2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

2012年9月29日 (土)

ゴケミドロな朝焼け

Photo_2

高英男さんもビックリ!今朝5時38分の空。写真は補正ゼロですcamera
吉田輝男さん操縦する旅客機が今にも落ちてきそうな、不穏そのものの朝焼けcloud
台風の接近により、曇りがちな週末のお天気も影響し
空を覆う雲を、昇りゆく朝日が絶妙な角度で照らしたのでしょう。
そりゃーこんな空なら、タランティーノも大喜びhappy02

日の出を毎日追っているとごくたまに、こういう朝もあるんですよね。
もっとも今朝は何を思ったか、夜明け前の4時からシャワーを浴び
頭もシャンプーコンディショナートリートメントのフルコースだったので
お風呂場から出た途端にこの空で、めったにないチャンスに大慌てhappy02
裸のままお湯まみれの頭でデジカメを探し、部屋を駆け回っていましたrun
そういう意味でわが家も、ハアムが怯えるホラーな光景でしたがcoldsweats01

2012年9月24日 (月)

USB32G

Photo

今週から佳境に入った例の大仕事で
大容量の動画データをやりとりする機会が増えちゃってsweat01
今日は打ち合わせのついでに、名古屋は大須の電気屋さんで
データ持ち運び用のUSBメモリーを緊急入手。

じっと様子をうかがうハアムちゃん、それはおやつぢゃないよhappy01

「今後のことを考えたら、最低でも8ギガは容量が欲しいな。」
先方がそんなコト言うもんだから、コレなら文句ないだろうと
思い切って32GB、1,980円の大盤振る舞い。
フリーの辛さ、経費じゃ落ちない自腹切りweep

でも小さくなりましたねー。最近のメモリーは。
こんなミニサイズじゃ、すぐ無くしちゃうなあ。
これで2,000円近くの額というのが、返す返すも納得いかないsad

これほどの予算があったら、欲しかったおもちゃも手に入ったのにと
今夜も枕を涙で濡らす、月末迫る秋の宵でしたcoldsweats01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

2012年9月23日 (日)

ペロリ水辺旅

Photo

夜明け前からの秋雨も昼前には上がり
薄雲の向こうから青空が顔を出した、午後三時。

昼なお暗いいつもの池に、姿を現したのは・・・


Photo_2

なんでも食べちゃう妖怪横丁の食いしん坊、ペロリゴン!
妖怪と言うより、怪獣そのもののラブリーなお姿と
ビローンと伸びた長~い舌がチャームポイントlovely
前回のガンマーといっしょに買った、食玩・悪魔くん大図鑑のひとつです。
大きさ約10cm、180円のお値打ち価格moneybag

実写版『悪魔くん』の同エピソードは
第一次怪獣ブーム真っ最中の1966年11月3日が本放送。
沼から現れ遊園地で破壊の限りを尽くす、怪獣映画風演出も手伝って
このペロちゃん、私は放送当時から大好きでした
happy01
今回のロケ地も、ペロの住み家に習っていつもの池ですが
こういう時に限って、本編とは似ても似つかない秋の晴天sun


Photo_3

ピッグな雰囲気満点の本編着ぐるみよりも、ずいぶん可愛らしさが増したお顔。
パッチリなお目目の印象ゆえでしょうか。

お腹の表面パターンも着ぐるみとは違いますから、たぶんコレもガンマー同様
少年マガジン漫画版の立体化なんでしょうね。

今日もDVDを見ながら書いていますが、今見ても強烈なのは
何でも溶かす、あの消化液ですね。
メフィストに習って、よだれと呼んだ方がいいかなcoldsweats01
正統派の円谷はもちろん、インパクトでは負けないピープロさえ手を出さなかった
「ダラダラたらすよだれが武器」というえげつなさcoldsweats01

都市破壊の武器がよだれなんて敵役、この番組くらいでしか見られませんよ。
同類のビチゴンも含め、まさに水木センス爆発の設定ですshock

ペロリゴンに追われ遊園地を逃げ回る、悪魔くんとその仲間も
なかなかいい味を出していて
イデ隊員ばりにゴミ箱を被り「今度は暗やみの世界か」を地で行く情報屋や
「あっ動いちゃった」の貧太など、恐怖と笑いのつるべ打ちhappy01


