2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 春眠ブッチー | トップページ | 無敵弾準備よし »

2013年5月 2日 (木)

なぞの精密機器

Photo

ついに到着しました。先月28日に落札したお宝おもちゃ。
ごらんの通り、梱包箱はかなりのビッグサイズ。
それもそのはず、現物は実に全長32.5cm、全高21.5cmを誇る大迫力。
加えてまがまがしさ満点の注意ラベル「精密機器」(ホントに貼られてました)」が
有無を言わせぬ威容と期待感を、いやがおうにも盛り上げますhappy02

そうコレこそ、40年あまりの時を越え名古屋の田舎へやってきた
まぎれもない当時物。
おそらく現時点で、わが家が誇るネヴュラ防衛軍の頂点に鎮座するに違いない
究極兵器でございます。


椛島勝一、小松崎茂画伯も舌を巻く、このデザインの創造力!

精密機器の呼び名を頂に冠する、究極兵器とは?
40年の昔、亜細亜の片隅で無敵と謳われたM社機甲特殊部隊。
鋼の体躯が大地を駆ける、情無用、命無用のブリ騎兵!
風雲急を告げるいつもの森に降臨する、新たな戦力の姿や如何に!?
(銀河万丈氏の声でお読み下さいkaraoke


恐る恐る開封しましたが、そのあまりのカッコ良さゆえ
いつものテレビ前写真では、ちょっともったいない。
今回は特別扱いとして日を改め、五月晴れの空の下でのお披露目としましょうhappy01


でもつくづく羨ましいなあ。’70年代初頭のお金持ちのお子さんたちは。
こんなものすごいおもちゃで遊べたんだから。

貧乏育ちの私なんかせいぜい200円程度の日東製、ゼンマイ怪獣歩行プラモが
関の山だったもんなあ。
贅沢できても350円のアオシマ・スペクトルマンシリーズか
ブルマァクの500円、電動リモコンゴジラくらいだったし。
とはいえ仲間内では、それなりに盛り上がってましたけどね。
マルサン電動バラゴンVS日東ゼンマイワニゴンとかhappy01

« 春眠ブッチー | トップページ | 無敵弾準備よし »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

nice articles

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/51461606

この記事へのトラックバック一覧です: なぞの精密機器:

« 春眠ブッチー | トップページ | 無敵弾準備よし »