2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の記事

2014年4月29日 (火)

地球連合政府標準装備

003

せっかくの昭和の日なのに、雨で屋外写真が撮れないので
仕方なく部屋で昭和っぽいおもちゃをみつくろって一枚camera

拙ブログももう8年になりますが、洋物にうとい性格が災いし
このアイテムもついで扱いはあったものの、まともなお披露目は今回初ですhappy01

昭和の日にふさわしく、宇宙大作戦(今日はこのタイトルで通しますcoldsweats01)登場のコレ。
いわずと知れた地球連合政府の恒星パトロール船・USSエンタープライズと
乗組員が装備する携帯用位相光線銃・フェイザーピストル。

【参考資料:タウンムック増刊スーパービジュアルマガジン・
スタートレック大研究2
(昭和56年9月25日発行)】
もはや説明の必要も無い、名作SFテレビシリーズの代表的おもちゃですねhappy01

ちょっと調べてみましたが、この宇宙大作戦という番組
日本での第1シーズン第1話『光るめだま』放送日は
意外にも昭和44年の一昨日・4月27日でした。

なんとなく選んだおもちゃだったのですが、記念日がこんなに近かったとは。
放送は日本テレビ系、日曜午後4時から4時56分の枠。
こういう日曜夕方の海外ドラマタイムって、昔はよくありましたねー。
この時間枠の記憶にあるのは、父親が毎週『コンバット』を見ていたことくらいかな。
ビッグ・モローのファンだったんですよ。私はそうでもなかったですけどcoldsweats01


私の場合、『宇宙大作戦』本放送鑑賞の記憶は薄いですが
名古屋では後年、平日夕方の4時から頻繁に再放送があったので
子どもの間では徐々に人気が沸騰し
学校が終わると速攻で帰宅、テレビにかじりつく同級生が増えました。

もちろん私もその一人で、しばらく友達の間では
何かと言うと眉を片方吊り上げ、妙に芝居がかって
「それは否・論理的ですね」(「否」を強調するのがポイント)
答える遊びが流行ったものですsmile
吹き替え全盛期の他愛ない思い出。誰のセリフかは皆さんご存知でしょうけどcoldsweats01

写真のおもちゃにお話を戻しますとhappy01
『宇宙大作戦』最大のキャラクターにして多くの物語の舞台、エンタープライズ号。
あまりに前衛的なそのデザインに、当時の日本のマスコミは当惑し
雑誌「ボーイズライフ」付録の図鑑で、写真を天地さかさまに載せてしまったなんて
伝説があったほどですが
後年、知り合いが持っていた図鑑の現物を見た時は
「どっかのライターが面白半分に流したデマじゃなかったのねー」なんて
ビックリしたものです
coldsweats01

プラモは緑商会から数種出ていたようですが
貧乏でお小遣いも少なかった私には、キャラメル箱の50円版が精一杯でしたねcoldsweats01
このamt社製は昭和58年発売で、昔のリベンジとばかりに求めた品ですが
パーツ色がアイボリーだった初版に対し、コレのパーツは水色なので
たぶん何度目かの再販でしょう。

まー私みたいなお気楽おもちゃ好きに、貴重な初版が回ってくるわけもなく
しかもスジ彫りが凸モールドなので、未だに組み立てられないていたらくcoldsweats01
うーむ悲しい思い出ばっかりで、「長寿と繁栄」にはほど遠いですねweep


002_2

一枚目の写真をアップで撮ったコッチは
わりと近年、米国プレイメイツ社から発売されたおもちゃ。
今はEDIONになっちゃった、近所のトイ●らスで買いました。

最近流行りの、高額な超精密金属製プロップモデルよりも
気軽に振り回せるこの手の品の方が、気を遣わなくて良いんですよね。
高くて手が出せない負け惜しみという事は秘密ですsmile
電池で発光・音も出るなど機能満載、コレでキミもミスター加藤だッhappy02
(口が裂けてもスールーとは言いませんpunch


光線銃は全て相手を殺傷するもの、攻撃兵器という先入観があった私にとって
「宇宙大作戦」劇中でのフェイザー運用方法は、実に新鮮でした。
相手の破壊殺傷はごく稀で、目盛りの調整によって気絶に留めたり
岩などを加熱して暖をとるなど、武器として以外の使用用途が非常に多くて。

それ以前に国内でも、少年活劇『まぼろし探偵』で
相手を殺傷せず痺れさすだけの「電波ピストル」なる銃が登場し
それを発明した博士を、主人公が賞賛する場面があったと記憶しています。
また同時期放送の『少年ジェット』でも、主人公が使う拳銃は
相手の命を奪わず痺れさすだけの「スーパーコルト」でした。
主人公が少年である事を配慮した設定である事も否めませんが
拳銃=殺しの道具という図式を破った、それら各作品共通の武器設定が
対立の平和的解決という作劇思想を非常に表していて、惹かれるところです。

そうした思想を大人向けSFドラマに持ち込み、説得力溢れる運用法を実現させた
「宇宙大作戦」スタッフの先進性には、今も感動を禁じえません。
一撃必殺、相手の破壊や殲滅のみを目的とした昨今のヒーロードラマに対し
和解という最終目標を根底に据えた「宇宙大作戦」の武器開発思想に
作品世界の広がりをより感じるのは、私だけでしょうか。

「銃を向け合うばかりが、対立の解決策ではない。」
そんな製作者ジーン・ロッデンベリーの願いが、このフェイザーには
込められている気もするんですね。
まー例によって思い入れの激しい、私ごときの独り言ですがcoldsweats01

ですから今後、このおもちゃフェイザーの銃口を向けられたら
うーんやられたーと倒れるんじゃなく
しびれちゃったーとビリビリダンスを踊るのが
製作者に敬意を表した、フェイザー遊びの楽しみ方なのかもしれませんね。

街角で「うーやーたー」と叫ばれたら、ブラックデビルやレッドベアになりきって
あたりをハラホロヒレハレと転げまわる優しさで
happy01
(すいませんやっぱり昭和の日っぽく、世代限定ネタで締めちゃいました。
高田宗彦さんの熱狂的ファンなものでcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月27日 (日)

謎のブルトラ兄弟

Photo_3
GW二日目、チラシで知った夢のタイムサービスで格安レタスを二つもゲット
ニコニコ顔でたち寄った、いつもの買●王国に
無知な私をまたまた悩ませるミステリーが。


003_3

悩みの種はコレ。12cmサイズのアカトラマンとセブン兄さん。
いにしえのハッカパイプみたいなレトロ感覚が懐かしいlovely

ごらんの通りひとつ税込100円という気軽さゆえ、速攻でレジへdash
連休のお供に森へでも連れ出すかと、軽い気持ちで持ち帰ってきました。


004
まー人を小バカにしたようなこのいでたちhappy01
目の肥えた今のおもちゃファンなら、ソッポを向きそうな顔かたちですが
コレが良いんですよこういうユルユルタッチが好きなんですからlovely
しかも私の気を引いたのは、100円という安値だけではなかったのです。


005
そう!注目すべきはこの背中!
そこに啼くのは唐獅子牡丹ならぬ、往年のおもちゃ好きを狂喜させるあの刻印!


006
出ました必殺のブルマァクエンブレム!
(写真は見やすさ優先で若干明るく補正してあります)
思い出すのは二月末。かのブルゴジ入手の感動が蘇えるhappy02

でもちょっと待てよ。あの時と同じく、ブルマァク刻印の有無だけでは
当時物か復刻版か、安易な判断はできません。

当時の金型で抜いた上わざと刻印を残し、購買意欲をそそる商法も
横行してるしなあsweat01
さらにスタンダードサイズならともかく、この手のミニサイズは当時の資料も少なく
私にしてからが知識皆無なので、余計に分からないったらありゃしないsad

傷や汚れ、素材の劣化等の状況証拠で推測するしかないのかなあと
半分諦めながら、ふと足裏を見ると・・・


007

あッこれは!円谷プロの認証マークの上に
油性ペンで書かれた名前らしきモノを、消した跡があるッ!


うーむますます怪しいshock
高額な復刻品を買うような大人のマニアが
わざわざ足裏に落書きなんかするでしょうか?
それとも当時の雰囲気をリアルに再現する為に、わざと書いて消す
超マニアの高等な遊びなのかbearing

もう疑い出したらキリがない。ウラのウラのウラまで勘ぐりつくす
映像屋の悪い癖がまたここにcoldsweats01

答えイッパツ・カシオミニってわけで、このご両人をネットで検索してみましたが
ソックリの当時物が存在し、すでにヴィンテージ扱いになっていること
復刻もされているらしいながら、この色とは若干違うらしいこと
あたりまでしか分からず、捜査の糸はプッツリと途切れてしまったのでしたweep
やっぱり少ないですねーミニサイズの資料って。スタンダードとは雲泥の差ですcoldsweats02

コレはもう、行きつけお宝ショップのマスターに泣きつくしか手は無いか?
まー元出はひとつ100円ですから、当時物でも復刻でもどっちでも良いんですが
素性次第では、気の持ちようも変わってくるってモノで
coldsweats01
いやーしかしながら、よくもまあ次から次へとミステリーが沸いてくるなあ
オリジナル・復刻が入り乱れる昔のおもちゃはcoldsweats01

そんなこんなで謎を残しつつ、2014年の初夏は過ぎていくのでありました。
ま、GWに読むにはちょうど良い、推理小説みたいな楽しい謎ですけどhappy01


【4/28朝追記】
入手ついでに、わが家のお気に入り&最新おもちゃコーナーを整理しました。
ブルトラ兄弟の存在感に爆笑happy01

Photo

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

ガイラ掃討指令

Photo_2

’60年代東宝超兵器で轟天号と来れば、次はコレってわけで
今朝の日の出ベランダショットは新世紀合金・66式メーサー殺獣光線車。
車体サイズは砲台車約20cm・牽引車約14.5cm。俗に言う1/48ですね。
もちろん貧乏な私のお宝ですから、動力無しのディスプレイ版ですcoldsweats01

メーサーのセールスポイントは、何と言ってもパラボラ部なので
ここに最も朝日が当たりながらも
ボディやバック布に絶妙に影が差す時刻と角度を探りながら
シャッターを切り続けること約50回
camera

メーサーの写真を撮られた方はお感じになられたと思いますが
この超兵器は砲台車・牽引車共々、車高が非常に低く抑えられているので
光線砲のカマ首を下ろし両車をまっすぐ伸ばせば、ノッペリ細長いシルエットになり
逆にカマ首を上げれば、牽引車と砲台車の間に中途半端な空間が出来る為
シルエットに緊張感が出ません。
両車連結部のヒネリやカマ首の角度、加えて撮影角度の微妙なさじ加減で
全体の表情がガラリと変わる、非常に難しい素材なのです。


そのため今朝も、あーでもないこーでもないとアレコレ試しながら
陽光の様子と同時に、出来る限りベターな撮影アングルを探したんですが
”不可もなく不可もなく”という残念な出来になっちゃいましたweep
一時間の格闘の結果がコレですから、写真の才能は無いなコリャ
coldsweats01

でも轟天の時同様、ほんの1ミリの角度差や秒刻みで変わる陽光と競いながら
ひたすらシャッターを切り続ける時間は、まさに至福ですね。
あらゆる要素がピタリとハマる瞬間を待つという意味では
生きたモデルさんを配し、撮影会に参加した気分になります。


わずか一枚に撮影者の思いが込められる静止画は
動きによって意図を伝える動画とは、まったく別の演出テクニックを要します。
被写体やバックのチョイスからカメラの角度、絞りやピントの位置。
トリミングの是非から影の出来具合までもが、重要な演出なのです。
ですから動画を生業とする私にも、このジャンルには手も足も出ません。
だから新鮮なんでしょうね。探り探り写真に思いを刻んでいくこの作業が
happy01

メーサー自体のお話が皆無で、大変失礼しました。
まあ解析は巷に溢れていますから、私なんぞが今さら語ってもとcoldsweats01
思い入れがおありの方は、よろしければコメント欄ででも
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月25日 (金)

夜明けの哀貌

Photo_2

マイブームの朝一ベランダ写真、今朝の一枚は
バンプレストプライズの2分の1サイズ・新1号ライダー。

壁のデコボコ表面をそのまま活かし、差し込む朝日のコントラストを強調して
石ノ森ヒーローに共通する、哀しみの表現を狙いました。
例によって素人写真ゆえ
ロメロの『Dawn of the dead』1stカットみたいになっちゃったのはご愛嬌coldsweats01

東映が誇る伝統時代劇の構造をヒーロードラマに移植し
陽性のアクション路線に変質していった仮面ライダーですが
こうしてマスクの左右に極端な陰影をつけると、やはりその根底に悲劇性を宿し
シリアスなドラマ作りを目指していた事が窺えます。


泣き顔ヒーローを演出する通称”涙ライン”や、クラッシャーの形状など
「悪を許さぬ正義の人」のイメージを具現化したそれまでのヒーローには
無かった意匠が、このマスクには意識的に刻み込まれているようです。
望まぬ改造を施された肉体を一生引きずり、戦いの末にしか平穏を見出せない
本郷の溢れんはかりの悲しみを、このマスクにこめているのでしょう。

もはやヒーロー物のカテゴリーさえ逸脱しつつある平成ライダー全盛期の今
語りつくされた感もある昭和ライダーですが
私にとってライダーはやはり、怪人世界というダークサイドに片足を突っ込んだ
陰を持つヒーローである事が、ウルトラには無い魅力かなと。


石ノ森先生に習い私も、朝日が作るこのマスクの陰陽に
そんな勝手な思いをこめたつもりなんですが
今日も力足らずでしたね。失礼しましたcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月24日 (木)

新緑グドン

001_4

ミニバイクを飛ばす頬に当たる風が心地良い、連休直前の田舎町dash
珍しい事に信号が故障、あたりの道が大渋滞になっていたので
原付の利点を活かし進路変更、混み合った車の間をすり抜け予定外の買●王国へ。

そこで出会ったのがコレ、おなじみバンダイソフビのグドン大先生happy02
中古ながら税抜360円は微妙でしたが、タグも付いてるしカッコイイので勢いで捕獲。
初夏の陽気も手伝って、新緑バックの緊急撮影とシャレこみましたcamera

タグを見れば発売は2006年、ウルトラマンメビウスに出演したバージョン。
ウルトラファン、おもちゃファンの皆さんなら、そんな事は先刻ご承知でしょうが
そもそもメビウスを第1話でリタイヤした私にとって、グドンと言えば
金曜夜のSMタイム、夕日バックに帰ってきたウルトラマンをイジめまくり
子どもたちに妖しい魅力を植えつけた、エビ味好みの女王様怪獣としか
映らなかったのでした
kissmark

メビウスでの再登場に合わせ、新規造形されたこの一体。
帰りマン劇中のイメージにより近づき、ボディの質感や精悍なフォルムも再現されて
かなり惹かれていたんですよ。
お店で見かける度、機会あればわが家にもと狙っていたんですが
バンダイならいつでも手に入ると気を許していたら、あっという間に消えてしまって
weep
たまーに中古店で見かける品も、遊び倒されたヨレヨレが多く
帯に短しタスキに長しで、今ひとつムチならぬ食指が動かなかったんですcoldsweats01
ですからタグ付き美品なんて、まさにロクちゃんにシュークリーム(@三丁目の夕日)。
中古としては多少高額でも、ひざまづき買わせて頂くのが女王様への忠誠の証lovely
(なんか今日はヘンな流れですがcoldsweats01


Photo

コレですよコレ。いつ見てもSっ気満載なこの面構えshock
普通のショップへはめったに行かないので、市場の動向はよく分かりませんが
このグドンって、まだ現行商品なんでしょうか?
ネットで調べたらこのメビウス版の他、大怪獣バトル版として
色替え発売もされたらしいですが、いずれも新品は300円~500円ほど上乗せされ
ヤフオクでもプレミア価格で取引されているようですから
いかにバンダイと言えど、知らない間にレア物扱いみたいなんですよねコレ。

加えて価格もタグ付きは、タグ無しの1.5倍~2倍らしいとの事。
全くヘンな時代になっちゃったものです。せっかく買ったのにタグも切れないとはsad
まーそんなグチはともかく。


002_4

バックショットも怪獣感バッチリlovely子ども用おもちゃもここまで来たかと。
今どき中古のソフビで騒いでるのも、私くらいのモノでしょうけどcoldsweats01

このソフビでよく指摘される、猫背気味のプロポーションですが
意外にも帰りマン劇中の着ぐるみは、ここまで猫背ではないんですよね。
長さが強調された両腕のムチも含め、メビウス版特有のアレンジでしょうか。
いやー未見ながらコレもカッコイイhappy02
より深いプロポーション追求によるデフォルメが、良い効果を生んだ好例でしょう。

帰りマン版のバルタンやゼットンにも、こういうアプローチが欲しかっ(以下自粛coldsweats01

グドンを手に入れたら、次はエビ味のアイツを並べたくなるなあ。
いつか新規版と出会える幸運を信じて、ミニバイクを飛ばすことにしましょう。
万が一また信号が故障したら、それが逸品登場の合図かな?happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

陽底軍艦

002_2
ここ数日、ベランダの壁に斜めに差し込む朝日の影を利用して
ドラマチックなコントラストを演出できないかと、色々試しているんですが
なにしろ写真は素人なので、陰影の力学が今ひとつ掴めず
こんな中途半端な出来ばっかりweep

この季節、朝日が絶妙な位置に差し込むのは午前6時45分から7時あたりまでの
ごく短時間なので
今朝も6時半ごろから被写体や撮影台などセット・機材一式を
よっこいしょとベランダヘ運び出し
日差しのゆくえを見計らいながら、耐えるがごとくの早朝撮影camera
微妙に角度を変えながら、30回以上のシャッターワークの末
唯一選んだ一枚がコレです。

船体の前部と後部を斜めに分割する、陽光の陰影を狙ったんですが
微妙なんですよね。被写体の表情を効果的に演出する面積比って。
陽光の効果的な使い方、自然相手の撮影は奥が深く
まだまだ勉強が必要と反省していますcoldsweats01


001_3
上の写真からわずか数分後の一枚。
ややベタ明かりに近いコッチは、ディテールやカラーリングがはっきり判る分
被写体の紹介カットとしては良いんですが
画の面白さという点で、上の写真に一歩譲る部分は否めないので
ドラマ性を取るかリアリティを取るか、いつも非常に悩むところですsweat01

轟天の新たな魅力を追求したいか、アイテムとしての新世紀合金を楽しみたいか。
鑑賞者の目的や好みによっても、選ぶ上での判断は分かれますね。
うーん私も揺れているんですが、今の気分ならやっぱり上かな。
下の写真のようなアプローチなら、巷にも比較的多いですし
陽光という自然の恵みが強まるこの時期を、楽しまないのは勿体無いですもんね。

おもちゃ写真の屋外撮影にこだわる理由も、そんな私の好みゆえでしょう。
季節によって表情を変える、おもちゃの様々な魅力を探りたいんですよ。きっとhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月21日 (月)

ジェームズ・ボンド’73

001

いわずと知れた初代ボンドカー・アストンマーチンDB5。
英国コーギー製ミニカー。
昨日のミゼット記事で、手持ちのミニカー箱をガサゴソやっていたら
底の方から出てきました。

以前チラリとお見せしましたが、箱付きギミック全開のおひろめは
たぶん今回が初でしょうhappy01

購入は’78年。幼馴染と自転車を飛ばして向かった輸入ミニカーショップ。
定価1,500円は、当時の私には高額でしたが

1974年公開の『黄金銃を持つ男』が007初体験
次作1977年『私を愛したスパイ』ですっかり虜になり
立て続けにTV放送された旧作を録音(時代を感じさせますね)
テープが伸びるほど聴きまくって、すでに病こうこうだった私にとって
『コールドフィンガー』劇中ギミックを再現した本格ボンドカーの精密ミニカーは
とてつもなく魅力的に見えたのでしたlovely

前年から盛り上がっていたスーパーカーブームで
ミニカー収集に力が入っていた気分も、追い風となったのかもしれません。

いやーそれにしても、われながらよく残ってたなーしっかり箱ごとcoldsweats01
全長約95mmですから、1/48スケールといったところでしょうか。
パッケージの記載によれば、発売は’73年。
本国コーギー製ならではのプロポーション、精密さに加え
バンパー・マシンガンや防弾シールドがボタン一つで飛び出し
タイヤに仕込まれたパンク装置、見にくいですが回転式ナンバープレートも装備。

これも見えませんが、ドライバーシートには我らがボンド氏が鎮座し
劇中でボンドのピンチを救った、天井が開いて助手席が飛び出す仕掛けも
ちゃんと再現されています。

飛び出すゴールドフィンガーの手下人形も、スペアが付いていて実に親切。
飛ばしまくって無くしても、コレなら安心というわけでhappy01

数あるボンドカー中、もっとも高い人気を誇るDB5。
まして劇中で活躍する様々な秘密装備は
子どもが喜ぶおもちゃには絶好のギミックでしたから
精密なミニカー以上に子ども用商品として、今も全世界で発売され続けていますね。
このコーギー社製も、ネット等でさまざまなサイズを見かけますが
購入当時、田舎暮らしの私の近所にはこの大きさしかありませんでした。
もっとも当時の仲間内で集めていたミニカーは、いわゆるトミカサイズと
ダイヤペットやソリドなど10cm程度の1/48が主流でしたから
ちょうど願ったり叶ったり、ストライクゾーンど真ん中のアイテムだったわけですが
happy01

前述の通り、当時は空前のスーパーカーブームでしたから
ランボルギーニやフェラーリ、ポルシェやロータスなど世界的名車のミニカーが
国内メーカーから続々とリリースされたおかげで
”カウンタックLP400対ディーノ246GT対ロータスヨーロッパ対マセラティ・ボーラ”
なんて、サーキットの狼並みに豪華なミニカー公道レースが
日夜、路地裏で繰り広げられていましたね。
もちろん私もDB5で参戦、秘密兵器使いまくりで遊んでましたがsmile
ディスプレイ目的の精密モデルなのに、あんな過激な使い方をして
よく傷だらけになかったものですcoldsweats01

でも偉いモノで、傷や塗装剥げの原因となるボディの耐性は
ダイヤペットなど国産品より、コーギーやソリドなど海外品の方が
よほど強かった印象がありますね。

長年の伝統を誇る海外ミニカーメーカーに、’70年代の国産メーカーは
技術力ではまだまだ劣っていたという事でしょうか。
今や精密度では世界に信用されるまでに成長した日本製品ですから
ミニカーの塗装クォリティも、当時に比べれば段違いでしょうけどcoldsweats01


002_2

後年入手のCHRONO製・1/18サイズと並べて。
大サイズの前では、精密さで一歩も二歩も譲るコーギー製ですが
秘密兵器満載の魅力は、なんとも捨てがたいものがありますね。

実車を再現しただけのノーマルミニカーには無い、ファンタジックな魅力こそ
コーギー製最大の売りでしょう。
そういう意味で『超合金ボンドカー』のノリですね。コレは。
先日入手の逸品・ホバーパイルダーと並べても違和感無い所が
このスペシャルカーがSF世界の住民である事を、雄弁に物語っています
happy01

2014年4月20日 (日)

元祖・頭文字D

001

最近入手のおもちゃは小物ばっかりですが、増税直後で何かと苦しい昨今
百円玉二枚でこれだけ楽しめれば、充分元は取れるというものでcoldsweats01

近所のHo●●y o●fで一昨日買ったコレも
税込わずか216円という、お手軽ナゴミ系。

いわずと知れた軽三輪トラックの名車、ダイハツミゼット。
『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズでもおなじみの
後期クロースドキャビン型です。

私大好きなんですよ。こういうかわいい町の働き者がlovely

このミゼット、人気車種だけにミニカーも多種発売されていますが
コレは2002年8月のトミー製ミニジオラマ
コールドキャストモデルの『休景時間』なるアイテム。

いにしえの名車を、当時の雰囲気あふれるベースとセットにし
このミゼットをはじめマツダキャロル、スバル360など
数車がラインナップされていました。

ミゼットのベースはなぜか豆腐屋さんの軒先。これからお得意さんへの配達かな?
豆腐屋だけにドライバーはきっと、超絶技巧の天才少年。
moveが奏でるユーロビートをバックに、早朝の峠をカニ走りで攻めまくり
必殺のミゾ落としを駆使するコーナーワーク。
トヨペットコロナ、フェアレデーSPL212など当時のスポーツカーを
ことごとくバックミラーに収め

地元の走り屋から”三ツ輪の幻影”と恐れられた
全身フルチューンの一台なのですっ
happy02
すいませんもう気が済みましたcoldsweats01

雰囲気主体のミニジオラマなので、ミニカーみたいに細かいパーツ割りも無く
ウィンドーも黒塗りならタイヤも回らない一体成型ですが
さすがトミカで有名なトミーの製品、プロポーションは確かです。


002

というわけで比較の一枚、わが家のトミカミゼット勢揃い。
(特別出演・マツダK360coldsweats01
『ALWAYS』版・鈴木オートの社用車も居ますeye
手前の前期型なんか、
ちょっと珍しいミニチュア化ですね。
コレのブリキ製おもちゃも持ってますが、一生手放せない名品なんですよ
happy01

比べてお察しの通り、この『休景時間』版ミゼットは
けっしてミニカーにひけをとらない確かな造型で、なかなかのもの。
こういう逸品とショップで出会えると、ホントに嬉しくなりますね。
スケールや素材なんか関係なく、愛車コレクションに加えたくなります
lovely

いやー食玩と侮っていましたが、実力シリーズですねー休景時間。
次の狙いは間違いなく、今一つ集めてるスバル360だなコリャ。
アレも人気車種だから、今回みたいに出物に出会えるかどうか。
ショップ通いの楽しみが、また一つ増えましたhappy01happy01happy01

2014年4月19日 (土)

黒い宿命

001_2

いつものお店で昨日買ったコレ。


002_2

2001年発売のバンダイ製食玩『ザ・キカイダーマシン』。

サイドマシーンをはじめ、キカイダー登場バイク三種のラインナップでしたが
今回は発売直後に好事家に買い占められ
店頭から消えたが早いかマニアショップにプレミア付きで並んだ
極悪非道の逸品と13年ぶりに再会。
未組立ながら開封品ゆえ216円というお手軽価格により、気づけばカゴの中。
今日は当時のリベンジという訳で、久々の食玩造りとなりました。


カッター一本でパチパチ組み立て、シールを貼ればあっという間に完成。
いつもの森へ持ち出してみれば・・・


001_3
うひょーカッコイイlovely
キカイダー永遠の敵役・人造人間ハカイダー&愛車・白いカラス。

10年以上前の食玩ですから、出来もそれなりなんですが
フィギュアブーム全盛期の商品だけに、プロポーションやポージングが良いせいか
全長7cm程度の手のひらサイズにはとても見えません。


当時から人気がありましたからねーハカイダー。
コレも発売当初から話題沸騰、売れ行きでは圧倒的にキカイダーより上でした。
オタク二人が顔を合わせれば
「どこどこのスーパー店頭に一個残ってた」なんて情報交換が挨拶代わり。
私も友人に頼み込んで、わずか一個入手するのが精一杯。
そして前述の通り、発売数日後には定価の二倍、三倍で取引される
悪魔回路的争奪戦が展開されたのでありました。私の近所だけでしょうけどcoldsweats01

そんな貴重な逸品ですから、私も手持ちが一個では組み立てられず
完成品を見たのは今日が初めてeye

フィギュアブーム、ハカイダーブームのあ
だ花みたいなエピソードですが
そんな思い入れを差し引いても、この食玩は良く出来てますね。

白いカラスと言えば
キカイダー38話『ハカイダーがジローを殺す!』Aパートや
39話『父の仇ジロー全国指名手配』Bパートでの
サイドマシーンとのアクションが印象に残っていますが
ベース車のKAWASAKIマッハⅢは、名車ながらその大パワーが災いし
操作の難易度がとても高いジャジャ馬マシンだったそうで

劇中のバイクアクションを見たバイク好きの友人が
「あんな乗り方したら、運転手は絶対死ぬ!」と
恐れおののいていた記憶があります。

このマシンはホントの意味で、乗り手さえ危険にさらす殺人バイクだったんですね。
まさにハカイダーの愛車にふさわしい、物騒な一台だったわけですcoldsweats01


Photo

相手の破壊のみを目的として生まれ、断崖に佇む孤高のダークヒーロー。
その胸中に去来するものは。

うーむロングで捉えても絵になるお姿lovely

’70年代の敵役が魅力的なのは
その生きざまが激しいからでしょうか。
激しければ激しいほど、その背には哀愁が漂います。

「そうだキカイダー。死ぬなよ。簡単に死んだら楽しみが無い!」

相手の打倒のみに命を燃やし、倒した瞬間に生の目的を失う不条理。
この黒い敵役の、そんなストイックな宿命に
当時の私も憧れていたんでしょうね。きっとsmile
 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月18日 (金)

ゼロン殲滅せよ

002_2

ガイシテス太陽系・惑星Eを追放された宇宙の逃亡者
宇宙猿人ゴリが建造を急ぐ地下秘密基地に挑む
ネヴィラ71の宇宙サイボーグ・スペクトルマン!
その行く手を阻む命を受け、彼の前に現れたゴリの新たな刺客こそ
硬い皮膚と強靭な四肢を誇る地底の覇者・コウラ怪獣ゼロン!

眼前の敵・ゼロンの猛威を止めるべく、戦えスペクトルマン!

ブログタイトルに『ネヴュラ』を冠して早や8年。
ピープロネタには力の入る私ですので
今回もノリノリで撮影してまいりましたhappy01

豪華ゲストは、最近あまり見かけなくなったものの
出来の良さでは定評のあるマーミット・ビニパラ金剛のゼロン対
これまたマーミット製スーパーアクションヒーローズ・スペクトルマンという
ピープロ好きの強い味方、マーミットアイテム同士の夢の対決happy01
ずいぶん昔、自宅内でも撮影したものの
屋外ロケは初めての試みです。
発売は16年前の’98年ながら、ソフビゆえ劣化の心配が無いゼロンに対し
’96年発売ゆえ、可動間接の緩みやビニール製スーツの劣化が目立つ
満身創痍のスペクトルマンに、はたして勝機はあるや否や!?
coldsweats01


004_3

その体格と豪腕で、スペクトルマンに襲いかかるゼロンの勇姿!
さすがピープロのネロンガと呼ばれる、王道怪獣の名はダテじゃない!
マンドラー→ゼノン→ゼロンと芸名を変える事幾星霜
パイロット版の両豹マンからヤダモン、そして『ゴリ』へと渡り歩いた
このドス満点のお顔の皺一本一本に
演歌歌手のような長年の下積み人生で舐めた、苦労が滲んでいますhappy01


「パイロット版から衣装替えしたお前みたいなヒヨっ子野郎に
特撮界の先輩から、現場の厳しさを教えてやるわいっ!」


おおっ早くも闘争心むき出し。
ヒーローの引き立て役に甘んじる怪獣の対抗意識がここで爆発happy02
それが迫力ある演技に繋がるところが、特撮現場の面白さhappy01


「スペクトルマン、スペクトルフラッシュヲシヨウシテモヨイ。
タダシ、イッカイカギリ。シッパイスレバイノチハナイ。」


毎度厳しい上司から、命がけフラッシュの使用許可が下りた!
(ネヴィラのセリフは劇中そのまま。ウソと思ったらご確認下さいhappy01


使えばバクチ使わねばピンチ、ヒーロー稼業はいつも一天地六の賽の目人生!


003_2

気合一閃!ウルトラセブンで鍛えた上西パワーでhappy01
投げ飛ばされたゼロンはあわれ仰向けhappy02
そこへ必殺の決め技、スペクトルフラッシュのお見舞いだ!

ピープロ作品と言えば、ヒーローの巨大化や光線技など
複雑な合成を必要とするカットが、止め絵の作画処理だった印象が強いです。
動画に光学処理で光線などを表現する円谷特撮とは
画面の質感も明らかに違いましたが、本放送派の私は
あれが円谷との予算差から苦肉の策で編み出されたローコスト特撮なんて
ツユほども感じませんでした。
あの止め絵こそ、常に特撮の可能性に挑み続けたピープロ魂。
変身カットの全身スケルトンは作画処理だからスペクトルマンなんであって
リメイクされ妙にリアルなCGなんか使われたら、それこそ興醒めという石頭です
happy01

さて。本編ではフラッシュで木っ端微塵にされたゼロンですが
今回は可愛そうですから、改心してスペクトルマン一の子分にしてもらった設定でhappy01


005_3

金太郎よろしくゼロンにまたがり、スペクトルマン勝利のポーズscissors
バックの雰囲気からなんとなく、ウルトラファイトの幕切れっぽい空気ですがcoldsweats01
でもスペクトルマンの格闘シーンって、毎度こんなイメージでしたよね。
子どもたちの為に、少ない予算で一生懸命作っていた映像屋たちの心意気が
きっと、幼かった私の心にヒットしたのでしょう。


その高級感、完璧感ゆえ、見ていてもなんとなく居住まいを正す円谷作品に比べ
手作り感漂うスペクトルマンの身近さの方が、私には合っているようです。
ピープロ作品が”魂の裏路地”と噂される理由も
そのあたりにあるのかもしれませんね。


久々にゼロンソフビと遊んだから、今度はアオシマのゼンマイプラモに
挑戦しようかな。
でもプラモのゼロンって、左右パーツを貼り合わせた時にできる
お腹の模様のズレが、未だ越えられないハードルなんですよね。

本放送以来40年以上の悩み、良い解決策は無いものでしょうかcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ   

2014年4月15日 (火)

すごいぞホバーパイルダー

『某所某店にて、パイルダー1,250円。』

こんなメールが突然届いたら、きみはその情報をどう使う?
何を置いてもお店に駆けつけるか、今さら行っても間に合わないと諦めるか。
私MIYUKIは、そんな超ひみつ情報を
とつぜんもらいうけてしまうのです。


メールの主はネットでのお知り合いで、今も懇意にさせて頂いている
近くにお住まいのスーパーコレクター某氏。

貧乏な私をいつも気にかけて下さり、折に触れとてつもない情報を下さる
頼もしいお仲間です。

「奇声上げるんじゃねい!バカヤロウ」
オトキチ兜甲児のごとく、愛車スペクトルヴェルデを飛ばすこと一時間。
ようやくたどり着いた初来店のショップ。そこは見渡す限り広大なおもちゃのジャングル。


Photo_3

気合を入れて探検開始、目指すはバンダイポピニカ魂PX-01・ホバーパイルダー。
2000年5月27日の初版発売以来
2009年6月27日にただ一度、リニューアル発売されたきりのようで
今も比較的入手し易いマジンガーZに比べ、市場でもかなりの品薄状態。
そのクォリティの高さと希少性に比し、今もB社は沈黙を守るのみの為
新品・中古を問わず、出物があってもプレミアが付き価格は上がる一方。
超合金界における”’88年頃のタカラ製キット1/24スコープドッグ”とも言える
好事家血眼アイテムなのです。


未開封新品なら10,000円に迫り、中古でも5,000円前後と高値を呼ぶ
おもちゃ好き垂涎のパイルダーですから
わずか1,250円で店頭に並ぶとなれば、それこそコレクター業界激震。
あっという間にマニアの餌食、瞬殺は必至。

そんなお宝ゆえコレは見逃せないと、兜十蔵並みの”おっかない顔”で、
ショーケースから商品棚まで探しに探すこと二時間。


無いっshock
ここ数年、これほど真剣に探した事も珍しいのに。
めったに訪れない好機ゆえ、目ざとい好事家に先を越されたかcoldsweats02



ガックリ肩を落とし帰宅、情報のお礼と間に合わなかったお詫びメールを
某氏に送った翌朝。

”返信が無いので売れてはまずいと思い、捕獲しておきました”との
目を疑うような吉報が
happy02

「わっはっははは パイルダーはおまえのものじゃぞ!」
まさに千載一偶の幸運、これほど嬉しい知らせがあるでしょうか。

希少性や価格、私の好みを熟知した同好のお仲間ならではのご配慮に
ただただ感謝のロケットパンチ・光子力ビーム・ルストハリケーン
そしてとどめのブレストファイヤーpunch
(雨あられの別表現coldsweats01


002

さらに格段のご厚意で、一昨日自宅近くにいらっしゃり無事受け渡し。
つかの間でしたが、おもちゃ談義も楽しませて頂きましたhappy01
返す返すも嬉しいのは、垂涎のアイテムが手に入った事実より
こうした同好のお仲間が、近くにいらっしゃるという事ですね。

趣味を通じた人と人との繋がり、楽しさを感じるのは、いつもこういう時です。
最も大事なのは気持ちの通じ合い。入手の有無は二の次なんですよねhappy01


003

新緑眩しい近所の森で、さっそく撮影開始camera
ボディ全長約13cm、主翼展開時の全幅約18cmと比較的ミニサイズながら
クォリティの高さでは定評あるポピニカ魂だけに
精密感もタダモノではなく、噂にたがわぬ出来の良さ。
持てばズッシリの重量感、そうそうまさにこの感じ。うーむさすが超合金Zhappy02
フォルムも完璧そのもので、曲線主体の劇中イメージ再現は見事の一言です。

ちょっとしたサイズの違いが全体の印象を損ねる
ボディと主翼、ローター部のバランスも完璧。
カラーリングもOVA版のPX-04に比べ、TV版のコチラPX-01が好みなので
願ったり叶ったりhappy02

ジェットビートルをはじめ、丸みを帯びたボディフォルムにはいつもメロメロの私。
ですからこのパイルダーにも、特別な思い入れがあります。
特にこのホバーパイルダーは、『マジンガーZ』本放送当時も
ポピーのミニミニパイルダー、出来の良かったバンダイのゼンマイ走行プラモと
主役のマジンガー以上にあれこれ揃え
毎日遊び倒していたほどの入れ込みよう。

私にとってロボットのコクピットと言えば、コアファイターでもエントリープラグでもなく
このパイルダー、それも初代のホバー版なんですよね
lovely


004

パイルダー・オーン!
(「オ」と「ン」の間を伸ばす所が、われらの石丸”甲児”博也流rock


この「ホバリング飛行」「主翼が折りたためる」という先進性が
当時の私を打ちのめしました
happy02
二代目・ジェットパイルダーの「主翼格納式」も良いのですが
私にとってはコッチの方が、はるかにメカニカル、ドラマチックに映ったものです。
サンダーバード2号のコンテナ(絶対ポッドとは言いません)収納プロセスに通じる
メカニック表現のリアリティを、この折りたためる主翼に感じていたのでしょうね。

今見てもああカッコイイheart04翼を折っては開き喜んでるのも私くらいでしょうけどcoldsweats01


005

キャノピーオープン、コックピットも設定に忠実。甲児くんもちゃんと乗ってます。
操縦士が機械に取り囲まれる、この狭い空間の雰囲気も好きでしたね。
劇中でのパイルダーオンの瞬間、透過光処理されたパイロットランプが
一斉に輝く演出も
マジンガー起動の興奮を大いに盛り上げていました。
残念ながらこの小さなボディには、そこまでのギミックはありませんがcoldsweats01

思えばマジンガーのリアリティって、パイルダー発進からマジンゴー
パイルダーオンからスクランダークロスに至るまでの
”あえて積み重ねる段取り描写”みたいなものに支えられていた気もします。

波動砲発射プロセスなどに覚えるワクワク感の元祖は
このパイルダーにあったのかもしれないと、おバカな私は思ったりして
happy01


Photo

機械獣襲来!町が危ない!
パイルダー発進!マジンガーZ急行せよ!


毎週日曜夜7時、ブラウン管にかじりついていた本放送世代にとって
この発進シークエンスを盛り上げるBGMと言えば
名曲♪Zのテーマのメロオケ以外に考えられませんね。
必殺シリーズの”殺しのトランペット”と並んで
シーンとBGMがここまでピタリと合う例は、そう多くありません。

ガンダムの♪颯爽たるシャアやマクロスの♪ドッグファイトも
パイルダー発進BGMの興奮には、さすがに一歩譲る気さえしてきます。
まーこういうのもリアルタイム派の思い入れ、世代の差でしょうけどcoldsweats01


006_2

機械獣軍団との息詰まる戦いの末、勝利を収めたマジンガー陣営に
つかの間の休息が訪れるのでした
happy01なあんて。

いつもの森では桜と入れ替わりに、ますます色合いを増す緑が目に鮮やか。
降り注ぐ陽光の下、超合金ならではの金属質の輝きが
パイルダーの魅力を一層引き立てます。
負けるな兜甲児!ドクターヘルの野望を打ち砕くその日までっ!

お仲間のご厚意により、夢にまで見たパイルダーが入手できて大満足happy02
こうなるとまた、眠っていた超合金収集癖がムズムズしてきて
ひたすらお財布の中身と激闘する、増税間もない春の午後です。
おもちゃ好きの日々は今日も
♪この世の果てが~来ようとも~ ふめつ~の悩み~ホシイガーZ~
なのでした。ほとばしる’70年代センスはお許し下さいcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

ああアニキの雄たけびが耳から離れない
happy02  

2014年4月12日 (土)

ゴメス’88

002
恐怖の古代怪獣ゴメス、突如トンネル工事現場にあらわる!

”大むかしさかえた、らんぼう者の肉食怪獣、アロザウルスの一種”
(昭和41年秋田書店刊『怪獣画報』より)

なんてふれこみで、元祖『ディセント』ウルトラQ第1話のタイトルバックから
出ずっぱりで暴れまわった人気怪獣、ゴメス大先生。
本放送当時は”オケラの怪獣”なんて説も出回りましたが
オケラよりは肉食”怪獣””アロザウルス”の方がカッコイイのでそっちを採用smile

モスゴジ改造の着ぐるみながら、そのフォルムは実に個性的で
ゴジラとはまったく別の魅力を発散するこの名獣は、私のお気に入りlovely
その為に今も、ゴメスのおもちゃは安価なものを細々と集め続けていますが
コレは今を去ること26年前、’88に発売されたビリケン商会のソフビキット。
発売価格は3,OOO円と手軽な価格だったので速攻ゲットdash
当時の私はバリバリのリアルフォルム、ハードディテール派でしたから
間着をパテ埋めした上、腕も無いのに塗りたくり
なんとかデッチ上げましたcoldsweats01


久々に屋外へ持ち出してみましたが、さすがビリケンクォリティ。
30cm近い大サイズの迫力、的確なポージングを可能にするパーツ割りはもちろん
着ぐるみの質感と生物感がほど良くブレンドされた、清潔感溢れるディテールは
リリース後四半世紀を経た今にあっても、まったく色褪せていません。

無い腕であれこれ塗装を試し、やっと完成した瞬間には
そのあまりのカッコ良さに躍り上がった覚えがあります。

ああ資料設定のがんじがらめで発想の自由が利かなくなった、昨今の風潮に比べ
怪獣と純粋に向き合っていた当時の、なんと健全だった事よsmile


003

午後の陽光に浮かび上がるこのご尊顔も、実にハンサムlovely
(’66年の本放送当時、イケメンという言葉は無かったので)
そりゃ由緒正しいゴジラの血筋ですから、崩れようも無いわけですが。
でもリアルフォルム怪獣なんて全く塗り慣れない私の筆で、このカッコ良さですから
元のソフビがいかに優れているかが、察せられるというものです
coldsweats01

こうして首から上だけを見ても、ゴメスがいかにゴジラとの差別化を目指していたか
よく分かりますね。
基本ディテールの違いをはじめ、巨大なキバや頭頂部、後頭部の角なども
ゴメスの個性を強烈にアピールしています。


004

ゴジラには無いこの角や、鉤爪状に巨大化させた拳のフォルムが
私にはゴメスをゴメスたらしめる大きな特徴に思えますね。
過剰なディテールの追加に陥らず、最小限の意匠で個性を演出する職人芸。
東宝特殊美術課・井上泰幸氏の卓越したデザインセンスを、非常に感じます。


005_2

お腹や背中の甲羅風ディテールも、ゴメスの大きな意匠の一つ。
こうして横から見れば、なるほどフォルムはゴジラそのものですが
本放送当時、コレがゴジラ改造とはまったく思えなかったなーcoldsweats01
やっぱり角や爪、甲羅やウロコ状の表皮などの”井上マジック”に
当時の私は心地よく騙されていたんですね
coldsweats01

まるで画面から飛び出してきたような、このビリケンゴメスの雰囲気が
そんな当時の記憶を鮮やかに蘇えらせるのでしょうかconfident


006

新緑の森にこだまする、古代怪獣の咆哮happy02
ゴジラより頬が盛られているのも、ゴメスの特徴の一つなので
こんな角度でやや見上げると、頭部の表情はまた変わります。

目の上の張り出しも大きい為、瞼の部分が影になる効果も
古代怪獣の名に恥じない迫力に、一役買っているようですね。

いやーカッコイイわあゴメスlovely
このゴメスをはじめ、ゴジラやバラゴンを改造した怪獣が
新作ウルトラ作品等で、名獣として人気を博しているのを見るにつけ
つくづくシンプルイズベスト、良い物は時代を超える事を感じます。

私のウルトラ怪獣NO.1はネロンガですが
このゴメスも、常に上位に食い込む永遠のフェイバリットですhappy01


Photo

わが家のゴメス全員集合。みんなでやりゃー何とかなる@中村作業係長smile
これだけのメンバーを森まで連れて行くのは大変なので
残念ながら、部屋の貧乏スタジオでcamera

集めたら意外に居ましたね。硬軟大小織り交ぜて。
昔はハードなビリケンやエクスプラス、怪獣軒などが好みでしたが
最近はマルサン・ブルマァクの復刻や、USTOYSのユルユルゴメちゃんに
親しみを感じるところがなんともはや
coldsweats01
まーリアルもユルユルもゴメスはゴメス。
ゴメスの名はゴメスは結城昌治happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月10日 (木)

カネゴンの春

001
48年前の今日、1966年4月10日は
ウルトラQ第15話『カネゴンの繭』が初放送された日。

シリーズ屈指の名キャラクターにして、今も絶大な人気を誇るカネゴンが
ユル~くお茶の間にやってきたのは、こんな春本番の夕暮れだったんですねhappy01

というわけで今日は、ささやかなカネゴン記念日ということで
わが家のカネちゃんファミリーを、いつもの森に連れてきました。

森もここ数日で、主役の座を桜からタンポポに明け渡した様子。
チラホラ残る桜の木をバックに、新緑のジュータンと戯れる陽気な三人smile
若草のグリーンとタンポポのイエロー、葉桜の控えめなピンクが
カネゴンのファニーなキャラクターを、より盛り上げてくれますね
lovely


002_2

二人の子どもを膝であやすのは、以前入手したマーミットのソフビ貯金箱。
古道具の上にしょんぼり座り込む姿がかわいくて、思わず連れてきました。
試しにブルマァク魂のミニカネちゃんを抱いてもらったら
あつらえたようにピッタリ。ムリなく親子役を演じてもらいました。

おもちゃ好きなら必ず欲しいマルサン~ブルマァクのスタンダードカネゴンは
恥ずかしながら復刻版さえ入手できず、お金と名が付くモノとは縁遠い私weep
でもこんなコラボは意外と新鮮な上、試すおバカも私くらいでしょうから
しばらくはコレでガマンして、部屋に居てもらうことにしましょうhappy01

カネゴンと言えば、1966年12月に初版刊行、先日復刻された
故・円谷英二氏監修による秋田書店の名著
『写真で見る世界シリーズ・怪獣画報』には
カネゴンは”金属をかじる金くいカブトムシの幼虫を食べた動物”が変身するという
驚愕の設定(いや事実でしょう円谷監督の監修ですからscissors)が
記されています。

という事は、劇中に登場した繭は件の『金くいカブトムシ』のものでしょうし
吸い込まれた金男くんも、繭の中で『金くいカブトムシの幼虫』とやらを
食べたのでしょうか?

うーむ謎が謎を呼ぶカネゴンの世界happy02
ウルトラマン幻の必殺武器『シルバーヨード』と並んで
興味深い設定(いや事実でしょう以下略)と言えますねーhappy01
”動物”とあるように、カネゴン化の素材生体条件は人間に限らないと考えれば
あるいはエイリアンのごとく、ワンちゃんやネコちゃんも
カネゴンになる可能性があると。

全国各地で金運を呼ぶ招き猫なんて、カネゴン化したネコちゃんとかねcat

そういえば「招き猫」はあるのに「招きカネゴン」ってありませんねmoneybag
どこかのソフビメーカーが作りそうなもんだけどなー。売れそうな気もしますが
またまた脱線しました。こういう事を書くから呆れられちゃうんですねcoldsweats01


003

おおっとコチラは、葉桜の下でのんびり昼寝のカネゴン先生。
見ればリアルな大伴解剖図版。バンダイ『ウルトラ怪獣解剖図鑑』のひとつです。

げぷ~お花見で食べすぎて胃がパンクしちゃったよshock
いいなあ私も、財布が破れるほどお金を貯めてみたいよ。
とはいえコイン怪獣だから、満腹でもそれほど大金にはならないだろうけど
smile

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月 8日 (火)

葉桜兄弟

Photo
名古屋は本格的な春の陽気で、今日などTシャツで歩く人もチラホラrun
ここまで気温が上がってくると、今年の桜もさすがに散り加減です
cherryblossom
午後1時40分。葉桜を名残惜しむ人々で賑わう公園では
春の忘れ形見のようなピンクの花びらと、瑞々しさを増す芝生の緑が
鮮やかなコントラストを見せていました。
散らばる花びらの様子が、画面でお分かり頂けるでしょうかcherryblossom

今日のゲストもヴィンテージトイの代表格、マルサンのブースカ先生ですが
当時のプラモを復刻ソフビに仕立てた昨日の一品に代わり
今度は正統派、もともとソフビとして発売されたアイテム。
1967年春季発売のいわゆる”新規格版”、最も有名なスタンダードサイズです。
隣に座るのはいたずら好きの弟分、同期発売の宇宙怪獣チャメゴンちゃん。
両者とも金型は当時の物とはいえ、手ごろな最近のイヌクマ製復刻版。
いずれもオリジナルじゃないところが、我ながら情けないですがcoldsweats01

いやー昨日も感じましたが、このブースカファミリーって
こんなのどかな風景と合わせると、抜群の輝きを見せますねーlovely
まるで、本編ロケのカラースナップみたいに見えます。

こういう景観って、ブースカという作品の牧歌的ムードに合っているんでしょうね。
このまま二人が駆け出して、後ろの子どもたちと一緒に遊び始めても
何の違和感も無い気がして。
目まいがしそうなファンタジックな妄想が、脳内を駆け抜けますlovely

春の訪れを告げる大役を果たし、自然の装いを初夏にバトンタッチするように
ハラハラと散る桜の花びらは
日々強くなる陽差しの反射でキラキラと輝き、まるで光の乱舞のように見えます。
自然が見せる冬の芸術がダイヤモンドダストなら、桜吹雪はさながら春の芸術。
そんな奇跡って、近くに居るほど気づきにくいものです。
地球の営みを毎年感じられる私たちは幸せなんでしょうね。きっと。


004_2

帰り道で突如切り株から現れた、森の大怪獣トカゲザウルス。

隣の葉っぱのサイズでお察しの通り、全長は10cmにも満たないですがcoldsweats01
彼もこの暖かさに、冬眠から覚めたみたいですね。
デジカメを近づけたら、あっという間に左上の穴へ。
森の住民たちも、いよいよ本格的に動き出したようです
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月 7日 (月)

花見でミフチ

001
今日の桜はごらんの通り、一昨夜の雨や昨日の風などものともしない満開状態cherryblossom
すでに葉桜らしいとの噂だったのに、これならまだまだ見頃です。

というわけで今日のゲストは、太い枝に腰掛けラーメンで花見のブースカ先生。
桜にラーメンなんて、ブーちゃんくらいしか似合いませんが
いざ撮ってみればこの合いの良さ。さすがマルサンプラモの風格happy02

考えてみれば、桜と怪獣おもちゃが絡むカットの撮影チャンスは
一年の間でも、ほんの一週間ほどしかないんですよね。
しかも
両者のサイズ差までが推測できるこんな位置関係は、レア中のレア。
ブースカの体長が約19cmですから、桜の大きさもお察し頂けるでしょうcherryblossom
おまけに陽光も気まぐれと来れば、全てがベストなこういう状態は実に贅沢ですlovely
桜があまりにキレイなので、あえて引き目で撮ってみましたcamera


002
枝から降りて桜を見上げズズズとかき込むラーメンの味は
格別だよねえブースカちゃんnoodle


今年の桜写真はこういうアオリ角度が多いので
ホントは一枚目にしたかったんですが、残念ながら二席という事でcoldsweats01


003

ツマミがラーメンだけにタンポポバックでsmile

そろそろ桜と入れ替わるように、緑の絨毯から黄色い顔が
チラホラ現れ始めました。
森の彩りも、春のピンクから初夏のイエローへ。
華やかな季節にふさわしく、自然の装いもビビットです
happy01

すれ違ったのは、小さな男の子とお母さんの二人連れ。
散歩がてらのお花見でしょうか。
日差しがまぶしそうな坊やを見かね、お母さんが自分の頭のキャスケットを
被せてあげていました。
ちょっと大きなキャスケットを揺らし、桜を眺めてはしゃぐ元気な坊や。
二人を包む優しい空気に、私の目尻も下がりっぱなしlovely

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月 6日 (日)

花散らしの暗雲

Photo
今日は晴天なのに空気は冷たく、風も強め。
雲が数分おきに太陽を覆い、晴れと曇りが目まぐるしく入れ替わる一日です。
晴れ間を狙ってベランダへ持ち出した、超合金メカゴジラ1975も
張り出した暗雲に陽光を遮られ、この一枚が精一杯。

せっかく超合金ならではの、メタリックな輝きを狙ってたのに
微妙な仕上がりになっちゃいましたね。
画面を斜めに切り取る暗雲が、悪役メカゴジラに不敵な迫力を与えてくれて
これもこれなりに、お気に入りのカットではありますが。

こういう予想外の効果に、空バック写真の醍醐味を覚えますcamera

雲一つ無い青空には面白みが無いものの
空一面の雲というのも意外につまらないし
何より陽光が届かない事で、被写体のコントラストを殺しちゃうので
屋外写真では難しいところなんですよね。太陽と雲のさじ加減ってsuncloud
まー空の表情に注文はできませんから、贅沢な悩みなんですが
coldsweats01

名古屋の桜も、今日の冷え込みと強風が花散らしを呼びそうで心配ですねcherryblossom
明日は気温が急上昇との予報なので、時間があれば森を覗いてきます。
桜吹雪バックの怪獣も風情がありますね。さあ誰を連れて行こうかなhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月 5日 (土)

増税戦車

001
今週末が見納めと、スパイナー級の美しさで咲き乱れる地元の桜を前に
おなじみバンダイソフビ・恐竜戦車登場!

ピントが手前に合いすぎて、合成写真みたいに見えますが
ホントに桜バックの一発撮りですcamera

今日も近所のショップで求めた一体、レア物でも何でもないいつもの中古品。
セブンは基本的に守備範囲外なので、怪獣にも興味は無いんですが
エレキングとこの恐竜戦車は造形的に好きなので、別格ということで。
特にこの恐竜ちゃんは、ネイチャーな色合いと正統派怪獣チックな上半身
(下半身はいわずもがなの戦車ですしね)が好みにピッタリ。


見かけたのは先月だったので、すぐに捕獲すればよかったのに
色々あって増税後にもつれ込んだのが運の尽き。
先月までは税込180円だったのに、今は税抜170円+税14円=184円。
仕方が無いとは思っても、この4円の差が今ひとつ納得いかない。

まーあからさまな便乗値上げじゃない分、良心的とあきらめましょうか。
せめて増税に苦しめられる庶民の不満を、この恐竜ちゃんに代弁してもらって
思いっきり暴れてもらいましょう。
まーもっとも、暴れた分だけ燃料費にかかる上乗せ税金で
余計に首が絞まるだけですけどweep

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2014年4月 2日 (水)

桜井桜

002
桜も満開、平日なのにお花見客でにぎわういつもの公園に
恐怖の火星怪獣ナメゴンあらわる!

マルサン復刻のジャイアント版、イベント限定カラーのこの一体。
久しぶりのおひろめ、さらに初の屋外撮影camera
ライトグリーンのグラデーションが、春の青空に映えますねーhappy02

ボディに刻まれたサインは、アートディレクター金原明彦さんのもの。
というのも。このナメちゃんを入手したイベントは
『ウルトラシリーズ誕生40周年 オブジェクト・サブジェクト』。
2007年、ウルトラQ、ウルトラマンの登場プロップを
アートという切り口で撮影した、同タイトルの写真集リリースを記念して
同年4月12日~5月7日まで、名古屋パルコで開催された
プロップ展示イベントでした。


イベント期間中の4月21日には、円谷プロ関係者や写真集スタッフの
トークショーが開かれ、私もいそいそと見学。

このナメちゃんはその場で会場購入し、トークショー後のサイン会で
色紙代わりにさせて頂いたものです。つくづく良い記念になりました。

ちなみに当日の様子はコチラ。

桜井Pとの約束(接触篇)

http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_259f.html

桜井Pとの約束(発動篇)
http://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/2007/04/post_0f1c.html

トークショーでは私もあれこれ質問、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
その後のサイン会では、写真集でアートディレクターを勤められた金原氏はじめ
関係者の皆さんよりイベント参加の証を頂戴し、感謝の嵐happy02
そしてもちろんこのお方にも・・・


001

満開の桜を愛でるウルトラエース・万城目淳ちゃんと相棒ナメちゃん。
そしてそのボディには、毎日新報カメラマンから
円谷プロのプロデューサーにまで上り詰めた
われらの桜井”由利ちゃん”浩子大先生のサインがっ
happy02
彼女もナビゲーターとしてトークショーに参加、当然サインも戴きました。
ついに実現した、桜と桜井さんのコラボレーションcherryblossom
このくだらない企みを思いついて以来、満開をどれほど待ったことか
weep
しかもちょっと見にくいですが、ナメちゃんの足元には
写真集ディレクターにして円谷作品を数多く手がける
原口智生監督のサインまでっhappy02


いずれ劣らぬビッグネームの名が刻まれたナメちゃんと同フレームに収まって
今日の桜はとりわけキレイですね。

今週後半、名古屋のお天気は下り坂らしいので、どうやら桜も今日がピーク。
今年最後のチャンスに間に合って、ホントによかったよかったhappy01

やっぱり日本の怪獣には、桜が似合います。
由利ちゃんのサインも、春の訪れを歓迎しているようですね
cherryblossom

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »