2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の記事

2014年8月31日 (日)

ルパン原案ボツの思い出

Photo

昨日8/30の実写版『ルパン三世』公開を記念して
わが家でも5月に新品購入したパンプレスト・ルパン三世フィギュア&バイク二種を
ついに開封、めでたくお披露目となりました。
ルパンファン諸氏なら、本編にこんなシーンが無い事はご存知と思いますが。

皆さんご承知の通り、この夏はお天気が非常に不安定だったので
今日もわずかなチャンスを狙い森へダッシュ、奇跡の晴れ間ショットですcamera

夕陽バックのエンディングが有名な不二子×バイクに比べ
ルパンは、ベンツSSKかフィアット500かと言うほど
車を乗り回している印象が強いので、私がルパン×バイクで記憶に残るのは
第一シリーズ第一話『ルパンは燃えているか・・・?!』Aパートラスト
スコーピオンとの対決にホテル・ミラクルへ乗り込むカットくらいでしょうか。

私好きなんですよ。あのカットでルパンが見せる”悪人顔”が。
普段のひょうきん顔とあの顔のコントラストが、ルパン三世というキャラクターの
多面性を、非常に表している気がします。
無邪気な笑顔に秘められた狡猾さ。第一話にしてああいう描写が続出する所に
演出・大隅正秋氏のただならぬ気概を感じますね。
写真のルパンフィギュアも、もちろん緑ジャケットの第一シリーズ仕様ですから
その特徴的な口角などに、旧ルパン特有の悪徳性が強調されていて
まさに”殺し屋ルパン”らしい表情です。
そうそうルパンはこうでなくちゃ。美女に鼻の下を伸ばすのはあくまで仮の姿。
果てしなく白骨が転がる荒野のような胸の内は誰にも見せない
刹那的なクール&ハードさが無くちゃhappy02

ですからルパンのモノマネで定番とされる「フジコちゃ~んheart04」のセリフは
私にはどうしてもしっくり来ません。
「ブローニングは、背中に感じやすいんだ」レベルのハードボイルドなセリフこそ
ルパンにふさわしいと感じる、筋金入りの旧ルパン派です。
第一シリーズ第四話『脱獄のチャンスは一度』をベスト・オブ・ルパンに挙げる
私にとっては、名作の誉れ高い「カリオストロの城」さえ別物なのです。


思い返せば、ルパン第二シーズンも中盤の’79年頃
番組視聴者に広く、ルパンオリジナル原案を募集する企画がありました。
バリバリの第一シリーズ派・とりわけ大隅ルパン命だった私は
あの雰囲気を今一度と、思いきりクール&ハードにこだわり
さらに数々の新機軸を盛り込んだ原案を応募しましたが
今考えればあまりにも低レベルな思いつきだったゆえ、あえなく落選coldsweats01
ルパン世界の奥深さ、ストーリー作りの難しさを思い知ったものです。
すでに国民的アニメと言われるほど、万人に愛されている作品の上
シリーズによって作風もまちまちですから
どのルパンが好きかで、新作の評価も変わりますし
ゴジラと同じで、万人を満足させ得るルパン三世なんてものは
おそらく今後も、作られる事は無いだろうと思いますね。

今回の実写版も、邦画界の第一線で活躍されているキャスト・スタッフを総動員し
いにしえの『念力珍作戦』とは段違いの予算、制作体制で作られていますから
少なくとも一定レベル以上のクオリティには、仕上がっていると思います。
そういう意味では、素直に期待したいと思いますね。
逆に、まだ見てもいないのに監督がキャストがとあれこれ言う人々は
力足らずゆえボツったとはいえ、ルパン作劇の辛苦を味わった私には
「会議で代案が無いのに、他人の企画にばかりケチをつける嫌われ者」
と映ってしまう。
私が会議の参加者なら、そんな横やりには一切耳を貸さないでしょう。

