2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« チームOXO西へ・後篇① | トップページ | ゴメス鳥羽みやげ »

2012年2月26日 (日)

チームOXO西へ・後篇②

さて。今月18・19日の鳥羽ドライブ旅行もいよいよ大詰め。
おバカな写真リポートも、今回が最後ですhappy01


ちなみに記事前篇は
コチラ、後篇①はコチラなので
おヒマな方は先にご覧頂けば、より分かりやすいと思いますhappy01


2月19日。快晴に恵まれた遊覧船「竜宮城」の鳥羽湾周遊を楽しんだあと
車を出発させた私たち。
昨日がんばってくれたro_okuさんに代わって、今日の運転担当は出世頭のKくん
散歩で空腹感、食欲共にほどよく回復したので
次の目的地を目指し、踏み込むアクセルにも力が入りますrvcar

そう。せっかくの伊勢ドライブですから、お昼もやっぱり海の幸。
向かう先は飲み物持ちこみOKとのことなので、行きがけにスーパーで買出し。
私が感心したのは、ここでのドライバーKくんの土地勘でした。

以前から伊勢旅行の経験者だった彼は、物資調達に最適なお店など
便利な情報を実に細かく把握していて、ハンドルさばきも申し分なしscissors

歩くカーナビ的なこういうメンバーが居るだけで、スケジュールもグッとスムーズに。
さらに何度か触れた通り、Kくんは仲間内で最も出世した立場ながら
その事をおくびにも出さず、他メンバーを立て自分は一歩下がる謙虚ぶり。

いやー大人だわあKくん。奥さんが羨ましいlovely


ひょっとして今回の影の功労者は、彼かもしれません。
ここでぜひ、彼の写真をお見せしたかったのですが
1ショット写真が一枚も無いのが、実に悔やまれますcoldsweats01

こんな風に今回の旅行は、メンバー各自の役割分担が完璧だった事に加え
互いへの行き届いた配慮が、本当に気持ち良くさせてくれました。
子どものようにはしゃいでいたのは私一人で、残りのみんなは
足手まといな私を、温かく見守ってくれていたんですねhappy01


さて。そんなこんなで
Kくんの土地勘とカーナビを頼りに車を飛ばした、鳥羽市は浦村町の山中に
忽然と姿を現わした謎のスポットこそ
目指すお昼の目的地、
B.B.Q.センター「モンキー」。

Photo


その佇まいはご覧の通り、ほったて小屋と駐車場で営業しているかのよう。
いかにもカントリーなその雰囲気が、空腹感を刺激しますlovely
ここで食べられるのはもちろん・・・


Photo_24

そう美し国・伊勢の代表選手、海の幸カキ料理!
焼きガキ、蒸しガキなどカキ料理が90分食べ放題で
その後はカキご飯やカキ汁など、まさにカキづくしという夢のお店!

そう考えるとこのバラック風いでたちも、漁村風の演出に見えるから不思議happy02


Photo

晴天の下では、漁師を思わせるベテランスタッフが
もうもうたる煙の中、大量のカキをガンガン焼いていました。


Photo_6

あー青空に漂う香ばしい匂いlovely
こんなのを見ると、食欲にも俄然スイッチが入っちゃいますよねー。

ブルーシートに覆われ、会議机だけが無造作に並べられた
漁師町感抜群の部屋に通され、今や遅しと待っていると・・・


Photo_26

出ました焼きガキ!開くのに苦労しましたけど。
さすが焼きたて。私も軍手を真っ黒にしながら、女を忘れて食べる食べる
happy02

Photo_27

この時ばかりは子どもに戻り、猛然とカキに襲いかかるOくん。
このお店もOくんの手配で、週末ゆえどのお店も予約一杯だった中
粘り強くアタック、実に四軒目のヒットだったそうです。
なんて素晴らしい幹事ぶり!彼になら私も襲われたいhappy01happy01happy01


Photo_28

写真好きのGくんも、目の前の美味に撮影を忘れてご満悦。
私が向けたカメラに合わせ、しっかりポーズをとってくれましたwink

こういう焼きたてスタイルが初体験だった私たちは
持ち込みも、ビールやお茶などの飲み物だけでしたが
醤油やマヨネーズなど、調味料一式を豪快に用意したリピーターの方々も居て
上には上があるもんだなと、一同苦笑と感心coldsweats01


Photo_29   

焼きガキ、蒸しガキでお腹いっぱいになった後の締めは
ご覧のカキごはんとカキ汁。
さすがに入らないかと思ったものの、雰囲気に押されて食べちゃうんだなコレがcoldsweats01
この一連の暴食が祟って、帰宅後は体重が2㎏も増量weep
まーいいでしょう。食べ放題をガマンする方が体に悪いしhappy01


Photo_30

髪や服がススまみれになりながらも、満腹で心から幸せhappy01
そんな食後の一瞬を、写真に残してもらいましたcamera
「撮ってやろうか?」と気を遣ってくれたGくん、その優しさが嬉しいんですよweep
でもどうしてでしょうね。Gくんのカメラだとなぜか
ブーツが片方ズリ落ちる不思議。大村崑の法則とでも言うのでしょうかcoldsweats01


Photo_15

お店の片隅にひっそり残っていたのは
世代人には懐かしい、’62年に生まれた名軽自動車、マツダキャロル。
今やボディのみに朽ち果て、道具置き場となっていましたが
きっとかつては町の働き者として、伊勢界隈を元気に走っていたのでしょう。
その功績に敬意を表し、ゴメスと共に一枚camera
’66年生まれのゴメスにとって、このキャロルはまさに同世代ですから
幼馴染と言えるでしょうねhappy01



