2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 001/18電撃購入作戦 | トップページ | メン食い電動大快獣 »

2012年5月23日 (水)

新緑DB5

Photo_5

前回のお話で入手したばかりの、1/18アストンマーチンDB5。
昨日の雨に洗われ、鮮やかさが増した初夏の緑につられて
今朝は早くから、いつもの森で撮影会。
深みあるブリティッシュグリーンのボディが、新緑に映えて美しいlovely


Photo_3

伝統に裏打ちされた職人気質と流麗さが絶妙にマッチした
英国車独特のサイドビュー。
1/18とはいえ全長は25cmもありますが、太陽光の効果か
こうして置くとサイズ比較になるものがなく、実車のように見えます。
近所のHobby OFFで3,780円だったなんて、ちょっと思えませんねcoldsweats01


Photo_4

いつ見てもホレボレする、スマートかつスパルタンなフォルムlovely
初代ボンドカーに採用されたゆえ、さまざまな玩具メーカーからモデル化され
特に劇中装備の”ボンド・シルバー”仕様は、今も高値を呼んでいるようです。
コレはCHRONOというメーカーのモノで、装備無しのノーマル仕様ながら
ネットで調べたら、既に無くなったメーカーみたいで。

言わばこの品は絶版ですが、なんとも勿体無いことですね。
ボンド版DB5は先日も缶コーヒーのオマケになり、争奪戦があったばかりですから
便乗人気でこのノーマル版にも、スポットライトが当てられる事必至なのですが。


でも最近のボンドファンは、ロータスエスプリやDBSといった
後続作登場版の方に、より思い入れが強いのかな?
それともマニアックに『ネバーセイ・ネバーアゲイン』のルノー5ターボとかcoldsweats01


Photo_6

控えめにボディサイドを飾る、DB5のエンブレム。
モデル名にDBを冠する意味は、第二次大戦後に同社が経営不振に陥った一時期
実業家デヴィット・ブラウンが経営していたため、彼のイニシャルを採ったとの事。

もし”JB3”なんてネーミングだったら、ちょっと出来すぎと笑うところですがhappy01


Photo_7

ノーマル版ゆえなんの変哲も無いリアビューも、ボンドカーとなると油断できない。
オイルスリック、煙幕装置、防弾シールド、回転ナンバーなどなど秘密装備の嵐。
こんなスペシャルカーを前にしたら、科特隊専用車やMATビハイクルなどは
むしろおとなしく見えちゃいますね。ポインターは別ですけどcoldsweats01


Photo_8

装備部門担当・ブーツロイド少佐には内緒で
両ドア、ボンネットをオープン。


Photo_9

282bhpをたたき出す、3995cc水冷直列6気筒DOHCエンジン。
でもこの高出力をもってしても、コールドフィンガーの追っ手からは逃げ切れない。
まさかあの検問のおばちゃんにまで、マシンガンの歓迎を受けるとは
予想してなかったなあ
coldsweats01


Photo_10

小型レーダー受信機や秘密装備のコントローラーが詰まった
夢いっぱいの運転席。
危ないから、シフトノブの赤ボタンだけは触らずにおこうっとshock
まーノーマル版ですから、そんな妄想を楽しむだけですがcoldsweats01


Ff_2

ちなみにボンドカー版では、フロント装備の目玉は
フロントグリル左右の機関銃、ホイールから飛び出すタイヤパンク装置。
そりゃゲルト・フレーベが「面白い車に乗っとるなあ」なんて感動するのも
無理はありませんねhappy01
このノーマル版にも、そんな精悍な雰囲気がしっかり漂っていてイイ感じ。
後に『スパイ大作戦』に登場した、鮮やかなレッドカラー版と共に
私の中でDB5は”特殊任務専用車”としての地位を、しっかり確立しています。


Photo_12 

リバプールの片田舎を思わせる自然にも、しっくり似合うこの上品さ。
でも一皮剥けば、鋭い牙を磨ぐ野獣。
まさにコネリー・ボンドのイメージ、そのままの一台です。
女は弱いんですよ。この手の肉食系にlovely

コレでわが家のDB5コレクションは、大小合わせて4台になっちゃったhappy01
どーも私はこのDB5にも、ジェット・ビートル並のコンプレックスがあるようで
安い出物があると、どうしても手が伸びちゃいます。
次の獲物はコーギーの時代物か?それともダンバリー・ミントの1/24か?
それを”グランド・スラム作戦”と命名し、入手チャンスを狙うこととしましょうhappy01happy01
happy01

« 001/18電撃購入作戦 | トップページ | メン食い電動大快獣 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

アストンマーチン、お迎えおめでとうございます
大きなサイズはやっぱりイイですもんねえ~
まるで実車のグラビア撮影と見間違える見事な撮影会ですね
グランドスラム達成をお祈りしております

しかし・・・お互い毎回微妙なシンクロしてますね
こちらも先日1/18サイズでイオタをお迎えしておりますし・・・
何やらマルサン電動関係でこちらもオモロイ物を入手したばかりであります
ジェットビートル病に至っては既に末期・・・
プロップサイズの小型ビートル着陸
同じサイズのジェットビートルが出た時・・・オイラの命が・・・

怪獣殿下・たま様 今回のアストンマーチンは偶然Hobby OFFで見かけ
ネットオークションの相場より少し安いくらいだったので
送料分が得する程度でしたが、日食テンションで衝動買いしましたhappy01
不勉強ゆえ、現物を生で見るのは初めてでしたが
おっしゃる通り、大スケールのダイキャストミニカーは重厚感、精密感共にバツグンで
写真もさながら本物のよう。新しい世界に踏み込んだ気分ですhappy02
ボンドカー版は人気商品ゆえ高額必至ですが、機会あればぜひ欲しいですねhappy01

>毎回微妙なシンクロ

特定ジャンルのアイテムを欲しくなる脳内リズムが似ているんでしょうね。
それもまあ楽しいもので、お互い良い刺激になりますhappy01
行動半径が重なっているゆえ、リアルのお店では争奪戦となりそうですが
逆に情報交換も容易という事でcoldsweats01
まー私の方が、先輩のたまさんに教わってばっかりですがcoldsweats01

>マルサン電動関係

例によって、私の入手アイテムは大したモノじゃありませんが
長年狙っていたので、素直に嬉しいです。
たまさんの新着アイテムも、興味シンシンで拝見します。
お互いの’60年代信仰を讃え合いましょうhappy01happy01happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/45373966

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑DB5:

« 001/18電撃購入作戦 | トップページ | メン食い電動大快獣 »