2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 新緑DB5 | トップページ | 湖畔のリアルガメラ »

2012年5月24日 (木)

メン食い電動大快獣

Photo

ジョギング客や散歩客で賑わう早朝の公園に
ラーメン丼片手に現れたのは、食いしん坊のブースカちゃん。

18日深夜、ネットオークションで落札したお宝です。
ノスタルジックヒーローズ製、マルサンプラモデルのソフビ復刻版。
開封品ながら傷一つ無くピカピカで、落札価格3,000円は安い買い物でした
happy02

Photo_3

原型となったプラモ版は通称『そば食いブースカ』と呼ばれ
1966年、700円で発売された電動キット。

雑誌『Character AGE』VOL.06のマルサンプラモ特集によれば
体内ギヤーボックスのクランクシャフトにより、右手で二回そばを持ち上げ
その後左手の器を持ち上げるという、実に凝ったギミックだったようです。

そりゃスゴイlovelyぜひ見てみたいものですが、残念ながらソフビですから不可能coldsweats01


Photo_10

丼の中にはちゃんと、ラーメンがモールドされています。
でもプラモ版は、紙や紐でラーメンを自作しなければならなかったようですから
丼はカラッポだったのかな?


Photo_4

あぐらポーズの着ぐるみイメージブースカって、意外にもあまり見かけないので
こうして見ると実に新鮮。
頭とボディの絶妙なマルサンバランスは、このサイドビューを見ても明らかで
もうかわいいかわいいlovely

こんなにラブリーなら、ラーメンを何杯でもゴチソウできちゃいます。
ピンと立ったシッポも、たまらないポイントですねheart04


Photo_6

そんなにほめられるとテレちゃうなあ。ラーメン30杯でガマンしてあげるよ。
そそそんなに食べるの?ちぇーっこれで月末までは、食パン一斤で持たせなきゃ。
いつも以上の赤貧だコリャ
shock


Photo_7

本体の全高は約19cm、座布団を入れると約22cmにもなりますから
他のマルサン電動怪獣と並べても決してひけをとらない、ビッグサイズですね。

ギミックも実にユニークですし、まさにブースカプラモの決定版として
お金持ちのお子さんを楽しませたことでしょう。
でも総じて動きに問題のあったマルサン電動プラモですから
コレもトラブル続きだったのかな。お箸が口を直撃するとかcoldsweats01


Photo_8

ちなみにこのソフビ版は両手足やシッポ、首が動かせ
座布団も取り外し可能。
こんなポーズもラブリーですねえlovely


Photo_9

座布団の裏に並ぶ、マルサンとノスタルジックヒーローズのマーク。
手書きの番組名と’66年円谷プロの文字も、レトロ感覚イッパイです。


Photo_11

こうして見上げると、大仏さん並の風格。
パティ隊員ならこう言うでしょう。
『日本の三大名物。地震、怪獣、そば食いブースカ』
happy01


Photo_13

手持ちのマルサンソフビ、ブースカやチャメゴンと並べても違和感なし。
朝からラーメンで盛り上がる、昭和40年代の快獣トリオです。
食べた後は運動で脂肪を燃やさなきゃ、夏までに太っちゃうよ。
そんな私の忠告なんか聞いちゃいない、森のユルユル仲間なのでしたcoldsweats01
 

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 新緑DB5 | トップページ | 湖畔のリアルガメラ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ここへ書き込みするのはずいぶん久しぶりのような気がします^^;

ソバ食いブースカ、良いですよね。
下記のブログで当時のプラモデルの動く姿が見られます。動く所は初めて見たので感動しましたよ~

http://m.blogs.yahoo.co.jp/mokeitanteidan/61840833.html

マルサンのユル関連の何者をゲットされたかが「心の友」として興味津々でした
毎回してやられた感がオイラのM気を刺激されるのですよ~
ガラモンは持っておられるからカネゴン辺りかと思ってましたが、ブースカとは驚きました
オイラも先月からチョットしたブースカ祭りだったんです
目覚まし時計増殖事件とか
M1号ジャイアントブースカは電光石火の早業落札成功で大満足だったのですが・・・
そのオイラのブースカ包囲網の隙を突いたソバ食いブースカ捕獲には感服致します
マルサン期の歩行プラモが余りにも歩かないと言う難点からソバ食いブースカの誕生となったのでしょうかね?
試作のみで終わったバルタン星人も歩かずに腕を振るだけのギミックだったそうですからね
オイラ達が子供の頃、手に出来なかったマルサンプラモが45年を経て枕元に並ぶなんて平成って素晴らしい時代ですよね~

ここで一発ウチの子を自慢?しちゃおうかな~?
ブースカ目覚ましは、高らかに歌を歌いブー冠を押さえてアラームを止めるとバラサバラサ・シオシオのパァ~・プリップリのキリリンコ、カッカッカ・ラーメン食べさせてよ30杯でいいからさ~
と、やかましい以外の何物でもないんです
朝日新聞限定版では「朝日がサンサンおはようさん」と言う声がアラームと言う凶悪さであります
M1ジャイアントはイヌクマのは怖いからあえてアレンジを最小限に押さえたのが気持ち良さを出してます

機会があれば大きな貯金箱を狙う予告出しておきますよ~
ではでは~~バラサ!!!

さとちゃん様 お久しぶりです。
あい変らずこんなおもちゃを集めて、喜んでいますcoldsweats01

ご紹介頂いた動画、さっそく拝見しました。
やっぱり良いですねー本物はhappy01 愛嬌タップリのぎこちない動きに加え
’60年代おもちゃならではの素朴な雰囲気が、全体から漂っています。
子どもの夢を精一杯叶えてやろうとした、マルサン開発チームの心意気が
伝わってくるようですねhappy01

その魅力は、ソフビになっても決して色あせていません。
今もこのブーちゃんは、私の傍らでどんぶりを携え
本放送当時の無邪気な笑顔を、投げかけてくれていますhappy01

怪獣殿下・たま様 いやーお互い、入手アイテムの傾向が見事に重なるので
相手の新着アイテムって、どうしても気になりますよね。
もともとブースカは大好きなキャラクターですから、グッズも隙あらばゲットしたい
万年ブースカ祭り状態なんですが
M1号版ジャイアントブースカの存在は、私も知らなかったなーcoldsweats01
イヌクマの小さいソフビを細々と集める程度のショボさなので
入手されたたまさんのサプライズニュースには驚きましたhappy02

私なんかこの通り、いつもたまさんの華麗な収集遍歴を羨望の目で見つめ
そのバイタリティと運、そして予算の十分の一でも得られる事を
ただ祈っているんですよcoldsweats01

今回のそば食いブースカは、ノスヒロ版発売直後から欲しかったアイテムですが
完璧に近いたまさんの包囲網を潜り抜けられたのは、何ともラッキーでしたcoldsweats01
手にしてみるとやっぱり、’66年当時のマルサンテイストが存分に込められた逸品で
その迫力と愛嬌に圧倒され、ひれ伏すやらブー冠を磨くやらの大騒ぎhappy01
おっしゃる通りやっぱりこのそば食いバージョンは、歩行版のギミック不備により
企画されたのでしょうか。
ブースカプラモはこのそば食いの他にも、大小さまざまなバリエーションが
あったようですから
他の円谷怪獣にくらべ、ギミックやポージングの自由度は高かったのかもしれませんね。
キャラクターのコミカルさという点では、カネゴンと肩を並べるモノがありますからhappy01

>ブースカ目覚まし

やっぱり目覚まし時計だけあって、セリフもインパクト大ですねhappy01
私なんか目覚ましは携帯電話の無機質なアラームですから、羨ましい事この上ないです。
一つくらい入手して、毎朝騒がしくも楽しい寝起きを味わいたいものですがhappy01
そしてあの大きな貯金箱!
私もロックオンしているので、いつかオークションで顔を合わせそうですね。
その時はいつぞやのご厚意のお礼に、今度はお譲りしますので
心置きなくご入札下さいhappy01

ノスヒロのポイントキャンペーンの端数をもらうためにマスコットブースカを通販で買った事をすっかり忘れていた
バンダイブースカと一緒に玄関先に並べてたんだが・・・
学校の家庭訪問があると玄関先のオモチャを片付けられちゃうんだわね
大きなウルトラマンの上半身は置き場が玄関になってますから消えないけど小さいのはいつも災難なんですわ

怪獣殿下・たま様 小スケールのアイテムは
片付けや掃除のたびに行方不明になりやすく
扱いには気を使うところですよね。
行方不明以外にも、わが家で昨年2月から3月にかけて行った
オタクグッズ一斉清掃&整理時には
膨大な数のカプセルトイ、食玩を水洗いした際
かなりのパーツが破損、紛失し、泣く泣く諦めた事がありましたcoldsweats01

でも玄関先でブースカや巨大ウルトラマンが迎えてくれるなんて
たまさんのご自宅は、夢いっぱいで楽しいですねhappy01
わが家は玄関からオタク部屋に続く廊下の壁が
海外購入のブリスターフィギュアで、埋め尽くされていますcoldsweats01

FB問題で右往左往してまして
御無沙汰しておりました。
思わず、ブースカに目がとまってしまいました。
また面白い記事を楽しみにしております。
(=∵=)にゃんにゃん(=∵=)(=​∵=)(=∵=)にゃんにゃん

てふてふはべる様 お久しぶりですhappy01
このブースカは’66年発売のプラモをソフビ化したモノなので
顔つきや全身フォルムなど、最近のブースカグッズにはない懐かしさがつまっていて
見ているだけで癒されますlovely

根っからの懐かしモノ好きゆえ、これからもユルユルレトロなおもちゃばかりで
呆れられると思いますがcoldsweats01
おヒマな時にでも覗いて、またからかってやって下さいhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/45389163

この記事へのトラックバック一覧です: メン食い電動大快獣:

« 新緑DB5 | トップページ | 湖畔のリアルガメラ »