そういう方は文句ばかり言ってないで
ご自分でプロデュースからキャスティング、脚本から演出まで
理想のルパン作品を、脳内シュミレーションされてみてはいかがですか?
そのご自分の「脳内ルパン」と新作の「北村ルパン」のどちらが上回っているか。
作品はそういう風に見ないと、公平なジャッジが下せない気がします。

とはいえどんな作品も、形として世に存在する分
実力の点で、制作者が勝っている事は間違いありません。
「文句があるなら、これ以上のものを作ってみろ」と言われても
仕方がないという事ですね。
批判覚悟で今作に挑んだ北村監督はじめ、小栗旬さん以下キャスト陣には
改めて敬意を表します。

傑作とは玉石混淆、おびただしい乱造から生まれてくるものである事は
歴史が証明しています。
キャストやクリエイターの個性を受け入れられる成熟度も
観客には求められるのでしょう。

偏狭な考えを捨て、映画を原作とは別作品として割り切り楽しむ土壌は
アメリカの方が、日本より一歩も二歩も先を行っているのかもしれませんね。
そうでなければ、ルパンと同じコミック原作の『バットマン』が
キャスト・スタッフを変えあそこまで多作されても、一定以上の人気を博す筈がない。
歴代のブルース・ウェイン役が、小栗ルパン以上に批判された話は聞かないし
『ダークナイト』があれほど高クオリティに仕上がった理由の一端も
ノーラン監督作ならと期待する、受け手の度量があったからこそですから。

2014年8月19日 (火)

救世主のファンファーレ

Photo_2

ようやく届きました!8/2に発注した新作GODZILLAのサントラCD。
毎度貧乏なので、国内盤よりはるかに安いインポート盤ですが
最安値ショップで送料込み1,518円なら、まあ手頃な金額ですし
すでに二回もの鑑賞で耳に刻み込まれた作品のアルバムですから
懐の痛みより待ち遠しさの方が勝るというわけでhappy02


いそいそと開封、わが家唯一の5.1サラウンド・DVDプレーヤーで再生した途端
部屋中に響き渡るのは、ゴジラサウンドの新時代を告げる名コンポーザー
アレクサンドル・デプラの名調子!

銀幕狭しと暴れまくった、われらが怪獣王の雄姿が甦る!

メインタイトルは当然として、全ナンバー興奮のるつぼですが
とりわけ、敵怪獣MUTO出現シーンを盛り上げた6曲目『MUTO HATCH』
結果的にGODZILLAが避難バスを救う形となった名シーンに流れた
14曲目『GOLDEN GATE CHAOS』なんかは印象深いですねー。
さらにクライマックスにたたみかける17曲目『TWO AGAINST ONE』から
あのラストカットに流れた20曲目『BACK TO OCEAN』までの4曲は
まさに王道の怪獣映画BGM、琴線に触れっぱなしの感涙状態でございましたcrying

古くは伊福部先生から数十年、新作公開の度に特撮映画サントラを入手
大音響で再生しながら、観たばかりの作品の興奮を反芻してきましたが
このアルバムもまた、永く聴きたい愛蔵盤になりそうです。
ああまた毎度のごとく、プレーヤーに入れっぱなしの日々が続きますねlovely

というわけで今日は、早くも動画サイトにアップされた
興奮の記録映画風『GODZILLA』メインタイトルをご覧頂きながら
サントラアルバムの感動を、皆さんと分かち合う事としましょうhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月18日 (月)

力と技のユルユルキック

Photo_4

久々に晴れ上がったお盆明けの夏空に炸裂する、1号2号のライダーキック!
やっぱり昭和ライダーには、こんなピーカンが似合いますねhappy01

満を持しての登場は、先日入手したまま悪天候が続き
おひろめの機会を逃していたバンプレストWCF・ダブルライダーのセットです。

先月リリースしてたてのホヤホヤ、未開封新品が早くも中古ショップに並んだので
すかさず入手したのですが、キックポーズなら晴天バックでとこだわっていたので
ようやく訪れた絶好のチャンスに、あわててベランダへ飛び出しシャッターの嵐camera

