2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 暗躍の軌跡7 | トップページ | あの灯台を使え!! »

2017年5月20日 (土)

似ヴィラの勇士

1

似ヴィラ71!変身願います!
初夏の陽射しを浴びながら、いつもの森で公害怪獣に戦いを挑む
われらがヒーロー・スペクトルマン!
いやどっか違うような気が・・・

2

お忙しい中、ちょっとお越し頂きました。
良い出来だけどやっぱり違和感。
そうです'71年当時、飛ぶゴリ円盤を落とす勢いだったスペクトルマン人気にあやかって
下町の業者さんが密かに開発したにせおもちゃ
名付けてポリ製のパチクトルマンその人でありますっ!happy01

しかしながら、パチとはいえその造型はご覧の通り
ライセンス品にもひけをとらない高クォリティで
私なんぞ一目見たとたんlovely

正体不明で、素性検索にずいぶん手間取った逸品でした。
無版権アイテム華やかなりし時代の仇花だけに
STサイズスペクトルマンも、ライセンス品のマスダヤ製の他
マルヨシ製・マルミツ製・初期一峰タッチ物・頭デッカチ大サイズ等
ソフビ・ポリ併せて数種の怪しい金色超人が
玩具店、駄菓子店の店先を賑わしていましたから
新たな正規品出現か、はたまた闇の世界の住民がまだいるのかとcoldsweats01
(件のマスダヤ製までも、ソックリ造型のポリ製パチがあったようですから侮れませんcoldsweats02

落札サイトの十年検索で、どうやらこれは
トイペットなるタグで発売されていた当時物であることがほぼ判明scissors
しかも発売時期によって成型色・彩色等かなりのバリエーションがあったようで
基本形は推測出来たものの
このバージョンは遂に発見できなかったのです(詳細は後述coldsweats01

3

この頭部(たぶんモデルはBタイプ)なんて、前述の諸々パチ物どころか
ライセンス品とまで肩を並べる出来栄えで
(パチの本家超えはたまにありますが、そのケースに近いですねwink
スペクトルマン好きなら持っていて損はない、必須アイテムの一つと言えましょう。
いやーここまでの逸品を知らなかったとはcoldsweats01
かつて、変身サイボーグ99発見の時も思いましたが
こんなスゴイ品が埋もれていたのかと
改めておもちゃ界の奥深さを思い知った次第ですsmile

4

6

8

プロポーション・ディテール共々、パチとは思えないクォリティの高さ。
ここまで凄いアイテムなのに、私が検索下手なのか
ネットレビューが一本も発見できず、情けない限りでしたweep
書籍関係には載っているんでしょうか?
最近はそちらの方面に暗いので、そういう姿勢は情報収集の上で弊害ですねcoldsweats01

5

このバージョンがレアな理由はコレ。
ベルト中央のバックルモールドが無い、という驚きの造型coldsweats02
他で確認した同原型品にはしっかりモールドされているので
明らかに金型に手が加えられたもの。
もしやマニア垂涎のエラー品でしょうか?
パチですからエラーと言うより、当時の町工場の大らかさかなあと追検索したところ
どうやらこの工場(あるいは家内工業?)このスペクトルマンのボディ流用で
仮面ライダー人形も作っていたらしい気配があるんですよhappy01
(ネット情報なので信憑性には疑問がありますが)
ライダーならベルトのバックルは当然タイフーンですから
モールド変更も仕方ないわけで。
そんな経緯からこのバックル無しボディは、その金型改修の狭間で生まれた品かもと。
あくまで推測ですがcoldsweats01

真偽はさておき、間違いないのは
スペクトルマンと仮面ライダーが同時期に放送されていた
第二次怪獣ブーム初頭の"造型証人"である事。
加えて、模型業界でも金型流用で商品名を変え再発売、なんてことが当たり前でしたから
ポリ人形界にもそういう転生事情があったんだろうなあと
'70年代初頭に点在していた、小さな玩具店の店先にロマンを馳せられる
記憶補完装置的アイテムという事ですhappy01

7

パチの証明、刻印無しの足裏。
知識が無いもんですから、見慣れない品は行きつけショップのマスターに訊ねるか
この足裏刻印の有無で正規品か否かを見極めますが
最近は熱心なコレクターの出現で、パチの考古学的価値も上がっていますから
むしろ刻印が無いとワクワクしちゃいますね。未知のお宝発見的な喜びと言うかhappy02

9

全高約29cm。本家マスダヤ製より一回り大きいボリュームも高ポイント。
こうして並べてみても、色が造型がとツッこむ隙が無く
他のパチ物とは一線を画す出来栄えです。
マルヨシ・マルミツ製はショップで現物を見ているので
この印象は間違いありません。
(パチだからこそアツくなるピープロ好きの性coldsweats01

10

恒例の「お座りもできるのよー」ポーズも難なくこなす可動性。
最高気温31.1度を記録した今日の名古屋ですから、木漏れ日も緑の藍もベストですclover
この季節を待っていたんですよ。これぞ屋外撮影の醍醐味camera
どこをどう撮っても絵になります。
いつもの森の住民、ネコやカメさんと会えなかったのは残念でしたがweep

11

パチクトルマンの参加で、寂しかったスペコレもちょっと充実してきました。
こうして集まると、円谷東映とはまた違う造型の妙が味わえます。
うーむこれぞピープロテイスト。ウチではウルトラマンより増えたような。
パチに手を出せば修羅の道と言われますが
そのルール無用世界にちょっと惹かれる今日この頃。
「おもちゃ」や「おみやげ」のタグが、CCPやエクスプラスのそれと
同レベルになってきましたhappy02

« 暗躍の軌跡7 | トップページ | あの灯台を使え!! »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/70620499

この記事へのトラックバック一覧です: 似ヴィラの勇士:

« 暗躍の軌跡7 | トップページ | あの灯台を使え!! »