2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の記事

2014年5月30日 (金)

黄昏ラヴァーズ

4_001
午後5時15分。
夕日のカクテルを楽しみながら、愛を語り合う池のカップルたちheart04


4_002
ちぇ~っ ひとり身はつらいニャsad

がんばれニャーちゃん!私も応援しているぞrock

2014年5月28日 (水)

夕映えブッチー

4_001
夕方5時20分のウォーキング二回戦run
そろそろ翳りがちな太陽を背に、いつもの駐車場で昼寝中の影が。


4_002

やっぱりおなじみ、森の住民ブッチーちゃんcat
車一台停まってない貸切状態、さながら主のごとく安眠状態sleepy
今日は暑かったからねー。 コンクリの床は冷たくて気持ち良いでしょ。
と思って触ってみたら、意外に熱がこもっていて温かい。
まーコレはコレで適度な暖房、天然のホットカーペットってわけねhappy01


4_003

どんな夢を見ているのか、腕を投げ出し寝返りポーズcoldsweats01
最高気温も29.8度、初夏の陽気に開放感いっぱいで
子どもの夏休みの昼寝みたいな、良いご身分のブッチー先生でしたsmile

能天気コンビ

Photo_2
朝7時12分。いつもの池の波打ち際。通称”田舎のコートダジュール”。
こんな2ショットが当たり前のところがなんとものどかcoldsweats01
今日も名古屋の気温はうなぎのぼり。早くも真夏の到来です
sun

2014年5月27日 (火)

今朝の一触即発

4
早朝6時半。いつもの公園に展開する世紀の大決闘!
挑むは森林トラネコ怪獣キャットラ!
迎え撃つはいつものガメヲ・・・じゃなくてコウラ怪獣スポゴン!

森を揺るがす驚天動地の一大攻防戦!戦いのゆくえははたして何処へ!?

というわけで、雨上がりの朝を楽しもうと出かけたウォーキングで
とんでもないにらみ合いに遭遇してしまいましたhappy02
おなじみトラネコちゃんはともかく、驚いたのは手前のスッポン大先生。
森歩きももう10年近いですが、スッポンなんて初めて見ました。
いつも池に住んでるミシシッピアカミミ・ガメヲちゃんとは
明らかに違うそのいでたち!

おおーコウラはツルツルだし顔も尖ってるぞshock


4_2
じっと見ていたらズングリしてて、意外におとなしい。
スッポンのコウラは普通のカメより柔らかいところから
英訳名も”ソフトシェルタートル”なんて呼ぶらしいですが

咬まれると雷が鳴っても離れないと言われるほどのシツコサですから
小心者の私はちょっと離れ、極力刺激を与えないよう恐る恐る撮影camera

撮り終わったら満足したのか、おつかれさま~とヨタヨタ茂みに消えていきました。
ほどなくトラちゃんも退場、一触即発に見えたのは朝のあいさつだったようですねhappy01

いやー野性のスッポンと道端で出会うなんて
どこまで田舎なんだウチの近所coldsweats01
こうなったらいずれ、わが家のガメラとも対決させねばなるまいっpunch
エクスプラスのバルガメ対森の大怪獣スポゴン!
湯浅監督に激怒されそうですがcoldsweats01

2014年5月24日 (土)

超豪輝メカゴジラ1974

4_001
久々の朝日ベランダ写真は前回の予告通り、ついにおひろめの逸品。
光輝くボディが眩しい超合金メカゴジラ1974・メッキバージョン。
これほど太陽光線の反射が似合う怪獣おもちゃも、そうそう無いでしょうsun
ご覧の通りまさに金ピカ。わが町名古屋のシンボル金シャチにも負けない存在感happy01

発売は先のノーマル版から遅れること約四ヶ月、2004年3月上旬でしたが
定価が税込8,100円と、このクラスの合金アイテムとしては高額だったゆえ
とても手が出ず、ショップのショーケースに鎮座し光沢を放つ見本を眺めながら
羨望と諦めのため息をついておりました。
うーん汚し塗装で迫力を増した逆襲版ならともかく、初登場版はやっぱり
これくらいの輝きが欲しいなあと、くわえる指もしょっぱくなっちゃってweep

それが今週火曜日、たまたま覗いた行きつけ買●王国のショーケースに
ナント箱無し中古ながら、パーツ完品税込1,512円の破格値で
並んでいるぢゃありませんかっ
eye
(もちろん、飛行ポーズ用の差し替え頭部もしっかり付属)
おおー定価の五分の一以下!この価格なら箱なんて贅沢言ってられないっhappy02

他のショップでアタリをつけていた購入候補アイテムを一瞬で忘れ去り
脳内はもう財布を開けのオールレンジ攻撃。

レジでスタッフを捕まえる勢いたるやもう(毎度の事なので割愛coldsweats01
でまたスタッフのお兄さんも好き者らしく、同好者同士だけが分かるマニア顔で
「パーツ欠け無しのメッキ版でこの価格はなかなか出ないんですよウヒヒ」
なんて、セールストークを超えたアピールぶりsmile

いやーなんだかんだ言っても、’60年代生まれの私にとって
メカゴジラと来ればなんと言ってもコッチなんですよねー。
もちろん機龍も好きですが、「怪獣」「わるもの」「強いもの」という意味で
魂を揺さぶられる一体なら圧倒的にコレ。