本当はもう少し空に表情が欲しかったんですが、欲を言えばキリがありませんしcoldsweats01
それでも影の調子を見計らいながら時間を変えて数回撮影
マスクとCアイの反射がもっとも自然なカットを選びました。
全高8cm程度のミニサイズにも関わらず、ディテールやプロポーション
カラーリングの考証や絶妙なデフォルメーションなど
シリーズ共通のクォリティは、このアイテムも健在。

ここまでのアップにも余裕で耐えてくれますsmile


Photo_7

ごらんの通り、2号ライダーには差し替えでモスグリーンマスクも付属していて
ディープなファンへのケアも万全happy01

こういうカラーバリエーションの需要も、当然意識しているのでしょう。
となると今後は、新1号マスクの微妙な色違いも視野に入ってるのかな?

つくづくマニアックになりましたねー。この手のデフォルメフィギュアも。

Photo_9

今日までに集まった、WCFライダーアイテム揃い踏み。
小さくて場所をとらないところもお気に入りですhappy01
サイクロンなど、ピッタリサイズのSIC魂なども持ってはいるんですが
とりあえず今日は、あくまでWCFくくりという事で。

パッケージを見ると、商品名は『ダブルライダーキック』となってますけど
本放送時の記憶では「ライダーダブルキーック!!!」の野太い雄叫びが
強く印象に残っているので
どーもこの商品名には違和感があります。私だけかもしれませんがcoldsweats01


こうなってくると次に狙うのは、桜島1号あたりかな?
同じ立ちポーズでも、新1号新2号は昔からメジャーすぎるので
今一つ食指が動かなくて。
まー最近のアイテムなので、気長に探せばお値打ち品も見つかるでしょうし
数百円のかわいい買い物ですから、この程度の優先順位のわがままは
お許し頂きたいなとhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月12日 (火)

雨上がりのボウガン

Photo

昨日のSIC匠魂ハカイダー+シルバーバイクがあまりにカッコ良かったので
結局今日も朝一で買●へ走り、色違いのレッドバージョンをゲット。
おおーまだ残ってたかこんな逸品が。運の良さにテンションアップhappy02
両方買うなら、前回日記に書いたハンドル交換の意味はなかったですがcoldsweats01

台風の忘れ形見の低気圧が招いた雨も、お昼前には止んだので
買ったその足で森へ直行、路面の水たまりをあしらって一枚camera
奇しくも雨上がりで彩度が落ちた空模様と、路面の水面反射を狙いました。
得物も前回のハカイダーショットに対し、レッド版はご覧のボウガン。
反射に映えるディテールです。


もともとロートーンのカラーリングに加え
ハカイダーというキャラクターが持つ渋い雰囲気が
硬質な舗装路とバックのグリーンのコントラストの中で
上手く表現できていれば良いのですが。

いやー前回もお話ししましたが
このSICハカイダーは、シチュエーションを選ばず絵になりますねーlovely
「影」が効果を上げるキャラクターって、特撮物ではそれほど無いんですよ。
池に悩まされた昨日のリベンジとばかり、今日は水面反射をキモにしましたが
予想以上の効果だったので、雨上がりの曇り空もまんざらじゃないものですcloud


欲を言えばキリが無いですが
納まりが良すぎて構図が面白味に欠けるのと
水面が綺麗すぎドラマチックさが無いので、波紋の一つくらい立ててもよかったかなと。
とはいえ、車が通る度に撤収しながらの撮影だったので
そんな余裕も無かったですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月11日 (月)

池の底からこんにちは

Photo

というわけで昨日の夕方、台風の収束を待って向かった
いつもの買●王国で入手したのは
ご覧の通り、SIC匠魂NO.5のハカイダーと
同じく匠魂SPECIAL、シルバーハカイダーバイクのセット。

中古の箱なしビニール袋詰めの吊るしで、税込292円という激安価格でした。

いわゆるミニSICサイズとはいえ、バイクのボリュームはかなりのもの。
ハードなディテール、渋さ満点のカラーリングも手伝って
真夏の陽光の下、ゴツい岩肌をあしらってみれば
わずか全長14cmの代物とは、とても思えない
大迫力のリアルフィギュアです。


