2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ガメラ対特売怪獣生バイラス | トップページ | ミドリガメ »

2014年5月 6日 (火)

女賭博師 浪花虹しぐれ

4_001
入手日から二日、天候不順を乗り越えついにおひろめ!
ご存知みんなの味方・昭和ガメラ!

しかもシリーズ屈指のイケメン、第二作『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』バージョン!
クォリティでは定評あるエクスプラス製、昨年6月発売の大怪獣シリーズ。
ゴジラにキンゴジあればガメラにバルガメありの言葉通り
このガメラはまさに、シリーズ初期の試行錯誤ゆえの
荒削りな魅力に満ちた傑作キャラクターなのですっpunch


全高約23cm、飾って良し遊んで良しのお手ごろサイズですが
お手ごろじゃないのはその定価。
発売当初は一万円ちょっと、エクスプラスの方針ゆえか出荷数も少なく
中古市場でもほとんど値が下がらないのが頭痛の種でした。
それが一昨日覗いた買●王国では、箱無し中古で税込2,595円と奇跡の安値happy02
コレをスルーしたらおもちゃ好きの名がすたるpunch

火炎噴射の勢いで検品、傷や汚れも無いようなので満足して一応確認。
「コレ、いつ店頭に出したんですか?」
「たぶん二日~三日前ですが。」
いやーよく残ってたな二日も。こんなコンディション万全の逸品が。
GWで回転ずしを楽しむファミリーを尻目に
回転ジェットでおもちゃゲットに血道を上げる私coldsweats01

ちなみに今回のサブタイは。
バルゴン→大阪戦→虹色光線→ヒロイン江波杏子→女賭博師シリーズ
テキトーゴチャ混ぜなので、深い意味はありませんhappy01


4_002

さすがエクスプラス、迫力満点のこのお顔lovely
高めのトサカ、くっきり整った鼻筋はまさにバルガメ。


4_003

目の上のひさしの張り出しも、バルガメのチャームポイント。

怪獣界のパトリック・マクグーハンの呼び名はダテじゃないsmile
さらに、この角度ではちょっと分かり難いですが
下顎の広がりも、他作品のガメラに比べかなりワイルド。
そしてもう一箇所、このアイテムならではのセールスポイントは。


4_004
生物感溢れるこの目!
昭和ガメラのスタンダード・クリクリ目とは異なる
バルガメ特有の切れ長の瞳、劇中の電飾カラーを意識した濁り気味の白目に加え
外光のハレーションにより黒目が無いかのように映る、独自の彩色法が効果的。

かのGMKゴジラに通じる迫力満点の瞳こそ、このアイテム最大の魅力ですlovely
店頭で見かけた瞬間も、まずこの目にメロメロになりましたheart04
劇中でも角度によってヘビの目みたいに冷たく輝きますよね。ガメラの目って。
当時の眼球パーツ素材の都合かもしれませんが、その効果が幸か不幸か
冒頭三枚の写真のように再現されているんですよeye


4_006_2   
昭和ガメラらしい一枚岩の甲羅。屋根瓦状に重なるウロコもしっかり再現。
ギャオス戦あたりまで、ウロコの”ささくれ立ち”もけっこう極端だったように
記憶していますが(英一くんもしがみ付いてましたしね)

そのウロコの立体感を、このソフビは表現しているのでしょうね。
いずれにしても、いやー外光に映える背中です。
健さんからガメラまで、昔から男は背中で語るなあとwink


4_011_2
一枚目の写真と同角度のFFですが、障害物抜きの全身ショットもcamera
スケールを比較する物が無いので、バックが山間部のセットみたいに見えますね
happy01
まさにこういうカットこそ、自然撮影の醍醐味。
初期ウルトラの山間特撮に、本物の木を植樹していた心意気が
期せずして再現できちゃうという
happy01
しかも自然光に出来の良いエクスプラスのソフビですから、本物感も折り紙付き。
私みたいに腕なんか無くても、それっぽい一枚がモノに出来るというものでhappy01


4_009_3
調子に乗ってもう一枚。一応正対ショットも。
山あいから岸壁の岩肌へ進撃するガメラの勇姿!


4_012_2
さらに今朝、ベランダで撮ったコントラストショットも。
ゴジラしかり、表皮がゴツゴツした怪獣のようなモチーフは
極端なハイライトによって、造型的な魅力がいっそう引き立ちますね。

コレもお天気と朝日の角度、被写体を置く角度次第。
画面を斜めに分ける陽光が、良い演出をしてくれています。
バルガメの表情も、このエクスプラス版ならでは。
虹彩がフラット塗装のセガ版ガメラでは、この効果は出ないでしょう。
各社趣向を凝らした鑑賞時の演出を際立たせるのも
おもちゃ好きの楽しみですねhappy01


4_013_2
おふざけついでに。前回日記で呆れられた”対生バイラス”happy01
半分は私の胃袋に収まっちゃったので、貴重な全身図ということでcoldsweats01
バルガメのサイズがお分かり頂けるでしょうか?イカと比べるってのも何ですけど。
うーむリアルガメラと並べると、イカが怪獣そのものに見えるから不思議だsmile

一応、エクスプラスのバルゴンも居ることは居るんですが
ずいぶん昔の安価な組み立てソフビの為、このバルガメとは比べるまでもなく
クォリティの落差が目立つだけなので、今回は割愛しちゃいましたcoldsweats01

ハードディテールや生物感など、レベルの高い怪獣フィギュアにも惹かれるんですが
手を出せば無間地獄、さすがに予算が続きませんsweat01
まー当分はこのバルガメでお腹いっぱい、しばらくは目移りしなさそうですので
また安い出物と出会える幸運を信じて、気長にお店を回る事にしましょうdash

2月末のブルゴジ
先月末のブルトラ兄弟入手の例もある通り
なかなか侮れないんですよ。私が暮らす田舎の中古ショップも
happy01happy01happy01 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ガメラ対特売怪獣生バイラス | トップページ | ミドリガメ »

「大映特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/56088791

この記事へのトラックバック一覧です: 女賭博師 浪花虹しぐれ:

» ガメラ:14年5月第二週のフィギュア関連情報(その2) [ガメラ医師のBlog]
 昨日更新の「 第2週の(その1) 」に続き、 今週中盤で拝見したガメラ関連の各種フィギュアについての情報を、まとめてご紹介。 フィギュア関連で、 「「スーフェス65関連情報 /05/01 」はこちら。 「特リボ情報 /04/08 」にはこちらから。 「海洋堂フィギュアミュージアムレ...... [続きを読む]

« ガメラ対特売怪獣生バイラス | トップページ | ミドリガメ »