2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 四十四年前の輝き | トップページ | 二頭身ソフビガーZ »

2012年4月27日 (金)

ロクハチ式サブロク

さて前回のお話で、思わせぶりに登場したヘッドライトの正体はっ!?

Photo

コレでした!
1958年にデビューした日本初の大衆軽自動車、スバル360。
そしてデビュー後、いく度かのマイナーチェンジを経て
1968年には若者向けスポーツタイプ、ヤングSSが発売されました。
コレはその、電動ラジコンおもちゃです。

こんな豪華な化粧箱入りなのは、理由があります。


ネットで調べたところ、このアイテムはどうやら
2008年10月、全国のスバルディーラーで行われた
『お客様感謝デイ』に於ける抽選クジの、A賞景品だったようで
由緒正しき、スバル純正のおもちゃ。

まー大人向きの景品ですから、おもちゃと言うには語弊がありますがhappy01
もちろん非売品で、いったい何台作られたのかわかりませんが
貴重なものであるのは確か。

その可愛らしいフォルムから、カーマニアのみならず
懐かしグッズファンの絶大な支持を集める、スバル360。
商品化もミニカーをはじめ、多岐に渡っていますが
デフォルメタイプならともかく、リアルフォルムのラジコンは初めて見たので
今回のネットオークション出品は大きなチャンスと、気合を入れて入札しましたlovely


Photo_2

箱から出せばこの通り。
全長約170mm。実車が2,990mmですから、縮尺は1/17弱といった所。
ラジコンですからちゃんと、プロポも付いてますhappy02
このサイズって、プラモでも見た事の無い微妙な大きさですね。
ミニカーではトミカサイズの小さいのからエプロ・ノレブあたりの1/43、
大きいのでは1/12なんてのもありますが、1/17なんてこのラジコンくらい。
うーむさすが本家スバル。いい所を突いてますhappy01

もちろんフォルムはデフォルメ無し、オリジナルに忠実の一言。
しかもご覧の通り細部のディテールも作りこまれていて、塗装も実に美しい。
そりゃそうですよね。実車発売メーカーの意地という所でしょうかgood


Photo_3

プロポの前進スイッチを入れれば、力強いスタートダッシュと共に
この通り煌々と、ヘッドライトが点灯しますflair

さすが実車メーカー。ラジコンと言えど、こういう所は非常に生真面目な作りで
「おもちゃでも手抜き無し!」という、開発者の自負が見え隠れして素敵happy02
2008年製ながらバッテリーも快調そのもの。未開封未使用はダテぢゃないpunch
うーむ当時の実車開発部チーフ、エンドレス百瀬氏の開発理念は未だ健在lovely


Photo_4

バックスイッチでは後進と共に、ごらんの通りテールランプが点灯flair
右左折も自由自在ですが、残念ながらスバル自慢のトーションバーは未装備で
デコボコ道にはちょっと、ハンドルがとられるかな(当たり前ですがcoldsweats01
とはいえヤングSSのモデル化に恥じず、実車の36馬力とまではいかなくても
そこそこのダッシュ力。実にすばしこく走ってくれます。


いやーこの歳になって、スバルのラジコンで遊ぶ事が出来るとは。
それも最強モデルのヤングSSですから、かのデビラーカーだって敵ぢゃない
happy01

Photo_5

同じ’60年代を駆け抜けた、子どもたちのヒーローとともにcamera
さすがスバルですね。デフォルメ無しなのに
ブリキフォルムのおもちゃと並べても、違和感の無いあたりが素晴らしいhappy02
で、こんなおいしいおもちゃを、部屋に閉じ込めておくのももったいないと・・・


Photo_6

撮ってみましたネヴュラ名物、今日の青空バックに一枚camera
やっぱりスバルの丸いフォルムは、自然の景観になじみますね。
まー愛称がてんとう虫ですから、当たり前とも言えますがwink


Photo_7

そしてもちろんこの一枚も。午後2時過ぎの公園ですcamera
スバル落札の最大の目的は、このミゼットとの共演でした。

残念ながら少~しスケール違いでしたが、こう並べればさほど気にならないbleah
予想通り、ユルユル怪獣との相性もピッタリですlovely

チーム怪獣横丁の愛車も、コレで二台目。
こうなってくるともう、’70年代あたりの車は新しすぎて
この世界観に合わないあたりが怖ろしいshock
今後のアイテム選定が、ますます難しくなってくるなあ。
この写真にしたってもはや、2012年とは思えないですもんね
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 四十四年前の輝き | トップページ | 二頭身ソフビガーZ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

おお、また面白い物を~
素直に羨ましいですね
カワイイスタイル、リアルに作ってもユルくなる車ですからね
もっと言うと、あの時代の車の全てに通じますからね
大きさも良いですね
オート三輪とかマツダR360とかを調べても小さいのばっかりですからね

調べるとカローラレビンも手頃な大きさのラジコンが売られてるんですね

オイラの手元には
http://blogs.yahoo.co.jp/btykj542/50357812.html
こんなんがあります
セブンのキャンペーンで配られたモノ
店長を脅迫して手に入れました

怪獣殿下・たま様 いやー今回のスバルに関しては
入手タイミングがそちらのコルベアとあまりにカブっちゃって
たまさんとあまりの同期具合に、改めてビックリですcoldsweats01
コルベアとスバルを並べたら、さぞや見事なレトロ風味でしょうねhappy01

このアイテムはラジコンという事で
リアル度にはさほど期待していなかったのですが
さすが本家スバル製だけあって、作り、塗装共々
巷のミニカーメーカー製にもひけをとらない、素晴らしい物でした。
とりわけ塗膜の艶加減は実車そのもので
忠実に再現された曲面造形と相まって、大人も満足する出来映えとなっていますhappy01

おっしゃる通り、サイズもいいところを突いていますよね。
ミニカーにもプラモにもない、丁度良い大きさで
ミゼットの隣に置いても、実にサマになります。
ユルユルソフビに取り囲まれ、すでに怪獣横丁の一員ですがcoldsweats01

ミゼット同様、この時代の車は癒されますね。
懐かしさとはまた違った、全体から醸し出される優しい雰囲気が
そんな感情を呼び起こすのでしょうか。
オート三輪、マツダR360も好きですが
丁度良いサイズがあったとしても当時物のブリキくらいで、高額必至なので
貧乏な私は、ミニカーでガマンです。
いつかどこかのメーカーで、もう少し大きいのを出してもらいたいものですがhappy01

ラジコンクラウン、拝見しました。
ALWAYS関連でこんなの出てたんですねー。いやービックリeye
加えてたまさんのリサーチ能力に、改めて感服ですhappy01

>カローラレビンのラジコン

やっぱり、頭文字D人気にあやかっての商品化でしょうか。
トレノじゃないあたりが微妙ですがcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/45047866

この記事へのトラックバック一覧です: ロクハチ式サブロク:

« 四十四年前の輝き | トップページ | 二頭身ソフビガーZ »