Photo_4

うしろから見ても怪獣そのもの。東宝怪獣にさえ通じる正統派フォルムlovely
さらにメフィスト放つ「魔力・地獄の火よ!」に対抗して
雷雨を自在に操るあたり、さすが妖怪の面目躍如。

「怪獣なんかといっしょにしてもらっちゃ困るペロ」なんて自慢が
よだれ交じりに聞こえてきそうですcoldsweats01

とはいえ自らの消化液で自滅という末路は、自業自得とはいうものの
かわいそうで涙なしには見られない、哀れな顛末でした。

超ローカルな余談ながら。もう四十年以上も前でしょうか。
名古屋市緑区の有名玩具店「フクシマヤ」の店内ガラスケースに
このペロリゴンにそっくりの、紙粘土製フルスクラッチと見られる怪獣フィギュア
(マルサン怪獣ソフビ・スタンダードサイズ)が飾ってありました。

ガレージキットなんてアイテムが登場する、十年以上も前の出来事ですから
想像するにおそらく、一点物の個人作品でしょう。
非常にリアルなその造形に、子どもだった私は驚いたものです。
このフィギュアについてご存知の方は、ぜひご教示下さい。
お礼も何も出来ませんがcoldsweats01


Photo_5

昨年11月、惜しまれつつ天寿を全うした池の主・コブちゃんに代わって
最近姿を現した白鳥・コブちゃん2号と一緒に。

初代と同じくこの一羽も、実に人なつっこく
ペロを近づけシャッターを切っても、まったく動じませんcamera
池を訪れる人々にとって、初代を失ったショックは大きかったですから
2号の登場は何よりの吉報。
皆さん初代の生まれ変わりとばかりに、愛情を注いでいるようです。

もちろん私もその一人。
これからのウォーキングに、また新たな楽しみが加わりましたhappy01happy01
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年9月22日 (土)

秋分ガンマー

Photo

秋分の日ということで、お昼二時すぎから雲が出てきたものの
いつもの公園は、秋日和を楽しむ家族連れでいっぱい。


その賑わいにつられ、妖怪横丁の百目親子も思わず登場。
ひいき目に見ても、ぜい肉タップリの太目体型なので
吹き出る汗が全身の目に染みまくり、周りにドン引きされていますcoldsweats01
コリャせっかくの散歩が裏目、まさに弱り目にたたり目。
メタボのせいか、足裏のウオの目まで痛み出して
さんざんな目に遭っちゃいましたとさcoldsweats01

というわけで今日は、午前中に近所の買●王国で見つけた食玩
水木しげるコレクション・悪魔くん大画報から
妖怪百目・ガンマーさんにご登場頂きました。


2002年発売のTOMY製。
発売時は、こんなアイテムまで立体化されるとはなんて驚いたものでした。
以前はショップでもよく見かけましたが、最近は店頭在庫も減る一方。
そんな中久々に見かけ、出来の良さと180円のお手ごろ価格に速攻買い。
衝動ついでに、食いしん坊のペロリゴンも買っちゃったbleah
そういうお手軽さが、食玩の嬉しいところですね。
まーコレは、帽子まで入れてもサイズは10cm程度ですから
置き場所にも困らないし。
しかもご覧の通り、食玩ブーム華やかなりし頃の逸品だけに
造形レベル、カラーリングとも、大サイズにひけをとらないクォリティhappy02


親子二体や頭の帽子などから、少年マガジン漫画版の立体化らしいですが
ガンマーと言えばやっぱり私には、1966年実写TV版第一話に登場した
悪魔くん・メフィストコンビ初戦の相手を思い出しますねhappy01

この記事の為に、DVDを再見したのですが
あのフォルムは今なおインパクト大。
怪獣並みの”目から怪光線”そして妖怪の面目躍如”散歩する首”と
まさに夢に出そうな、生理的怖さがあります。

