2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« ゴルゴンハアム | トップページ | 火を吹く島か空飛ぶ岩か »

2013年3月 3日 (日)

月を見るな!

Photo

思わせぶりなサブタイとショボい内容のギャップに呆れられた方、失礼しましたcoldsweats01
オスマン・ユセフ氏のお話ではありませんのであしからずhappy01

今日は正午から午後5時まで、CSファミリー劇場『手塚治虫特集』にロックオン。
『W3』『悟空の大冒険』『バンパイヤ』『どろろ』『火の鳥 宇宙編』までイッキ観。
実に5時間にわたるマラソン鑑賞となりましたtv

絶好のウォーキング日和だったのに、ああもったいないweep

さすが漫画の神様と呼ばれた手塚原作、甲乙付けがたい名作ばかりでしたが
私としてはやっぱり、リアルタイム鑑賞した『W3』『バンパイヤ』あたりがツボでlovely
(『どろろ』『悟空』も大好きですが、思い入れの優先順位という意味ではcoldsweats01
さらに実写派の私が絞りこめば、リアルタイム購入のソノシートも眩しいこの一作。

実写とアニメーションのコラボが当時話題を呼び、仲間内でも大人気でした。
製作は’68年ですから、杉下右京さんと世代人諸氏のおつきあいも
もう数十年来ですねえとhappy01

今日放送されたのは第1話、第2話ですが
初期設定編だけに、既に第1話冒頭にしてバンパイヤの概念が簡潔に説明され
子どもにも非常に分かりやすい作りになっています。
しかも、ストーリーと無関係なキャラクターアピールやギャグが皆無なので
必要最低限の描写でお話がスピーディに進み、展開が速い速い。

脚本担当・山浦弘靖、辻真先氏の両ベテランによる、ツボを押さえた作劇です。

いやー一話通して見たのは40年ぶりくらいですが、よく出来てますねーコレ。
内容がパンパンに詰まっていて無駄なカット、セリフが一つもない。
こういうのがホントのドラマだよねえと、ハアムと一緒に唸ってましたhappy01
だから最近のドラマが、尺ばっかり長くて内容が薄く見えちゃうのかなー。
私にしてみれば、無駄な時間に思えちゃうんですよね。
ストーリーを停滞させるコメディ演出や、じれったさ満載の萌え描写などはsad

テレビドラマとしてはまだまだ実験段階だった、実写とアニメの合成もお見事。
山田健、菊池靖氏の両本編監督による実写パートと
杉井ギサブロー監督による動画パートとのコンセンサスが
上手く機能した証明でしょう。

現代の目で見たらさすがに辛いかなと、若干の心配もあったのですが
本編の自在なカメラワークにキメ細かく対応した、実に見事な職人技で
実写・アニメ各パートのタイミングミス・リアクションのズレが
ワンカットもありません。

このあたりも、鉄腕アトムで本邦テレビアニメの夜明けを告げた
当時の虫プロの意地と言うかノウハウの蓄積が、随所に窺えますねえhappy01

まーその片鱗は、懐かしTVの番組などで必ず採り上げられる
水谷トッペイさんのオオカミ変身カットなどにも、充分に表れていますがhappy02

実写・アニメのコラボなら
『ちびっこ怪獣ヤダモン』チャンネル0の世界(1968年1月1日放送)や
劇場版『火の鳥』(1978年東宝 市川崑監督)あたりで勉強済みとお考えの
お若いファン諸氏には
この『バンパイヤ』をぜひご覧頂き
黎明期の日本子ども番組が、いかに高いレベルにあったかに
驚いて頂きたいものです。

劇中では虫プロ社屋やスタジオ、お元気な手塚先生のお姿も拝見できますしhappy01

もう一つ印象的なのが、福田善之氏作詞・林 光氏作曲のOP主題歌
『♪バンパイヤの歌』。

シューマンの『♪流浪の民』テイストの物悲しいメロディーラインが
一度聴いたら忘れられず、なぜか当時から口ずさんでいました。
特に一番歌詞♪しの~びよるくろい~か~げ~の直後にやってくる
待ってましたの雄叫びタイム「だれダッ!?」
かの怪奇大作戦主題歌『♪恐怖の町』前奏ラストの「ガッ!!」と並ぶ
’68年特撮主題歌・カラオケで全力投球したい二大雄叫びと言えましょうhappy01
今日もオンエア録画を見ながら、ハアムに向かって「だれダッ!?」を連発
いいかげん愛想をつかされる私でした
coldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ゴルゴンハアム | トップページ | 火を吹く島か空飛ぶ岩か »

カントリーハアム」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「少年活劇のすばらしき世界」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/49820017

この記事へのトラックバック一覧です: 月を見るな!:

« ゴルゴンハアム | トップページ | 火を吹く島か空飛ぶ岩か »