それにしても、このSIC匠魂は
こんな大自然のリアルな景観にも見劣りしない造形の説得力が
大きな魅力ですね。

こうして見るとホントに、実物大であるかのような錯覚を覚えます。
キカイダーよりむしろハカイダー好きの私には、願ってもない逸品。
いつ見ても唸らされるアイテムですlovely



さて。このハカイダー&バイクですが。
今回、この一枚にたどり着くまでには
いつもに増してあれやこれやと、いろんな苦労がありまして。


実は昨日、店頭でコレを見つけた時。
隣に、コレの色違いバージョンが吊るされておりまして。
迷った挙句、より劇中のハカイダーに近いコチラを選んだんですが
どうやらお店スタッフは、陳列時にその二つを同時に袋詰めしたようで
バイクのハンドルを片方には右二本、もう片方には左二本
入れちゃったようなんです。


帰宅して組み上げた瞬間、その間違いに気づいたからさあ大変。
もう片方が売れちゃったら面倒になると、慌ててその足で再来店し
事情を話して色違いを開封確認、思った通りの梱包ミス。

危機一髪の購入トラブルでした。


さらに今日の撮影時。
実は。写真のバイクを乗せた岩の向こうはすぐ池で
岩から水面までは、1.5mほどの高低差があるんです。

おまけに平たい岩ではないですから、ちょっと風が吹いただけでも
フィギュアが落ちるリスクと隣り合わせ。
でもロケーションが良いので、いつもその危険と戦いながら撮影してるんですが
今日のこの撮影後、その”万が一”が起きてしまってshock
アッと思った時はもう遅い。ポチャンという音と共に
銀色に輝く愛車を残し、あわれハカイダーは池の底へweep

いやーもうアセるアセるsweat01落ちてしばらくは放心状態でしたが
せっかくの名フィギュアを、昔池に沈めたイマイの潜水艦プラモと
同じ目には合わせられないと、慌てて帰宅後作戦会議。
あいにく網のたぐいは持ってないので、開いた針金ハンガーにストッキングを張り
伸縮自在の床用モップにくくりつけて、”即席網”を作成。

メチャクチャかっこ悪かったですが、岩の上から手を伸ばして
必死に池底を浚う事数分。

でも所詮は急ごしらえ、まったくラチがあきません。
でも予想以上に水が澄んでいて、落ちた場所も意外に浅い事が分かったので
結局最後は強行軍、海水浴気分で膝上まで池に浸かりながら
無事救出を果たしましたhappy01

ま、真夏の太陽の下での水遊びですから、思った以上に気持ち良かったですがcoldsweats01
コレがもし冬だったらなんて、恐ろしくて考えたくありませんcoldsweats02



台風の影響で朝から続いていた断水も、ハカイダー生還と共に復旧して一安心。
汗だくのわが身体と一緒に、シャワーでキレイにしてあげました。
そんなこんなで。悪運強いハカイダー&バイクは
今も私の目の前で、不敵なニラミをきかせています。
そうそう。やっぱり悪はシブとくなくっちゃsmile
期せずして訪れた、お盆時のご近所アドベンチャーでございましたhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年8月 3日 (日)

魅惑のGカップ

Photo_14

お仲間の情報で、新作GODZILLAの上半身が乗ったドリンクカップの存在を知り
今日は朝から上映館に電話をかけまくり。

すでに二回も鑑賞したにも関わらず、劇場では飲食しない主義が裏目に出ましたcoldsweats01
さすがにどこも在庫切れで焦る中、運良くまだ残る劇場を見つけ
行ってきました雨の中
sprinkle
カウンターで写真を撮影する許可を戴き、意気込んで撮った一枚がコレcamera
うーむ珍しいhappy02さすが世界の怪獣王ならではのレアアイテムですね。
そりゃ売り切れ店も続出するわけですhappy01


