2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 三時のあいさつ | トップページ | 食パン城壁 »

2013年5月14日 (火)

円谷アングルに挑戦

Photo

最高気温31.5度、今年初の真夏日を記録した灼熱の名古屋に
昭和の大怪獣・ひな型ゴヂラあらわる!

てなわけで今日は、細々と集めた下町家屋をいつもの森で適当に並べ
陽光バックの円谷特撮風、怪獣登場カットに挑戦してみましたhappy01
モデルは1998年発売のエクスプラス製、頭デッカチの初代ゴヂラひな型ソフビ。
個性あふれるフォルムが魅力の怪獣おもちゃです。好きなんですよこのアタマlovely
たしか10年以上前、ショップの投売りで安く手に入れた記憶が・・・

有名な美女手持ちカットのモデル化なので、一応美女込みの写真も撮ったのですが
件の美女、ゴヂラとの比率からすると10m近くの大スケールなので
町並みミニチュアとの世界観の違いに、今回は泣く泣くボツにしましたcoldsweats01

本格スタジオでも天井照明の見切れが心配される、こういうアオリカットですから
一般家庭での一発撮り、しかも太陽光に近い光源の確保はなおさら大変で
えーい外で撮っちゃえという思い切りの方が、意外に出来が良かったりします。
事実私も撮影後、自宅の46インチテレビでこのカットをプレビューしてみて
なーんでもっと早く試さなかったんだろうと、わが無知ぶりに呆れはてましたcoldsweats01

天候や陽射しの向きいかんで、安定したクォリティが保証されないとはいえ
今日のように条件が揃えば、それなりに魅力的に撮れるんですから
まー良かった良かったhappy01
リアルな情景とは違う「特撮映像ならではの箱庭的世界」が再現できるところが
個人的には気に入っています。
フレーム四隅への照明に特にこだわる「円谷ライティング効果」が
初夏の外光によって、期せずして生まれたという事でしょうか。
撮影の腕だけは、有川カメラマンに遠く及びませんがweep

円谷アングルの成功で調子に乗って
ウォーキングの帰りに偶然に撮れたのが・・・


Photo_2

小津安二郎風人物配置happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 三時のあいさつ | トップページ | 食パン城壁 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ワタシもこのゴジラ、、ブログで出した事あります。
お気に入りです〜ひな形いいですよね〜

青空と緑とミニチュアの配置がもうバッチリですね〜
特に外で写真撮る時は風とか光とかが読めないので大変ですよね〜

すごいなあ〜この写真!
ワタシも今度やってみたいです!〜でも最近PM2.5のせいか、青空が拝めません(。>0<。)

まころう様 おおーお持ちでしたかこのゴジラhappy01
独特のボディバランスとディテールが、荒削りながらイイ味を出していて
ゴジラとひとくくりにできない魅力があります。

屋外写真は、屋内では予想もできない困難が付きまといますが
私のような素人でも条件さえ合えば、それなりの効果が出るので
楽しいものです。
撮影の是非が、予定場所に着いた時にしか判断できないリスキーさも含めcoldsweats01

このゴジラ写真、さまざまな所で「私もやってみたい」というお言葉を頂けますが
ソフビや建物の配置等、ホントに適当に撮った一枚ですので
条件の良い日があれば、まころうさんもぜひお試し下さい。
奇跡の一枚をモノにされる日を、心待ちにしておりますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/51627727

この記事へのトラックバック一覧です: 円谷アングルに挑戦:

« 三時のあいさつ | トップページ | 食パン城壁 »