2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 暗躍の軌跡2 | トップページ | 暗躍の軌跡4 »

2017年5月 3日 (水)

暗躍の軌跡3

休止期間二年半のおもちゃ写真も三回目。
2015年10月からの入手アイテムです。

Photo
2015/10/27撮影
バンプレスト ウルトラマン ビッグサイズソフビフィギュア

完成品、組み立て式など様々な仕様でリリースされた
初代ウルトラマンの35センチサイズプライズ。
コレは眼がクリア仕様の袋入り組み立て式です。
同時期に5,000円近い品をショップで見かけ、指をくわえていたところに
別店で980円売りだったので飛びつきました。
バンダイの科特隊基地をあしらい森で撮影。
中秋の高い空が良い芝居をしてくれています。

Photo_2
2015/11/24撮影
円谷コミュニケーションズ(やまなや) ガボラ

上の写真から約一ヶ月、晩秋から初冬に差し掛かる11月下旬の森で。
ややミニサイズながら、いつものやまなや風味がカワイイ四つ足ガボラ。
意外にも、ユル系のヒレ開き四つ足ガボラはコレくらいしかリリースされていないので
このアイテムは地味ながら人気があり、やや割高でしたが満足感がありました。

Photo_3
2015/12/18撮影
アオシマ(スカイネット) ウルトラ怪獣大解剖 ゴモラ

心筋梗塞からの生還報告を兼ねた、2016年年賀状用の撮影モデルとして入手。
左のブルマァク(バンダイ復刻)ゴモラはサイズ比較用。
大伴チルドレンの私にとって、こういう解剖図系はキラーアイテムな上
立体化はバンダイの食玩とコレくらいしか無いので
将来の品薄を見越し捕獲しておきました。
ところが企画が尖りすぎて現在は市場でダブつき価値暴落。
読みが外れるのは毎度の事と苦笑いしてますcoldsweats01

Photo_4
2016/1/22撮影
マスダヤ当時物 スタンダードサイズ  スペクトルマン

この数日前に雪が降ったので、おひろめも兼ねて残雪とたわむれる
ネヴィラの星の正義の勇士を。
スベクトル者にとって王道中の王道アイテムながら
意外にもコレが初入手でした。
行きつけショップの店主によれば、この品は原型と色替えで全3パターンあるそうなので
あと二つを探す楽しみが残っているわけですね。


Photo_5
2016/1/27撮影
ビリケン商会 ゴジラ(1964) ソフビキット完成品

モスゴジの地元、名古屋在住の利点を活かし
入手直後のお手軽撮影、52年の時を越えた再会。
尻尾をひっかけたテレビ塔と倒れ込んだ中日ビルが
陽光に映えるビリケンディテールを惹き立ててくれました。
襲撃当時そのままの形を保っていた中日ビルも
二年後には閉鎖、建て替えされるそうなので
ゴジラゆかりの名所も、時と共に様変わりしていく事に
万物流転の無常を感じた一枚でした。


Photo_6
2016/2/16撮影
ビリケン商会 バラゴン ソフビキット完成品

このビリケンバラゴンもリリース当時製作、友人に譲った過去があるので
今回の再会は感慨深いものでした。
各所で語られている事ですが、ビリケンテイストとは決してリアルの追求ではなく
着ぐるみの雰囲気を壊さず、造型師の個性を絶妙にブレンドした
同社独自の味わいなんですよね。
30年近く前の造型が今も放つ輝きは、そんな所に理由があるのでしょう。


Photo_7
2016/3/21撮影
エクスプラス大怪獣シリーズ  仮面の忍者赤影 金目像

CSで始まった再放送をきっかけに、当時の私は赤影がマイブーム。
ヤフオクで超格安の中古品をゲット、地元の神社へ出かけ撮りましたcamera
お供の赤影はフルタの食玩。後にシークレットと知って驚きました。
バックのハトが実に良い芝居ですね。


Photo_8
2016/4/6撮影
バンダイ ウルトラアクト ウルトラマン(新造型版)

こういう桜満開の写真チャンスは一年のうちわずか一週間程度しかないので
最適なアイテムと晴天に恵まれると、何を置いても出かけたくなります。
このアクトマンも昨年春の収穫。
近所の中古ショップで遭遇、開封箱無しながら1000円というミラクル特価に目が眩み
捕獲直後から、桜の見ごろを虎視眈々と狙っておりました。
ポージング自在の効果は絶大で、どんな格好でも絵になる所がすばらしい。
あらゆるポーズを試み、一人で悦に入っていました。


Photo_9
2016/4/6撮影
メディコムトイRAH ガラモン

先のウルトラアクト・ウルトラマンと同時期にヤフオク入手。
ビリケンやプレジデントジャパンなど同クラスの30cmガラモンの中で
このメディコム版を選んだ理由は
上目使いでなく正面を見据えた目線と、こんなポージングができる可動性でした。
エクスプラス版と並べればさながら親子の風情で
こんなお花見シチュエーションにも見事にハマってくれます。
この写真は私の中でもお気に入り。100枚の駄作の中で出会う奇跡の一枚です。


やっと一年前の春まで来ました。
森の緑もいよいよ萌え、怪獣との絡みも増えてきます。

« 暗躍の軌跡2 | トップページ | 暗躍の軌跡4 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/70453744

この記事へのトラックバック一覧です: 暗躍の軌跡3:

« 暗躍の軌跡2 | トップページ | 暗躍の軌跡4 »