このカキ食べ放題プランは、雰囲気も味も良かったと全員に好評で
骨を折ってくれた幹事Oくんの株は、イッキに上がりましたhappy01
その後、伊勢まで足を伸ばしたら行かなきゃバチが当たると向かったのは
最後の目的地、伊勢神宮。
お伊勢さんの名で誰もが知るこの神社、最近はパワースポットとしても有名ですが
来年に式年遷宮を控え、すでに今年から例年以上の注目度です。


この日は日曜日の上晴天だったので、近づくにつれ大変な渋滞で
神宮近辺の駐車場は満杯、停めるのは不可能と思われたのですが
なぜかここでも、Kくんの不思議なカンと他メンバーとのチームワークで
運良く空いた近くの駐車場にスベリ込め、事なきを得ましたhappy02


今回はこの手のミラクルが頻繁に起こり、今も不思議で仕方が無いんですが
それもやっぱり、社会経験を積んだメンバー全員の的確な状況判断ゆえと
改めて感心しております。

何の根拠もないのに「なんとかなるだろう」「この車線なら大丈夫」なんて
自信タップリに豪語するみんなの言う通りになっちゃうんだから
運も実力の内なんて、思わざるを得ませんねhappy01


Photo_17

参拝時の出発点、大鳥居の前も人でいっぱいgawk


ところがここで、私に予期せぬアクシデントが。
ここから本宮までは、歩いて15分の距離なのですが
伊勢神宮参拝の予定はイレギュラーで、当初のスケジュールには無かったため
ヒールの高いブーツに酷使された私の足は、ここで悲鳴を上げてしまったのですshock
すでにブーツの中で足は出血、もはや立っているのも辛い状況だったので
参拝するメンバーを見送り、私はここで帰りを待つ事に。
ここまで来て残念でしたが、足が動かなければ仕方が無い。
いさぎよく諦めて、近くの石垣に腰掛け疲れを取っていました。


Photo_2   

この神宮には、近くにたくさんのニャーちゃんが暮らしているようで
詰めかける参拝客のおやつを求め、人間へも抵抗なく近寄ってきます。
この日もそんな一匹が、休憩中のおばちゃんたちと遊んでいました。


Photo_21

その隣、私のすぐ近くにももう一匹。
毛並みの良い福顔のトラ猫で、眠っているのか何をやっても逃げません。
あまりの可愛さに、ゴメスを置いて撮影大会camera
ここまでソフビを近づけてるのに、全く動じない度胸の良さcoldsweats01
残念ながら参拝できなかった私は、この福顔ニャーちゃんを神さまに見立て
かしわ手を打っておきましたcat

(予告記事とは違う写真を使ったので、ご興味ある方は比べてみて下さいhappy01


Photo_22

参拝に向かったGくん撮影による、参道の様子。
日曜日とはいえ、ホントにスゴイ人ですねー。
この後は無事全員合流、お約束の伊勢土産、赤福を買って帰路へ。
今や全国区ながら、おかげ横丁の一角に居を構える赤福本店へは
列のとぎれることがありません。
「同じ赤福でも、本店で買うことに意義がある」という思いは
参拝者だれもが感じる事なのでしょうねsmile



楽しかったドライブも、いよいよ終盤。
陽も傾く中、帰りに寄ったサービスエリアで最後の一枚camera
夕景ゆえ影も後ろへ長く伸び、ヒーロードラマのエンディングみたいだったので
思わずこんな演出でsmile


Photo_3

終始無邪気な笑いが絶えなかった、今回の一泊旅行。
ここには書けない爆笑エピソードも、多々ありました。
皆さんお察しと思いますが、ホントはそういうお話の方が
何倍も面白かったりするんですよねsmile
それは参加メンバーだけの特典として、各自の胸に秘めておく事としましょうhappy01

とはいえこの解散の直後から、たまった仕事や家族との約束があって
社会人、お父さんの顔に戻るメンバーが居たことを思うと
二日間の幼馴染気分も、もう余韻を楽しめない年齢なんですね。

そんなメンバーが、気の向いた時に「ネヴュラ」を訪れて
このリポート三部作で、楽しかった旅行の1ページを思い出してもらえれば
私はそれで充分満足です。

と同時に他の読者の方々も、こんなヘタレ記事ながら
どなたの記憶にもある、幼馴染との再会の思い出と重ね合わせて頂ければ
これに勝る喜びはありませんhappy01



まーお互い、この歳になればいろいろあるけど、応援してますよ。

寄る歳波や世間の荒波に負けず
戦え!幼馴染戦隊・チームOXO!!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

« チームOXO西へ・後篇① | トップページ | ゴメス鳥羽みやげ »

「女子な日々」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カキ美味しそうですね。
怪獣クンも喜びそう。
ネコちゃんも嬉しそうですね( ^)o(^ )

てふてふはべる様 おバカな長文記事におつき合い頂き、ありがとうございましたhappy01
カキ料理にはあまりなじみの無かった私ですが
今回のカキづくし、特に焼きガキの美味しさにはビックリしましたeye
おそまきながらこの歳にして、カキに目覚めてしまったかもしれませんhappy01
気まぐれに持っていったゴメスながら、今回は予想外に活躍してくれて
コレを映りこませるだけで、ただの観光写真には無い
「ネヴュラ」ならではの世界観を作り出せたと、自己満足ながら喜んでいますhappy01
ネコちゃんもさすが伊勢神宮在住。その動じなさは驚きで
私だけでなく、周りの参拝者が寄ってたかって可愛がっていましたhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/44271234

この記事へのトラックバック一覧です: チームOXO西へ・後篇②:

« チームOXO西へ・後篇① | トップページ | ゴメス鳥羽みやげ »