2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« ピープロ晴天遊び | トップページ | サタデーズバっと »

2014年1月31日 (金)

雨上がりのジロー

Photo
久々に降った昨日の雨もやみ、今日の空はスッキリこの通りsun
正義と悪との青と赤・人造人間キカイダーも新作映画が製作されるということで
お昼の一枚はわが家一押しのキカイダーグッズ・ビリケン商会のブリキおもちゃ。

手持ちには小さな食玩もいくつかあるんですが、外光に映えるのはやっぱりコレhappy01
暖かな冬の陽射しを受け、ボディカラーのレッド&ブルーもより鮮やかですlovely

同じブリキアイテムでも、塗装やデザインがややリアル寄りなメディコム製に比べ
こちらビリケン製は、おもちゃらしいレトロ感覚を大事にしている印象があります。

両社アプローチは違いますが、ブリキファンの私はどちらも大好きhappy02
頭デッカチで無骨なフォルム・センマイ駆動でジージー歩く懐かしテイストも
リアルフォルムのディスプレイモデル全盛の現代では、逆に新鮮ですね。
ビリケンやメディコムのブリキヒーローが、市場で高騰している理由も
分かるような気がします。

新作映画のキカイダーって、どんな姿になるんでしょう。
かつて『超人機メタルダー』がお目見えした当時
コレがキカイダーのリファインかと思いましたが。
今の技術で作りこみすぎると、半身の機械露出部分がCGでリアル駆動する
ややグロテスクな表現も可能ですから

リアルさとヒーロー性のさじ加減に、作り手のセンスが問われますね。

宿命のライバル・ハカイダーの露出脳も楽しみですが
造形担当がクリーチャー趣味に走り過ぎない事を願うのみですsmile

私なんかは、鉄人28号やスコープドッグなど力士体型が好きですから
キカイダーも最初は、アイアンマンのマークⅠみたいに無骨なのがいいなあ。

ダーク脱出後にリファインされて、スマートなフォルムになるとかね。
でも、石ノ森ヒーローに共通するダーティー風味や
悪の側に片足を踏み入れている後ろめたさ、みたいなものは
デザインのどこかに残しておいて欲しいですね。
”不完全の魅力”も、私たちがキカイダーに惹かれる理由の一つですからlovely

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ピープロ晴天遊び | トップページ | サタデーズバっと »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「東映特撮クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/54811411

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりのジロー:

« ピープロ晴天遊び | トップページ | サタデーズバっと »