2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« テールカット制覇作戦 | トップページ | 雲は秋色 »

2012年7月18日 (水)

夏空ボンドシルバー

Photo

梅雨明け翌日、美しい朝焼けが空を染めた今朝の名古屋。
5時55分。猛暑を避け、涼しい早朝に出かけたいつもの公園で・・・


Photo_2

朝日の照り返しを受け、渋く輝くシルバーの一台は
ご存知初代ボンドカー、アストンマーチンDB5!

映画専門HDチャンネル、IMAGICA BSで始まった007特集と
偶然のタイミングで先月入手した、1/18ダイキャスト製ミニカーです。
こうして屋外で撮ると、実車みたいに見えますがhappy01


Photo_3

ちょっと前からおひろめしている、サントリーBOSSオマケのボンドカーと一緒に
ネットオークションで手に入れた大物とは、実はコレでした。

アメリカはサンスター製、キズ一つ無い新品です。

とはいえボディの型は見るからに、
以前お見せしたCHRONO製とソックリなので
シャーシの裏を確認してみたら、やっぱりCHRONOの刻印がhappy01
まー業界内にはよくある、金型流用アイテムという事でしょうか。

そんなこんなで同じDB5が、色違いで二つ揃っちゃったというわけですね。
以前お見せしたモノと型はいっしょなので、当然ボンドカーとしての秘密装備も皆無。
色がシルバーになっただけ、という代物ですcoldsweats01


Photo_8 

ナンバープレートもそれらしく、007への目配せタップリ。
これを見るまでもなく、私をはじめ007ファンにとって
”DB5・ボンドシルバー”仕様への思い入れは特別ですから
やっぱり入手は嬉しいものです。
以前公言していた『グランド・スラム作戦』も、これで何とか成功かと
happy01

Photo_5

Photo_6

Photo_7

ドア、ボンネットなど、オープンポイントも以前のモノと一緒。
でも運転席のカラーリングは、ボンドカー仕様と同じブラック基調なので
やっぱり雰囲気があります。

ステアリングのウッド調彩色も、なかなかの高級感happy02


Photo_9

早朝の陽射しを活かし、朝日をスポットライト風にあしらった一枚。
こういう逆光ショットでも遜色の無い所が、大スケールミニカーの利点ですね。
各部のエッジを際立たせる反射光の美しさ。シャドウに沈むボディの質感。
わずかにかかるハレーションも、スケール感を損なわないサイズですから
パッと見はホントに、実車みたいに見えます。

まー実車を見たことの無い私なんぞが、そんな事を言える資格も無いんですがcoldsweats01

いやーカッコイイわあDB5lovely
これこそコネリー・ボンドファンが永遠に憧れる、最強の秘密兵器ですね。

先日たまたま、ロジャー・ムーアが007かぶれの英国紳士を演じた
『キャノンボール』(1981年アメリカ/香港 ハル・ニーダム監督)を
再見したんですが、彼の愛車もこのDB5でした。

でもやっぱりムーアとDB5って、私には相性が今ひとつに見えちゃいましたね。
とはいえこの作品への出演をオファーされても、コネリーなら断るでしょうし
軽さやコメディタッチを得意とするムーアの方が、ハマリ役だったと思います。
TVシリーズ『ダンディ2』のシンクレア卿しかり
やっぱりムーアには、コメディアクションの才能がありますよhappy01


Photo_10

1/18DB5、夢の二色揃い踏み。
実に贅沢なお遊びに、われながら垂涎の一枚camera

ますます鮮やかさを増す緑をバックに、こういう画角で切り取ると
実にしっくりきますねーアストンマーチンってheart04
DB5二台という、有無を言わせぬ存在感が
撮影技術のヘタさを救ってくれて、撮った本人が感動していますhappy02

ボンドカー仕様の撮影用DB5は、’86年にサザビーのオークションで
30万ドルもの値がついたそうですから
貧乏人の私にとって、こんな絵が撮れるなんて夢のまた夢でしたもんね。
サイズは1/18でも、嬉しさはスケールダウンしないという
lovely

でもソフビの怪獣とは違い
1/18のダイキャストミニカーって、重さもハンパではないので
早朝とはいえ夏の暑さの中、二台を運びながらのウォーキングはキツかった
run
おもちゃ遊びで熱中症なんて、子どもみたいで恥ずかしいですから
今後は無理を控えます。
ああ私にも、ハロルド坂田みたいな力持ちの召使いが居れば。
あの物騒な、鋼鉄刃付き帽子は要らないけどcoldsweats01

« テールカット制覇作戦 | トップページ | 雲は秋色 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

おおっ!
ついに手に入れましたね
18分の1サイズ、最後の憧れですからねえ
トミカサイズや43分の1じゃあやっぱり物足らなくなりますからね
こちらも別なモンですけど18分の1でグランドスラム達成します
お楽しみに

12分の1のアストンマーチンがオープンカーで安価でオクにありましたけれど微妙に燃えないところでしたねえ
某所の緑のエスプリもロックオンされてますか?

しかしなあ~シルバーのDB5はカッコイイよ
ポインターとの双璧ですね

黒さなら・・・バットモービルとブラックビューティでしょうかね
ハロルドさんよりも召使ならカトーさんでしょう
ベインくんは・・・???

怪獣殿下・たま様 返事が遅れ失礼しましたcoldsweats01
まー一般タイプの色替え、特殊装備無しのバージョンですから
大騒ぎするほどの事も無いんですが
おっしゃる通りやっぱり、シルバーというだけでカッコよく見えるあたりが
007ファンの業というか、嬉しいものですhappy01

>18分の1でグランドスラム達成

やっぱりたまさんとは、アイテム入手のリズムや傾向が重なるようで
その親近感がたまりませんねhappy01
おひろめを楽しみにしています。
某所のエスプリも、一度は財布のヒモが緩みかかったのですが・・・
サーキットの狼世代の私にはやっぱり
同ウィンドーの風吹裕矢バージョン、ロータス・ヨーロッパに目がクギ付けでしたeye
もしボンネットの中が”矢田部ターボエンジン”仕様だったら
額に関係なく衝動買いしそうなので、逆に怖くてお店スタッフを呼べないというcoldsweats02

バットモービル、ブラックビューティなど、海外ヒーローの愛車は
漆黒のスタイリッシュなモノが多いですね。
召使いも確かに、カトーなら最強ですよねーlovely
夏の話題作『ダークナイト・ライジング』で
アン・ハサウェイのキャットウーマンに「車じゃない」と言い放つ
バットマンの新愛”機”が楽しみです。
意外と私、タンブラーの無骨なフォルムも好きなんですよhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/46368092

この記事へのトラックバック一覧です: 夏空ボンドシルバー:

« テールカット制覇作戦 | トップページ | 雲は秋色 »