2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の記事

2012年6月29日 (金)

夜と朝のあいだに

Photo

ここ数日の梅雨空も一休み、久々に晴れ間を見せた今日の名古屋。
これ幸いと、空いた時間に出かけたいつもの公園に・・・


Photo_2

驚異の超深海生物・アリゲトータスあらわる!
特殊なリンパ液により、周囲の温度に反応し体長を変えるのがチャームポイント。
でも今日は、最高気温が30度もあったのに
サイズはわずか22cm(MIYUKI調べ)。

梅雨で体調でも崩したのかな?


Photo_3

なーんて。コレは今年1月にネットオークションで入手した
M1号のレトロ風ソフビ。

蓄光カラーのラゴンとの未開封2個セットで、送料込み2,880円でしたから
相場よりちょっとおドクというところでしょうか。

でもこのピーター、おもちゃファンの間では珍品扱いだったようなので
この値で手に入れば、ラッキーだったのかもしれませんね。
まーそのあたりの事情にうとい私には、よく分かりませんcoldsweats01

入手はそんな経緯ながら、未開封のままほぼ半年も寝かせっぱなしで
袋から出してあげたのはやっと今朝。
あいかわらず、ボンヤリペースな私ですがcoldsweats01


Ff

出身がフィリピン沖の深海だけあって、やっぱり水辺がよく似合う。
こんな風に仁王立ちさせるとなんだか、盆踊りっぽい風情もありますがcoldsweats01

’60年代マルサンテイストを忠実に再現した、M1号のデフォルメーションも見事。
「Q」放送当時のカラー写真によれば、ピーターの体色は黄土色っぽいので
このピンクのボディカラーも、同社ならではのお遊びなんでしょうが
これはこれでおもちゃっぽくて、私は大好きです。

こんな強い陽光にも、きれいに映えますしねsun


Photo_4

正面から見るとアゴのガートが大甘で、ちょっとくすぐりたくなってきますねsmile
ツルツルのおなかに吹かれた白スプレーのカラーリングも、イイ感じhappy01


Bs

『だがお前さんのアゴの骨も無事だったろう。
第一、そのスローモーなシャッターをよけることもできなかったぜ。』

おっとピーター、ダイナマイトジョー並みに自信喪失のご様子。
うーむ撮影ディレクターとしては、ここでひとつ演者を乗せないと
smile

Ff_3

いやいやピーターさん、アンタもなかなか捨てたもんじゃないよ。
ここまでサイドショットが決まる一頭も、Q怪獣には意外に少ないし。
第一、Q怪獣で体長を自由に変えられるメンバーなんて
他にはナメちゃんやラルゲちゃんくらいなんだから、もっと自信を持たなきゃ。


Photo_5

ホラこの背中の美しい曲線、六角形のウロコも決まってるねえ。
流れるような背びれのライン、控えめな赤の差し色が効いてるわあ
lovely


Photo_6

おおー必死のヨイショが効いたのか、ピーターさんすっかり気を良くしたようで
かの有名スチール風、四つ足ポーズの大サービス。
『そりゃオイラは、”ビル大山のマリンファンタムショー”きってのスターだからね。
こんなのは朝メシ前、いやめざましテレビの占い前ってとこさ。』


Photo_8

ごらん下さいこのドヤ顔。まさかあの占いの元ネタが、テレビだったとはsad
やっぱり持ち上げすぎもいけませんね。アメとムチの使い分けが大切って事で。


Photo_9

名古屋の梅雨も終盤ながら、公園のあじさいはまだ満開。
おなじみ怪獣横丁のお二人と、仲良くあいさつを交わすピーターでした。

調べてみると、このピーターが出演したウルトラQ第26話『燃えろ栄光』は
今日から46年と3日前、’66年6月26日に放送されたんですね。

ストーリー・怪獣の魅力共々、やや地味な印象がぬぐえないエピソードながら
そのラスト、ピーターへの依存から卒業したジョーの清々しい表情が
見る者に独特の清涼感を与える、好編だったと思います。

単なる怪獣ストーリーのアンソロジーに終わらない、各編独自のこうしたテイストが
ウルトラQという作品の特異性、唯一無二であるゆえんであり
この第一シリーズを超える後続作が現れない、一つの理由かもしれませんね
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年6月25日 (月)

近況二題

いやー気がつけば、前回の記事から早や一ヶ月近く。
mixiの方にはちょくちょく、下らない日記などしたためておりましたが
「ネヴュラ」への書き込みは、ずいぶん久しぶりです。

数少ない読者の皆さま、ご無沙汰しておりましたが
私はあい変らず、おバカな日々を過ごしておりますcoldsweats01

この一ヶ月は、本業が多忙になったりひどい風邪をこじらせたりして
なかなかスリリングな毎日でしたが
それら諸問題も収束に向かい、先週末あたりからほぼ平常生活となりましたので
とてつもないトピックスなど無いものの、軽く近況報告など。


Photo

ちょっとメタボ気味のゴジラくんが跨るのは
おととい新着の超エクササイズ兵器・家庭用本格エアロバイク。

「ネヴュラ」にもたびたび登場し、今年二月の鳥羽旅行でも幹事として活躍してくれた
幼なじみのOくんが、実家から車で一時間以上の距離をわざわざ運んでくれ
無償で譲ってくれた逸品でございます。


彼の弁によれば買ったのは4年ほど前、その後ほとんど未使用で新品同様。
日々の「ネヴュラ」記事で、私の健康志向・ダイエットオタクぶりを知っていた彼が
もう使わないから役立つならと、気遣ってくれました。
普段は軽口を交し合う仲ながら、仲間への思いやりを忘れないOくんに感謝です。

Oくんに限らず、事あるごとに昔の友人を思い出してくれる存在が周りに居る事は
日々の生活の励みになりますね。
すでに使い倒している腹筋台やレッグ美ジョンと並んで
わが家のエクササイズマシンも、かなり充実してきました。
風邪も治った事だし、梅雨の収まりと共に再開予定のウォーキングを加え
今年の夏は例年にも増して、プロポーション維持に力が入りそうですpunch



そんな私を、あきれ顔で見つめているのは・・・

Photo_3


「ネヴュラ」五代目妹分、その名もカントリーハアム。通称ハアムちゃん。
私が暮らす名古屋の田舎という意味の”カントリー”に加え
大好きな不二家のチョコチップクッキー、カントリーマアムをもじったネーミング。
まさに、食べちゃいたいくらいかわいい子です。

実はこの子がわが家へ来た経緯には、少し悲しい事情が絡んでおりまして。


今年4月、四代目妹分として一度だけおひろめした”サクラッテ”という
カラーハムスターがおりましたが
実は件のラテちゃん、生まれつきの健康不良だったのか極度の神経質だったのか
その後みるみる体調を崩し
看病の甲斐もなく、一週間もしない内に星となってしまったのです。

たとえ一週間足らずの命だったとはいえ、縁あってわが家に迎えたわけですから
ラテの急死直後は私も大ショックを受け、食事も喉を通らなかった程でした。
そんな私を気遣ってくれたのか
症状報告や治療相談で、毎日のように電話をかけていたペットショップから
今回はショップ側の不手際ゆえ、星となったラテの代わりに
健康な赤ちゃんハムを無償提供しますという、申し出があったのです。
そうした縁でラテの代わりに来たのが、このカントリーハアム。
それが4月9日の事ですから、わが家にはすでに二ヶ月以上暮らしています。

ラテを亡くした直後の気落ちに加え、ハムちゃんの健康を管理する自信が
すっかりなくなった私には
新しい子を育てる気になど、とてもなれなかったのですが
初代妹分・コタを思わせるノーマルゴールデンの愛嬌と
歴代妹分を上回る、ハイテンションのおてんばぶりに
ラテを失った心の穴も徐々に小さくなり、やっと「ネヴュラ」でおひろめする
心持ちにもになりました。

幼くして命を散らしたラテに敬意を表し、四代目妹分の称号はラテに冠します。
その上で今は、五代目を襲名したこのハアムに精一杯の愛情を注ぎ
健やかに育ってほしいと願っています。

そんなこんなで、やや予定外のお迎えとなったハアムですが
すでに抜群のラブリーぶりで、私にもすっかり慣れてくれました。
これからも「ネヴュラ」の新マスコットとして、ユル~く顔を出しますので
わが家の怪獣たち同様、かわいがってやって下さい。

まーそんな事を言うまでもなく、すでに部屋中のユルユル怪獣と打ち解け
毎日くんずほぐれつの大格闘を演じている、おバカな妹分ですがhappy01


にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »