロー・スペクトルマン。
ちょっと珍しい、2001年CSS(CCPの前身)製
40cmサイズ・レトロカラーのリアルソフビ。
先月下旬、運良くヤフオクで入手。送料無料で6,000円+TAX。

着ぐるみの1/4.5サイズというビッグスケールと出来の良さから
今でも一万円超えが相場の人気アイテムですが
いつも争奪戦になるのは別タイプのリアル塗装版で
このマスダヤソフビ風赤ボディーは、珍しいのに意外に不人気。
出現率が少ない割に高騰せず、相場の半額チョイで撃墜できましたhappy01

3

もう一つのウリは、マスクが初期のBタイプという事。
(アゴ引き気味ゆえ顔に影が差しているのはご勘弁をcoldsweats01
人気のリアル塗装版は後期のCタイプなので、このマスク違いは意外に穴で
スペクトル者なら両タイプ揃えが理想ですが、そこは万年貧乏の辛い所weep
でも良いですよねーこの頬の角ばり具合。
好みで言えば、Bタイプの方が緊張感があって好きなので(毎度言ってますが)
まずはコッチが手に入って嬉しい限りhappy02
この夏最大の収穫と言っていいでしょう。サイズ的にも。

4

5

6

コレに関しては、原型が以前アップしたCCP1/6メッキVer.のスケールアップ版
(と言うよりコッチの原型がオリジナルで、1/6がスケールダウン版という説もwink
なので、写真説明も手抜き気味になっちゃいますが
確かに1/6と比べ、若干貫禄があるのと前かかみな所を除けば
ボディバランスやスーツのシワなど、同一原型の気配が濃厚ですねsmile

7

ともあれ、40cmサイズのボリュームはこのモデルならではで
部屋のどこに置いても、圧倒的な存在感を誇りますhappy01
おかげさまで、仕事机の周りはスペクトルマンだらけ
(世間のソフビ部屋よりちょっと偏りが激しい)ですが
もはや部屋の主扱いで、仕事を怠けると閻魔様のように睨みつけられ
なんとなく作業効率アップに貢献してくれているようなwink

8

正規品レベルのパチ、1/6メタルから今回入手の1/4.5まで
今年に入ってから、わが家のスペコレも飛躍的に増えましたねhappy01
強化年間でもないんですが、集まる時は集まるもので。
コンプは目指していないものの、まだ2~3点は狙いたいブツが。

ウルトラやライダーほどメジャーじゃないので
新アイテムリリースの情報が無い分、予算ぐりが楽とはいえ
それも少し寂しいような、複雑な気分ですsmile

« 電人ちはやふる | トップページ | ジ・アート・オブ・スペクトルマン »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/71405973

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い分光超人:

« 電人ちはやふる | トップページ | ジ・アート・オブ・スペクトルマン »