もはや理屈じゃなく、怪獣心の根っこに訴えるものがあって
どうにも譲れないものがありまして
coldsweats01
ですから、こういう悪役っぽい戦闘ポーズもサマになりますよねーhappy01

発売後10年の歳月、中古という事情を考えても
致命的な傷や汚れ、塗装の劣化はなく、相変わらずの見事な光沢。
バンダイのメッキ技術も向上したもんですねえ。
超合金の魅力三拍子、フォルムの良さ・重量感・自在なポージングに加え
このメッキバージョン、照明による魅力向上も加わって
ノーマル版より定価が上がるのも、無理ないお話だなあと。

その輝きは心なしか、西洋甲冑の風格さえ漂うから不思議です。
もちろんゴジラが着るんでしょうねえ。この形ならhappy01


4_002

右は以前入手の超合金メカゴジラ1975・ノーマル版。

目立つボディ前面のディテール差に加え、細かい部分もいろいろ違いますね。
さらにメッキ塗装のあるなしで、ボディの輝きはここまで変わりますshine
写真ではちょっと伝わりにくいですが、実物はもっと差が大きいんですよ。


4_006
てなわけでさっそく、初夏の森へ出撃run
競演はメカちゃんに合わせて緊急入手した、名づけて沖縄ホットブラザース。

いずれもバンダイの近作ソフビ、すべて中古でまとめて900円ほどsmile
’98年のゴジラアイランド版と’01年のムービーモンスター版が
両方とも店頭にあったアンギ先生は、好みで後者をチョイス。
体色が濃い、角や爪の色が分かりやすい、甲羅の金色がシッポまで続いてるなどなど

メチャクチャいいかげんな理由ですhappy01


4_001
初代メカゴジラと言えば、なんといってもこのシーン!
180度回る首、さらに前後の敵を同時攻撃する重装備!

ロボット怪獣であることと、一体あれば怪獣の二頭くらいは簡単に倒せる
メカゴジラの圧倒的な強さを、見る者に印象付けるには充分なシーンでした。
さらに。後続作品と比べても
怪獣映画で横広のシネスコ画面をここまで活かしたカットを探すのは難しく
さすがシネマスコープ大好きおじさん(ご本人の弁)中野昭慶特技監督の面目躍如
目からウロコならぬ、スペースチタニウムの名演出。

このカットがなければ、初代メカゴジラが後年これほどの人気を保てたかどうか。

残念ながら首の上下角の問題と、足元に適当な”踏み台”が無かった事で
完全再現は出来なかったものの、劇中の雰囲気だけはお分かり頂けるかなと。
このサイズの初代メカゴジラソフビは現在、’75年の『逆襲』版のみらしいので
超合金を使わなければ、このカットは再現不可能かと。

期せずして入手できた者だけが味わえる、ささやかな愉悦なのでしたlovely
(はなはだ不確実なネット情報なので、誤りあれば先にお詫び致しますcoldsweats01


4

今作ではやや不遇な役どころだった、ゴジラの相棒アンギラス大先生も
もし監督が許せば、こんなシーンを欲しかったでしょうね
happy01
このアンギちゃん、『対メカゴジラ』DVDの中野監督コメンタリーによれば
「悪党にはならない顔」との事。
個人的には好きな一頭なんですよ。初代は大阪を舞台に激戦を演じた名優ですし。

2001年金子修介監督『GMK』の草案”バラン・バラゴン・アンギラス”が
もし実現していたら、このアンギラスにも新たな檜舞台が与えられたでしょうから
その活躍を夢想するのも楽しいですねhappy01


4_003

てなわけで最後は、劇中で実現しなかった四大怪獣そろい踏み。
ゴジラ’74やキングシーサーなど、当時を反映したヒーロー顔の怪獣が
顔を揃えているせいか、妙に新鮮ですねこの4ショットはhappy01
とはいえここまでの個性派揃いの中、ひときわ視線を集めるメカゴジラの存在感happy02
顔の濃さでは『吸血鬼ゴケミドロ』の高英男さんレベルsmile

デザインや設定がリファインされ、後続メカゴジラが登場した中で
この初代が今も高い支持を得る理由の一つは、やっぱり悪役だった事でしょうね。
でなければ、かのキングギドラと肩を並べる人気を獲得できなかっただろうと。
三船に仲代、アキラにジョー、国際秘密警察には世界統一同盟の例もある通りhappy01
敵役がカッコ良くなければ、主役もまた輝かない。

メカゴジラもまた、ゴジラを最高に輝かせる好敵手だったんでしょうね。

今日は撮影お疲れさんと、そのキンキラボディを磨いてあげましょう。
もちろんBGMはこの曲でlovely
 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月20日 (火)

ディメンション・タイド発射

4_001
あぶないっ黒い怪獣!巨大トンボが狙ってるぞ!
というわけで今日のおひろめは、前回のメガギラスに合わせ入手した
バンダイミレニアムゴジラ、通称ミレゴジ通常版。
例によって中古購入、貧乏ゆえ価格も497円smile

背びれがクリアー成形の『×メガギラスセット』版は以前入手しているので
普通のバンダイミレゴジをまともに見るのは、今回が初となります。
発売は15年も前なんですけどねcoldsweats01