小心者の私には、この食玩サイズで充分かもcoldsweats01

昔、コンバットジョー内蔵の1/6サイズガンマーなんて
冗談みたいな商品も発売されていましたが、需要はあったのでしょうか。
当時入手し、今も愛玩されている方がいらっしゃったら
ガンマーの素晴らしさについて、一度語り合いたいものですがhappy01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年9月21日 (金)

虹の谷のバルシカ

Photo

南米はニューギニア奥地・・・に迫る田舎。
親子連れが仲良く遊ぶ、平和な集落に
今日もウォーキングがてら向かった、おバカなネヴュラ探検隊run


Photo_2

うっそうたるジャングルをかき分け、勝手に名づけた「虹の谷」へと進んだ
我々の前に姿を現す、巨大な影の正体はっ!?


Photo_3

前々回からしつこいくらいお披露目している新入荷ソフビ
エクスプラスのバルゴン大先生!

今日は時間があったので、ようやく秋晴れバックの撮影となりましたsun
いやーさすがトカゲ体型、自然の岩場がよく似合うhappy01


Photo_4

屋内で見た時は、少しおもちゃっぽさを感じた表面ディテールですが
こうして陽光の下に置くと、なかなかのリアリティで素敵lovely
調子に乗って逆光ぎみに、ちょっと陰影を狙ってみましたcamera

ツノの長さや目の位置、大きく裂けたお口なども、面長のお顔と絶妙なバランスで
カメラを仰角気味に構えれば、大映怪獣屈指のイケメンフェイスhappy02

バルゴンのベストビューポイントはこの位置と、昔から信じて疑わない私です。
やっぱり怪獣は見上げてナンボ、下から目線が基本ですねえとeye


Photo_5

頭が大きく首から下が細長い、バルゴンならではの特徴的なフォルムも
ご覧の通り、見事な再現度。
加えて、着ぐるみに人間が入った時の弱点となる後ろ足も
やや蹴り足気味に造形され、嫌味にならない躍動感が演出されています。
こうして四つ足で立たせても、違和感が無いあたりはさすが。
安価な組み立て式ソフビながら、エクスプラスに手抜きなしといったところhappy01


Photo_6

俯瞰で見ると、驚くのはシッポの長さ。
全身の半分近くもあります。

しかも実物は、写真で見るよりしなっているので迫力満点。
背中のトゲもイイ感じです。

こうして見るとやっぱり、バルゴンのデザインコンセプトは
円を基調にしたガメラとの対比、直線と突起で構成されていることが
今さらながらに感じられますねー。

その対比をさらにおし進め、直線構成のフォルムを三角形に置き換えたのが
『対バルゴン』に続き登場した超音波怪獣・ギャオスである事は
怪獣好きの皆さんなら、よーくご存知と思いますがhappy01


Photo_7

文字ではガオーとしか書きようのない、大迫力の雄叫びpunch
南国生まれの冷たい風来坊、バルゴンの相手と言えば
焔を自在に操る子どもの味方、そうあの大怪獣しかおりませんっhappy02


Photo_8

てなわけで今回は
日東ゼンマイ歩行プラモのバルゴン・’80年代再販版パッケージをバックに
ご両人にポーズをマネてもらいましたcamera

パッケージ写真は元々、劇場のロビーカードとして作られた合成カットで
本編には無いシーンなんですが
当時はよくあったんですよね。劇中の迫力を倍増させたイメージ写真がhappy01

共演の昭和ガメラはエクスプラスの大怪獣シリーズ、ブリスター版のソフビ。
造形テイストやポージング、バルゴンとの息もピッタリで
両者なかなかの名演技でしたlovely

そのシリアスな作劇ゆえ、おとぼけ演出に今ひとつ敷居の高さを感じる
東宝怪獣と比べ
こういうチョイユル写真が難なくこなせるのも、大映怪獣の良さでしょうか。
主役のガメラからして、ジグラの背ビレを叩きながら
ガメラ音頭なんて踊ってましたからねーsmile
ああいう劇中の遊びに、ちょっとウルトラファイトの匂いを感じる所が
ガメラにユル演出のハードルを下げさせる理由の一つ、なんて言ったら
ガメラファンに怒られちゃうかなcoldsweats01
coldsweats01coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年9月19日 (水)

ネズラ対バルゴン

Photo

琵琶湖ならぬ名古屋の田舎を揺るがす、夢の大怪獣決闘!

