2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 宿命の待ち伏せ | トップページ | 三作目の夕日 »

2012年1月22日 (日)

人間標本1.22

晴天に恵まれた昨日に続き
名古屋は今日も、最高気温が10度超えのポカポカ陽気
sun
始めてまだ12日なのに、足腰や腹筋へ驚異的効果を発揮し続ける
健康美容超兵器・レッグ美ジョンに影響されたのか
日の出と共に居ても経ってもいられず、今日は久々に
早朝と昼間、二回のウォーキングに挑戦しましたrun

まーそれにしてもスゴイ効果。嘘のように脚が軽いhappy02
普段は青息吐息、一時間半かかってたどり着くいつものコースも
今日は鼻歌交じり、余裕の一時間で制覇scissors

決してメーカーの回し者ぢゃないんですが
ここまで効くなら、もっと早く始めればよかったhappy02

はっきり言って体重は変わっていないのに、体型の変化は驚くほどのスピード。
日に日に体が締まっていく感覚が、自分ではっきりと分かります。
ウォーキングに余裕が出てきたなんて、いったい何年ぶりでしょう。
筋肉が鍛えられている為、体力の回復も驚くほど早いです。
体内に眠っていたエネルギーが、一気に解放されたような気持ち良さと言っても
決して大げさではないようなhappy01


まーこういう実感は、言葉で表現できるものではありませんから
何万語を尽くしても意味はありませんね。失礼しましたcoldsweats01
これほどまで即効性とは思ってもいなかったものですから
つい言い回しも勢いづいちゃってsweat01
今もショップチャンネル等で放送され続けている、本家レッグマジックの
効果説明に、オットセイのごとく頷き続ける私が居ますhappy01



さて先週に続き、46年前の今日、1月22日に放送された
ウルトラマンのエピソードに思いを馳せて
二度目のウォーキングでは、こんな写真を撮ってきましたcamera


Photo

午後三時、いつもの公園で展開される、宇宙生物同士の死punch
バックのすべり台がユルすぎますがcoldsweats01
サブタイ通り、今日1月22日は第28話『人間標本5.6』の放送日
だったんですね。


ある意味、和製ソリッドシチュエーションホラーの嚆矢とも言えるこの作品は
冬本番のこんな時期に、放送されていたわけです。

そりゃ私をはじめリアルタイム派の子どもには、トラウマにもなりますねshock
ウルトラQ『海底原人ラゴン』の勝手口と並んで
研究所や病院の類で廊下の角を曲がる時、軽い緊張を覚えてしまう癖は
このダダのおかげと、少々恨んでおりますcoldsweats01

あと、理科室の机に置かれたビーカーの下もshock


Photo_2

人智を超えた巨大な体躯が轟然と迫り来る、怪獣の恐怖と違い
ダダの怖さって、人知れず捉えられ見知らぬ場所に送られてしまうという
人さらいのそれですよね。

その能力もどこか不気味で、某ウルトラファイトのサブタイ通り
『ダダ消えたり出たり』なんて、なんとなくつかみ所がありません。
あのウルトラマンだって、気を許せば縮小化されてしまうほどの
抜け目なさも誇る、この宇宙の誘拐犯。

使い分ける必要性が今一つ分からない三つの顔も
彼らの不気味さに、一役買っているような。

ゼブラ模様だけがシンプルに描かれた、モノトーンの全身の中で
艶かしく光る、ピンクの口唇。
硬質そのものの顔面の中で、唯一の生物感を主張するあの口唇こそ
宇宙生物ダダが見せる、感情の部分なのでしょう。

ひたすら無言を貫く、劇中のダダも怖いですが
追い詰められたターゲットを前に、もしあの口が開かれた時。
そこからは、歓迎せざる言葉が放たれるに違いありません。
古今東西、過去から現在まで
狩人に見据えられた全ての獲物を恐怖のるつぼに突き落とす、あの言葉。


『次はオマエだッ!』

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 宿命の待ち伏せ | トップページ | 三作目の夕日 »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43836492

この記事へのトラックバック一覧です: 人間標本1.22:

« 宿命の待ち伏せ | トップページ | 三作目の夕日 »