2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 暗躍の軌跡3 | トップページ | 暗躍の軌跡5 »

2017年5月 5日 (金)

暗躍の軌跡4

おもちゃ写真4回目。
ようやく約一年前、2016年4月に追いつきました。
雪や桜を除き、撮影の時はさほど気にしなかった季節の移ろいも
こうして並べると、写真が雄弁に語ってくれますね。


Photo
2016/4/11撮影
ビリケン商会 ベムラー ソフビキット完成品

撮影スポットとしてすっかり定着した、近所の森の池端で。
電柱の地中化が進む現在でも、私の住む田舎では
空を水平に走る電線が映り込まない場所を探すのが難しく
抜けの良いロケーションの確保は至難の技なんですよ。
とりわけこんな切り立った岩場とセットなら渡りに船で
リアル系ソフビの撮影では、絶好の舞台装置として素材の魅力を惹き立ててくれます。
春の陽光が生み出すベムラーの陰影、ウルトラマン第一話で印象的な澄んだ青空も
こんな自然の協力で見事に再現されました。


Photo_2
2016/4/23撮影
バンダイ(ブルマァク復刻) スタンダードサイズ ドドンゴ

桜のピンクと入れ替わりに、森の絨毯は一面タンポポの黄色に染まります。
その機を逃さず、行きつけショップで昼寝中のドドンゴを捕獲しモデルをオファー。
ドドンゴ捕獲は二体目ですが、例の翼裏返しの’91年復刻の上
この低価格だったので、お財布も痛まず即決の超好機。
ボディの金とタンポポの黄がマッチして、この時期ならではの一枚が撮れました。


Photo_3
2016/4/30撮影
ユニファイブ ガヴァドンB

貧乏な私にとって、30cmサイズリアルソフビは懐に痛い買い物ですが
このガヴァドンBはプライズ・軟質ソフビ・固定ポーズの三点セットで非常に安価だった上
晴天下でも見劣りしない出来の良さがお気に入りの一体です。
店頭引取りの時は不意の大雨でびしょぬれになりましたが
この一体がウチに居れば七夕の夜が雨でも安心と、ひそかに喜んでいます。


Photo_4
2016/5/4撮影
タカラ サウンドテック スーパーサイズ サンダーバード2号

エレクトロニック・プレイセットと銘打たれた30cm超えのビッグサイズトイ。
箱なし開封済、セットの四号無しのジャンクで980円だったので大喜びで捕獲。
’60年代に子供時代を過ごした者にとって
この2号は特別な郷愁を呼ぶキャラクターですね。
1号でも3号でもなくやっぱり2号。イマイのコンテナプラモは必需品でした。
エレベーターカーのタイヤ紛失や磁力牽引車のチューブ外れは
同世代ならではの共通体験でしょうねcoldsweats01


Photo_5
2016/5/29撮影
ビリケン商会 初代メカゴジラ2号機(1975) ソフビキット完成品

名キットの誉れ高いビリケンメカゴジラが運良く完成品で手に入り
梅雨前の空模様を気にしながら撮影したのを覚えています。
30cmのビッグサイズもあって、陽光下で見るディテール・塗装クォリティは素晴らしく
生涯のお宝と感慨を新たにしました。
どんなアイテムも、所有の安心感から入手後は興奮が徐々に醒めるものですが
そんな中コレは、見るたびにその素晴らしさを再認識する数少ない一体です。
初代メカゴジラというキャラクターの魅力以上に、ヒリケンソフビには
人を惹きつける独自の説得力がある気がします。


Photo_6
2016/5/31撮影
CCP ソフビ完成品 G2ガメラ

実は前述のメカゴジラは、中古ソフビ数体とのお買い得セットだったのですが
コレはその内の一体でした。
発光ギミックは故障しているものの、そのディテールはさすがCCP。
梅雨迫る早朝、寝ていたカメさんを起こしに出動してもらった一枚。
必殺のウルティメイトプラズマも、森の重鎮にはどこ吹く風でしたが。


Photo_7
2016/6/10撮影
ビリケン商会ゴモラ(ソフビキット素組)+バンプレストビッグサイズソフビ5体

コレもセットで入手。元々はゴモラ狙いでしたが
奇しくもオマケでウルトラ怪獣大集合、賑やかな写真となりました。
一体が40cm近い大物揃いで、輸送が一苦労だった上
この日は最高気温32度という超夏日。
熱中症と戦いながらの汗ダク撮影で、ギラギラ太陽の強い照り返しが
この写真にもよく表れています。


Photo_8
2016/6/15撮影
シカルナ・工房 マリンコング(口閉じVer.)

中岡俊哉『世界の怪獣』掲載キャラクターの立体化など
マニアックなチョイスで好事家に人気のシカルナ・工房製ゆえ
このマリンコングもなかなかのこだわりアイテムで
同社の中でもちょっと大きな30cm近い身長と、独自のデフォルメ
(ほぼ着ぐるみに近いバランスながら)が素晴らしい一体。
マリンコング本放送時にはまだ生まれていなかった私ですが
コレはリリース以降ずっと狙っていて
一万円近いヤフオク相場がやや暴落してきたチャンスを、運良くモノにできました。
ネームバリューでは円谷東映の有名怪獣にほど遠いので
仲間内でもさほど話題に上らないキャラクターですが
リアルとユルさが同居するこういう路線が大好きな私はきっと
怪獣好きの異端なんだろうなと、寂しさと歪んた優越感に浸っていますcoldsweats01


Photo_9
2016/6/17撮影
ゴジラ灰皿

「お金が無いのにソフビ貯金箱だけ溜まる怪獣おもちゃ好き」の法則で
煙草を吸わない私でも、この手のグッズには目がありません。
このアイテムのキモは「口から煙りの出る灰皿」と記されたお腹のステッカー。
その下の「Ⓒ1984 TOHO」で、'84ゴジラのライセンス商品と分かります。
ワゴンセールで未使用、100円だったので衝動買い。
私のおバカぶりに、公園のブッチーも呆れ顔でしたがcoldsweats01


さて。やっと昨年6月まで来ました。
現在まであと約1年分。自然バックの写真ももうしばらく続きます。

« 暗躍の軌跡3 | トップページ | 暗躍の軌跡5 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/70470358

この記事へのトラックバック一覧です: 暗躍の軌跡4:

» ガメラ:17年5月第一週のフィギュア関連情報(その3) [ガメラ医師のBlog]
 前項「 フィギュア情報(その1) 」「 -同(その2) 」に続いて、 今週後半に拝見した、ガメラ関連の各種フィギュアについての情報をまとめてご紹介。  前回「 4月後半の写真情報 」では、「GⅡ写真館」をご紹介しました。 Twitter発、ソフビ、GⅡ、GⅢの進捗状況:  『 † M D...... [続きを読む]

« 暗躍の軌跡3 | トップページ | 暗躍の軌跡5 »