2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ケムール日和 | トップページ | PM2.5迎撃命令 »

2014年3月16日 (日)

MS-58対怪獣王

001
一昨日わが家に配備された超兵器、マスダヤ・ミサイルタンクMS-58。
満を持して今日、お天気・気温共に恵まれた春の公園に出撃!

怪獣映画ファン、とりわけ東宝超兵器ファンの心をいやがおうにもかき乱す
このMS-58は、ビンテージ玩具の世界でもメジャー中のメジャー。
外部リモコンによる操作で、前進後退からミサイルユニット回転、ミサイル発射まで
狂喜乱舞の電動ギミックてんこもり。
単二電池三本で、小松崎茂画伯描く未来画の主人公気分が味わえちゃうhappy02
プラモで言う所の今井科学・連結戦車クローラーや
緑商会・ウルトラモグラスに匹敵する
空想戦車おもちゃの一大キラーアイテムなのでありますっhappy02

マスダヤさんのHPによればこの超兵器、初代誕生は1965年。
本体全長はミサイル部含め約27cmと、子どもが遊ぶにはちょうど良いサイズ。
最初期モデルはボディがブリキ製、キャタピラもプラ製だったらしく
私も去年、無可動のジャンクながらそれらしき品を入手したのですが
その後もボディはプラスチックに、プラキャタピラはゴムにと
素材の置き換えやデザインのマイナーチェンジを繰り返し
’70年代ごろまで生産・販売され続けた、ロングセラーだったようです。
その人気ゆえ、ボディバリエーションも数限りなく存在し
私ごときがその全貌を把握する事など、およそ不可能coldsweats01

今もヤフオク等で、ギミック健在の完品を比較的見かけますが
どれを見てもビミョーに仕様が違っていて、よほどしっかり見極めないと
狙った品にたどりつけないと言う、宝探し的選球眼を必要とします。
怪獣ソフビや超合金の、発売時期によるペイント違いを言い当てられるような
商品知識を強いられる、簡単なようで意外に難しいアイテムでもありますね。


003_2 
ブラック主体で渋くまとめられたミサイルユニット・キャタピラカバーと
オリーブドラブをベースに派手なペイントが施されたタンク部が
絶妙のコントラストを見せるフォルムは、ただ素晴らしいの一言happy02
このタイプ、リモコンやミサイルカタパルト部の形状
おもちゃチックな車体部のペイントセンス等を見るにつけ
最後期らしい’70年代発売(想像)の部分プラ製「ハイメカシリーズ」っぽい
仕様にも見えますが・・・


004

車体上部のミサイルカタパルトにステッカーが貼られていない事や
商品名や説明文が欧文で占められた箱デザインからの推測では

どーも件の「ハイメカ」の輸出仕様っぽい気もしたりして。

いやーライダースナックカード並みに奥が深いcoldsweats01
ネット検索しても、同じ品はついに見つからなかったし
さすがに探索が行き詰っちゃいましたcoldsweats01
まーこんな欠品無し動力健在の完品を、超が付くほどの格安料金で落札できたので
出目が分からない程度なんて、小さな悩みなんでしょうけどsmile


005

そのミサイルユニットが展開された状態。
以前、同シリーズの後発版”MS-33”おひろめの時にもお話しましたが
ミサイルユニットの角度で車体の印象がスパルタンに一変する所が
このミサイルタンクの特徴ですねーhappy01


006
レーダー捕捉、ミサイルロックオン!標的をクールに捉えるこの勇姿happy02
発射基部の無骨なゴチャっと感が、我が超兵器愛をくすぐるんですよねーlovely
ああカッコイイheart04このユニット回転がリモコン一つで思いのままですから
メーサー好きの私なんかにはもう、こたえられませんよlovelylovelylovely


007
動画をお見せできないのが残念ですが
このMS-58、走行音もかなりそそるんですよdash
カチカチギャリギャリという、重厚感溢れる「奏でて欲しい音」なんですよね。
この重々しいサウンド聞きたさに、前進後退を何度繰り返したことか。
ミサイルユニット回転音も、当時らしいギャーンというモーター音で
これを聞くだけでも、気分は’60~’70年代へタイムスリップ必至。

遊べば遊ぶほど劣化するこんな電動ギミックが、よく今まで生き残っていたなあと。
前オーナーがこのアイテムを大切にしていた事を、改めて感じます。
それともまさかコレ、いわゆる「玩具屋さんの倉庫で発見」系の
完全デッドストック、未使用品だったのでしょうか?
いやーもう、詮索するのはよしましょう。
この新品同様のギミックを、享受させていただくだけで充分ですheart01


008

さあお約束、ミサイルタンク遊びの定番・怪獣ソフビと世紀の対決impact
お相手はもちろん、先日入手の’69年発売・ブルマァクゴジラ当時物。
いやー素晴らしい!春先の森に展開する昭和40年代の光景happy02
もっとも当時のウチは貧乏だったので、こんな贅沢な遊びは夢のまた夢でした。
21世紀の今になって、その頃のリベンジがようやくできたと言うわけでweep


009
メーカーオリジナルとはいえ、東宝超兵器テイストあふれる逸品だけに
当時物ソフビゴジラとの相性も、やっぱり抜群ですねー。
CSでもゴジラ特集が始まった事ですし、実にタイムリーな入手でした。
相当な予算が無ければ入手が難しい、貴重なアイテムばかりですが
二つで野口先生お二人ちょっとの出費で済んだなんて、今も信じられません。

私もこの幸運に感謝して、末永く愛情を注いであげましょう。
ゴジラもミサイルタンクも、間近に迫った公園の桜が待ち遠しいようですcherryblossom

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ケムール日和 | トップページ | PM2.5迎撃命令 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/55393612

この記事へのトラックバック一覧です: MS-58対怪獣王:

« ケムール日和 | トップページ | PM2.5迎撃命令 »