2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 健さん登場 | トップページ | ダークロボットむかえうて! »

2012年8月24日 (金)

一枚の潤滑剤

今手がけている番組が子ども番組なので
取材先に挨拶する際の名刺も、番組の楽しい雰囲気が出せればいいなと
5月あたりから、写真ベースのデザインを使っています。


その写真とは、今年4月におひろめしたラジコンおもちゃ、スバル360。
青空の下、いつもの公園をバックにした一枚です。

ユル~くほのぼのした雰囲気が好きなので、このお気に入り写真をベースに
名前や連絡先をのっけて、仕事用の名刺に活用しているんですが
コレが予想外に効果的でhappy01




まず一つ目は、目立つ。


取材先へは十人近くの番組スタッフが出かけ、相手と名刺を交わすのですが
単色印刷でデザインもシンプルな、全スタッフの名刺の中で
カラフルでふざけてるとしか思えないこの一枚は、とてつもなく目を引きます。
言ってみれば、没個性にならない。


初対面の相手とは、顔と名前を合わせる為
初打ち合わせ時には、全員の名刺をテーブルに並べますよね。
そんな時でもこの名刺は、真っ先に視界へ飛び込んでくる。
その為、これまでのどの打ち合わせでも
一番上に置かれる確率が、高い事が分かりました。

この筆頭配置関係が、取材先担当者に対し
「この名刺の人物がチームの代表者、窓口である」という心理的作用を与え
核心の決定事項をふられる局面も、増えてきたような気がします。

この名刺一枚が、私をキーマンのポジションに押し上げてくれるのですhappy01





二つ目は、名刺を通じて話のきっかけが掴める。


これを渡した時、開口一番に間違いなく聞かれるのが
「愛車ですか?この車」。

いやおもちゃですよ。好きで集めているんですと正直に答えるんですが
相手が男性なら
「色が鮮やかなんでCGかと思った」
「実車だったら貴重ですね」
「昔、知り合いが乗ってましてね」

相手が女性なら圧倒的に「かわいい車ですね」なんて感想と共に
十中八九、全員が笑顔になる。
スバルのユルいフォルムが、緊張しがちな初対面の場を和ませてくれるんです。
取材交渉をスムーズに進める上で、このユルユル効果は実に大きい。

その上さらに
「そういえばこの間、裏の駐車場でこんな車を見ましてね」
マットビハイクルに改造したコスモスポーツの写真を、嬉々として見せてくれる人や
「いやーウチにも、車大好きスタッフが居ましてね」なんて
1/8かとも思える大スケールのダイキャスト製フェラーリを
いそいそと持ってくる人
「ウチは手先が器用で、こういうのが得意なメンバーも多いんですよ」なんて
なぜか木彫りのクジラcoldsweats01なんかを自慢してくれる人など
仕事とは直接関係ない趣味の領域をアピールしてくる相手の、まー多い事happy02


とはいえ。縮めるのに苦労する互いの距離が一気に縮まる効果は大きい。
相手の方から、コッチに近づいてきてくれるんですから。
こうなると気心も知れてきて、話題の箸休めとなるジョークも飛び出し
交渉もかなり楽になります。
いやー予想外ながらありがたいことです。ここまで心を開いてくれるとは。



「軍歌は、戦中派同士の心の距離を縮めるアイテム」なんて
言われる事もありますが
その後の高度成長期に育った私たちにとって、軍歌に相当するものは
共通体験だったテレビ番組の主題歌や、こうしたおもちゃの記憶なんでしょうね。

そんな世代が、ビジネスシーンの中核をなす現在
かつて仕事の場にはそぐわないとされていた、テレビやおもちゃの話題が
初対面の潤滑剤の役割を果たすという事を、今回再確認したような次第です。



組織への気遣いが無いフリーの立場ゆえ、遊び心で作った名刺ですが
ここまで効果があるならもっと早く、このデザインに変えればよかったcoldsweats01

広告代理店のデザイナーが初就職先、自らの名刺を初仕事とした頃から数十年。
これまで、ずいぶん色々なデザインを試してきましたが
渡した際にここまで顕著に、相手のリアクションが変わり
交渉の手ごたえを感じた実例は、今回を置いて他にはありません。
スバルという車も、のどかな人物像を簡潔に表すアイコンとして機能してますから
名刺を交わした相手はきっと、スバルを見れば私の顔が浮かぶでしょう。

いやー理想的だなースバル顔。まさに長年望んだ、私のユルユルイメージheart04
やっぱりいいですよね。初対面が笑顔に包まれるって。
互いに風通しよく、有意義な仕事を約束してくれそうで。
それを実現させてくれる魔法のアイテムが、この名刺です。
とはいえ仕事には手抜きなし、ユルユルという訳には行きませんが
punch

« 健さん登場 | トップページ | ダークロボットむかえうて! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/46803977

この記事へのトラックバック一覧です: 一枚の潤滑剤:

« 健さん登場 | トップページ | ダークロボットむかえうて! »