2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 魅惑のGカップ | トップページ | 雨上がりのボウガン »

2014年8月11日 (月)

池の底からこんにちは

Photo

というわけで昨日の夕方、台風の収束を待って向かった
いつもの買●王国で入手したのは
ご覧の通り、SIC匠魂NO.5のハカイダーと
同じく匠魂SPECIAL、シルバーハカイダーバイクのセット。

中古の箱なしビニール袋詰めの吊るしで、税込292円という激安価格でした。

いわゆるミニSICサイズとはいえ、バイクのボリュームはかなりのもの。
ハードなディテール、渋さ満点のカラーリングも手伝って
真夏の陽光の下、ゴツい岩肌をあしらってみれば
わずか全長14cmの代物とは、とても思えない
大迫力のリアルフィギュアです。


それにしても、このSIC匠魂は
こんな大自然のリアルな景観にも見劣りしない造形の説得力が
大きな魅力ですね。

こうして見るとホントに、実物大であるかのような錯覚を覚えます。
キカイダーよりむしろハカイダー好きの私には、願ってもない逸品。
いつ見ても唸らされるアイテムですlovely



さて。このハカイダー&バイクですが。
今回、この一枚にたどり着くまでには
いつもに増してあれやこれやと、いろんな苦労がありまして。


実は昨日、店頭でコレを見つけた時。
隣に、コレの色違いバージョンが吊るされておりまして。
迷った挙句、より劇中のハカイダーに近いコチラを選んだんですが
どうやらお店スタッフは、陳列時にその二つを同時に袋詰めしたようで
バイクのハンドルを片方には右二本、もう片方には左二本
入れちゃったようなんです。


帰宅して組み上げた瞬間、その間違いに気づいたからさあ大変。
もう片方が売れちゃったら面倒になると、慌ててその足で再来店し
事情を話して色違いを開封確認、思った通りの梱包ミス。

危機一髪の購入トラブルでした。


さらに今日の撮影時。
実は。写真のバイクを乗せた岩の向こうはすぐ池で
岩から水面までは、1.5mほどの高低差があるんです。

おまけに平たい岩ではないですから、ちょっと風が吹いただけでも
フィギュアが落ちるリスクと隣り合わせ。
でもロケーションが良いので、いつもその危険と戦いながら撮影してるんですが
今日のこの撮影後、その”万が一”が起きてしまってshock
アッと思った時はもう遅い。ポチャンという音と共に
銀色に輝く愛車を残し、あわれハカイダーは池の底へweep

いやーもうアセるアセるsweat01落ちてしばらくは放心状態でしたが
せっかくの名フィギュアを、昔池に沈めたイマイの潜水艦プラモと
同じ目には合わせられないと、慌てて帰宅後作戦会議。
あいにく網のたぐいは持ってないので、開いた針金ハンガーにストッキングを張り
伸縮自在の床用モップにくくりつけて、”即席網”を作成。

メチャクチャかっこ悪かったですが、岩の上から手を伸ばして
必死に池底を浚う事数分。

でも所詮は急ごしらえ、まったくラチがあきません。
でも予想以上に水が澄んでいて、落ちた場所も意外に浅い事が分かったので
結局最後は強行軍、海水浴気分で膝上まで池に浸かりながら
無事救出を果たしましたhappy01

ま、真夏の太陽の下での水遊びですから、思った以上に気持ち良かったですがcoldsweats01
コレがもし冬だったらなんて、恐ろしくて考えたくありませんcoldsweats02



台風の影響で朝から続いていた断水も、ハカイダー生還と共に復旧して一安心。
汗だくのわが身体と一緒に、シャワーでキレイにしてあげました。
そんなこんなで。悪運強いハカイダー&バイクは
今も私の目の前で、不敵なニラミをきかせています。
そうそう。やっぱり悪はシブとくなくっちゃsmile
期せずして訪れた、お盆時のご近所アドベンチャーでございましたhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 魅惑のGカップ | トップページ | 雨上がりのボウガン »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「東映特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/57053117

この記事へのトラックバック一覧です: 池の底からこんにちは:

« 魅惑のGカップ | トップページ | 雨上がりのボウガン »