2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 幕末玩具傳 | トップページ | 錦秋色DB5 »

2012年12月 6日 (木)

青と赤

Photo

今年の流行語にも選ばれた爆弾低気圧の襲来で、今日の北日本は大荒れtyphoon
名古屋は大きな雲が頻繁に陽射しを遮り、冷たく強い風の吹く一日でした。

残り少ない公園の紅葉も、この風に散らされるのは間違いないと
あわてて出かけ、デジカメに残したのがこの一枚camera

コートの襟を押さえ指先を温めながら、雲の晴れ間を狙ったショットです。

空の青と紅葉の赤という色のコントラストは、この季節ならでは。
青と赤とくればもう、このヒーローしか居ないよねとお供に連れ出したのは
先日チラリとお見せした、ビリケン商会製・ブリキのキカイダー。
屋外撮影デビューには絶好のシチュエーションですhappy01

塗装の手間や密度では、メディコムに一歩譲る感のあるビリケンですが
発色の良さを活かすアイテムには、抜群の冴えを見せますね。
加えてキカイダーのシンプルなフォルムは、ブリキおもちゃに向いていますから
リアルさとユルさのブレンドも、加減しやすいのでしょう。
この一体もプロポーション、ユルテイスト共に絶妙lovely

この木の周りにはいろんな物があって、カメラをちょっと引くだけで
いろんな物が入り込んできちゃうので、見栄え良くトリミングしてみたんですが
キカイダー共々画角がキレイに収まりすぎて、合成写真みたいに見えますねcoldsweats01
ホントに手前にキカイダーを置いて、一発撮りした苦労が報われないweep
雲が切れるのを待って、ずいぶん寒い思いもしたんですがshock

でもこういうお天気待ちはお仕事で慣れてるから、何という事もなく。
ロケで重要なのは作り手のこだわり、忍耐だなあとつくづく思います。
雲が良い形になるまでスタッフを待たせるなんて
文献ではいつも、監督の暴君ぶりを表すエピソードみたいに語られますが
こんな遊びの写真でも、現場に行けばやっぱり待ちたくなりますもんね。

この一枚の為につきあわされたキカイダーさんは、いい迷惑だったでしょうけどcoldsweats01

先日、年賀状用の写真を撮ったら
ついでに来年から、名刺のデザインも変えたくなっちゃって
今日はこの写真にかこつけて、名刺バック写真も多数撮影。
こんなに寒い日の昼間、おもちゃとデジカメ片手に公園をさまようおバカは
私くらいのものでしょう
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 幕末玩具傳 | トップページ | 錦秋色DB5 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/48107010

この記事へのトラックバック一覧です: 青と赤:

« 幕末玩具傳 | トップページ | 錦秋色DB5 »