2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« アローヘッド計画の惨劇 | トップページ | 超豪輝メカゴジラ1974 »

2014年5月20日 (火)

ディメンション・タイド発射

4_001
あぶないっ黒い怪獣!巨大トンボが狙ってるぞ!
というわけで今日のおひろめは、前回のメガギラスに合わせ入手した
バンダイミレニアムゴジラ、通称ミレゴジ通常版。
例によって中古購入、貧乏ゆえ価格も497円smile

背びれがクリアー成形の『×メガギラスセット』版は以前入手しているので
普通のバンダイミレゴジをまともに見るのは、今回が初となります。
発売は15年も前なんですけどねcoldsweats01

初登場作品『ゴジラ2000ミレニアム』は私も封切鑑賞したんですが
いろんな意味でインパクトが強すぎ、その後しばらくはゴジラと距離を置こうかと。
そんな事情ゆえ次作『×メガギラス』は、VSシリーズ以降で唯一
封切館賞を見送ったほどでした
coldsweats01
でも後にDVD鑑賞し、瑞々しい感性溢れる手塚監督の才気に驚愕
結局今作は『×メカゴジラ』以上のフェイバリットになりましたが。

そんな回り道の経緯もあって、このミレゴジには特別な思い入れがあるのです。


4_002
かのキンゴジをモチーフにしたと言われただけに、プロポーションもマッシブなら
ポーズ、表情とも実に精悍
happy02
とりわけ今作は、飛行機能を持つ巨大群獣メガギラスという好敵手を得て
スピーディかつ重量感溢れるアクションを存分に炸裂させる
文句なしの武闘派ぶりを魅せてくれます。

ミレニアムシリーズではとかく小物扱いされるメガギラスながら
そのナイスファイトは決して、ギドラや機龍にひけをとっていないと思うのですがhappy01


4_003

カメラ目線でも愛想を振りまかず、全力でガンを飛ばしまくる目つきの悪さ
shock
劇中でも、メガギラスやグリフォンなどからの空中俯瞰カットが多い事から
こういう見上げるアングルが印象的でしたね。
次作『GMK』では掟破りの白目、その後二作に渡る機龍戦では
若干落ち着き気味の目つきになっちゃいましたから
(ファイナルウォーズ版はもはや別次元のお話ですから比べにくいしcoldsweats01
歴代の”上目遣いが怖いゴジラ”中でも、かなり上位に食い込む強面。
頬から鼻にかけての筋肉など、ちょっと金剛力士像の風格さえ感じさせます。


4_004
最大の特徴、巨大な背びれもイイ感じ。
ミレゴジの猛々しさをさらに強調する、デザイン上の意匠と思います。

核で融け落ち丸みを帯びた背びれが、これまでのゴジラの主流でしたが
DVDのコメンタリーでは「生え変わった」という設定らしいですね
coldsweats01
まーゴジラのデザインも全作違う事だし、いろんな解釈があって良いと。
前述の通り15年前のソフビですから、こんな事も皆さんご承知でしょうけど
クリアー背びれしか知らなかった私には、このノーマル背びれも実に新鮮happy02

うしろを見ればまた狙ってますねー巨大トンボがwink
とはいえ。足裏のBANDAI1999という刻印を見る限り
ノーマル版は『ミレニアム』公開時の単品発売でしょうから
セット版のメガギラスとの組み合わせは、作品的には正しくても
商品的には珍しいことなんですねsmile


4_005

『×メガギラスセット』のクリアー背びれ版と並べて。
同じ型なのでフォルムもいっしょですが、微妙に体色が違いますね。
例によってコレクター目当ての色替え戦略でしょうが
それを抜きにしてもやっばり、クリアー背びれは陽光に映えるなあとsun
照明など仕込んでいないのに、発光しているように見えますもんね。

もちろんノーマル版も、この背びれならではのカッコ良さがありますがhappy01


4_006

そして最後はコレ!前回日記で予告した組み合わせポーズ。
単純にメガギラスを乗っけてるだけですけど、背びれが大きいので補強要らずで
このまま飾ってもめったに落ちない安定度を誇ります。

たぶん試してみて、その微妙なバランスに驚かれた方も多いでしょうね。
私もおおーと喜んでましたhappy02

実は今回の写真、今日撮ったものではない上
ごらんの通りこの一枚、メガちゃんの前足角度が左右非対称なので
機会を見つけて撮り直そうと考えていました。
ところがっ!またまた今日、フラリと覗いた中古お宝ショップのショーケースに
眩い輝きを放つ逸品が!

一昨日あたりまでは無かった品。まず間違いなく新着!
さらに!このところ出費続きながらわずかな残金で手が届くビミョーな安値!

てなわけでまたしてもお買い上げ。チャンスってどうしてこう集中攻撃なんでしょう。
先日の臨時収入が底をついちゃったけど、この価格なら悔いはありません。
せっかくですから、その新着アイテムも速急におひろめしたいし
今ネタでもないメガギラス絡みばっかりを引っ張るのもなんですから
早めに消化しておこうと、後ろ髪を引かれながらのアップとなりました。
つくづく今月は追われるなあ出物ラッシュに。無い時はとことん無いんですけどcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« アローヘッド計画の惨劇 | トップページ | 超豪輝メカゴジラ1974 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「東宝特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/56259820

この記事へのトラックバック一覧です: ディメンション・タイド発射:

« アローヘッド計画の惨劇 | トップページ | 超豪輝メカゴジラ1974 »