2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 甘いユルユルトラック | トップページ | ユルイムエッサイム »

2014年1月17日 (金)

ブリキライダー昭和風味

10_001_2

ここ数日の厳冬もやや緩んだ今朝10時、いつもの森に響く爆音は
おととい届いたヤフオク落札ブリキアイテム、モーターサイクルMS-702。
コレはガソリンタンクに表記された型番なので、まちがいないでしょうhappy01
全長も約17cmと、子どもが遊ぶのにちょうど良いサイズ。
もっともこんな古そうなおもちゃ、今の子には物足りないでしょうけどcoldsweats01

中国製の現行商品ゆえ、今でも簡単に入手できますが
そこを箱付き110円という激安価格で買い抜けちゃえる所が、ヤフオクの醍醐味happy02
とはいえバイク本体、乗り手のいでたち共々、まさに’60年代カミナリ族の雰囲気で
最新アイテムとはとても思えないレトロテイスト。

いいわあ中華ブリキ業界。この50年前のセンスがたまらないlovely


10_002

本体横のゼンマイ金具をキチキチ巻けば
補助輪みたいなタイヤがゼンマイ駆動、ユルユル走ってくれます
dash
今気がつきましたが、乗り手に背番号が付いているって事は
この人、モトクロスの選手かなんかですかね。
この写真では見えませんが、背番号は26番なんですよ。
特に意味はありませんがcoldsweats01


10_003

このバイクがすばらしいのは
写真の通り、前輪部分が微妙に左へ傾いているので
走らせると軌跡が真っ直ぐではなく、大きな輪を描くところ。

ボディはいわゆるモナカタイプなのに、ちゃんと前輪をひねった形に成型されていて
こういうところに、製作者の優しい気遣いを感じますね。

ぐるっと走らせキャッキャと喜ぶ赤ちゃんの笑顔が、目に浮かぶようです。
ブリキゆえエッジが尖っているので、安全基準はクリアできないでしょうけどcoldsweats01


10_004

青空バックにアクセル全開、大ジャンプ直前の大迫力カット・・・
まーブリキですから、こんなもんですよアングルに凝ってもcoldsweats01
お兄さんの両目が離れてるのも高ポイント。お好きな方だけお楽しみ頂ければhappy01


10_005

せっかくですから、昨年末から入手したブリキおもちゃを揃い踏みで一枚camera
今回おひろめのバイクが、意外に大きい事がお分かり頂けるかと。

貧乏ゆえ、入手できるのもこんな手ごろな物ばかりですが
こうして公園バックに並べてみると、なんとも和むもんですねえ。
写真だけ見ると、21世紀の風景とはとても思えませんcoldsweats01


リアルフィギュア全盛の風潮には、逆行もはなはだしいですが
アベノミクスの効果か、ブリキおもちゃの価格も徐々に高騰しているので
こうした懐かし風味のアイテムをお求めの方も、水面下では多いんだろうなあと。
こんなユル~い趣味を持つのは、私一人ではないことを
価格の高騰で知るというのも、なにやら複雑な気分ですが
coldsweats01

« 甘いユルユルトラック | トップページ | ユルイムエッサイム »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/54641838

この記事へのトラックバック一覧です: ブリキライダー昭和風味:

« 甘いユルユルトラック | トップページ | ユルイムエッサイム »