初登場作品『ゴジラ2000ミレニアム』は私も封切鑑賞したんですが
いろんな意味でインパクトが強すぎ、その後しばらくはゴジラと距離を置こうかと。
そんな事情ゆえ次作『×メガギラス』は、VSシリーズ以降で唯一
封切館賞を見送ったほどでした
coldsweats01
でも後にDVD鑑賞し、瑞々しい感性溢れる手塚監督の才気に驚愕
結局今作は『×メカゴジラ』以上のフェイバリットになりましたが。

そんな回り道の経緯もあって、このミレゴジには特別な思い入れがあるのです。


4_002
かのキンゴジをモチーフにしたと言われただけに、プロポーションもマッシブなら
ポーズ、表情とも実に精悍
happy02
とりわけ今作は、飛行機能を持つ巨大群獣メガギラスという好敵手を得て
スピーディかつ重量感溢れるアクションを存分に炸裂させる
文句なしの武闘派ぶりを魅せてくれます。

ミレニアムシリーズではとかく小物扱いされるメガギラスながら
そのナイスファイトは決して、ギドラや機龍にひけをとっていないと思うのですがhappy01


4_003

カメラ目線でも愛想を振りまかず、全力でガンを飛ばしまくる目つきの悪さ
shock
劇中でも、メガギラスやグリフォンなどからの空中俯瞰カットが多い事から
こういう見上げるアングルが印象的でしたね。
次作『GMK』では掟破りの白目、その後二作に渡る機龍戦では
若干落ち着き気味の目つきになっちゃいましたから
(ファイナルウォーズ版はもはや別次元のお話ですから比べにくいしcoldsweats01
歴代の”上目遣いが怖いゴジラ”中でも、かなり上位に食い込む強面。
頬から鼻にかけての筋肉など、ちょっと金剛力士像の風格さえ感じさせます。


4_004
最大の特徴、巨大な背びれもイイ感じ。
ミレゴジの猛々しさをさらに強調する、デザイン上の意匠と思います。

核で融け落ち丸みを帯びた背びれが、これまでのゴジラの主流でしたが
DVDのコメンタリーでは「生え変わった」という設定らしいですね
coldsweats01
まーゴジラのデザインも全作違う事だし、いろんな解釈があって良いと。
前述の通り15年前のソフビですから、こんな事も皆さんご承知でしょうけど
クリアー背びれしか知らなかった私には、このノーマル背びれも実に新鮮happy02

うしろを見ればまた狙ってますねー巨大トンボがwink
とはいえ。足裏のBANDAI1999という刻印を見る限り
ノーマル版は『ミレニアム』公開時の単品発売でしょうから
セット版のメガギラスとの組み合わせは、作品的には正しくても
商品的には珍しいことなんですねsmile


4_005

『×メガギラスセット』のクリアー背びれ版と並べて。
同じ型なのでフォルムもいっしょですが、微妙に体色が違いますね。
例によってコレクター目当ての色替え戦略でしょうが
それを抜きにしてもやっばり、クリアー背びれは陽光に映えるなあとsun
照明など仕込んでいないのに、発光しているように見えますもんね。

もちろんノーマル版も、この背びれならではのカッコ良さがありますがhappy01


4_006

そして最後はコレ!前回日記で予告した組み合わせポーズ。
単純にメガギラスを乗っけてるだけですけど、背びれが大きいので補強要らずで
このまま飾ってもめったに落ちない安定度を誇ります。

たぶん試してみて、その微妙なバランスに驚かれた方も多いでしょうね。
私もおおーと喜んでましたhappy02

実は今回の写真、今日撮ったものではない上
ごらんの通りこの一枚、メガちゃんの前足角度が左右非対称なので
機会を見つけて撮り直そうと考えていました。
ところがっ!またまた今日、フラリと覗いた中古お宝ショップのショーケースに
眩い輝きを放つ逸品が!

一昨日あたりまでは無かった品。まず間違いなく新着!
さらに!このところ出費続きながらわずかな残金で手が届くビミョーな安値!

てなわけでまたしてもお買い上げ。チャンスってどうしてこう集中攻撃なんでしょう。
先日の臨時収入が底をついちゃったけど、この価格なら悔いはありません。
せっかくですから、その新着アイテムも速急におひろめしたいし
今ネタでもないメガギラス絡みばっかりを引っ張るのもなんですから
早めに消化しておこうと、後ろ髪を引かれながらのアップとなりました。
つくづく今月は追われるなあ出物ラッシュに。無い時はとことん無いんですけどcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月17日 (土)

アローヘッド計画の惨劇

4_001
季節はずれの霧に覆われた、平和な田舎町。
池のほとりのマーケットを突如襲った、人知を超えた怪生物の群れ。
その姿は昆虫を模しながらも巨大かつ醜悪。
凶暴なその攻撃に一人また一人と襲われ、無残な最期を遂げる地元民たち。
居合わせた兵士が次々と命を立つ中、残りの一人、ジェサップ2等兵は語る。

「その暗号名は”アローヘッド計画”。
科学者たちが、異次元の世界の窓を開き観察しようとしたら
事故で穴が空いてしまって、向こうの世界がこっちへ流れ込んで来たんだ!」


おおなんと恐ろしいshock
この巨大な生き物は別次元の住民なのか!?
それともグレゴリー・ニコテロのデザインによるアメリカ産クリーチャーなのかっ
!?

4_002_2
すいません『ミスト』(2007年アメリカ フランク・ダラボン監督)と間違えましたcoldsweats01
前回の日記でお知らせした通り、今日はおひろめするのは

『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』(2000年東宝 手塚昌明監督)に登場する
敵役怪獣・”超翔竜”メガギラス大先生。

だって出身地や設定がそっくりなんだもんsmile

お腹の刻印通り、ご存知2000年バンダイ製ブリスターソフビ
『東宝怪獣シリーズSPECIAL ゴジラ対メガギラスセット』の一体です。

バラ売り中古でおととい入手。税込497円のお買い物。
同セットのゴジラは入手済みだったので
相方の出現に狂喜乱舞、嬉々としてお迎えhappy02


4_003

ひゃー怖いshockあちこちがコレでもかと尖りまくった、凶暴そのもののお姿coldsweats02
運んだ時も木に留めた時も、トゲみたいな表皮が指に当たって痛い痛いcoldsweats01
塩ビ製おもちゃだって分かってるのに、自然絡みで写真にすると
ホンモノの生き物みたいに見えるところが不思議ですね。

こうした昆虫風デザインはなおさら、森との違和感がありません。
これもひとえに、バンダイ造形技術の賜物でしょう。
ここまで凶暴そうなトンボは、私も見かけたことがありませんけどcoldsweats01


4_004

ちょっと陰影を強調すれば、この生物感!
CSディスカバリー・チャンネル『世界の秘境生物』の一場面と言われても
信じちゃいそうなリアリティ!

劇中では全長50メートル・翼長80メートルの威容を誇り、動きもスピーディなら
ゴジラにフライングボディプレスを挑ませたほどのパワーファイターながら
このおもちゃは全長18センチ・翼長24センチのヘナチョコサイズhappy01
でもスケールの比較物が無い緑バックだと、ここまでシックリくるかのハマり具合。
昆虫モチーフ怪獣のプレイバリューの高さに、新鮮な感動を覚えますsmile


4_005
森を歩いていてこんなのが肩に止まったら、もう悲鳴必至ですねshock
自然木とも違和感ゼロ、部屋で飾るより生き生きしているところがすばらしい
lovely
やっぱり自然光が大事なんですよね。生命感が強調できるアングルに苦労しました。
怪獣を手に森に分け入って、あーでもないこーでもないとやってる私の方が
よっぽど秘境生物ですけどcoldsweats01


4_006

そして最後はお約束、青空バックのアオリを一枚camera
本編1:21:50、ゴジラ目線の上空メガギラスカットを意識してみました。
劇中では某ビルの上に顔を出しますが、今回はやむをえず切り株で代用。
コレはコレで雰囲気が出るところが恐ろしいhappy01

撮影は昨日ですが、どピーカンの晴天は表情が今ひとつなので
適度に雲が泳ぐこうした空の方が、よりドラマ性を感じさせて好みです。

同作品のお台場決戦でも、雲が良い芝居をしていましたね。

初夏の森歩きにピッタリな、原始トンボとの写真遊びでした。
晴天が続けばたぶん次回は、コレと相方水爆大怪獣との記念写真でもと。
お持ちの方はお試しでしょうが、この絡みポーズは予想以上に相性が良くて
バンダイスタッフも、コレを目論んで設計したんじゃないかと思っちゃうくらい
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月16日 (金)

驚異の原始トンボ?

4_007_2
東スポもビックリの大スクープ?
午後二時、いつもの森をウォーキング中
ふと目をやった木陰の片隅に!


4_008_2

全長約24cmもの巨大な翼を休め、まんじりとも動かぬこの姿!
2億9,000万年前に生息していた原始トンボ、メガネウラの生き残りかっ!?
触るとあきらかに塩ビっぽいけどっ!
そしてっ!ボディに刻まれた刻印”B●NDAI2000”が意味するものは?
謎が謎を呼ぶ驚異の怪生物!詳細は次回日記でhappy01
(ちょっと置いてみたらあまりにリアルなので遊んでみましたsmile

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月11日 (日)

行き場のないカーネーション

40

午後二時。今日も初夏らしく雲ひとつ無い晴天、さらに母の日という事で
海の底で平和に暮らすラゴン母子もはるばる地上の公園へ。
家族連れでにぎわう公園は、小さな子どもがキャッキャと駆けまわり
さながら遊園地のよう。
ちなみに母ラゴンのお腹に書かれたサインのいわれは
コチラをご覧下さい。


4_002

まったり過ごした日光浴も終わり、母子は水辺で帰りの準備。
今年の母の日も楽しかったから、今夜はごちそうにしようね。
おだやかな初夏の昼下がり。二人をカモちゃんたちが見送っていました。



母を亡くして早や7年半。
ニュースで流れる母の日の話題や、楽しそうに遊ぶ家族連れを見るたび
母の思い出ばかりが思い出され、懐かしさと寂しさが募ります。
形ばかりの感謝の品を、毎年喜んでくれた母。

何年たっても、今日の居心地の悪さは変わりません。
祝う相手が居ない悲しみは、静かな湖面に投げ込んだ小石のように
年々波紋を増すばかりです。

いつもユルソフビを親子に見立て、仲の良さを演出する心根の底には
二度と会えない母への想いがあるのかもしれませんね。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月10日 (土)

グドン森林浴

4_002_2

午後3時20分。気温は上がりましたが湿度は低く
風もやや強いながら爽やかそのもの。
文句を言ったらバチが当たりそうな、初夏らしい昼下がりでした。
というわけで今日の森歩きも気合充分、ふだん行かない奥地へ分け入りパチリcamera
モデルは昨日入手のバンダイグドン。タグ無し中古184円の可愛い買い物happy01

昼過ぎはとはいえ陽光はかなり強く、足元の木には葉陰のスタンプがしっかりと。
ここまで新緑に囲まれた一枚も珍しいので、グドンへの日差しもあえて活かし
影とのコントラストを強調しました。
ホントは差し込む光の筋、いわゆる光芒そのものを撮ってみたいんですが
ピントや絞りの加減が難しく、腕の無い私にはまだまだムリ
coldsweats01
まー白飛びしたグドンのメタボなお腹で、初夏の日差しをお察し頂ければsun

でも奥深い森に降り注ぐ木漏れ日はなかなか神秘的で
浮かび上がるグドン先生も、えもいわれぬ神々しさが漂っていましたよ。
いわば自然のピンスポットですからね。本人も気分上々でしょうhappy01


4

四月入手のタグ付き、メビウス版グドンと並べて。
今回入手版の方が体色が濃いので、よりワイルド感が強調されイイ感じhappy01
意識的な色替えみたいなので、たぶんコレが大怪獣バトル版でしょう
今日の森ロケでさらに日焼けしたかな?この夏はモテモテだねキミもsmile

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月 8日 (木)

木漏れ日ケムール

4_002

最近のマイブーム、気まぐれ放送記念日サイン入りおもちゃ遊びhappy01
しょうこりもなく今日もやっちゃいましたsmile

48年前の今日、昭和41年5月8日は
ウルトラQ第19話『2020年の挑戦』が放送された日。

それを記念して
ケムール人を演じられた初代ウルトラアクター・古谷敏さんに魂を込めて戴いた
M1号製のユルソフビで、自然バックの一枚
camera
早いものです。あの日からもう三年近くなるんですね。
歳とともに、時の流れの速さに追いつけない私coldsweats01

撮影は午後二時半。今日も気持ち良い晴天でしたが
青空バックのアングルは昨日の記事で使ってしまったので
今日はあえて木をあしらい、葉陰に差し込む木漏れ日を狙ってみました。
効果はさほど出ませんでしたが、まー私の腕なんてこの程度ですからcoldsweats01

陽光を優先した為、古谷御大のサインはよく見えませんが
過去記事で詳しくおひろめしているので
ご覧になりたい方は
コチラhappy01


実はこの写真を撮っているとき、面白い出来事がありまして。


ソフビを木に置いて、ポーズをとらせカシャカシャやっていると
うしろで突然「ケムール!」と叫ぶ子どもの声が。
振り返れば、黄色い帽子も愛くるしい五歳児くらいの男の子が
お母さんの手を引っぱりながら、こちらへ近づいてきました。


彼はソフビと私の顔を見比べ、お母さんに向かって
「ケムール!ウルターマ・・・ウルター怪獣だよ!」と、知識総動員で解説。
”ウルトラ”が”ウルター”になっちゃう舌足らずぶりもかわいいけど
ウルトラマンと言いかけたのをウルトラ怪獣と言い直すあたり
この子、なかなか見どころあるぢゃないの
happy01
そう。コレはゼットン星人ぢゃなくて、あくまでケムール人。
れっきとしたウルトラQメンバーだもんねwink

思わず嬉しくなった私も、満面の笑みで
「よく知ってるねーボウヤ。」
突然始まった、見知らぬ相手とのフレンドリーなやりとりに
怪訝な顔のお母さんも
「そうなの?なんかすいません怪獣好きで・・・」
照れ笑いするお母さんを尻目に彼は大興奮、その場を一歩も離れません。
私の手のケムールを穴の空くほど見つめる、眩しさに溢れた目の輝きeye

いいねーこうでなくちゃ子どもは。
この子も将来はきっと、立派な怪獣ファンになることでしょうね。
ヒーローに憧れるピュアな心を、大人になっても忘れないでね。


お写真の邪魔はいけないからと、ていねいな挨拶を下さり立ち去る
若い親子を見送りながら
ウルトラの知名度、歴史の深さに改めて感動しました。
半世紀も前の作品が、あんな年端もいかない子どもにまで浸透しているなんて。
彼が愛するケムール人や、ウルトラマンを演じた古谷さんの名前も
子どもたちの心に、ずっと刻み込まれていくんでしょうね。


こんな風に、世代の垣根を越えた繋がりが簡単に生まれるところも
屋外ウルトラ怪獣遊びの利点ですね。
森でおもちゃ写真を撮り出して、子どもに声を掛けられる機会が本当に増えました。
これからのヒーロードラマを担う、彼ら若い世代には
頭の固い大人の意見など気にせず、想像の翼を思いきり広げて
既成概念を打ち破る、新しい作品を創って欲しいものです。

安易な模倣を「オマージュ」「リスペクト」「影響」などと煙にまく
マニア上がりのクリエイターには作れない、オリジナリティー溢れる
「創造」を。

過去作品に縛られ、中途半端なヒーロー企画しか立てられないヘタレな私は
彼ら若い感性に、心から期待するのでありましたcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月 7日 (水)

ミドリガメ

4_002_3

午後二時。いつもの公園で。
毎年ゴールデンウィークを境に、木々もますます瑞々しくなります。
青空の下、風にそよぐ枝のささやきが心地良い
爽やかな初夏の昼下がりsun


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ 

2014年5月 6日 (火)

女賭博師 浪花虹しぐれ

4_001
入手日から二日、天候不順を乗り越えついにおひろめ!
ご存知みんなの味方・昭和ガメラ!

しかもシリーズ屈指のイケメン、第二作『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』バージョン!
クォリティでは定評あるエクスプラス製、昨年6月発売の大怪獣シリーズ。
ゴジラにキンゴジあればガメラにバルガメありの言葉通り
このガメラはまさに、シリーズ初期の試行錯誤ゆえの
荒削りな魅力に満ちた傑作キャラクターなのですっpunch


全高約23cm、飾って良し遊んで良しのお手ごろサイズですが
お手ごろじゃないのはその定価。
発売当初は一万円ちょっと、エクスプラスの方針ゆえか出荷数も少なく
中古市場でもほとんど値が下がらないのが頭痛の種でした。
それが一昨日覗いた買●王国では、箱無し中古で税込2,595円と奇跡の安値happy02
コレをスルーしたらおもちゃ好きの名がすたるpunch

火炎噴射の勢いで検品、傷や汚れも無いようなので満足して一応確認。
「コレ、いつ店頭に出したんですか?」
「たぶん二日~三日前ですが。」
いやーよく残ってたな二日も。こんなコンディション万全の逸品が。
GWで回転ずしを楽しむファミリーを尻目に
回転ジェットでおもちゃゲットに血道を上げる私coldsweats01

ちなみに今回のサブタイは。
バルゴン→大阪戦→虹色光線→ヒロイン江波杏子→女賭博師シリーズ
テキトーゴチャ混ぜなので、深い意味はありませんhappy01


4_002

さすがエクスプラス、迫力満点のこのお顔lovely
高めのトサカ、くっきり整った鼻筋はまさにバルガメ。


4_003

目の上のひさしの張り出しも、バルガメのチャームポイント。

怪獣界のパトリック・マクグーハンの呼び名はダテじゃないsmile
さらに、この角度ではちょっと分かり難いですが
下顎の広がりも、他作品のガメラに比べかなりワイルド。
そしてもう一箇所、このアイテムならではのセールスポイントは。


4_004
生物感溢れるこの目!
昭和ガメラのスタンダード・クリクリ目とは異なる
バルガメ特有の切れ長の瞳、劇中の電飾カラーを意識した濁り気味の白目に加え
外光のハレーションにより黒目が無いかのように映る、独自の彩色法が効果的。

かのGMKゴジラに通じる迫力満点の瞳こそ、このアイテム最大の魅力ですlovely
店頭で見かけた瞬間も、まずこの目にメロメロになりましたheart04
劇中でも角度によってヘビの目みたいに冷たく輝きますよね。ガメラの目って。
当時の眼球パーツ素材の都合かもしれませんが、その効果が幸か不幸か
冒頭三枚の写真のように再現されているんですよeye


4_006_2   
昭和ガメラらしい一枚岩の甲羅。屋根瓦状に重なるウロコもしっかり再現。
ギャオス戦あたりまで、ウロコの”ささくれ立ち”もけっこう極端だったように
記憶していますが(英一くんもしがみ付いてましたしね)

そのウロコの立体感を、このソフビは表現しているのでしょうね。
いずれにしても、いやー外光に映える背中です。
健さんからガメラまで、昔から男は背中で語るなあとwink


4_011_2
一枚目の写真と同角度のFFですが、障害物抜きの全身ショットもcamera
スケールを比較する物が無いので、バックが山間部のセットみたいに見えますね
happy01
まさにこういうカットこそ、自然撮影の醍醐味。
初期ウルトラの山間特撮に、本物の木を植樹していた心意気が
期せずして再現できちゃうという
happy01
しかも自然光に出来の良いエクスプラスのソフビですから、本物感も折り紙付き。
私みたいに腕なんか無くても、それっぽい一枚がモノに出来るというものでhappy01


4_009_3
調子に乗ってもう一枚。一応正対ショットも。
山あいから岸壁の岩肌へ進撃するガメラの勇姿!


4_012_2
さらに今朝、ベランダで撮ったコントラストショットも。
ゴジラしかり、表皮がゴツゴツした怪獣のようなモチーフは
極端なハイライトによって、造型的な魅力がいっそう引き立ちますね。

コレもお天気と朝日の角度、被写体を置く角度次第。
画面を斜めに分ける陽光が、良い演出をしてくれています。
バルガメの表情も、このエクスプラス版ならでは。
虹彩がフラット塗装のセガ版ガメラでは、この効果は出ないでしょう。
各社趣向を凝らした鑑賞時の演出を際立たせるのも
おもちゃ好きの楽しみですねhappy01


4_013_2
おふざけついでに。前回日記で呆れられた”対生バイラス”happy01
半分は私の胃袋に収まっちゃったので、貴重な全身図ということでcoldsweats01
バルガメのサイズがお分かり頂けるでしょうか?イカと比べるってのも何ですけど。
うーむリアルガメラと並べると、イカが怪獣そのものに見えるから不思議だsmile

一応、エクスプラスのバルゴンも居ることは居るんですが
ずいぶん昔の安価な組み立てソフビの為、このバルガメとは比べるまでもなく
クォリティの落差が目立つだけなので、今回は割愛しちゃいましたcoldsweats01

ハードディテールや生物感など、レベルの高い怪獣フィギュアにも惹かれるんですが
手を出せば無間地獄、さすがに予算が続きませんsweat01
まー当分はこのバルガメでお腹いっぱい、しばらくは目移りしなさそうですので
また安い出物と出会える幸運を信じて、気長にお店を回る事にしましょうdash

2月末のブルゴジ
先月末のブルトラ兄弟入手の例もある通り
なかなか侮れないんですよ。私が暮らす田舎の中古ショップも
happy01happy01happy01 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

ガメラ対特売怪獣生バイラス

4_2
ゴールデンウィーク最終日。
おとといの逸品ゲットでテンションアップのビンボーわが家に
最近流行りの大王イカ怪獣・生バイラスあらわる!

同類のユルユルバイちゃんはじめ、ガメラチームも総出でお迎え
朝の挨拶もそこそこに、早くも料理の相談ですrestaurant
ああ怪獣人情紙風船。泣き声目指して走る影。でるか!ガメラの宇宙投げ!

昨夜チラシで特売
情報ゲット、先着100名限りの難関に
ロックオン魂もがぜん燃え上がり
今朝7時の開店直後に怒涛の来店、スーパーキャッチ光線で捕獲してきた
一パイ98円のするめいか。

ごらんの通り30cm超え、マルサンのスタンダードサイズを上回る超大物happy02
見た目もツヤツヤ新鮮そのもの、体も冷凍保存そのままでカチカチ。
撮影の為ほぐすのに苦労しました。

ぐずついた昨日のお天気もようやく回復、おだやかに晴れ上がったので
食べ物をおもちゃにするのは不謹慎と、撮影直後に美味しく頂きましたwink
(食べる前に撮影したと言う方が正しいですがcoldsweats01
さあ今日はいよいよ、例のお宝怪獣で森遊びcamera
逸品撮影の景気づけと、良い栄養補給になったようですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月 5日 (月)

『女賭博師 浪花虹しぐれ』予告

4
昨夜20時、徘徊ついでに立ち寄ったオタクショップ。
待ち受けていたのは爬虫類を思わせる凶悪な眼!
この命、金2,592円なり。最も安価な火炎怪獣!

人跡未踏の密林奥地、洞窟深くに響き渡る「目が見えへん!」の叫び!
ご存知昇り竜のお銀・江波杏子語る”恐ろしいこと”の意味や如何に!?
唸るか華麗な壺さばき!散るか血しぶき札さばき!
賽の目一つに命を賭けて、切った張ったの鉄火場稼業!

4_2
構想皆無・制作費0円!
2014年初夏、ヘタレ管理人が持てる技術を駆使してお贈りする
ネヴュラ超大作『女賭博師 浪花虹しぐれ』。
気分により同時上映『南国ニューギニアを後にして』。
撮影はお天気次第ですので公開日未定!
決して期待しないで下さいhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年5月 3日 (土)

やぶれ恐怖のデスクロス

002_3
ゴールデンウィークも後半に突入。
今朝の日の出ベランダ写真は、部屋の片付けついでに出てきた
超合金魂のガイキング(後期強化型・ミラクルドリル装着タイプ)。

朝日の反射は肩口の一箇所だけですが、さすが超合金、大した照明効果ですsun

マジンガーシリーズに続き、『超電磁ロボ コン・バトラーV』と人気を二分した
花の’76年ロボットアニメの雄『大空魔竜ガイキング』。
私も大好きで、ひょっとしたらマジンガー以上にのめりこんだかもlovely
コン・バトラー共々、超合金・プラモデルは当時全部買い揃え
今でも超合金魂は、発売日に入手したほどの熱の入れよう。
(勢い余って、新作版ガイキングのリボルテックまでゲットsmile

001_2

全身のフォルムや目の形、甲冑を模した口元のイメージなどが
マジンガーに酷似している事もあって
当時の私にとってガイキングは”スカルマジンガー”とでも呼びたい存在。
ウルトラマンとウルトラマンタロウの関係みたいな
「ツノが生えれば強いもんね」の法則を地で行った
”グレートを超える、マジンガーシリーズ最強の一機”という位置づけでした。

母艦的役割を担う大空魔竜にしてからが
ガイキングの胴となる頭部は恐竜のガイコツをイメージしたフォルムですし
スーパーロボットのバトルチームとしては非常にアクの強い
ドスの利いたデザインラインが魅力でしたね。
コン・バトラーをクリスチャン・ベールとすれば
ガイキングはさしずめ、ヒース・レジャーというところでしょうか(分り難いかな?)

(設定や作品世界は皆さんご存知でしょうから、今回のお話はデザイン面のみでcoldsweats01

性能の強化と共に、作品内でここまでフォルムが替わった例は
主役交代劇以外ではかなり珍しいと思っていますが
個人的にはなんといっても、手足が太くなり
より精悍さを増したお顔がなんとクライマックスで四散
凶悪な超兵器ヘッドが現れる、フェイスオープン機能搭載の後期型こそ
ガイキングの真骨頂と思っていますhappy02

古今東西、星の数ほどあるロボットアニメの中で
”主人公の意思で、主役ロボットの顔が飛び散るシステム”なんて
この作品でしか見た事がありません。
しかも中から出てくる顔の凶悪ぶりや武器の数たるや、昭和メカゴジラも真っ青で
その物騒さも、暴走エヴァと肩を並べそうな程のアンチヒーローぶり。


うーむ人間もロボットも、一皮剥けばどんな顔が潜んでいる事か。
あの超兵器ヘッドこそ間違いなくガイキングの本性と、信じて疑わない私ですが
まー男女とも、裏の顔が危ないほど魅力的に映りますから
今もガイキングが人気を集める理由も、非常に頷けるというものでhappy01


しまい込んでいた超合金魂、コレと一緒に大空魔竜も出てきたので
機会があれば、久々に天日干しでもしたいですねsun
こどもの日も近い事だし、またデシカメ遊びのモデルにでもとcamera
お昼寝中のネコの隣で”ポリューションプロテクトのポーズ”なんてのも
のどかでイイですがhappy01


【22:30 調子に乗って追記happy01

001_3

ガイキングと言えばこの超兵器ヘッド!
ヒーローロボとは思えない凶悪そのものの顔立ちshock
怪獣並みに口から放つ必殺兵器『テスファイヤー』は20万度の高熱火炎だッ!happy02

2014年5月 1日 (木)

パゴス記念日

001
ゴールデンウィークも中休みながら、頬をなでる風はもう初夏の香り。
そんな爽やかな今日・5月1日は、ちょうど48年前
ご存知「たんぽぽ団の誓いを忘れたの!?」の名ゼリフでおなじみの
ウルトラQ第18話『虹の卵』が放送された日です。

言わば今日は、バラゴン改造のウルトラ怪獣第一号
電気のいらない扇風機じゃなかった、パゴスの誕生日というわけで。

奇しくも近所の公園では、たんぽぽが満開。
というわけでたんぽぽ団団長、ピー子ちゃんの努力に敬意を表し
わが家のパゴスを連れて、虹の卵さがしに出かけましたrun

このソフビパゴス、当然ながらマルサンの当時物なんて貴重品じゃなく
後年のバンダイ復刻版。
でもこの一体には、Qを代表するビッグネームの魂が
しっかりと刻み込まれているのです
punch
ウソじゃありませんよ。だいいちアタイはねぇ
ウソつきとダイコンの煮たのとカマキリは大キライなんだからpout


002_2
サザメダケならぬツツジの花に囲まれご満悦happy01
その背中に記された一筆こそ
元祖ウルトラ戦闘機、星川航空のセスナ・ヘリコプターを自在に操る
戸川一平隊員・西条康彦氏その人のサインぢゃありませんかっ
lovely
ちゃんと一平って書いてあるところがスバラシイhappy02

まーこのサイン、昔のウルトラQトークショーでご本人から戴いたモノ。
以来このパゴスは、門外不出のご神体として大事にしまってあったんですけど
久々のパゴス記念日ですから、たまには外の空気も吸わせてあげようと。

最近はウルトライベントも盛んに行われているので
当時の出演者から戴いたサインのおひろめ日記も多く見かけます。
「Q」以来、ウルトラマン以降にも出演していた
佐原健二さん、桜井浩子さんのサインは、わりあい見かけるんですが
メインキャストとしては「Q」のみだった西条さんのサインは
あまり日の目を見ない所がなんとも寂しい
weep

ウルトラマンよりむしろ、ウルトラQに思い入れの強い私としては
やっぱり淳ちゃん、由利ちゃん、一平くんのトリオこそ魂の故郷だよなあと。

その割に、未だに佐原さんにはお会いした経験のないあたり
なんとも詰めの甘い私なんですけどcoldsweats01
まーあえて最後のピースをハメない所が、ジグソーパズルの醍醐味って事でsmile


003

一平くんがあれば、もちろん由利ちゃんのサインもhappy01
現在は円谷プロの敏腕Pとして、精力的に活躍されている桜井さんですが
このサインを戴いた頃は、まだ現在のポストに就かれていなかったように
記憶しています。

それでもこのパゴスを携えた私に「後でサインしますから待ってて下さい」
気軽にお声をかけて下さった気遣いには
すでにプロデューサーの才覚が見えていたなあと、今にしてみればしみじみとconfident

以前、友人が
「サインはその文字以上に、ご本人とやりとりした時の思い出こそがお宝。
記名戴いた色紙やソフビは、その思い出を反芻するタイムカプセル。」

と語っていましたが、私も同感ですね。
人づてに書いてもらったサインには、貴重さ以上の感慨は沸きませんが
自分が直接ご本人にお会いしペンを渡して、戴く時に二言三言交わした時の記憶は
サイン以上に心に刻まれていますもんね。


当時、ソフビにサインをお願いするファンは少なく、会場でも私ひとりだったので
コレをお渡しした時も、お二人で不思議そうに眺めながら
「たしかこの怪獣、ウルトラQの怪獣でしたね~」
嬉しそうにお話下さった思い出が昨日の事のように蘇えります。そんな時代でした。
まさにその会話の記憶こそ、私の『虹の卵』。
わざわざ探しに行かなくても、あったんですね手元に
happy01

この写真、パゴスの彼方に見えるカラフルなつぶつぶは
公園にたまたま遠足で来ていた、幼稚園の子どもたちなんですよ。
今日の思い出も、彼らの心には美しい虹の卵として残るのでしょうかhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »