2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 壇蜜対ハアム | トップページ | キレキレの侵略者 »

2013年1月23日 (水)

發仔ラヴァーズ

Photo_2

おっと朝からドヤ顔をキメるハアムの隣でベレッタを構えるのは
香港の小林旭にしてわれらが亜州影帝、チョウ・ユンファ!

かのジョン・ウー監督の名を世界に知らしめた
『男たちの挽歌(1986年香港)』マーク役、中盤のレストラン銃撃シーンVer.です。

未彩色のデフォルメソフビ、しかもこんなミニサイズながら
ツボを押さえたポージングがお気に入り。
モチーフとなったのは、ウー監督のトレードマークともなった
スローモーション・ガンアクション直前のポーズ。

さすがサム・ペキンパーを敬愛するウー監督、ノワール感覚に満ちたスロー演出に
当時の私は瞠目したものでしたeye
"ベレッタ・ダンス"とでも呼びたい映像感覚は、後のジョン・ウー演出の基本にして
すでに完成形。

あの一連を超えるウーアクションは、私の中では未だ現れていませんhappy02

そんな襲撃寸前の緊迫感を閉じ込めたこのミニソフビは、私の新たな宝物crown
実はこのソフビ、色々なグッズと詰め合わせされた『挽歌』セットの内の一つで
昨日いつもの買●王国でなんと280円という、激安アイテムでした。

セットの中身は、いずれ機会ありましたらおひろめしましょうhappy01

でもマークの隣って事は、ハアムはジャッキー役のエミリー・チュウ?
個人的には昨日の流れで、壇蜜さんでも似合いそうですけどkissmark

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

« 壇蜜対ハアム | トップページ | キレキレの侵略者 »

カントリーハアム」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/48903505

この記事へのトラックバック一覧です: 發仔ラヴァーズ:

« 壇蜜対ハアム | トップページ | キレキレの侵略者 »