2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« グドン森林浴 | トップページ | 驚異の原始トンボ? »

2014年5月11日 (日)

行き場のないカーネーション

40

午後二時。今日も初夏らしく雲ひとつ無い晴天、さらに母の日という事で
海の底で平和に暮らすラゴン母子もはるばる地上の公園へ。
家族連れでにぎわう公園は、小さな子どもがキャッキャと駆けまわり
さながら遊園地のよう。
ちなみに母ラゴンのお腹に書かれたサインのいわれは
コチラをご覧下さい。


4_002

まったり過ごした日光浴も終わり、母子は水辺で帰りの準備。
今年の母の日も楽しかったから、今夜はごちそうにしようね。
おだやかな初夏の昼下がり。二人をカモちゃんたちが見送っていました。



母を亡くして早や7年半。
ニュースで流れる母の日の話題や、楽しそうに遊ぶ家族連れを見るたび
母の思い出ばかりが思い出され、懐かしさと寂しさが募ります。
形ばかりの感謝の品を、毎年喜んでくれた母。

何年たっても、今日の居心地の悪さは変わりません。
祝う相手が居ない悲しみは、静かな湖面に投げ込んだ小石のように
年々波紋を増すばかりです。

いつもユルソフビを親子に見立て、仲の良さを演出する心根の底には
二度と会えない母への想いがあるのかもしれませんね。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« グドン森林浴 | トップページ | 驚異の原始トンボ? »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/56155598

この記事へのトラックバック一覧です: 行き場のないカーネーション:

« グドン森林浴 | トップページ | 驚異の原始トンボ? »