おととい入手の冷凍怪獣バルゴンと死闘を演ずるのは、おなじみ昭和ガメラならぬ
大映幻の企画に終わったネズラ役、わが家の看板女優ハアムちゃんhappy01
おてんば盛りでめったに撮れない静止の一瞬、奇跡のカメラ目線ですcamera

この一枚をモノにするまで、逃げ回るハアムと10分以上の大激闘angry
でもここまで見事な演技なら、撮影の苦労も報われるというものhappy02

センチ表示じゃ分かりにくかった、ソフビバルゴンのサイズも
ハアムと比較すれば、なんとなく分かりますね。


今日は台本訂正の作業に追われ
朝からずっと、自宅のパソコンに張り付いていたので
ちょっと気分転換、デスク片隅の怪獣ゴッコでした。
ハアムの表情がちょっと楽しそうで
対決というより、遊んでるようにも見えますがhappy01happy01happy01

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年9月17日 (月)

はるバルようこそ

Photo

えー久しぶりの新入荷怪獣、ソフビのバルゴン。
近所のHobby offで1,260円。

なかなかディテールもリアルな上、素材のソフビはツヤありで
ご丁寧にも塗装済み。
肉厚が薄いのですごく軽く、頭のツノからシッポの先まで40cmのビッグサイズ。
写真の通り、後ろ足で直立できます。
脚の角度から見てもどうやら、四つ足よりこのスタイルを目指した造形のよう。

今回初めて目にしたので、しばし検討の上お迎えしたものの
ネットで調べたらどうやら、エクスプラスのアレっぽいな。

昔トイザらスで売ってた、箱入り組み立て式980円の。
けっこういい出来だったのねー。あの時スルーしたから分からなかったcoldsweats01
まーウチにはリアルユルユル合わせて、ソフビのバルちゃんは5匹しか居ないから
サイズ、ディテール共に、コレがリーダー格ってところかなsmile
当時より多少割高なのは、今や稀少なプレミア品ってことでhappy01

今週は台風の影響で空模様が不安定な上、ちょっと多忙なので
秋晴れの日に時間が取れたら、ウォーキングがてら森へ連れて行きましょうrun
部屋で出番を待つ、同じエクスプラスの初代ガメラと一緒に。
この出来ならガメラはむしろ、先日手に入れたセガのプライズがふさわしいですが
スケールが合わないんですよねー残念ながら
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年9月15日 (土)

白昼の異空間

Photo

友野健二もビックリ!
このところ手掛けている大仕事の打ち合わせで
名古屋から地方都市へ向かう電車の道中。
車窓から望む景観が、徐々に緑を増すにつれ
一駅ごとにお客さんが一人降り、二人降り・・・
ついにこの車輌は、私一人きりとなってしまいましたっhappy02

床に射し込む陽影でお分かりの通り、撮影時刻は午後二時ごろ。
始発や終電ならともかく、まっ昼間の
しかも六両編成の急行電車で、こんな光景を目にするとはっeye
いくらローカル線とはいえ、人で賑わう土曜日の昼下がりに無人列車なんて
まさに白昼の死角!走る密室!
ここで死体が発見されたら、疑われるのは間違いなく私shock

あまりのレア空間に、デジカメを構える指先も震えるばかりcamera
でも誰も居ないので、肖像権に配慮する必要も皆無smile


でもそんな興奮もつかの間。
次の駅ではドーッとお客さんが乗り込んできて
車内はあっという間に、普段の風景に戻ってしまいました。
終点まで乗りましたが、この無人状態はたった一駅分の区間のみ。
というわけで名古屋本線、四分間の奇跡でしたhappy01

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »