2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の記事

2013年4月29日 (月)

春眠ブッチー

Photo

今日も飽きもせず、新緑のフィトンチッドに惹かれ出かけた朝8時半run
森の駐車場でのん気に朝寝を決め込んでいたのは、白黒ネコのブッチーちゃんcat
まー贅沢の極み。春本番の陽射しが眠気を誘うのか、完全な無防備状態ですhappy01


Photo_2

おおーすっかりスヤスヤと夢の中sleepy
ポージングがちょっと、成田亨さんの怪獣デザイン画っぽいですねsmile
右腕の黒ブチも七部袖みたいで、なんともラブリーheart01
でもどんなに寝ていてもお腹を見せないあたりは、さすが野生のニャーちゃんですhappy01

さらに寝顔を見ようと、抜き足差し足で近づいていきましたが・・・


Photo_3

わずかな足音に気づかれ、せっかくの春眠をジャマしちゃったようすcoldsweats01
うわーこの迷惑そうな顔つき。やっちまったなコリャcoldsweats02
ごめんねブッチー。まだ朝は早いから、もうしばらく日なたぼっこを楽しんでね。
寝起き突撃取材のイロハを、もうちょっと勉強してきますsmile

2013年4月28日 (日)

新緑の朝

ゴールデンウィークの見本のように晴れ上がった朝8時半。
いつもの森へといそいそ出かけ、うか~と大口開けて深呼吸していると。
おおっと目の前1メートルに、空中静止で私を睨みつけるスズメバチを発見。
思わず目が合っちゃいましたeye

こういう時は視線をそらさず後ずさりが鉄則なんて、完全にクマ対策とカン違いして
お年寄りの太極拳のごとく、おっかなびっくり動いていたら
いつの間にか、普段あまり足を踏み入れない細い脇道へ入っちゃいまして。


Photo

そんな私に、またおバカやってるわと冷たい視線を送るのは
いつも脇道の入口で寝ているクロちゃんcat
(今朝はシャッターチャンスを逃したので、写真は昨日のものですcamera



Photo_2

今日はこの森で『ふれあいウォーク』なる催しがあるそうで。
親子を対象にした森林浴イベントらしく、この早朝からスタッフが脇道に分け入り
案内版の設置に大忙しの様子でした。
絶好のウォーキング日和ですから、参加される方々も良い思い出になるでしょうね。
私はスズメバチのせいで、期せずして先乗りしちゃいましたがcoldsweats01


この季節は終日、いつ歩いても気持ちよいのは毎年の事ですが
とりわけこの4月下旬~梅雨前は、陽光と緑が美しいコントラストを見せるので
ただ歩いているだけで、実に贅沢な時間を過ごせますrun
どんな人工物も、この自然の美しさにはかなわないなあと
歳を重ねるたびに感慨が増す、今日この頃。
近所の素人写真家諸氏も、陽光と新緑が生み出す一瞬のコラボを狙って
森のあちこちでカメラを構え、撮影に余念がありませんcamera


Photo_3

デジカメも安物なら、写真の腕なんか皆無の私などは
ただ目に付いたものにシャッターを切る程度ですが
セピアに閉ざされた冬の風景が、徐々に緑を増してくると
無彩色のキャンバスに健筆をふるう、季節という芸術家の存在を感じます。
そんな芸術作品がいつも楽しめる、森という美術館が身近に存在することに
感謝しなければいけませんね。

今日も公園には、スポーツにレジャーにと初夏を楽しむ人々が集まってきました。
そんな皆さんの元気な笑顔も、自然を育てる大切な栄養分なんでしょうね。
今わが家を目指す怪獣おもちゃにも、早くこの森を見せてあげたいものです
happy01

2013年4月24日 (水)

かーさんの味

Photo

名古屋は朝から雨だったので
おやつの買出しも、歩いて行ける隣のドラッグストアへrain

素朴な味がお気に入りのかーさんケットが安かったので、迷わずゲットmoneybag
新しいお仕事も入りそうだし、今日はお祝いということで
さっそくハアムと食べようとあげてみましたが
かーさんケット初体験のハアムは鼻を近づけ、くんくんと様子見。
早く食べなよおいしいよと、私が食べて見本を見せてあげたら・・・


Photo_2

とつじょ襲いかかってバリバリ完食、すっかりご満悦。私ゃ毒見役かgawk
あっという間に、一枚まるごとたいらげちゃいました。
ビスケットがハムちゃんの好物って事は、昔から知ってましたが
人間用は食べ過ぎると体に毒だから、これからはちょっとだけねcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

2013年4月19日 (金)

黄昏珍プレー好プレー

寒の戻りか、気温が昨日より10度近くダウン
風も強かった今日の名古屋。
でもやっぱり陽射しは暖かい春のそれ。夕方出かけたいつもの公園では
普段なかなか見られない、住民たちの珍しい姿が・・・


Photo_3

おおーニャーちゃんもこんな顔するんだ。よっぽど痒かったんでしょうね。
ちょっと谷啓さんっぽい「
ムヒョーッ」な表情ですがcoldsweats01

Photo_5

波高く流れも早いいつもの池で偶然捉えた、カモちゃんのテイクオフ。
これぞまさしくダックアローsagittarius 北斗と南はタックアローsmile
中途半端なボケですみません。Aは完全にアウェイなのでcoldsweats01

2013年4月18日 (木)

早朝ガメラーズ

Photo

やや曇りがちだった昨日から一転、すっかり晴れ上がった今朝の名古屋。
コブちゃん2号が水の冷たさを楽しむ、午前9時のいつもの池。


Photo_2

入江の対岸近くには、何やら見慣れぬ黒いかたまりが。
ズームを最大に上げて、正体を確かめてみると・・・


Photo_6 

おやおやカメの団体さんですね。コレこそまさにコウラ干しhappy01
池には長年通ってますが、こんな光景は初めて見ました。
うーむカメってホントに、親ガメの背中に子ガメが乗るんですね。
それにしてもいっぱい居るなあ。こんなに居たっけこの池に。

デジカメが安物で画質が悪く、これ以上は寄れないので
自宅のカメ怪獣メンバーをかき集め、写真の現場を再現してみました。


Photo_7

ガメラだカメーバだと並べ方が適当な上
今ひとつ脈絡の無いセレクションですみませんsweat01

一番おいしいところに陣取るまるい生き物は、どうぞ無視していただいてcoldsweats01

それにしても自然は正直。春の訪れと共に賑やかさを増してきます。
新緑の深まりから梅雨を経て、動植物の活況はピークを迎えるんですよね。
そんな季節の移り変わりを感じる事も、ウォーキングの大きな楽しみなんですよhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2013年4月15日 (月)

新緑大怪獣ギララ

Photo

昨日に比べ気温が上がり、気持ちよく晴れ上がった今日。
ウォーキングのお供は、新緑をまとったような体色が清々しい
松竹が誇る宇宙大怪獣・ギララ。

先日入手のマーミット版ソフビ、2008年リリースの逸品です。

崖に見立てた手前は古い切り株なんですが、こうして青空の下で仰角に切り取ると
巨大感が演出でき、映画のスチールみたいに見えますね。
誰も知らないある晴れた日、地球に飛来した謎の宇宙胞子から
見る見る巨大凶暴化する宇宙怪獣!人類の運命や如何に!?みたいなhappy01


Photo_2

破壊の限りを尽くす宇宙の暴れん坊・ギララ殲滅の命を受け
緊急出動する万能宇宙戦闘機!AABγ・アトミックアストロボート(小)!
推力3000トンでマッハ6のスピードを生み出す原子力エンジンと
必殺のレザー砲(パッケージ表記遵守)で、大怪獣ギララをやっつけろ!

数年前に入手した、童友社の緑商会復刻版プラモながら
水陸両用ゼンマイ動力の一般発売版と違い
コッチは「ゴム動力で水上を走る」そうなので、少々情けないぞっcoldsweats01
こんなのばっかりですねウチの兵装は。
出来の良いギララさんも呆れはて、まともに相手してくれません
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2013年4月14日 (日)

ユルユルヒルネ

Photo_3

今日の名古屋は、お昼すぎからちょっと雲ゆきが怪しくなりましたがcloud
ウォーキングで向かった午後一ごろは、なんとか陽射しも間に合ったので
すでに満開のタンポポ畑で、お供のバンビちゃんと一枚camera

本来はソープボトルなのに、あまりにラブリーなフォルムゆえ
森の自然とのマッチングも絶妙。
春本番を告げるタンポポの香りにウットリ、なんて雰囲気を狙ったのに
なんだか気持ち良さそうに、お昼寝でもしているように見えますsleepy

まーいーやそれはそれで。この時期ならではのユル~いカットがモノにできたしsmile

昼間はポカポカ陽気でも、夕方はまだ冷え込みがあるから
風邪をひかないうちに起きなきゃダメだよcoldsweats01

いつも心配ばかりかける、わが家のおとぼけメンバーですが
またひとり、新たな悩みのタネが加わったようです。
ユルユルクイーンのハアムとも、良いコンビになりそうですねhappy01happy01happy01

2013年4月12日 (金)

ラブリー姉妹

Photo_2

さっき連れてきたばかりの小鹿代表・バンビちゃんと
わが家のラブリー担当、ハアムちゃん。

二人並んでハイポーズ。ユルユルエールの交換ですhappy01

洗面所のハンドソープボトルが古くなってきたので
そろそろ替えようかと、新しいのを探していたら
近所の中古ショップで発見、驚きの50円happy02
ハアムに勝るおとぼけポーズとレトロなデザイン、カラーにやられました。
あまりの可愛さに、ハアムも対抗意識むきだし。
瞳のウルウルもいつもの三倍、気合のラブリーポーズですheart01

ハンドソープ用にはやや大きいし、あまりに可愛いので使うのがもったいない。
このまま飾っておくのもいいし、でも使いたいしと
また違う悩みが湧いてきそうです。
まー50円ですから、そこまで考えなくてもいいんですがcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

夢の大人買い

Photo

出たッ!昭和のお子さんたちが泣いて喜ぶ
ベビースターラーメンレトロパッケージ。その名も「むかしチキン」。

初代商品キャラクター・ベビーちゃんがニッコリ笑ったこのバージョンは
これまでもたびたび復刻されてきましたが
今回は発売当時の雰囲気を残す小袋サイズ、30円売りで復活しました。
たしか昔は10円でしたが、値上げ価格も3倍程度なので
考えてみれば良心的、駄菓子界の”物価の優等生”的な位置づけですねhappy01

きのう、駄菓子屋さんでコレのバラ売りを見かけた途端
気分はイッキに昭和40年代へhappy02
筋金入りのベビーラーメン好きゆえ、一袋二袋じゃモノ足りないと
お店にかけあって、30袋入り大箱を大人買い
moneybag
これでしばらく、おやつに苦労はしないなあとご満悦smile

あとは箱から一本ずつ出すスタイルが大人な、オリオンのココアシガレットと
お殿さまの顔がビローンと伸びて破けないビニールパッケージの
やまと味カレーがあれば、もう言う事なし。
予算が余れば、チーリンのチョコボールやコリスのフエガムも。
う●い棒?いやいやアレは新しすぎて、このラインナップには合いませんcoldsweats01

そして左手にベビースター、膝元に自慢の岡野商店・怪獣ブロマイドを広げ
右手にセメダインを持って
台紙にホチキス留めされた、20円程度のビニール包装
高藤や丸満の駄菓子屋プラモを組み立てるのが、子どもの頃の定番遊びでしたね。

うーん味カレーをガマンして、残ったお小遣いを足せば
台座の岩がフリクションで走る箱入りプラモ、日東の50円ガメラに届くんだけど・・・
ああこの”ビニール包装とキャラメル箱の違いが醸し出すグレード差”は
大人になった今も、プライズソフビと合金玩具の差となって
お財布を苦しめ続けるのでありましたweep


おっと今回もいつもの脱線タイム。底抜けにおバカなひとり言をsmile
どーもベビースターが絡むと、昔の記憶がイモづる式に出てきていけませんね。
30袋の山を眺めるハアムも、勢いでこんなに買っちゃってと呆れ顔ですcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

2013年4月11日 (木)

超兵器ファイヤータンク

Photo_2

とつじょ現れた昭和の火焔大怪獣・ガメラ!
火焔には噴火で対抗と出動したのは、懐かしテイスト満点のブリキおもちゃ
その名もファイヤータンク・噴火坦克!

先日、ネットオークションで落札した逸品です。
価格はわずかワンコインながら、全長22cmのお手ごろサイズと
いにしえのSFチックなデザインが、なんとも新鮮な中国製。


Photo_3

カタカタ走るフリクション音がまた、たまらないチープテイストhappy02
操縦席が透明ドームという”過ぎ去った未来感覚”も、SF風味いっぱいです。
乗り込んで青雲の瞳を輝かせる少年は、われらの守り・噴火太郎!
なお、ばくはつ五郎とは血の繋がりはありませんsmile

(一部で火焔太郎という表記もありましたが、企画段階の仮称という事でcoldsweats01

さらに、砲塔が見当たらない砲台位置にある赤い透明窓は
フリクション走行に合わせ中で火花が散るという、驚異の未来科学兵器!
(ホントです走らせて大感激してましたlovely
そうですコレがウワサの超電磁噴火砲!この戦車最大の武器なのですっimpact
なんとなく故・小松崎茂先生が活躍した空想兵器雑誌『機械化』の
特集ページみたいなノリですがcoldsweats01


Photo_4

ああすごい!これほど大胆な発想を形にした戦車が
かつて存在したでしょうかっhappy02
これほどまでの高出力を可能にする動力はきっと、波動エンジンか何かでしょう。
なんだったらワープでもやってのけそうな迫力が、全身に漲っていますっ!


設定のあまりのバカバカしさに、さしものガメラも開いた口がふさがりませんsmile
そうコレが怪獣横丁テイスト。森の守りはこうでなくちゃhappy01
このユルユル昭和ガメラをはじめ、新緑の公園せましと暴れる怪獣軍団を相手に
今井自衛隊も戦力増強、頼もしい援軍となりそうです。

わが家のブリキ装甲車軍団の大活躍を、一刻も早く見たいものですね。
見ている皆さんは毎度の事と、呆れかえるだけでしょうけど
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2013年4月10日 (水)

超電磁ソフビ捕獲

Photo

隣に並ぶ懐かしのLDのサイズで、フィギュアの大きさがお分かり頂けるでしょう。
57メートルとはいきませんが、全高は32.5cmもあります。

タグが見えているので、このアイテムの正体はお察しと思いますhappy01
そうご存知、2002年リリースのバンプレスト製プライズソフビ、コン・バトラーV。
夕方覗いたいつもの買●王国で、ピカピカの未開封新品を捕獲しました。

まー珍しい品でもなく価格も相場ながら、外食一回程度のガマンで手に入りますし
何よりコンバトラーは昔から好きなもので
こんなに大きく出来の良いソフビは目の毒。それも新品と来ればもうlovely
ギャラも入ったので気が大きくなったところへ持って来て、このサプライズ。
発見の瞬間、超電磁タツマキで動きを封じられたどれい獣状態typhoon
直後にお財布を、超電磁スピンで撃ち抜かれました
impact
給料日の夜にお姉ちゃんのお店へ繰り出すお父さんと、やってる事は同じですねcoldsweats01


でもこのビッグサイズゆえ、満足感もかなりのもの。
先月からこっち、なぜか集めるソフビは30cmクラスばっかりですが
貧乏性の私にとって、大きく安いというのは何よりの魅力です。
いやーありがたい。今夜は抱いて寝よっとsleepy
開封は明日以降でおもむろに。初夏の青空にも映えるでしょうねhappy01

先日落札の逸品は、たぶん明日あたりに届く予定なので
至福の時はまだまだ続きますheart04
それにしても最近、おもちゃばっかり買いまくってるなー。
まーいーか。身上潰すほど高い物には手を出してないし。

次の狙いはガイキング?それともマシンハヤブサ?
とは言っても見たコトありませんが。ハヤブサのプライズアイテムってcoldsweats01

2013年4月 9日 (火)

入江の午後三時

Photo

今日の名古屋は21度まで気温が上がったので
いつもの公園もごらんの通り、平日の昼間というのに親子連れでいっぱい。
気持ちよい汗を流しながら、春を満喫していました。


Photo_2

池の入江で優雅に翼を休める、住民のコブちゃん2号。
空からこぼれ落ちた雲の雫のような白いボディが
傾きかけた陽光の反射を受け、碧の水面に映えます。
はるか遠くにこだまする、子どもたちのはしゃぎ声。
胸いっぱいの深呼吸が気持ち良い、のどかな森の昼下がりです。

2013年4月 6日 (土)

桜吹雪極妻ハアム

Photo_2

今日の名古屋は花散らしの低気圧に襲われ、お昼頃から雨風が強まったので
しぶしぶウォーキングは中止、部屋でハアムとひまつぶしsad
春の嵐が去った後、公園撮影のキャスティング打ち合わせで
最近入手したゴジラアイテムが勢揃いという事で。

期せずして和・洋・中華と、国際色豊かなメンバーとなりました。
真ん中のバンプレストプライズは昔買ったものですが、賑やかしにはいいかなとcoldsweats01

一口にゴジラと言っても、こうして顔をつき合わせてみると
正規品とパチ物、原型国や時代背景が違うと、まるで別人に見えますね。
まさに一触即発、アウトレイジもかくやのゴジラ軍団を前に
さしものハアムも目をパチクリ。
でも岩下志麻ばりに、姐さんとして抗争に加わる勢いですがhappy01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2013年4月 4日 (木)

葉桜リベンジ見物

Photo_6

以前の日記で痛恨のNGカットとなった、チーム怪獣横丁のお花見集合写真。
その後はなんとか、リベンジの機会を狙っていましたが
今月に入ってからは曇りや雨風でタイミングが悪く
次第に散る桜にもヤキモキしていました。
で、久々に朝から晴れ上がった今日。今年の桜も最後の見頃と思いきって再出動。
やや葉桜気味ながら今度は無事、横丁メンバーお花見の一幕がモノにできましたcamera

前回とは撮影ポイントも変え、参加メンバーも大々的に増員。

Gs

コチラが前回撮影のNGカットですが、今日の撮影で増えた怪獣は誰なのか
お分かり頂けるでしょうか?

七~八人くらいは増えてるはずですが、おヒマでしたらお探し下さい。
特に賞品は出ませんがcoldsweats01
ここまでメンバーが増えると、ロケも一大イベントですが
年に一度の桜バックですから、良い思い出になりました。
次の写真は新緑バック?動物バック?
まだまだ続く怪獣横丁の自然散策。私もガイド役にカメラマンにと一苦労ですcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

満月で満腹

Photo_5

以前から重宝しているダイソーグッズ、”レンジでチンする玉子焼き”。
今朝はハアムに、コレで目玉焼きを作ってあげました。

出来立てのアツアツなのに、いきなりかぶりつきdash
さすが大のたまご好き、食欲の前にはこわいものなしcoldsweats01


Photo_3

ちょっと温めすぎたのか、黄身がカチカチになっちゃったので
白身を残して、スポンときれいに取れちゃいましたsweat01
いつもは白身好きのハアムも今朝は特別。心ゆくまで黄身を味わっています。
コレじゃホントに、満月を食べてるみたいですねcoldsweats01
ちょっと多いけどぜんぶ食べられるかな?


Photo_4

やっぱり~。そりゃ入らないよたまご一個分の黄身はsweat01
食べすぎはよくないから、あとはおねえちやんが片付けてあげるよ。
食後の爆睡でもしてなさい。贅沢な生活だねキミはhappy01
(案の定ハアムはこの後、ケージの隅でスヤスヤ寝てました。
たまご程度で満腹できる胃袋が、ホントに羨ましい限りですcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

2013年4月 3日 (水)

ゴ似ラ’86襲来

Photo

名古屋の桜もそろそろ散り頃。
桜吹雪を呼ぶ雨も上がった午後、わが家に届いたひとつの荷物。

ハアムも驚く大きな包みは、先月末落札の怪獣おもちゃ。
さっそく開封、太陽が顔を覗かせたベランダに連れ出してみれば・・・


Photo_8

出ましたhappy02全高35cmもの巨体を誇るのは
かの怪獣王の血筋を引くお方っぽい雰囲気。でもよくよく見れば微妙に違う。
さしずめ”ゴ似ラ”といったところでしょうかhappy01いわゆるパチ物ソフビですね。

大きく重く絶妙なそら似ぶり。涙ぐましい作り手の努力に笑いながらも
足裏を見れば思った通り、メイドインチャイナの1986年製。
そーかーかの84ゴジラからVSビオランテまで、あの空白の5年間に
世界に名だたる著作権の無法地帯では、こんなモノが作られていたんですねえ。

それにしても中国、ミ●キーやドラ●もん、ガ●ダムよりはるか前に
わが国が誇るゴジラをパクっていたとはcoldsweats01


Photo_4

時代背景を考えながら見てみれば
確かに顔立ちなんかは、84ゴジラの粘土原型に似ていなくもありません。
角度によってはちょっと、モスゴジ入ってるかな?
件の原型はモスゴジ色も強いですから、似るのもムリは無いですがcoldsweats01

ごらんの通り、表面ディテールはなかなか凝ってるんですよ。
歯も一本ずつの独立成型ですし。


Photo_5

でもやっぱり東宝のチェックを怠ったツメの甘さか、版権逃れの切り札なのか
背中を見ればツルッツル。かの有名な背びれが無いっweep
横から見たらちょっと、イグアノドン系の恐竜に見えなくもないですねえ。
表皮のディテールも心なしか、ウロコっぽく見えてきました。
初代ゴジラの粘土原型も表皮はウロコ状でしたが
この感じはむしろ、’60年代アメリカSFモンスター系
リドサウルスやイーマ竜あたりの雰囲気かなと。

パチもんという、オリジナルに似せられないアイテムの悲しい事情も分かりますが
それだけでは割り切れない気迫・商魂、言わばパチの意地みたいなものが
このゴ似ラ氏の全身には漂っていて、なかなかあなどれません。

全身のプロポーションやポージング、首、手足、シッポの可動など
作る姿勢にも、なかなか気合が入ってますしねhappy01
腕や脚の縦筋などに見られるパーティングラインも、むしろ味ということでhappy01


Photo_6

先日入手のバンダイDXムービーモンスター・ゴジラ2004と並べて。
本家ゴジラが28cmですから、パチもんゴ似ラ氏のサイズがお察し頂けるかと。
ホントに大きいんですよコレ。

中国製ながら、サイズ的にはむしろ
アメリカ市場がターゲットだったような憶測さえ、漂って来たりしてconfident
そういうところも楽しいですね。
おもちゃ歴史の裏路地に思いを馳せる、大人の遊びっぽくて。

作られた時代の空気が反映されるのは、万物に共通する感覚で
おもちゃも決して例外ではありません。
同じキャラクターアイテムを追い続け、時代と共に変化する素材やギミック
ターゲットの変化による、リアリティやディフォルメーションなど作風の方向性を
あれこれ味わうのも、おもちゃ道楽の一つの魅力。
ライセンス品とパチもん、製作国の違いはあるにせよ
二体に刻まれた18年という歳月は、フォルムの違いが雄弁に物語っています。

以前おひろめした、インペリアル製ゴジラしかり。
仕上がりから’86年という時代を味わえる事が、この品の存在意義なんでしょうね。

とはいえこのゴ似ラ氏、珍品とはいえ大事に仕舞うことなどせず
外でガンガン遊ぶのが、おバカな私の流儀ですがhappy01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »