2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« キカイダー危うし!正月休みの罠 | トップページ | 現場の早川さ~ん »

2013年1月 6日 (日)

ズバッとチョーリキ招来

今日も今日とて行ってきました、バイクですぐの買●王国。
いきつけのクリーニング屋さんから近いので、ついハンドルが向いてしまいますcoldsweats01


Photo

今日の得物はこの二つ。
ごらんの通りの値段なので、お財布のダメージも最小限の明朗会計moneybag
今年に入って、毎日のようにおもちゃを買っているものの
1個200円以上はハアムが許してくれないので、総額も可愛いものですがcoldsweats01

東映英雄列伝なる代物。2007年8月発売のカプセルトイ。
この時期はカプセルトイも食玩との混戦で、市場が落ち着く直前でしたから
アイテム選択やクオリティ、価格設定が微妙で、私もやや買い控えの姿勢でした。
その頃の定価で1個300円だったようですから
180円ならまあ、出来はそこそこでも不満はないだろうと判断。
ショップでも以前ほど見かけないし、袋を見れば陳列したてらしい初々しさ。
何よりモノが、わが家に無かったサイズのズバット、イナズマンと来れば
360円くらいハタいても、惜しくはないぞの勢いでrock

(この金額をハタくと呼ぶかは、意見が分かれるところですがcoldsweats01


Photo_2

袋には中古と表記されながら、よくよく見れば内袋未開封の新品shine
でも一つ気になったのは、ズバットがフェイスオープン状態だったこと。
マスク状態のパーツと差し替えかと疑い、レジでもスタッフに確認しましたが
付属の説明書を見たら、この顔出しパーツはシークレットVer.らしい事が判明。
まーズバットは変身後も、早川”宮内洋”健氏の個性が勝っちゃってますから
コレもまた一興とお気楽に決定happy01いそいそと連れ帰りました。


Photo_3

封を解くのももどかしく、コリコリと組み立てればこのスバラシサhappy02
前述の説明書にも
”スーツアクターの実データからボディバランスを考察し、
筋肉の付き方やポーズの特徴までも再現した究極の立体”

なんて、わざわざ難しく書いてある通り
当時のバンダイ自信のシリーズだったようです。

確かに300円でこれだけの出来、しかも食玩サイズですから文句なしlovely
プロポーションやポージング、スーツの皺から細かいパーツまでの再現度
イナズマンの目などカラーリングの美しさや、ディテールの精密さまで完璧で
この価格でこれ以上を求めては、バチが当たりそうhappy02

シークレットの早川ヘッドも、宮内表情の特徴をうまく捉えていて秀逸の一言。
このクオリティなら、ズバットヘッドより数倍見栄えがするなあと
「日本じゃ二番目だ」のセリフを飲み込んだ、日曜の昼下がりでありましたsmile

いやー最近は、ユルユルおもちゃの方が好きですが
安く手に入れば、こういうリアルフィギュアも捨てがたいですね。
あいにく今日はお天気が今ひとつなので、部屋でのおひろめに留めますが
いずれ都合が合えば、陽光の下に持ち出したいものですsun

でも困るのは、相手役が居ないことかなあ。
イナズマンなら敵役はソフビで商品化されていそうだけど
ズバットの相手は、地場のヤクザ絡みが多いからなあsweat01
個人的には、ナチスジャガーとバーテン左京次のコンビが好きなんですけどね。
左京次とのダイス勝負で
「じゃあ俺は宇宙一かな?」なんてニヒルに笑う早川大先生に
カーッコイイheart04と目がハートになった過去はナイショですが
smile

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« キカイダー危うし!正月休みの罠 | トップページ | 現場の早川さ~ん »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/48622013

この記事へのトラックバック一覧です: ズバッとチョーリキ招来:

« キカイダー危うし!正月休みの罠 | トップページ | 現場の早川さ~ん »