2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 一度きりの追記 | トップページ | 暗躍の軌跡2 »

2017年5月 1日 (月)

暗躍の軌跡1

前回の日記から二年半。
たいへんご無沙汰しております。
『ネヴュラ』も休止後、病気や引越など様々な身辺の変化に襲われ
しばらく放置状態だったのですが
久々に覗いてみれば、多くの方々からコメントを戴いており
すぐにご返事もできず、不義理に反省しております。

二年半前のコメントに、今さら個別にご返事差し上げるのも逆に失礼と思い
僭越ながら、ここでまとめてお礼差し上げます。
つたない私見や下らないおもちゃ遊びに長々とおつき合い戴き
コメントまで戴けて、大変感謝しております。
ありがとうございました。
もし何かのついでにお寄り下さる機会あれば
どうぞお許し下さいませ。

さて。前述通り
『ネヴュラ』休止後二年半の間は、相変わらずおバカなおもちゃ集めで
オタクの魂百までと笑っておりました。

乏しい予算から幸運にも入手できたお宝は
細々とSNSにアップしておりましたが
二年半の間に戴いたコメントに何もお返しできないのも心苦しいので
休止を破り、お詫びかたがたこちらにもアップさせて頂きます。
凄腕コレクター諸氏の逸品には及びもつかないユルい品ばかりですが
お目汚しにでもなれば幸いです。

なお、ガラクタばかりながら
二年半分もありますと結構な数に上り
目ぼしい物だけで写真が60枚近くになりますので
キャプション等も最低限にとどめ、これから数回に分けて紹介させて頂きます。
ネヴュラ名物、自然と絡めた屋外写真がほとんどですので
撮影季節の景観も併せてお楽しみ下さい。

Photo
2015/1/11撮影
タイトー 宇宙戦艦ヤマト復活篇 スーパーメカニクスヤマト

1/590・全長40㎝越えのビッグサイズとスレンダープロポーションで
2199版リリースまではヤマトプライズの決定版とされていた名モデル。
引っ越し直後のショップ巡りで偶然出会い
病み上がりでダメージの大きかった日々に希望を与えてくれたアイテムでした。

Photo_2
2015/1/28撮影
ロケットプロ(原型エクスプラス)メガフィギュアシリーズ 
ガメラ大怪獣空中決戦 ガメラ1

平成G1プライズの最高峰と信じて疑わない
全高23cmの大型リアルソフビ。
(前傾ポーズゆえ、実物は身長以上にボリューミーです)
ヤフオクで2000円余りで落札しましたが
同スケールのエクス製30cmバルガメ(右)と並べても遜色ないその出来に
当時のプライズが到達したクォリティの高さを再認識したアイテムでした。

Photo_3
2015/2/15撮影
円谷コミュニケーションズのマン・セブン・帰りマン怪獣6体

セットでかなりお値打ちだったので即ヤフオク落札。
基本的に興味は初代マン怪獣のみなので
お目当てはアボラスと初代・二代目・蓄光ドラコの四体でしたが
やまなやさんの嫌みの無いデフォルメーションとカラフルな色使いは
けっこうお気に入りで
ナース・ベムスターも並べて楽しめる良い仲間となりました。


Photo_4
2015/3/12撮影
サンガッツ本舗 イキナリ!怪獣シリーズ ペンタザウルス

かのウルトラデザイナー・成田亨氏デザインの知られざる名獣ソフビで
その筋の鬼才、河崎実監督作品『地球防衛少女イコちゃん』の出演怪獣だそうです。
そちら方面には暗いので作品は未見、完全なデザイン買い。
手頃なスタンダードサイズとサンガッツ特有のデフォルメで
やまなやソフビと並べれば収まりのよいテイストでした。

Photo_5
2015/3/22撮影
ノスタルジックヒーローズ ウルトラ怪獣シリーズ ゴメス

1966年発売マルサン電動プラモのギミック抜きソフビ化。
ソフビ版の可愛さと対照的に猛々しいフォルムで
当時のマルサンが、ソフビとプラモでターゲットを差別化していたことが
よく分かるアイテムです。

Photo_6
2015/3/26撮影
バンダイ ブルマァク復刻 ジラース

昔から、ゴジラの襟巻き付きならゴジラでいいぢゃんと
ジラースにはあまり興味が無かったのですが
着ぐるみと違い、完全な別原型のこのソフビは
捕獲に値する魅力があると感じ、好機も手伝って入手。
ソフビ怪獣道には入門編的なアイテムなので
今さらこの辺りでくすぶってるビギナー感が、もう一つ極められない原因と猛省。

Photo_7
2015/3/30撮影
バンプレスト ビッグソフビシリーズ(?) 仮面ライダー旧1号

行きつけお宝ショップで360円。40cm超えの大サイズも手伝って即決。
2000年前後のバンプレソフビはディテール・プロポーションとも頂点を極め
このアイテムも価格以上のプレイバリューで今も人気を呼んでいます。
キャッチャー系をはじめゲーム景品関係にはまったく知識が無いので
リリース当時はその存在さえ知らなかったのですが
今となっては最適な衝動買いターゲット。
桜とのマッチングも最高で、お気に入りの一枚です。
この桜バックのソフビ写真はここ数年の定番で
以降もアイテムを替え、毎年この場所で撮影しています。

Photo_8
2015/4/4撮影
マーミット スタンダードサイズ ボロット

桜と晴天をどうしても同一画面に収めたくて、購入帰りに撮影スポットを探した一枚。
選ぶアイテムで歳がバレますが、ボロットは同世代の人気アイテムで若干お高く
欲しくてもなかなか手に入らないアイテム。
写真では隠れていますが、足元に難がありお安く入手できたのが幸いでした。
いつ見ても和むフォルムで、今も手元で愛嬌を振りまいてくれています。

Photo_9
2015/4/24撮影
ビリケン商会 ゴジラ(1962年版) ソフビキット完成品

今さら説明の必要もない30cmサイズキンゴジソフビのスタンダード
ビリケン商会版です。
30年近く前の発売時、キット購入後仮組で放り出しいつしか紛失。
ヤフオクでの再会となりました。
この完成品との出会いにより、ユルソフビ傾倒以前のビリケン病が再発し
以降今に至るまで、リアルソフビも守備範囲に加わる事になります。
森の一角に街並みコレクションを配置、ベストな陽射しを狙ってパチリ。
この遊びだけは、歳を重ねても飽きない奥深さがありますね。


さて、やっと一昨年の四月末まで終わりました。
まだまだあります。お楽しみにとはとても言えないショボさですがcoldsweats01
まあご覧になっている方もいらっしゃらないでしょうし
あと数回、気楽に続けていこうかと。

« 一度きりの追記 | トップページ | 暗躍の軌跡2 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/70435700

この記事へのトラックバック一覧です: 暗躍の軌跡1:

» ガメラ:17年5月第一週のフィギュア関連情報(その3) [ガメラ医師のBlog]
 前項「 フィギュア情報(その1) 」「 -同(その2) 」に続いて、 今週後半に拝見した、ガメラ関連の各種フィギュアについての情報をまとめてご紹介。  前回「 4月後半の写真情報 」では、「GⅡ写真館」をご紹介しました。 Twitter発、ソフビ、GⅡ、GⅢの進捗状況:  『 † M D...... [続きを読む]

« 一度きりの追記 | トップページ | 暗躍の軌跡2 »