2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 27日の憂鬱 | トップページ | 崖っぷちのハアム »

2013年1月27日 (日)

日曜夜七時半の愉悦

Photo_2

今日の名古屋はお天気が良かったのでsun
いつものベランダで、手持ちおもちゃのお気楽写真あそびcamera

奇しくも日曜日とくれば、選ぶアイテムはコレ以外ありません。
空にそびえるクロガネの城、スーパーロボット・マジンガーZ!
バックの空は作り物じゃなくホンモノで、雲もイイ感じに広がっていますcloud

いやー先日、中古品をわずか210円で手中にした
身長14cm程度のバンプレスト・プライズおもちゃながら
青空の下に持ち出すと、実にいい雰囲気ですね。
次第に春めき、一月末ながらすでに強さを増す陽光も手伝って
設定身長の18mサイズに見えますねなんて、ちょっと言いすぎですがcoldsweats01


本放送世代の私には、このスケルトンアレンジに
放送日の毎週日曜、午後7時半前に流れた
かのエンディングアニメーションを思い起こさずにはいられません。
脳内に流れるのはもちろん、我らがアニキの名調子♪ぼくらのマジンガーZhappy02



マジンガーZと言えば、本放送当時
幼なじみのG君と語ったウワサ話が忘れられません。
民間でマジンガーの量産型を発売するなら
そりゃセールスのトヨタより、技術の日産だろうと。

でもグレード毎のオプション分けは厳然としていて
最もエコノミーなスタンダードクラスには
カーコンポなんかおろか、たぶんエアコンもつかないぞとcoldsweats01


そりゃー夏は暑いよねーパイルダーの操縦席はガラス張りだし。
買うなら絶対スタンダードはやめよっとなんて
自動車免許を取る年齢に達するはるか前の、子どもらしいおバカ話でした。
そもそも、スーパーロボットの量産型を出す企業が自動車会社というあたりが
子どもの発想の限界を思わせて、懐かしいやら微笑ましいやらcoldsweats01



あれからもう40年あまり。
あの頃夢見た空飛ぶ車もチューブみたいな道路も、未だ実現していませんから
マジンガーの登場なんて、夢のまた夢といったところですね。
ともあれ、子ども心にそんなリアルな夢を見させてくれたのが
ロボットの内部機構をリアル風に描いた、かのエンディングアニメだったんでしょう。


と同士に将来、マジンガーが量産されても
運用目的は軍事ではなく、その歌詞の通り
正義と愛と友情の為であってほしいと、大人になった今は思うのです。
マジンガーはモビルスーツやAT等、戦争の道具ではなく
超合金Zを身にまとい、機械獣への正義の鉄槌として開発された
魔”神”なのですから
happy01

« 27日の憂鬱 | トップページ | 崖っぷちのハアム »

「マイ・フェイバリット・アニメーション」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/48987420

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜夜七時半の愉悦:

« 27日の憂鬱 | トップページ | 崖っぷちのハアム »