Photo_3

カップの裏面はこんな感じ。ちゃんと封切日が明記されていますから
絶好の鑑賞記念になりますねmovie

しかも上に乗っかってるGODZILLAさん、出来がまたメチャクチャ良いlovely
既に入手やご覧になった方も多いでしょうけど
遅まきながらわがブログでもおひろめ、ディテール・プロポーションを見てみましょう。


Photo_5

大迫力の正面。荒ぶる表情に似合わずラブリーな小さいお目目lovely
今回のGさんは、両手を下に向けたポーズが印象的ですね。
それにしてもこの、ディテールの細かいことeye
バンダイ版ソフビを超えそうなリアリティは、この手のカップヘッドとしては特筆もので
上半身だけにも関わらずコッチを選びましたhappy01

まー予算の都合も大きいですけどcoldsweats01


Photo_6

サイドショットもこの通り。劇中のGさんの特徴を見事に捉えた造形の妙happy02
表面ディテールのアプローチはアメリカンクリーチャーのそれですが
どっしりした重量感はまぎれもなくゴジラのそれで、しっかり”怪獣”してます。

この辺が、エメリッヒ版との大きな違いですね。


Photo_8

ぐるっと回ってバックショット。三列に並んだ背びれは完全にゴジラのそれ。
プロポーションもゴジラしてますねえ。

さすがゴジラフリーク・ギャレス監督の本領発揮ってわけでwink


Photo_9

逆サイドも手抜きなしのゴジラテイスト。ボディ幅もかなりのボリュームです。
そういえば今回のGさん、ボディのディテールはウロコがメインなんですね。
初作ゴジラの検討デザインにもウロコに覆われたタイプがあったようですから
このアプローチには、そのあたりへのリスペクトも匂わせているのかな?

ゴジラを愛しつくしたギャレス監督ですから、マニアックさも一筋縄じゃ行かないとhappy01


Photo_11

でもこうして気持ち俯瞰気味にすると、また別の表情が表れてきたりして。
このあたりの頭部デザインは
初作ゴジラと同期の『原子怪獣現わる』リドザウルスをちょっと意識した感じ
というよりも、恐竜モチーフの洋画怪獣伝統の”トカゲ顔”と言うか。
こめかみから首筋にかけてのディテールも、まるっきりトカゲの雰囲気ですもんね。


しかも面白いのは、このお腹のブロックパターン。
今作と平成ガメラとの類似点を指摘されている識者諸氏は多いですが
この腹部のパターンも、気合一つでウルティメット・プラズマぐらい発射しそうな
”ガメラ腹”っぽかったりしてhappy01

そーかープロットのみならず、デザインまで平成ガメラしてるかギャレスG。
ますます親近感が湧いてくるなあこの子にはheart01


Photo_12

でもやっぱり、こういう見上げがちのアングルに戻すと
間違いなくわれらのゴジラなんですよねー。ディテール、プロポーション共に。
こんな風に、角度によって印象を変えるデザインと言えば
いにしえのキンゴジを思い出しますが

このギャレスGにも、キンゴジ譲りのマッシブ&アクティブなイメージがありますね。
初作ゴジラへのリスペクトを公言していたギャレス監督ですが
彼の中には少なからず、キンゴジへの思い入れもあったのでしょうか?
まー惚れた欲目で、何でも良い方に捉えてしまう私の悪い癖ですがcoldsweats01


Photo_13

60年の時を越え、初代と最新コジラ涙の対面crying
カップヘッドGのサイズが、バンダイソフビとほぼ同じ事がお分かり頂けるかと。
でも60年の間に、ずいぶん貫禄が増しましたね怪獣王も。
まーコレも長期シリーズの歴史が生む、存在の厚みという事でhappy01


いやーこのゴジラカップ、入手できてホントにラッキーでした。
この手の飲食パッケージ系は封切直後に売り切れるのが常なので
まさか公開も十日を数える今まで残っているとは、とても思わず。
現に、売り切れ劇場もチラホラありましたしねーsweat01
情報を下さったお仲間に、改めて感謝の雨あられですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »