2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の記事

2012年1月31日 (火)

1月にお迎えしたお二人

Photo

今月は、女子力アップに力を入れたので
そっち方面のアイテムで予算を使い果たしちゃった事情により
お迎えできた怪獣おもちゃは、今日届いたこのお二人だけhappy01

ネットオークションで29日夜に落札、代金を昨日振り込んで今日到着ですから
まれに見るスピード取引。運良く今日の記事アップに間に合いましたhappy01
未開封新品で一体あたり、送料込み1,440円。
相場より少しおトクなくらいでしょうか。


出品者の方とは、昨年から何度ものおつき合いですが
いつも迅速・誠実にご対応頂け、非常に感謝しています。

メール等のやりとりのみで金銭の受け渡しを行う、ネットの取引には
何かと不安が付きまとうゆえ
互いの信頼を獲得する上では、そういうスムーズな対応が
唯一かつ、最善の方法なのでしょうね。

で、今回はご覧の通り。M1号の”ルトラQ”スタンダードサイズソフビ二体。
袋に貼られた非売品シールがなにやら珍品の香りを醸し出す、蓄光ラゴンさんと
不勉強ながら生まれて初めて現物を拝見した、ピーター御大eye

Q怪獣ではややマイナーゆえ、立体化も後回しになりがちなピーターですから
ユルソフビの存在だけでもありがたいのに
これほど良い出来とは思いませんでしたhappy02
入手記念に今夜は、ATG映画『薔薇の葬列』でも見ようかとhappy01

最近活躍中の怪獣横丁メンバー、モノクロペギラとレッドキングも
新たなユルトラ仲間に目をパチクリ(死語でしょうねたぶんcoldsweats01
とはいえ昨年8月11月にお迎えしたユルソフビも
まだまだ開封が間に合っていませんから
今後はそれらのおひろめも合わせ、賑やかな怪獣横丁になりそうですね。


明日あたりからは名古屋にも、この冬最大の寒波が訪れるらしいので
共に海底住まいのラゴンやピーターには、ちょっと受難の時期かも。
地上の冷たい風で、インフルエンザにかかっては可愛そうですから
いつもの森に連れて行くのは、寒波が去った後にしますhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月30日 (月)

ALWAYS三丁目の夕日’64感想・中篇

さて今回は、先週月曜日に劇場鑑賞した
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』についての感想記事

⑤同業者目線

についての感想をお話することにしましたhappy01

結局、思い描いた内容にはならなかったのですが
どこかで形にしておかないと、永遠にまとまらない気がしたものでcoldsweats01
いつもの下らないお話ながら、おヒマでしたらおつき合い下さい。
ちなみに前回の感想記事はコチラ



なお今回も内容上、映画本編のディテールに触れざるを得ず
ネタバレとなるのは必至ゆえ
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』及び
ALWAYSシリーズ一作目、二作目を未見の方は
鑑賞後にお読みになる事をおすすめします。

さて。もともと頭も表現力も無い所へ持ってきて
過剰なまでの時代再現が生み出す、強烈なノスタルジーに惑わされた私ですが
全篇に渡って曇りがちになる選作眼を振り絞って
私が今作『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(以下『’64』と表記)に
映像屋の端くれとして感じた事は
前回の感想記事でお伝えした通り、大まかには二つありました。


『3D化の功罪』


『三作目の法則』


悪い癖で、いずれも長文になっちゃうので
二点を読みやすくする意味で
今回は一つ目『3D化の功罪』の巻をアップしようと思いますhappy01


3D映画として作られた事が大きな売りの今作『’64』。
とはいえ私は2D版を観た為、3D版について語る資格など無いんですが
ネットに溢れる感想ブログなどつらつら眺めるに
どうやら、3D効果に対する印象は賛否両論のようでconfident


手放しで賞賛する肯定派が居る一方
3Dメガネ着用の為に、画面がボヤけ観にくかったとか
それほど3D効果を感じなかったとか
そもそも3D効果を意識した場面そのものが少なかったとか、ガッカリ派も多数coldsweats01
皆さんの感想を読んでやきもきするくらいなら
私も3Dバージョンを観ておけばよかったと、今さらながら後悔するばかりですが
その一方、2D版鑑賞の時点ですでに、明らかに3D効果を狙ったであろう場面は
ほぼ判別できておりました。



・オープニング、夕日町の路地裏から東京タワーの大俯瞰へ向かう
タイトルバックの大トラックアップショット

・中盤、鈴木オート店内で
ロクちゃん(堀北真希)に結婚を申し込んだ菊池(森山未來)が
則文(堤 真一)に殴り飛ばされるバックショット(スロー処理)

もっともその後の”変身カット”については
感想ではあまり採り上げられていなかった為
3D化の事実は判然としませんが。



感想記事で話題に上った3Dカットは、大まかにはこの2カットでしたが
日本映画専門チャンネルで放送されたメイキング番組での
山崎貴監督へのインタビューによれば
夕景の中に飛ぶ赤トンボのカット等も、3D化されていたと聞きました。
なんと私、その場面はトンボのごとく記憶から飛んでおりまして
まったくお恥ずかしい限りなんですが

トンボが顔の周りを飛び回り煩わしい印象が、3D化の演出意図だったそうですから
3D版をご覧になった皆さんはきっと
秋の夕暮れの雰囲気に酔いしれた事でしょうねwink



他にも、東京上空に五輪の飛行機雲を描き画面手前を飛び去る
ブルーインパルスのカット

(劇場販売パンフレット7ページ上段に掲載された写真のカット)や

ストーリー終盤近くで、手前に夕日町の町並み、奥に東京タワーを捉えた夕景カット
(同パンフ、P6上段写真の画角が近いかと思います)
なども、画面構成や色彩設計、動線演出等が3D化を意識したものに思えましたが
3D版をご覧になった方、実際の効果はいかがでしたでしょうか?



とまあ、頭も動体視力も悪い私がちょっと挙げただけでも
これだけの3D演出が見受けられました。
こんな事は、ちょっと映画好きの方ならすぐお分かりと思いますが
私が気になったのは、そこから先の部分で。



前述のカットそれぞれは、今も印象に残っていますが
3D映像のインパクトを優先するあまり
2Dではそれらのカットのみがドラマから浮いてしまって
ストーリーの流れやリズムを、断ち切ってしまっていたように見えたのです。

鑑賞時は、それらのカットが3Dとは一切知らなかったのに
なぜか非常に、違和感を覚えてしまったわけですね。


その為、観客の意識がアイドリング状態であるオープニング画面あたりは
まだ弊害が少なかったものの
ブルーインパルスのシーンあたりになると
いかにジェットエンジン装備のF-86Fであろうと、動きがスムーズすぎる上
飛行機が手前に迫る、広角レンズ撮影風作画を施している為
デジタル処理そうろうのカットになってしまっている。

その前カット、地上で日の丸を掲げ喜ぶ夕日町メンバーのアナログぶりとは
かなりの隔絶感。
さらに、コレは私だけの感覚かもしれませんが、ディテールが非常にアニメっぽい。
同山崎監督作品『SPACE BATTLESHIP YAMATO』の
宇宙戦闘シーン、ブラックタイガーチームの動きに通じる
演出センスを感じたわけです。
すべてが作り物感覚の『YAMATO』なら違和感無くても
全カットに人間のぬくもりを宿さねば成立しない『ALWAYS』では
木と竹を繋いだように見えてしまったと。


鈴木オートのカットでは逆に、3D処理にスロー演出まで加えられているので

その前のシークエンスで、次は殴り飛ばされる場面であることが
予想できている観客には
いかにも遅く、平板な展開に見えてしまう。
私は、菊池氏がカメラに向かって飛んでくるカットの
カット頭、カット尻の0.5秒程度が、間延びしていた印象を受けました。

映像用語で言えば「編集点が甘い」ということです。


私もあの場面には「あーあ。やっちゃったな山崎監督」という
落胆を禁じえなかったですしsad
あそこはスベっていたという感想も、ネットでは散見されました。
3Dならストレスなく見られたであろうカットも、2Dではその間延び効果が
観客に「スベっている」という印象を与えてしまったわけです。
ALWAYS一、二作目では、ベタなストーリーを演出技法の冴えで
回避し続けられた山崎監督なら
別の手を考えられたろうに、つくづく惜しい結果とは思います。


さらに手前に町並み、奥に東京タワーのカットに至っては

一つの画面なのに、町並みと東京タワーの間に明らかな「空気層の差」があって
その差はさながら、昔の怪獣映画などでよく散見された
書き割り背景の前にミニチュアセットを置いたような雰囲気。

この画面を観た私は
「今のCG技術で、こんな違和感を調整できない筈はないから
コレもきっとも3D処理の弊害で、2Dだとこう見えちゃうんだろうな」
なんて、妙に納得していたものですcoldsweats01


でもそういう事って、どんな監督であろうと
作品全体の仕上がりを見て初めて分かるんですよね。私もよ~く感じます。
たぶん山崎監督も、各場面では悩まれたのではないでしょうかconfident


前述の同作メイキング番組で
今作は、山崎監督の3D演出初挑戦作品と伺いましたが
3Dカットの仕掛どころと演出リズムについては
山崎監督に限らず世界中の映像クリエイターにとって
まだまだ研究課題であることを、再認識した次第です。
加えて、今日お話したこれらは
決して、重箱の隅突きを意図したものではなく
他が完璧だったからこそ、逆に目立った点であることをつけ加えておきます。



稚拙な自論ながら、映画は庶民の娯楽、見世物で良いと思っているので
そういう言わばお化け屋敷的な”ビックリ画面”を折り込む姿勢には
まったく異論が無いのですが
3D・2Dという、二種の異なる上映形態が存在し続ける限り
立体効果のインパクトで、ストーリーのリズムを保ち続けられる3D形態と
同じカットでも立体効果が無いため
その部分がリズムを崩し間延びしてしまう2D形態という
二つの異なる印象を、観客に与えざるをえないわけですね。


自作のリズム、つまりは演出意図を
3Dのインパクトに合わせるか、2Dの平板展開に合わせるか。
監督にしてみれば、頭の痛い選択と思います。
前述の私の感触から考えて
山崎監督は今作に関しては、3Dのインパクトを採ったのでしょう。
でもこういう事も、サイレントからトーキー、モノクロからカラー
スタンダードからワイド画面など、映像技術進化の過渡期で必ず起きる
並行上映形態ゆえのジレンマ、研究項目ですよね。
いつか3D上映が当たり前となり、2Dが過去の遺物となった時
こんなジレンマも、思い出話になるのでしょう。


とまあ、しょせん2D版しか観ていない私が
想像でアレコレ書いても、意味は無いのでしょうね。
機会あればぜひ、3D版も観てみたいと思っています。
間違いなく感想は変わるでしょうが、この記事も未見時の印象として
残す意義はありますしね。
3D版を観ちゃったら、こんな感想は書けなくなっちゃうわけですから。


さあ。あまりダラダラと書くのもアレなので
今回はこのあたりにしましょう。
『’64』感想記事、次は「三作目の法則」。
コレも脳内編集中ゆえ、必ずしも次回の記事でアップできるとは限りませんので
気長にお待ち下さい。
まー待ってる方も居ないでしょうけどhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月27日 (金)

電人ヴィールスマン

えー本当なら今回は、前回記事で予告した通り
今週月曜日に鑑賞した『ALWAYS三丁目の夕日’64』
(以下、記事中では『’64』と表記)の感想、後編をアップする予定でしたが

前回記事の冒頭でお話したように、やっぱり作品内の様々な要素が邪魔をして
考えをまとめるには、もう少し時間がかかりそうです。

ですから、そちらのアップはちょっとお待ち頂くことにしてcoldsweats01

今回は『’64』劇中に登場する架空のキャラクター、『ヴィールス』について
いつものおバカな妄想でもお話しようと思います。




なお今回は、前回記事以上にネタバレ全開で行きますので
未見の方は、鑑賞後にお読み頂く事をおすすめしますhappy01





『’64』ストーリー中、結果的に、登場人物の蜜月関係に一石を投じる事となる
重要なファクター、
『ヴィールス』
世代人なら感涙を禁じえない、SFヒーロー小説ですね。
劇中では、当時の少年たちに大人気を博し
発行誌『冒険少年ブック』編集部には、フィギュアまで飾られるほどでした。

その爆発的人気が、ストーリーに微妙な波紋を呼び
例のファンレター騒動を経て、「彼」の才能の開花と旅立ちに繋がって行くという
作劇構造は、同時代を生きた者の心をわし掴みにする心憎さhappy02



すでに劇場で『’64』を鑑賞済みの方は、ご記憶にも新しいと思いますが
件の編集部に飾られた『ヴィールス』のフィギュア、パンフレットによれば
東宝装飾部のスタッフが発砲スチロールから削りだした、ワンオフだそうです。

’64年当時のヒーローテイストを色濃く反映した、懐かしさいっぱいのデザインで
ノスタルジックヒーローズあたりがソフビ化したら売れそうな、素晴らしいフォルム。

とはいえヒーローファンからすれば、デザインの元ネタを邪推してみたくなるものでcoldsweats01

まー当時を知る方々に限らず、ちょっとヒーロー好きの方が見れば
あのヴィールスの元ネタは、すぐに推測できますよね。

私が思うに『ヴィールス』のフォルムは

『電人アロー』(一峰大二・1964年~66年・月刊「少年」掲載漫画作品)と
『8マン』(桑田次郎・1963年~65年・「週刊少年マガジン」掲載漫画作品)
→1963年~64年・TBS系テレビアニメ化
(アニメ時のタイトル表記は、カタカナの『エイトマン』)

のデザイン、カラーリングを足して二で割り、アレンジしたテイスト。

前述の通り、両作品とも『’64』の舞台となる1964年頃のヒーロー作品ですから
ヴィールスのデザインに当時の香りが濃厚なのも、当然といったところです。

『電人アロー』『8マン』をご存知の方はもうご承知でしょうが
『電人アロー』の作者、一峰大二氏は『ウルトラマン』『ウルトラセブン』
『8マン』の作画担当、桑田次郎氏は『ウルトラセブン』と
一時代を築いたウルトラヒーローのコミカライズを、共に手掛けられた大家。

互いの作風の違いはあるにせよ、両者の描く『アロー』『8マン』は
’64年当時としても非常にスマート、洗練されたフォルムを持ち

まぼろし探偵やアラーの使者など、’50年代少年活劇の香りを色濃く残していた
他のヒーローとは、一線を画していました。

そういう意味で両者はまさに、新時代ヒーローの旗手でもあったのです。


まー古いヒーローファンである私なんかは
スモッグや高層ビルに視線を切り取られる以前の時代の、気持ちよい青空の下
個性溢れる敵キャラクターを相手に、澄んだ瞳とりんご頬で戦いを挑む

『少年ジェット』(武内つなよし・1959年~62年・月刊「ぼくら」掲載漫画作品)
→1959年~60年、1961年~62年・フジテレビ系テレビドラマ化

など、少年活劇ヒーローも大好きで
今でも起床時のBGMは『ナショナルキッド』の主題歌だったりするんですがhappy01

『’64』劇中、件のヴィールスと人気でシノギを削るキャラクターが
これら’50年代少年活劇の香りを残すタイトルの
『銀河少年ミノル』ですから

『ミノル』と『ヴィールス』の人気競争はまさに
『少年ジェット』ら少年活劇と『8マン』ら新時代ヒーローの交代劇たる
’64年当時の子ども文化の図式を、髣髴とさせるものだったわけです。


その結果、時代の要求に『8マン』が応えたという歴史の事実を思えば

『ミノル』VS『ヴィールス』の顛末も、先人を越え新時代を築く若い力という
『’64』のテーマの根幹に関わるエピソードと言えるわけですね。

だからそのデザインも、新時代ヒーローを象徴する
(電人アロー+8マン)÷2プラスアルファでなければならなかったと。

うーむ深い。あのデザインはまさに演出意図の具現化であり
そこまでの意味があったんですね。
まー私の勝手な憶測ですけどcoldsweats01
でも好きだわあヴィールス。ホントにどっかでユルソフビ化されないかなlovely
お話をどうしても、おもちゃの話題に持って行きたいおバカな私coldsweats01



そうそう。『’64』劇中では見られなかったけど
対抗作品『銀河少年ミノル』のデザインも気になるな
happy01
やっぱり少年ジェット風?
宇宙犬スペースシェーンと共に、宇宙スクータースペースラビットを駆る
銀河探偵社の敏腕探偵ミノル!
ブラックホールデビルや暗黒レッドベアを相手に
宇宙の悪事をくじくため、銀河少年ミノルは今日もゆく!
となれば当然決め技は、宇宙エネルギーを声帯に集中させて一気に放つ
『流星ミラクルボイス』で決まりですッ!このレトロなネーミングがたまらないっhappy02
空気振動である声が、宇宙空間で武器になるかなんて理屈は
『ミノル』世界では関係ありません。面白ければいいんですよ少年活劇はhappy01

どーせ対抗するブラックホールデビルだって、愛用のステッキから
爆煙交じりの焔なんて出すんでしょうから。大気圏外でsmile



劇中設定無視の妄想ばかりで失礼しましたsweat01
こうなってくると、ミノルもヴィールスも読みたくて仕方がないですが
それは無理な相談なので、せめて雰囲気だけでもということで
今日のラストはこの二曲で。

両曲とも私の愛唱歌。共にフルコーラス歌えるのが自慢という
2012年にして未だ、リアルALWAYSな私ですhappy01
happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月26日 (木)

ALWAYS三丁目の夕日’64感想・前篇

さて。今週月曜日に鑑賞した『ALWAYS 三丁目の夕日’64』。
号泣の末に帰宅後、今日までつらつら感想を考えていましたが
どうにもまとまりきらなかったのは
今作も含む、映画『ALWAYS』シリーズ三作の持ついくつもの顔に
私自身が翻弄されていたからでした。


このシリーズに対する私のスタンスを
ちょっと挙げただけでも

単純にストーリーや出演者の演技に一喜一憂する、一般鑑賞者としての私

時代背景を再現した劇中のセットや小道具のディテールクオリティーを
”動くタイムスリップグリコ”として注目する、プロップファン目線の私

それらディテールや出演者が醸し出す時代の空気に、無上の懐かしさを覚え
古い写真を眺めるように鑑賞する、その時代を生きた者としての私

子役ら出演者の成長を楽しみに、数年ごとに覗きに来る親戚筋にも似た目線で
作中人物と知り合いのような錯綜感を楽しむ私

脚本や演出、カメラワークや3D技法など
制作スタッフの仕事の部分に注目する、同業者目線の私

少なくともこの五つの視点が複雑に絡み合い
観る角度によって、視点各々の配分がプラスマイナスされて
感動が倍増される事もあれば、相殺される事もあると。


通常の映像作品であれば

例えばの部分は、それが架空のプロップであれば
そのデザインテイストを味わうなど、作り物としての楽しみ方が出来るのですが
この作品は
「今や博物館でしかお目にかかれない過去の生活用品が、現役だった時代」
という、極めて特殊な舞台設定ゆえ
その時代を体験している者にとっては
セットやプロップへの思い入れが過剰になってしまう。


車が町を走るなんて、普通の映画なら当たり前のシーンでも
背景が昭和の街並、車がミゼットとなれば話は別で
おおースゴイよく出来てるなんて、過剰感動してしまうわけですね。
あの懐かしい風景を再現する為に、最新のVFXが使われているという事に
何とも言えない驚きを覚えてしまうわけです。


の部分についても
現代や架空の世界が舞台の作品なら考える必要がない為
感想も比較的書きやすいのですが
このシリーズは”過去の庶民生活の再現”へのこだわりが一つの売りなので
時代描写のディテール一つ一つ、特に劇中で意識的に強調されている
「扇風機あ゛~」「お風呂後腰に手当て牛乳」「塩おむすび」「シェーのまね」などなど
”庶民誰もが行った、あの頃あるある”が、私の中で通常以上に反応してしまい
あまりの懐かしさや劇中キャラクターとの親近感に、ある意味幻惑されて
作品を冷静に見ようとする目が曇ってしまう。

正常な解析ができないわけです。

手垢の付いた言い方ながら
郷愁感情が、理性に勝ってしまうわけですね。
幼い頃の思い出が作品を美化しすぎちゃって、正確なジャッジが下せない。
決して否定的な意味ではなく、それも作品の大きな魅力ですから
歓迎すべき点なんですがhappy01

ですからある意味、この作品を冷静に解析できる人々は
1950~60年代という高度成長期をリアルタイムに過ごしていない
若い世代なのかもしれません。
逆に、その時代を生きたリアルタイム派にすれば
冷静に観られない代わりに、作品を通じて自らの過去を追体験できるという
無上の喜びを得られるわけです。

頭で観るか心で観るか。それによってこのシリーズの感想は
大きく変わってくるのでしょう。




いささか前置きが長くなりました。
これから順不同ながら、前述の各視点で
作品への下らない感想などお話しようと思いますが
当然ながら私はリアルタイム派なので、’64年という時代への思い入れに
かなり傾くきらいがあることを、事前にお伝えしておきます。
またそうした特殊な作品形態ゆえ、ディテール絡みの感想に触れざるを得ず
結果的にネタバレを避けられない部分がありますので
未見の方は、鑑賞後にお読み頂くことをおすすめします。



まず①ストーリー・出演者の演技についてですが。

コレはもう、すでにご覧になった方々の感想とほとんど変わりません。
ストーリーはどこから切ってもベタベタの『三丁目の夕日』であり
鈴木オートも茶川さんも淳之介もロクちゃんも
全て私たちの知る彼らのまま、スクリーンでにこやかに迎えてくれます。

ただ、これもおそらく他ブロガー諸氏の感想記事で散見されるでしょうが
一作目の「出会い」二作目の「日常」に続く今作のテーマは「旅立ち」であり
劇中、おなじみの登場人物二組が紡ぐストーリーの主要エピソードには

「人間は成長と共に、いつまでも三丁目という夢の町で
美しい夕日を見てはいられない。
未来を信じ旅立つ者とそれを見送る者、それぞれに別れと希望の涙がある」

というメッセージが、強く打ち出されています。
テイスト・テーマ性で言えば
一、二作目は「毒を抜いた駅前シリーズ+分かりやすい川島雄三」
今作は「静止絵画的演出を排除した小津安二郎」といった所でしょうか。

前作『続・三丁目』ラストシーンと今作ラストシーンの意図的な対比を観ても
そのテーマ性が浮き彫りになるのは明らかです。

そのテーマに沿って、今作の出演者の演技は
一、二作目には見られなかった微妙な陰影を醸し出しますが
とはいえそこはやはり『ALWAYS』。
リアルとファンタジーの微妙な中間テイストを維持する
演技設計はさすがのもので
観る者に不安感や不快感を与えません。


そのあたりに④の”親戚筋目線”を満足させるものがあるのでしょうが
作品の時系列と出演者の実年齢がほぼシンクロしている上
特に子役に顕著な、その成長度を見るだけでも楽しいので
「まあー鈴木さん宅の一平ちゃん、ちょっと見ない間に色気づいちゃって」
「もうロクちゃんもお嫁に行く歳かあ。キレイになるはずだわ」

なんて、その成長を微笑ましく感じられる効果も絶大な訳です。
そうした効果が、観客を客席に置き去りにせず作品世界に誘ってくれる
強力な牽引力に繋がっているような気もします。



②プロップファン目線や
③古い写真目線に関しては、もう言わずもがな。

東京タワーを象徴として、徐々に近代化してゆく街並のディテールが
私の幼少期の記憶を、鮮やかに蘇らせてくれます。

鑑賞当日も、観客の年齢層は私と同世代かもしくはやや高く
森山未來氏演じる菊池医師のマイカー、トヨタパブリカに
客席のあちこちからは「あれパブリカだよ。懐かしいなあ」なんてつぶやきが
漏れ聞こえていました。
年長者がこんな感想を口に出来るのも、この作品ならではでしょう。

そうした時代のディテール、過去の追体験感を楽しみに劇場へ訪れる
観客層を確保した事が
このシリーズが国民的映画の名を冠される、最大の理由に違いありません。


もちろん私もその一人。
なにしろパブリカは、当時の父の会社の社用車であったと共に
わが家のマイカーでもありました。

休日には一家四人でパブリカに乗り、色々な所へドライブに出かけたものです。
前述のシェーにしても、当時の子どもはカメラを向けられれば
必ずと言っていいほど、このポーズをとりました。
どこのお宅にも、ご自分の”シェー写真”が一、二枚はおありではないでしょうか。
もちろん私も持っています。
あのポーズの要諦は、手足の角度以上に「目のロンパリ具合」なんですよねhappy01

今作の劇中、件の車名をパブリカと呼ぶ場面も
シェーを「おそ松くん」のネタと説明する場面もありませんが
観客全員の共通認識ゆえ、そうした部分はわざわざ説明する必要が無く
そんな記憶を鷲掴みにされるアイコンが、全篇にちりばめられている訳です。


他にも、大は東京オリンピック
小はカラーテレビに映るひょっこりひょうたん島まで
様々な時代背景が描かれますが
続々と画面に登場する、それら時代のアイコンを見るだけでも
リアルタイム派には、たまらない郷愁があります。
どこにもないのに、誰もの思い出を刺激する町。
そんな夕日町三丁目に、観客は心の故郷を見るのでしょう。




さて。いつもの癖でお話が長くなりました。
本当ならこの後は⑤の映像制作者・同業者目線の感想なんですが
この部分が一番長い上
鑑賞当日記事でちょっと触れた「二つほど気づいた部分」。
もっとも感じた事なのです。
今回の感想は、そこへたどり着くまでに必要な前段だったというわけで。

ですからたぶん皆さんも、今回の感想にツッこみが足りないと思ったでしょcoldsweats01

とはいえこれ以上、下らない感想をだらだら続けるのも
読まれる方には辛いでしょうから
この⑤のお話はまた、次回に持ち越す事にしましょう。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月24日 (火)

リードとパスと下心

前回記事でアップ予告した、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』の感想ですが。
古い人間ゆえ脳内CPUも超旧式で、言葉が浮かぶたびにメモっている割には
まとめる作業が遅々として進みませんcoldsweats01
鑑賞当日に勢いで書くには、ちょっと勿体無い作品なんですよね。
感じた思いに最も忠実な、もしくは出来る限り近い表現を探し当てるまでには
今しばらくの熟成、発酵時間がかかりそうです。
奇特にもお待ちの方がいらっしゃったら、気長に覗いてやって下さい。
とはいえ気の効いた感想も語れませんので、忘れた頃にこっそりアップ致しますcoldsweats01



てなわけで今日は作品の内容ではなく、箸休めネタとして
久々に出かけた都心での劇場鑑賞時に、ちょっと感じた事を
つらつらお話したいと思います。
まーMtFの方々には今日のサブタイトルで、内容もお察し頂けるでしょうがcoldsweats01



最近のオネエブームや、同じ事情を持つ著名人らのマスコミ露出により
生物学的には男性ながら性自認は女性という、私たちのような存在への理解も
以前よりはかなり、深まってきたように思います。
一目で男性とバレる容姿を誇るhappy01私でさえ、ここ数年は周りの目が優しくなり
フルドレスアップ、フルメイクで住まいのマンションから外出する際も
隣近所の方々から、抵抗なくご挨拶頂けるようになりましたhappy01


もちろんお仕事時にも
今の時期はレディースセーター、スキニーデニムといういでたちなので
女性服と言えば言えるのですが
むしろそれは、性差関係なく身につける服と言ってよく
ブラウスやスカートなど、女性の象徴たるアイテムではないわけです。

もちろん男女問わず、ウェアの好みは千差万別ですから
本物の女性でも、スカートが苦手な方はいらっしゃるでしょうが
私の場合、仕事服は動きやすさ優先という事情から
どうしてもユニセックス風になりがちなので

(私を問わず、番組制作に関わる女性スタッフは全て同じ発想ですがcoldsweats01
プライベートな外出の機会には、思いっきりお洒落を楽しみたいわけですね。

そんな理由から、昨日の『ALWAYS』鑑賞の際も
先日入手した千鳥格子スーツ・上下同柄バージョンに膝丈ブーツを合わせ
意気揚々と出かけたわけです。


Photo

前売券購入による今回のような鑑賞手段は、ここ数年ではむしろ稀で
予算1,000円で映画を観られる、毎週のレディースデイ利用がほとんどの私。
まー厚顔無恥が服を着て歩いているようなものですからcoldsweats01
男と分かっていても笑顔を絶やさず、女性料金で入れてくれる
チケット売り場の対応にも、もはや不安はありません。


そういう部分は、集客に繋げる為の劇場側の営業努力として
私のような者は感謝しなければなりませんが
言わばそれは無言の黙認、男とバレていないわけではありません。
だからそれを鵜呑みにし、自分は女性に見えるなんて自惚れていると
ヒドいシッペ返しを食うわけで
coldsweats01




MtF諸氏や女装者の方々はご存知でしょうが
異性装の世界には昔から、「リード」「パス」という言葉があります。
一種のスラングですが、意味は読んで字の如し。

例えば、男性が女性の格好をしている場合・・・

リードとは、外見で男性とバレること。
「男である事を読まれる」という意味ですね。
パスとは逆に、男性とバレない外見であること。
「女性として通用する」という意味です。

「昨日、街を歩いていたらリードされた」
「貴女なら女性に見えるから、どこへ行ってもパスできますよ」
など
仲間内の会話では、そんな使われ方をします。
この言葉は逆の立場、女性が男装している場合にも使われますから
まあ異性装全体で適用される、スラングと考えていいでしょう。



骨格や顔立ちなど、男女の間には基本的かつ決定的な違いがありますから
本当にパス出来る人には、特別な素質があると言えますが
悲しいかなどこにでも居る男顔、男性骨格の私には
そんな恵まれた素質は、微塵もありませんweep

せめてもの救いは、生来の白肌と薄い体毛くらいのものですweep


ですから私の場合、全面パスとは言わないまでも
せめて周りに不快感を与えず、リードされる率を1%でも減らす為には
唯一と言える前述の救い、白肌と体毛の薄さを活用するしか
手が無いわけです。

けっして自慢じゃなく、「何にも無いけどあえて言えば」的とりえですから
あらぬ期待をなさらぬようcoldsweats01

無駄とは知りつつも、少しでもパス率アップに努力する涙ぐましさ、いじらしさは
同じ悩みを持つ方なら、きっとお分かりと思いますが
場合によってはその努力が、仇になる事もあるわけで。
いつも思う事ながら、昨日もそんな出来事に遭いました。

女性の皆さんはもとより、MtFや女装子さんなら共感頂けるかもしれません。
パス率アップを目的にパンツを避け、スカート姿で歩く時
男性とすれ違うたびに絡みつく、脚への視線。
私の場合コレが非常に多く、恥ずかしいったらありゃしないcoldsweats01
もっとも顔がヒドいから、視線が脚にしか行かないだけなんでしょうけどweep


でも見る側の男性には、及びもつかないでしょうが
見られる女性側にとっては、その視線に込められた感情が
手に取るように分かることをご存知でしょうかcoldsweats01

いかに一瞬の視線でも、逆に伏し目がちでも避けているように見せていても
いやむしろ、そんな仕草をすればするほど
そこに込められた男性の下心は、実に色濃く相手に伝わるのです。
ちょっとした視線の角度で、どこを見られているかが一目で分かる。
顔か、胸か、それとも脚なのか。


「男性がどんなに平静を装っても、脚への視線はお見通し。」

物心もつかなかったウブな頃、女性が放ったそんな言葉を聞いて
そんなものかなあと思ったものですが
いざ自分が見られる立場に置かれると、言葉の意味が痛いほど分かりました。

「脚を見られるのが嫌なら、スカートなんか穿かなきゃいいじゃん」
「非難や無視、嘲笑されることなく、見てもらえるだけありがたいと思え」

なーんてご意見が、矢のように飛んできそうですねcoldsweats01
確かにそれは、おっしゃる通りかもしれません。
私に残された最後の武器、薄毛の脚に視線が集中すれば
逆に最大の弱点、男顔への注意は逸らす事が出来るわけで。
見られる恥ずかしさもあるものの、それで男性のパス率が上がれば
ある意味、目的には近づいた事になります。

そういう意味では喜ぶべきなんでしょうね。そんな好色な視線にもcoldsweats01


でもその反面、脚なんかに惑わされない女性へのパス率は
依然として低いまま。これが今後の課題ですね。

とはいえ昨年夏、GパンにTシャツでスーパーへ行った際
たまたま取材で訪れていた、地元テレビ局の女子アナに
小学生の子どもが居るお母さんとカン違いされ
インタビューされそうになった事もありましたから
私にとって、リードやパスの基準をどこへ置けばいいのか
図りかねる時もあります。難しいものですよねcoldsweats01


どんなに外見が男そうろうでも、私の性自認は女性なんですから
リード・パスは言わば末節で、問題の本質とはややズレているのでしょうが
人間はやっぱり、見た目で中身を判断される事が多いですから
ある程度まではパスを目指す事も、私のような者には必要なのでしょう。

以前も、行きつけの美容院の女性スタッフと
「やっぱり美脚って、女性の魅力を惹き立てますよね」なんて会話を交わし
ダイエットや細い足首作りの話題で盛り上がりましたから
本物の女性も、外見磨きには努力しているんですよね。
それが女性の業なんですから、私も負けてはいられません。
男性の脚への視線も、顔への注意を逸らす手段と消極的に考えず
唯一の魅力を伸ばす為の自分へのエールと、積極的に捉え
ガンガン浴びて、自信に繋げるべきなのでしょうeye



とはいえ、すでに雪景色となった関東に続き、地元名古屋にも寒波が来るそうで
そんな寒い中、脚を出して歩くのは辛いなーsad
でも、ここでもうひと踏ん張り。
脚の最大の引き締め効果は、視線に晒される事ですから。
美へのあくなき探究心は、生物学的性別のハンデを越えるのです
punch

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月23日 (月)

三作目の夕日

というわけでサブタイ通り、行ってきました『ALWAYS三丁目の夕日’64』。
平日の正午過ぎだから劇場も空いているかと思ったら、ほぼ満席でビックリeye
下準備に時間を取られ、3Dの上映時刻にはわずかに間に合わなかったので
涙を飲んで、今回は2Dバージョンでガマンsweat01


で、鑑賞直後の感想。
言葉を幾重にも連ねるほど、作品の本質からはどんどん離れていく気がするので
印象を一言で。


今回も涙腺直撃、号泣間違いなしなので
女性の皆さんには、スッピンでご覧になる事をお勧めします。
入念なメイクの上、鑑賞に臨んだ私は
すでにオープニングの時点で、その愚行を後悔しました。

劇中のそこかしこに仕掛けられた感動ロックオンシーンには
アイシャドウもマスカラも黒い涙と化して、目尻を流れ落ちること必至crying
私の両隣のご婦人も、事あるごとにハンカチを取り出していました。
もちろん私も、こみ上げる嗚咽を抑えるのに一苦労weep



封切直後鑑賞者の記事マナーとして
ネタバレを避ける必要はありますが
それをやっちゃうともう、これ以上書くことがありませんweep

まあ慎重に言葉を選べば
一作目の「出会い」、続の「日常」に続く今作のテーマは、「旅立ち」だろうとか
シリーズ三作品を通じ、今回の’64ほど
親戚のおじちゃん、おばちゃん的スタンスで見られる作品は無いとか
いろいろ語りたかったのですが
それらは全てパンフレット中で、山崎貴監督によって解説されていたので
私なんぞ監督の掌の上で踊っていただけ、出る幕などありませんhappy01



夢心地で帰宅後、脳内で感想を整理したら
ちょっと気づいた事が、二つほどあったのですが
感動で全体力を消耗、さすがに疲れちゃったので
今日はこのくらいで早めにダウン、まとまったらまたお話しますhappy01

それにしても、差し支えない部分をちょっとネタバレすると。
ビックリしたなあ。前作『続』オープニングのゴジラに続き
今作登場の特撮キャラが、まさかのモ●タ●スとは!?
しかも今回は、あの人が変身しちゃうなんてhappy02

助けて銀河少年ミノル!超人ヴィールスとタッグを組んで!
徐々に特撮ドラマ化してゆく「ALWAYS」に
舌なめずりしっぱなしの、おバカな私でした
happy01

Photo

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月22日 (日)

人間標本1.22

晴天に恵まれた昨日に続き
名古屋は今日も、最高気温が10度超えのポカポカ陽気
sun
始めてまだ12日なのに、足腰や腹筋へ驚異的効果を発揮し続ける
健康美容超兵器・レッグ美ジョンに影響されたのか
日の出と共に居ても経ってもいられず、今日は久々に
早朝と昼間、二回のウォーキングに挑戦しましたrun

まーそれにしてもスゴイ効果。嘘のように脚が軽いhappy02
普段は青息吐息、一時間半かかってたどり着くいつものコースも
今日は鼻歌交じり、余裕の一時間で制覇scissors

決してメーカーの回し者ぢゃないんですが
ここまで効くなら、もっと早く始めればよかったhappy02

はっきり言って体重は変わっていないのに、体型の変化は驚くほどのスピード。
日に日に体が締まっていく感覚が、自分ではっきりと分かります。
ウォーキングに余裕が出てきたなんて、いったい何年ぶりでしょう。
筋肉が鍛えられている為、体力の回復も驚くほど早いです。
体内に眠っていたエネルギーが、一気に解放されたような気持ち良さと言っても
決して大げさではないようなhappy01


まーこういう実感は、言葉で表現できるものではありませんから
何万語を尽くしても意味はありませんね。失礼しましたcoldsweats01
これほどまで即効性とは思ってもいなかったものですから
つい言い回しも勢いづいちゃってsweat01
今もショップチャンネル等で放送され続けている、本家レッグマジックの
効果説明に、オットセイのごとく頷き続ける私が居ますhappy01



さて先週に続き、46年前の今日、1月22日に放送された
ウルトラマンのエピソードに思いを馳せて
二度目のウォーキングでは、こんな写真を撮ってきましたcamera


Photo

午後三時、いつもの公園で展開される、宇宙生物同士の死punch
バックのすべり台がユルすぎますがcoldsweats01
サブタイ通り、今日1月22日は第28話『人間標本5.6』の放送日
だったんですね。


ある意味、和製ソリッドシチュエーションホラーの嚆矢とも言えるこの作品は
冬本番のこんな時期に、放送されていたわけです。

そりゃ私をはじめリアルタイム派の子どもには、トラウマにもなりますねshock
ウルトラQ『海底原人ラゴン』の勝手口と並んで
研究所や病院の類で廊下の角を曲がる時、軽い緊張を覚えてしまう癖は
このダダのおかげと、少々恨んでおりますcoldsweats01

あと、理科室の机に置かれたビーカーの下もshock


Photo_2

人智を超えた巨大な体躯が轟然と迫り来る、怪獣の恐怖と違い
ダダの怖さって、人知れず捉えられ見知らぬ場所に送られてしまうという
人さらいのそれですよね。

その能力もどこか不気味で、某ウルトラファイトのサブタイ通り
『ダダ消えたり出たり』なんて、なんとなくつかみ所がありません。
あのウルトラマンだって、気を許せば縮小化されてしまうほどの
抜け目なさも誇る、この宇宙の誘拐犯。

使い分ける必要性が今一つ分からない三つの顔も
彼らの不気味さに、一役買っているような。

ゼブラ模様だけがシンプルに描かれた、モノトーンの全身の中で
艶かしく光る、ピンクの口唇。
硬質そのものの顔面の中で、唯一の生物感を主張するあの口唇こそ
宇宙生物ダダが見せる、感情の部分なのでしょう。

ひたすら無言を貫く、劇中のダダも怖いですが
追い詰められたターゲットを前に、もしあの口が開かれた時。
そこからは、歓迎せざる言葉が放たれるに違いありません。
古今東西、過去から現在まで
狩人に見据えられた全ての獲物を恐怖のるつぼに突き落とす、あの言葉。


『次はオマエだッ!』

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月21日 (土)

宿命の待ち伏せ

Photo

寒波の合間を縫って、珍しく気温が上がった1月18日。
怪獣横丁の面々も、森のあちこちで
久々の眩しい陽射しを、思いきり楽しんでいますhappy01


Photo_2

おやおやこれは、珍しい取り合わせeye
近ごろ仲の良いペギラーズと、森のマスコット・ピグモンズの4ショット。
どうやら優しいペギラーズ、小柄なピグモンを肩ぐるまして
遊覧散歩という趣向のようです。

寒さ好みのペギラながら、太陽の暖かさも嫌いじゃない様子sun

この取り合わせが、予期せぬ誤解を招こうとは!shock


Photo_3

突如、彼らの行く手に立ちはだかり
漢字の多い言い回しで意味深な口上を放つ、手強そうな相手とはっ!?


Photo_4

おおっ一度見たら忘れられないその姿は
ウルトラマン怪獣で一・二を争うストロング派、レッドキング!
とはいえ初戦では、ウルトラマンの首投げで倒されたなんて事は
ここだけのお話にしといて下さいっcoldsweats01


Photo_5

コレは昨年11月、未開封で捕獲したブルマァク復刻のスタンダードソフビ。
おもちゃファンにとってはメジャー中のメジャーというアイテムなので
もはや説明の必要もありますまいっhappy01


Photo_6

ネットオークションで、他の怪獣と8体セットで落札したので
一体あたりの平均価格は1,200円程度だったんですが
届いたブツにはこんな値札が。
うーむこれほどの人気アイテムでも、さくらやさんでは投売りされていたと。
70%オフの表記が、ユルソフビ人気の斜陽を感じさせて涙weep


Photo_7

でも新品にはかわりありませんっhappy01
マルサン原型独特の個性的おもちゃ解釈は、このレッドキングにも健在。
着ぐるみの力強いフォルムを再現しながらも、愛嬌はタップリ。


Photo_8

もちろんバックショットにも、あのやんちゃ坊主ぶりが表れていますっhappy01
この角度からだと、ポージングも何となく
DVD「怪獣のあけぼの」レッドキングBOX特典・高山良作氏の
造形モデルに似てますねhappy01


Photo_9

いいわあこの頃のユル~いフォルムlovely
でも両目は、心なしかロンパリ気味(最近は使わない言葉ですがcoldsweats01
これこそ怪獣おもちゃですよ。ですから自然の中に置いてもよく似合うcherryblossom


さて。おひろめはこれくらいにして。
森の暴れん坊レッドキングが、ペギラ・ピグモンコンビに因縁をつけた
その理由とは・・・


Photo_10

あーあやっぱり予想通りsad
現れたレッドキング氏は、ペギラのことを
46年前、多々良島で死闘を演じたチャンドラーと間違えている様子です。

そりゃまあ耳の有る無しだけで、顔はソックリですからねear
あの一戦で彼に煮え湯を飲ませた、ピグモンを連れていたのも
偶然とはいえ運が悪かったcoldsweats01

よっぽど恨んでたんですねえ。チャンドラーの翼で吹き飛ばされた一幕をgawk


Photo_11

俺の左手が真っ赤に燃えるッ!勝利を掴めと轟き叫ぶッ!
放たれるか恨みの爆熱!レッドフィンガー!

それにしても時代劇調ですね。今日のレッドさんはcoldsweats01


Photo_12

平和な解決を目指すペギラ、誤解を解くのに懸命です。
さすが冷凍怪獣、対応も実にクールということで。
こういう時に出ますよね。怪獣の人間性って
happy01


Photo_13

間に立ったネゴシエーター、ピグモンの説得もあって
レッドキングの頭に登った血も、どうやら収まった様子。

まあ話せば分かるものですよ。この手の腕力自慢が相手でも。
それにしても自分の事を拙者って。何を侍ぶってるんでしょレッドのおじさんsmile


Photo_14

おおー今日のレッドは、子連れ狼だったのねhappy02
母親の姿が無いあたり、なんとなくワケありっぽいけど
人生いろいろ怪獣もいろいろ、詮索するのは野暮というもの。

この暖かい陽光に免じて、今日は平和に仲直りという顛末なのでしたhappy01



Photo_15

という訳で。撮影から4日も経っての記事アップで失礼しましたcoldsweats01
ところで。このカットの撮影時、珍しい出来事が。

これらをセットし、構えたデジカメのモニターに
小学生と幼稚園児くらいの男の子二人組が、フレームインして来たのです。
振り返れば後ろには
申し訳なさそうに私を見つめる20代の若いお母さんと、お姑さんらしきお二人が。
どうやら暖かさに誘われ、親子四人で公園を散歩に訪れたようです。
で、原っぱの真ん中に怪獣を並べる私を見つけ
面白そうと近寄ってきたわけhappy01


初対面でも、子どもとならすぐ仲良くなれるのが私の特技happy01
ユルユル怪獣に興味津々の男の子たちにソフビを示し、各々の名前を答えられるか
緊急企画・怪獣物知りクイズを試してみましたが
彼らが正解できたのは、残念ながらガラモンのみcoldsweats01
(それもピグモンと答えられましたが、形が同じですからまあ正解という事でhappy01

でも「ぼく、ゴモラ持ってるよ!ウルトラマンゼロも!」なんて
目を輝かせ手持ち怪獣を自慢する子どもの姿は、昔も今も変わりませんねhappy01
ウルトラやライダーなどヒーロー番組は、今後も未来永劫
こういう子どもたちの為にあって欲しいという思いは、最近特に強いですconfident


お母さんもお姑さんも一緒になって、クイズを楽しんで下さいましたが
私が示したレッドキングをゴジラ、ペギラをバルタン星人と答えたお母さんは
まだまだ勉強が足りないなsmile
とはいえ「ピグモンの小さい人形なんて、初めて見ました。」なんて
ソフビのサイズに興味を示すあたり、ちょっと見込みはありますね。
まあご家族一緒に、怪獣知識の勉強に励んで頂ければなとhappy01


こんな素敵な出会いで幕を閉じた、18日水曜日の怪獣遊び。
屋内撮影では味わえない、こういうサプライズも待っているから
やめられないんですよね。やっぱりhappy01
happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月20日 (金)

劇場前売派の血が燃える

いよいよ公開が明日に迫った『ALWAYS三丁目の夕日’64』
最近は私も、劇場鑑賞の機会がめっきり減ってしまいましたが
この作品だけはぜひ劇場でと、待ち望んでおりました
lovely
加えて、古いタイプの映画好きゆえ
前売券の半券集めが趣味だった事もあって
今回も前売を早く手に入れなきゃと、気にはなっていたものの
なんとなく後回しにしていたら、もう公開前日sweat01

明日封切じゃ、もう後がないっshock
瀬戸際の悪あがきでは定評のある私ですから、街を濡らす雨もなんのその。
ミニバイクを飛ばし、前売券ゲットに出動しましたrun

最初は、ALWAYSのたれ幕を入口前に掲げた近所のコンビニあたりなら
らくらく手に入るなんて、甘く考えていたのですが
以前しでかした失敗が、今回も繰り返されてしまいましたwobbly
コンビニ販売の前売券は、店内のパソコンによるデータ打ち出し式のもので
映画ポスターの絵柄が印刷された、昔ながらのタイプではないのです。
もちろん私が欲しいのは、記念に残るポスター絵柄タイプ。

作品がALWAYSなんだから、前売券もレトロ風味なら雰囲気が盛り上がるのに
やっぱりコンビニ販売の前売システムは、作品毎に変えられないようですね。

まー予想はしていたものの、残念でしたsad

でも驚いたのは、この「ポスター絵柄タイプ前売券」の存在を
20代前半とおぼしきコンビニ店員さんが、まったく知らないという事実で。

店内のポスターを指さしどんなに説明しても、店員さんは首をかしげるばかり。
今や彼らの中では映画の前売券も、コンサートのチケットなどと同じ様式の
文字だけが打ち出された無機質な物という認識なんですね。
コンビニでも昔は、ポスター絵柄の前売券を扱ってたのになーsad
いったいいつからなんでしょうね。打ち出し式に変わったのは。
つくづく、利便性は情緒を奪うという事を思い知りましたcoldsweats01


とはいえもう封切は明日。時代の流れを嘆いているヒマはありません。
コンビニ購入は断念、瞬時に気持ちを切り替えて
懐かしくもワクワクする、劇場窓口での前売券購入という強行作戦に。
この用件だけの為に、往復一時間半の都心劇場へミニバイクで急行run


もう何度通ったか分からない劇場の窓口。ありましたありましたlovely
あのおなじみの細長型、ポスター絵柄の前売券。
そうコレコレ。コレを握り締め鑑賞当日を指折り待つ間が
なんとも気分を盛り上げるんですよhappy01

これを手に入れる為だけに、劇場まで足を運ばなきゃならないとは
前売券好きも、受難の時代を迎えたものですよね。
まーコンビニ前売で気にならない人が、増えたという事なんでしょう。

昔夢中で集めたチラシやポスター、パンフレットと同様
前売券など映画にまつわる紙モノへのこだわりは
徐々に、前時代のものとなっていくのでしょうか。

皮肉にも、映画産業華やかなりし’64年を舞台にした「ALWAYS」のチケットに
そんな寂しさを覚えることになろうとはcoldsweats01


Photo

そんな感傷も、手元で出番を待つこの前売券を目にすれば
一瞬で吹っ飛んぢゃうのが、単純おバカな私のいいところhappy01

この同絵柄の2点セットが揃えば、もう何も怖くないと。
さすが商売上手の日テレが用意した、今夜放送の「続・三丁目の夕日」で
予習もバッチリ、明日からの公開に備えることとしましょう。


というわけで今日も、前売券購入で予想外の時間を取られてしまったので
先日撮影した怪獣写真は、勝手ながら次回の公開とさせて頂きます。
とはいえあまり引っ張ると、ロケ実施の事実さえ疑われそうなのでcoldsweats01
今日は予告として、撮影済みカットの一部をお見せしましょう。


Photo_3

冬の晴天の下、いつもの森へ出かけたペギラーズ。
その場で突如勃発した、予期せぬ事件とは!?
事件の鍵を握るのは、両者の頭上に佇むピグモンズ!
次回恋するネヴュラ、「宿命の待ち伏せ」に乞うご期待!!

ちなみに内容は、「ウルトラファイト」の同タイトルとは関係ありませんhappy01happy01happy01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月19日 (木)

MIYUKI初のサイズ公表

今日、お仕事で向かった局のスタジオで。
本番にはやや早い時刻で、下準備の為に前倒しで入ったのですが
すでにキャスター卓には人影があり、なにやら一心不乱に原稿読みの最中。
ありゃ私がスタジオを間違えたのかとよく見れば
今は主に、お天気お姉さんを担当している新人女子アナが
今後いずれ任されるであろう、メインキャスターの機会に備えて
収録前の空きスタジオで、ニュース読みの自主トレを行っていたのでした。

「すみませーん。まだやってていいですか?」
私に気づき、気まずそうに尋ねる彼女の健気さに
ダメとも言えず、ちょっとだけならと黙認を伝えた私。
ストップウォッチと首っ引きで、発音、滑舌から表情まで必死に反復する
彼女を見ながら、私は思いました。
「ああやっぱり本物の女性は、何をやっても女性らしいなあ。」
まあ当たり前の事なんですがcoldsweats01

カメラ越しのモニターを真剣に見つめる表情から
原稿の読みを間違えて舌を出し、「ショボーン」なんて照れ笑いする仕草まで
実に自然。
確かにアナウンサーですから、ルックスも十人並み以上ではあるものの
その美貌に頼らない天性の女性っぽさが、全身から漂っているのです。
うーむやっぱり私は人工物。天然物にはかなわないcoldsweats01
その自然な女性らしさは、努力で身に着くものではないのでしょうね。



お気づきの方もいらっしゃるでしょうが。
私は、以前から『特撮』で登録している日本ブログ村のカテゴリーに
今年新たに『MtF』を加えました。
念の為、耳慣れない方にご説明しますと
この言葉はMale to Female(男性から女性へ)の略で、いわゆる性同一性障害。
私の場合も生物学的には男性ながら、性自認は女性ですから
ずいぶん昔から、この言葉は知っていました。

その為、今後もそのジャンルの話題を採り上げて行く以上
カテゴリー登録は行っておいた方が
同じ悩みを持つお仲間との出会いや、情報交換の機会も増えるでしょうし
カテゴリー選びの際も、自分の中では「女装」よりしっくり来る「MtF」がふさわしいと
いう判断で、登録させて頂いたわけです。

この新登録により、ここ数日は記事アップのたびに
同カテゴリーからのリンクで拙ブログにお越しになる方が
ありがたくも増えてきました。
また私も、同カテゴリーのいくつかの登録サイトへお邪魔する機会が増え
共感に勉強にと、非常に刺激的な毎日を過ごしていますhappy01
ここへ来て、エクササイズやファッション関連記事の頻度が上がってきた事も
その影響下にあると言えましょうhappy01

以前からも、その手の話題は時々採り上げていたのですが
女性を目指す皆さんの努力に刺激を受け、今年は本腰を入れる気になったとpunch
とはいえ私なんぞ、皆さんに較べればまだまだヒヨっ子ですから
ひたすら腰を低く、三歩下がって師の影を踏まずの姿勢を心がけでおります。
ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い致します。
もちろん『特撮』カテゴリーにふさわしく、怪獣遊びもペースは落としませんので
どうぞそちらのお仲間も、以前と変わらぬおつき合いのほどをhappy01


さて。こんなお話をする気になったのには、理由があります。
前述の通り、ここ数日お邪魔しているMtFカテゴリーのリンクサイトで
女性化に努力される方々のブログを拝読していて
大まかながら一つ、共通する話題があることが分かりました。

それはご自身の現在の身長、体重、3サイズをあえて公表することで
今後、女性体型を目指す上での励みにしようという姿勢ですね。
確かに自分を奮起させる上で、これは非常に有効な手段と思います。
本来、女性としてはあまり公表したくない数字を
あえて公にする皆さんの潔さ、本気度には、本当に感銘を受けました。

振り返れば、これまで拙ブログに於いては
ウォーキングの時間や、体重が何キロ落ちた等の結果は公表していたものの
そもそもの身長や体重を口にすることは、慎重に避けていました。
わずかに漏らした数字は、ウエストサイズとウェアの号数くらいのものです。
ですから、ブログを通じたお仲間でリアルの私をご覧になった方以外には
数少ない読者の皆さんにも、私の体格は推測の域を出なかったわけですねcoldsweats01

でも今回、MtFカテゴリーに登録した事で、私にも思い切りが出来ました。
正直に言えば、昔からコンプレックスの塊のような体なのでcoldsweats01
サイズ公表は恥ずかしくて、とても口には出来なかったのですが
この男性骨格とは一生のおつき合いですから
今さら隠し立てしても始まらないですしねhappy01
そんな心境の変化により、今回はおそまきながら
MtFの皆さんへのご挨拶も兼ね、現在許せる範囲でサイズを公表したいと思います。
私にご興味の無い方々には、どうでもいい話題なんですけどねcoldsweats01
まー怪獣大百科の類とでも思って、おヒマならおつき合いのほどをhappy01


Photo_2

この写真は、過去から現在まで拙ブログで発表した写真中
唯一、私が姿を晒した一枚。真ん中が私です。
昨年10月16日、かのウルトラマンのスーツアクター、古谷”アマギ隊員”敏さんと
同ウルトラマンの科特隊員役で活躍された二瓶”イデ隊員”正也さんの
トークイベントで撮影頂いた、奇跡の3ショットcamera
古谷さん、二瓶さんとも、ブラウン管の印象通りの大変良い方で
当日は私のような者にも、他の参加者とまったく分け隔てせず、丁寧に応対下さいました。
その偏見の無い立派な姿勢には、今も心から感謝しています。


さて前述の通り、この写真は約三ヶ月前の物ですが
その後、今年のお正月に若干リバウンドしたものの、あわてて節制した成果か
奇しくも今日の体重が、この写真当日と同じ数値まで戻ったので
現在の体型は、ほぼ写真通りとなりました。
写真から、大まかな雰囲気はお察しと思いますが
僭越ながら、かのウルトラマンご本人と比較頂ければお分かりの通り
ウルトラマンが40mだから、私の身長はおよそ38m・・・なんて訳はなくhappy01

身長
現在、175cmです。


うーむコレが高すぎてコンプレックスweep
でも体格はダイエットで変えられても、伸びちゃった身長だけは変えようがないcoldsweats01
高いヒールなんか履いた日には180cmを超え、雲を突くような大女weep
信号待ちしている時でもたまに、隣に居合わせた見ず知らずの男性から
「背高いねー彼女」なんて、声をかけられたりするくらいですcoldsweats01
初対面の男性にさえ脅威を感じさせる、有無を言わせぬオーラが
私の全身から発散されているという事なのでしょうhappy01


服のサイズ
過去にも公表していますが、通常はほぼ11号。
メーカーによっては9号でもOK。
ちなみに、写真のスーツは9号です。
LMS規格の場合、肩幅の関係でLが多いですが、Mでもまあ着られます。
Tシャツなどはすべて、レディースのMサイズですねhappy01



BWH
アンダーバスト70cm  トップバスト85cm(カップ公表はご勘弁下さいcoldsweats01
ウエスト61cm
ヒップ・・・未測定(たぶんかなり小さいので、数値を確認したくない小心者coldsweats01


ここにもっとも、男性体型そのままの部分が出ていますね。
まあヒョロっとした痩せ型ということなんでしょう。


そして現在、私がもっとも気にしている体重は。
正直、毎日微妙な誤差が出るので、あくまで今朝の数値ということで。

体重 56.4㎏
体脂肪率 21.7%


うーむ毎日、腹筋400回とレッグ美ジョン4セット
時間があれば一時間半のウォーキングをこなしてるのに、一目で分かる隠れ肥満shock
おそらく原因は食生活でしょうね。少しは気をつけないとcoldsweats01

私が、現在の体型維持にここまでの執着を見せる理由は
30年ほど昔の私をご存知の方がこの記事をご覧になっていれば
よ~くお分かりと思います。
包み隠さず申し上げましょう。その頃の私の体重は、ほぼ”今の倍”ありました。
もちろんそれに習って、ウエストもビッグサイズ。両者とも”3ケタ”あったのです。

ただひたすら体重を落とし、標準サイズの服を着られるようになること。
それがお仕事と並ぶ、私の人生の裏テーマでもありました。
なにしろ体重100㎏超えの頃、私が着られたレディースウェアなんて
23号でもキツいくらいだったんですからcrying
服に困らないスリム体型の順風満帆人生を、決して歩んでこなかったからこそ
私は体重の、ウエストの、服のサイズのダウンにこだわるのですpunch

今でこそ、ありがたくも周りからは「痩せてるね」とは言われますが
悲しいかな自分では、その感覚が認識できません。
太っていた時代がかなりのトラウマになっていて
現在においても痩せたことを自覚できない、一種の精神的弊害があります。
そしてさらに、体重が少しでも増えると戦々恐々
またあの頃に戻るんじゃないかという強迫観念にとらわれ、眠れないことも。
とはいえそれが拒食症にまで深刻にならない所が、まだ救いなんですがhappy01

いや食べる時はけっこう、それなりに食べるんですよ。
でも胃が小さくなったのでしょう。昔よりは少食で満足できるようになりました。
また恥ずかしい過去をバラしちゃいますが、体重100㎏超えの頃なんて
CoCo壱番屋のハヤシライス(好きなんです)900gが定番量でしたからcoldsweats01
うわー思い出すだけでも怖ろしいshock もう今は、300gでも入らないだろうなー。
それはそれで、ちょっと寂しいところがありますがcoldsweats01


まーコレくらいのデータで、私の大まかな外観イメージはお分かりでしょうhappy01
古くから「ネヴュラ」にお越しで、ナイスバディのセクシーガールというイメージを
私に抱かれていた方には(皆無でしょうけどcoldsweats01
データから見る実像にギャップを感じられ、ガッカリされたかもしれませんねcoldsweats01
まーこんなもんですよ。頭と同じく、体型もヘタレまくりですみませんcoldsweats01

でもなんとなく、胸のつかえがとれたような気も。
ここまでバラしちゃえば、サイズの話題で言葉を選ぶ必要も無いですしね。
まーそんなこんなで、心身ともにユル~い私ですが
これからも、ウォーキングにエクササイズにと頑張っていきますpunch
MtFの皆さんとは思いの共有を、同好の怪獣好き諸氏とは思いっきり遊んで
気ままにやっていきますので
コレに懲りずお越し頂き、またからかってやって下さいhappy01happy01happy01

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月18日 (水)

黒のAラインを狙え

今日は最高気温が11度ながら、気温以上に陽射しが暖かかったので
時間を作り、今年初の本格ウォーキングに出動run

気持ち良い汗を流せましたhappy01
もちろん陽光を最大限に活かし、怪獣写真もたんまり撮りましたが
帰ってトリミングや文字乗せ等の処理を始めたら、急にパソコンがフリーズ。
見れば画面の隅に
『仮想メモリの値が低すぎるので、空き容量を増やす作業中』なんて表示が。
うーむこのパソコンも仕事に遊びに酷使しすぎ。ついに泣きが入ったかsad

まーこういう事も、たまにはありますcoldsweats01
これまではしばらく放っておけば、自然に復旧したので
今回も過労をいたわる事にして、写真の処理はちょっと時間を置き
今日の怪獣遊び記事のアップは、後日とさせて頂きますcamera

例によって時計がらみの一枚も撮ったので、本当は今日アップしたかったのですが
息も絶え絶えのパソちゃんに、これ以上の負担はかけられませんし。
後日アップの際は、日付違いをお許し下さいねhappy01

てなわけで写真処理は置いといて、負担の軽いメールチェックなどしていたら
いつものレディースショップから、冬物バーゲンの案内メールがlovely
件のショップでは今月すでに、先日お見せした千鳥格子スーツを入手したので
あれ以上の出物ももう無いだろうと、ダメ元でページを開いたら。
やっぱりダメですねえ開いちゃcoldsweats01
新たな出物を発見し女子魂大爆発、速攻で予算を捻出し
もう発注しちゃいましたscissors

大幅プライスダウンゆえ、売り切れ前に何としてもゲットしたい意欲や判断の速さは
オタクグッズを前にクヨクヨ悩む時とは別人のよう。
やっぱりこういう時に、女子の本性が出るようですhappy01

てなわけで、今回発注した逸品はコチラ!


Photo_2

ピンクのピンストライプ、レース×サテンのトリミングを効かした
ブラックのコンシャスラインジャケットと
レース使いの三段ティアードがセクシーな、ブラックスカートのセットアップ。

ブラックカラーの辛さと、レース・サテンの甘さの絶妙なコラボが
ナイトシーンに最適な一着です。

モノトーン好きの私にとって、こんな逸品を見せられたらもう
発注しろと言わんばかりの甘美な誘惑lovely
オマケに定価の61%OFF
とあっては
これまで以上に食費を削っても、入手しないわけにはいきませんっpunch


以前から、折りに触れお話しているように
男性体型の私にとって、レディースウェアのマッチングは悩みのタネなんですが
トップスにコンパクトなジャケット、ボトムスにフレアー風スカートという定番コーデは
ごく自然にAラインシルエットを形作り、視線の重心を下半身に集中させるので
経験上、男性体型隠しに非常に重宝するのです。

ですから今回は迷わず、購入に走れたというわけ。
しかも収縮色の黒ですから、もう言うことはありませんhappy02

さらに。各部に配されたストライプ、レースなどフェミニンなディテールは
ちょっと苦手なゴスロリテイストの一歩手前で踏みとどまる、絶妙なさじ加減。
確かにタウンユースには使いづらいですが
こういうのが一着あると、ドレスコードがフォーマル寄りの場でも困らない
言わば”売ってそうで売ってないアイテム”というわけですhappy01

確かに、昨年の個人的ベストウェア・グラマラスミューズに通じる路線ですが
コンセプトはアチラがシースルー、コチラはレーシーという
微妙な差がありますから、使うシーンはおそらく重ならないでしょう。


私たちMtFの希望の星、モデルの佐藤かよさんも
先日、番組でコーディネートをいろいろ試されていましたが
やっぱり、高身長を生かしたモード系の着こなしは、
全身コーディネートにおける黒の面積比・素材感・ディテールで決まるのかも。

彼女を参考にしつつも、ファッションはまだまだ勉強不足な私には
全身黒で、レースなど端々のディテールで遊ぶ今回のようなセットを選べば
まず外さないだろうという、もくろみもあります。

まーだから私は、モノトーンばかり着ちゃうんでしょうね。
おしゃれに冒険できない小心者というわけでcoldsweats01

アイテム選びに、ややモード系のテイストを目指すなら
プロポーションやポージングの目標は、何と言っても彼女たちで。
昨夜、動画サイトをウロウロしていて見つけました。
半年ほど前の曲なのでやや古いですが、曲調は素直にカッコイイlovely
件のセットスーツが届くまで、このLIVE映像で
黒の着こなしや魅力的な身のこなしを、学ぶことにしましょう。
美脚ばかりにスポットが当たる彼女たちですが
あの高いヒールで、あそこまでキレのあるダンスをこなせる筋力の鍛錬法こそ
私が最も学びたい部分。

予想以上の腹筋効果に手放せなくなった、レッグ美ジョンのエクササイズにも
ますます力が入りそうです
punch

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月16日 (月)

週明け脱力看板

Photo

先日レッグ美ジョンを購入し、今朝も曇り空の下、凍えながら向かったドンキ。
いつもミニバイクで行くので、車の駐車場はノーマークだったのですが
たまたま見たら、こんな看板が。


Photo_2

まーツッこみどころ満載。
どう考えてもオーナーは同一人物で、私と同年代のオタク氏だなコリャhappy01

こうなってくると、喫茶ムーミンはまだまともな方で
スナックレギオンの店内なんて、携帯の使用が怖そうな上
ホステスさんもみんな一つ目かもしれませんしcoldsweats01

そもそも、スナックにレギオンって店名を付けるセンスが計り知れないshock
でも店名が店名だけに、ひょっとして覗いたら
事件解決の祝杯を上げる、NTTの帯津さんと自衛隊の花谷さんに会えたりしてhappy01

ネジックスワンに至っては、ナタリー・ポートマン似の店員さんを期待する来店客に
女性スタッフも肩身が狭そうcoldsweats01

でも英語表記をよく見ると、ネジックス-ワンと読むのが正しいようですね。
どうしても例のバレエサスペンス映画を連想しちゃって
不可抗力とはいえ、何とも間違えやすい店名ですhappy01
上の二ネタと合わせた三段オチを狙ったのなら、それなりの努力は認めますがcoldsweats01

こんな寒い日は、喫茶ムーミンで歌いまくるのもいいなkaraoke
でも今は、ムーミン族が冬眠期間でお休み中だから
マスターもカラオケの伴奏も、スナフキン一人だったりして。

うーむスナフキンと♪おさびし山の歌をデュエットするのも、なかなか粋ですね。

♪居酒屋とか♪銀恋とか♪星降る街角とか、どうしても男性とのデュエットは
定番曲になりがちですからhappy01

なんとも和む妄想が広がる、月曜日の朝。
まー週明けですから空模様ともども、ネタもユル~い滑り出しで。
ネタのユルさはいつものことですが
weep

2012年1月15日 (日)

怪獣出んか

Photo_3

えー今日の名古屋はご覧の通り、朝日が一瞬
が覗いただけで
昼間はベタ雲に閉ざされた、グレーな一日でしたcloud

人間の体内時計は、陽射しに大きな影響を受けるなんて言いますけど
こんな朝は寒さも手伝って、モチベーションは今ひとつgawk

午前6時からシャワーを浴び、ダウナーな気分をリフレッシュ。
食べ物から生活用品までアレコレ買出しに、ミニバイクで市内を縦断し
うまくすれば、怪獣写真も撮れるかなと企んだのですがcamera
垂れ込めた雲の下の街並は、陽光が作る陰影や奥行きが怖ろしいほど奪われて
絵作りが難しいったらありゃしないcoldsweats01

てなわけで、撮影テクの未熟さをお天気のせいにしてbleah
ダメ元覚悟で撮ってきた写真がコチラ。


Photo

今を去ること48年、かのモスゴジが尻尾をひっかけたという
由緒正しい名古屋のシンボル・テレビ塔に襲いかかる

古代ならぬ誇大怪獣・ゴモヲの勇姿!
曇り空のせいで、背景が書き割り並みにベターっとしている為に
どう見ても下手な合成写真テイストなので
あえて、いにしえのパチ怪獣ブロマイド仕立てにしてみましたhappy01
よくありましたよね。怪獣と背景の撮影角度や位置関係が不自然な
こういうパチモン写真って。ヨコプロとかヤマプロが出していた。
まー私の場合はアングルも甘いので、パチテイストも中途半端ですがweep


とはいえコレ、画像編集ソフトを使った合成写真ぢゃなくて
本物のテレビ塔の前にソフビを置き、一発撮りしてるんですよcamera
『キングコング対ゴジラ』劇中、埋没作戦のシーンで行われたと噂に高い

”円谷式・遠景着ぐるみ手前役者一発撮影”の類を試したというわけです。


並べば人間と同サイズの着ぐるみを、あえてそのまま置くことで
逆に遠近感を強調する
という発想の転換により
合成処理の手間いらずという、素晴らしい撮影手法だそうですが
その効果は、こんな素人写真にも応用できるという。

スタンダードサイズのソフビも、デジカメの手前に置いてこう撮れば
あらフシギ、テレビ塔にも劣らぬ大怪獣サイズにhappy02
まー観光地で撮るスナップ写真などでも、よく試す手ですよね。

この手法は、近景の被写体と遠景のバック両者にピントを合わせる事が
より効果的に見せるテクなんですが、やっぱりヘタですねコレweep
さらに晴天なら見栄えも良かったのでしょうが、お天気ばかりはしょうがないしcoldsweats01
まーいーか。そもそもソフビがユルいんですから
写真のリアリティーにこだわっても仕方がありませんhappy01



モデルにブルマァク復刻のゴモラ氏をオファーした理由は
奇しくも45年前の今日、1967年1月15日が
『ウルトラマン』第27話『怪獣殿下・後編』の放送日だったからですtv

そうかー。オサムくんは今日、ハヤタ隊員から流星バッジをもらったのかーconfident
エピソードのラストシーン、ハヤタさんとバッジで交信するオサムくんが
当時、なんとも羨ましかったものですがlovely


そんなわけで今日は、休日で賑わう市街地の真ん中にゴモラを鎮座させ
家族連れやカップルから注がれる好奇の視線を一身に浴びながら
遠い45年前の本放送に、思いを馳せていたというわけですねhappy01

「こんな都会の真ん中に、怪獣が出んかなあ」なんて言いながらcoldsweats01
バックが大阪城なら完璧だったんですが、名古屋住まいの私には酷なお話sweat02
でも前述の通り、テレビ塔にも怪獣との縁が無いわけじゃなし
今回は夢の、ゴモラ名古屋襲撃シーンというわけですhappy01

でもそうか。今日はゴモラさんはお忍びの地方バイトだから
あえて本名を一文字もじって、ゴモ
を名乗ってもらったんだっけsweat01
ヤマプロもうるさいから、テラコという名も使えませんしねなんて
話題がちょっと、ディープになりすぎましたかcoldsweats01
分からない方にはチンプンカンプンですよね。このくだりcoldsweats01


Photo_2

撮影ポイントを変えて、こんな一枚もcamera
あるいはゴモラが展示されていたかもしれない、大阪万博をイメージし
未来っぽい建造物・オアシス21をバックにしてみました。

名古屋にお住まいの方なら、お馴染みのランドマークですよね。
でもこれまた画角的に、建造物が主張しすぎて
ヨコプロの”怪獣!!世界一周シリーズ”みたいなテイストなのはご愛嬌coldsweats01


やっぱり私はどこを切っても、パチの血が流れ出すようですね。
空は曇りでも気分はチョイ晴れ、駄菓子屋気分で遊んできましたhappy01
さあ風邪対策のうがいもそこそこ、レッグ美ジョンに励まなきゃpunch
コレでも女子ですなんて言ったら、皆さんにマルス133で射たれそうですが
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月14日 (土)

くびれ急造指令

11日の水曜日に入手したばかりのエクササイズマシン・LEG美SION。
せっかく買ったんだからと、毎日せっせと使っていたら
コレがなかなかすぐれものでhappy01

1セット60秒間、脚の開閉運動をするだけなんですが
思いもよらない部分にまで効果があって、ちょっと驚いていますhappy02


Photo_3

コレ、最初の購入理由は
夏にがんばったウォーキングの結果で細くはなったものの
今イチ緊張感が足りない脚、特に内ももの引き締めを狙ったものなんですが
確かに使用初日はももの筋肉が刺激され、攣りそうなほど痛んだものの
続けるにつれ、痛みより引き締まっていく感覚が強くなりました。
まーまだ始めて四日目ですから、効果も何もあったもんじゃないんですが
年齢と共に衰えを感じていた足腰の力が、ちょっと回復した感覚。

正直、夏のウォーキング時も、暑さに体力を奪われる以上に
脚力の減退に辛さを感じていたのですが
やり方がよくなかったのか、どうも私のウォーキングは
脂肪や水分とともに、筋肉も落としてしまっていたようですね。

今回このマシンを始めた事で、それを実感しましたcoldsweats01


ホントに一日3セット程度試しただけで、朝の布団からの起き上がりや
両手に荷物を持って歩く際のフラつきが、若干ながら少なくなったような。
いわゆる足腰のふんばり効果みたいなものが、戻ってきた感じなんですよね。
その度、おおーまだやれるじゃん私みたいな
体力への自信に繋がっています
happy01


まずはそんな脚への効果に驚いたものの、言わばそれは狙い通り。
それ以上に意外だったのは、下腹の引き締め効果でした。
このフットレールによる開閉脚運動、想像以上に腹筋にくるのですhappy02
何度も言いますが開始後まだ四日目なのに、早くもおなかの固さが違う。
以前から行っていた一日400回の腹筋運動は、一体なんだったのと思うくらい
劇的なスピードで、固くなっているのが分かります。
コレもやっぱり、私が怠けていた事の証明なんでしょうか?
頭以上に、体もユルユルに甘やかしていたようですねーcoldsweats01


昔は、行きつけの酒場のマスターとエクササイズトークで盛り上がり
アンタたち健康オタクねえなんて、ママに呆れられたものですが
まさかこんなマシンに、ウォーキングや腹筋と並ぶ効果があったとは。
やっぱり運動もやり方次第で、体への影響はまったく違うんですね。
買った当初は、効かなくて元々なんて眉ツバ半分だったものの
コレはコストパフォーマンスが高いhappy02 良い買い物と喜んでいます。

こうして、一本の記事にアップしたくなるほどですから
私が感じた興奮は、皆さんにもお察し頂けると思いますがcoldsweats01


さあこの勢いで、次に挑戦するのは
脚やせとともに長年の目標だった、ウエストのサイズダウン。

ずいぶん前、ウエストが64cmまで落ちた事で
スキニーデニムの買い替えに奔走した顛末をお話しましたが
最近、この64センチデニムも若干ユルくなってきました。
でもその程度ではまだまだ満足できない、欲張りな私。
そう。男性骨格の私にとって、どうしても越えられない壁
ウエスト60センチを切ることが、究極の目標なのですpunch


ほぼデイリーメニューのウォーキングや腹筋に、このマシンを加えれば
アンダー60センチも、ひょっとして夢じゃないかもlovely
そんな願いを、LEG美SIONは叶えてくれそうな気がするのですhappy01
確かに、体型のバランスは男女で違うので
しゃにむに私がウエストダウンを目指しても、女性体型にはほど遠い上
骨盤サイズの男女差により、腰にも明確な形での”くびれ”はできないのですが

60センチを切れば、着られる服のバリエーションは格段に増えますし
スタイルの見栄えも違いますから、精神的女子としては憧れるわけでlovely


てもまあ、私以上に女性の生活を営んでいらっしゃるMtFの方々には
この程度の悩みなんて、まだまだ甘いんでしょうね。
毎度の事ながら、自分の努力不足が情けない限りでweep
とはいえ何事にも、はじめの一歩はあるもの。
アクティブ女子を名乗る上は、ヘタレながらも頑張りますよ私はpunch

そしてっ!そのモチベーションを上げるものは
昨夜届いたメールで開催を知らされた、幼なじみ6人での一泊旅行rvcar

記事でも何度かお話していますが、古くは幼稚園時代からの付き合いの彼らは
今の私の生き方を受け入れ、折りに触れ女性扱いしてくれる
本当にありがたい仲間たちです。

その厚意に応えるという程、大げさな理由でもありませんが
彼らが理解してくれた女性道をより極め、私の本気度を見せる為に
ここは一番気合いを入れ、ウエストダウンを狙おうとpunch
まー目標を設定することで、努力の励みにしようという魂胆もありますがcoldsweats01


来月中旬に迫った旅行本番までに、このマシンでどこまでウエストを絞り込めるか。
決意の証として今日は、曇りがちな空の下、一瞬の晴天を狙ったこんな一枚をcamera
それにしても少女時代とかエリス中尉とか、目標が高すぎますね私はcoldsweats01
旅行当日までには、こんなナイスプロポーションが実現できるよう
くびれ作りに励むとしますpunch


Photo_5

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月13日 (金)

ペギラ撃退せよ

Photo

昨日よりはいくぶん、暖かくはなったものの
まだまだ冬の寒さが続く、今日の名古屋。

気持ちよく晴れ上がった昼下がりの公園では・・・


Photo_2

歩道のかたすみで昼寝のネコちゃんも
心なしかホッとしたようす。
ところがその隣では、この時ならぬ寒波の元凶が!


Photo_3

おおっと。昨日おひろめしたモノクロペギラさん
先輩格のカラーペギラと、井戸端会議の真っ最中。

そりゃーこの二頭が揃えば、日本も寒くなるはずですよshock
とはいえご両人には今ひとつ、納得が行かないようですけどhappy01

ペギラが居るから寒いのか?それとも寒波がペギラを呼ぶのか?
そんなニワトリとタマゴの理屈はともかく
ひたすらボヤきまくる彼らの前に・・・


Photo_4

満を持して現れた、元祖ウルトラメカこそっ!

Photo_5

そうです!デビューはジェットビートルに先駆けること半年!
我らがウルトラエースこと、星川航空の名パイロット
万城目淳ちゃん操るところの超兵器・シルバーセスナ!

色合いがオリジナルといくぶん違う所はご愛嬌coldsweats01

というわけで、今回おひろめするのは
星川航空所有のセスナと同タイプの、ブリキおもちゃです。
おそらく’60年代あたりに発売された、タカトク製の当時物。
モノクロペギラ同様、昨年コッソリ入手しました。

現在はあまり見かけないので、貴重と言えば貴重ですが
おもちゃはおもちゃ。私はガンガン遊びますhappy01

全長約22cm・翼の全幅約26.5cm。
フリクション走行で、タイヤとプロペラが連動回転します。
カタカタと走らせれば、ブルブルとプロペラが回る素朴なギミック。


Photo_6

スカイタクシーの名の通り、遊覧飛行仕様のようですね。
ですからカラーリングも、こんなに派手というわけで。
反射を抑えて撮ったので分かりにくいですが
翼の色は、実際にはピカピカのシルバーなんですよ。

シルバーセスナの商品名も、そこから来たのでしょう。


Photo_14

それにしても見れば見るほど、かの淳ちゃんセスナと瓜二つhappy02
フロントに星川航空と記すまでもなく、ウルトラQ遊びに充分使えます。
うーむ昔からビートルファンの私ですが
まさかウルトラメカ先輩格の淳ちゃんセスナにさえ、心を奪われるとは。

我ながら、なんて筋金入りの第一期ウルトラファンなんでしょうcoldsweats01
しかも最新造形のリアル派じゃなく、当時テイストのユルおもちゃ好きときてますから
救いようの無いオールドファン、共感を得られないのも無理はありませんweep
ちょっと操縦席に目を向ければ・・・


Photo_8

しっかり、淳ちゃんと一平くんが乗ってますhappy01
まー今日はタクシー業務ですから、いでたちはいくぶん違いますけど
この不況の中、星川航空も仕事を選んではいられないと。

ビラ撒きからギャングの逃亡協力まで、なんでもこなすバイタリティーで
今度は運ちゃん稼業に励むというわけhappy01
て事なら、後部座席には・・・


Photo_9

おおー毎日新報の敏腕婦人記者、江戸川は由利ちゃんの姿が。
今日は金髪に変装して、有名スタアの尾行取材と見ましたhappy01
ひょっとして彼女の後部に見える口元は、鬼の関デスク?
きっと、操縦にもムチャな注文をするんだろうなあ。
「今すぐ着陸してくれたまえ、運転手くん!」なんてcoldsweats01


Photo_10

劇中と見間違うほどのフォルムを誇るこのセスナなら
ペギラーズが恐れたのも無理はありません。
超低温の雲もなんのその、ペギミンHを抱えた捨て身の攻撃で
彼らを痛い目にあわせた伝説の名パイロット
”沢村大尉のなれの果て”がまたやってきたのかと、ビックリしたのでしょうeye


Photo_13 

でも飛んできたのは淳ちゃんたちとわかって、ホッと一息のペギラーズ。
劇中では迫力満点の対決を演じても
本番後はみんな仲良しの、ウルトラファミリーなのでしたhappy01



Photo_12

今はさすがに真冬ゆえ、緑の芝も枯れ果てちゃって
公園の地面は見る影もありませんが
ごらんの気持ち良い晴天や、14度弱と意外に高い地表付近の温度が
寒さに凍えがちな気分を、まだ救ってくれますね。

冬はまだまだ長いものの、どんな季節にも独自の美しさを見せる自然に
今年も魅了されっぱなしです。
お肌の乾燥だけには、気をつけなきゃいけませんけどhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月12日 (木)

名古屋氷河期

Photo

驚異のマイナス29.1度となった、北海道は陸別町にはかなわないものの
今期一番の冷え込みで、最低気温マイナス1.1度を記録した今朝の名古屋。

キンと冷えた空気を証明するかのように
午前7時33分の朝日もこんなにシャープsun
空も晴れ、いい季節だなァ。週末にはドライブといくかっrvcar


Photo_2

なーんて出かけた朝11時。
道中で見かけた近所の歯医者さんでは、気温表示が冷蔵庫並みの4度。
寝ぼけてなんかいませんよ。とにかく名古屋は真冬になっちまったんですshock
ホントです。ホントのことなんですよhappy02

あまりの冷え込みに、昔治した虫歯も痛み出しそうsmile


Photo_3

買い物など済ませ、帰りに寄った人工池では・・・

Photo_4

おおっと写真では分かりにくいですが、表面に氷が張ってますね。
寒い国へ行った事のある、探検家でも探そうかなshock
淳ちゃん教えてよ。この寒さの原因gawk


そんなおバカなやりとりはともかくcoldsweats01 この氷の厚みなら
この時期ならではの、氷上怪獣写真が撮れるかもしれないと
あわてて自宅で出演オファー、とっておきのスターにお越し頂きました!


Photo_5

寒波と共に名古屋へ途中下車したのは
南極の万年睡眠不足こと、ご存知冷凍怪獣ペギラ!

氷の上に置いた証拠として、あえて引きで撮っていますcamera
(写真はクリックで拡大しますので、細かくご覧になりたい方はお試しをcoldsweats01
池の氷は、スタンダードサイズのソフビが乗っても
ビクともしない厚みでビックリeye

でもペギラさん、水面に浮いてるようにも見えますね。自慢の反重力能力かな?happy01


Photo_6

お察しの通りこのソフビ、ブルマァク復刻の限定版。
その可愛らしい造形から、今も人気を呼ぶアイテムなんですが
特にこのバージョンは、その彩色に特徴がありまして。


Photo_7

このモノクロ版は、2005年6月開催のメディコムトイ・エキジビジョンを記念して
ゴメス、ゴローと共に、300個限定生産された品。

それゆえ現在ではそれなりのプレミアが付き、価格もやや割高なのですが
運良く昨年、未開封の新品を安価で入手できました。

アイテムの価値をレア度、稀少度には置かない私ながら
このマルサン原型ペギラの魅力には、昔から首ったけでlovely
しかもモノクロイメージの強い「Q」怪獣ですから
レア度に関係なく素直に色の魅力で、手元に置いておきたかったのでした。
ですから今回も躊躇なく開封、ご登場頂いたという訳で。
でも今日ほど、彼にふさわしいお膳立てもないでしょう。
水を得た魚ならぬ、氷を得たペギラといったところでしょうかhappy01


Photo_8

うわーペギラってすげーなーhappy02 どーですこのラブリーなお顔lovely
順光ライティングの効果か、ディテールや微妙なカラーリングがクッキリ浮かび
屋内撮影より、数段魅力的に見えます。

明暗の階調が命の単色塗装では、やはり照明の有無が印象を左右しますね。
自然光での撮影では、屋内で分からなかった造形・塗装アラを
発見する場合もありますが、それらマイナス要因を差し引いても
アイテム本来の色、造形を存分に堪能できる愉悦にはかないません。
まーただ私の室内ライティング技術が、稚拙なだけでしょうけどweep


Photo_9

Photo_12

おなじみのサイド、リアビューながら、いつ見ても飽きのこないこのフォルム。
独特の魅力を持つ’66年マルサン造形の個性は
誕生後46年を経た今も、まったく色褪せていません。
いつも言っていますが、マルサンのソフビやプラモなど怪獣アイテムには
着ぐるみと較べてどうこうなんて次元を超えた、何かがありますね。

ターゲットを子どもに、商品コンセプトを触って動かし遊ぶ事に絞り込んだゆえ
純然たるおもちゃという軸にブレのないところが
今も私たちを魅了して止まない、大きな理由なんでしょう。

て事は。今日の屋外怪獣遊びも
当時のマルサンスタッフが商品に託した願いに、誠に忠実という事なんでしょうがhappy01

それにしても。あーだこーだと位置変えなどして
撮影にはずいぶん時間をかけてるのに、融ける気配を見せないこの氷。
やっぱり今日の冷え込みはハンパじゃなかった事を、改めて感じた一幕でした。
氷が割れたり融けた際の対策を講じず、ただ撮影に熱中していた私も
今考えれば、いろんな意味で危なかったですがcoldsweats01


Photo_11

わが家のQモノクロ怪獣トリオ揃い踏みで、屋外記念写真camera
ペギラおひろめのチャンスに、ぜひ撮りたかった一枚ですhappy01

今日の冷え込みと池の氷は、ペギラデビューには最高のタイミングでしたし
晴天に恵まれたことも、この3ショットにはラッキーでしたhappy02
バックの人工滝も、いつもの森と違った雰囲気で良いですね。

なんともおとぼけなQトリオ、これだけでもラブリーな魅力爆発ですが
残るブルマァク復刻Qソフビ、モノクロガラモンが揃えば完璧ですね。

でもペギラ以上の人気アイテムですから、手に入るかどうか。
まーいつも通り気長に待ちながら、この三頭とユル~く遊ぶとしましょうかhappy01

さあみんな帰るよ。風邪をひかないうちに。
帰ったらお姉ちゃんは、部屋でレッグ美ジョンを頑張らなきゃpunch
そうだ内ももが攣ったら、みんなにはマッサージお願いねhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月11日 (水)

目指せ少女時代

Photo

さあ今朝も寒いが空気はうまいhappy01
なよなよするのが苦手なアクティブ女子の私が
颯爽とミニバイクで向かった先は・・・


Photo_2

貧乏な私の強い味方、激安の殿堂ドンキホーテ!
店名の途中で「.」を打つのはイメージに合わないので、あえてこの表記でcoldsweats01

今月三日に訪れ、すでに品切れだったお正月限定特価商品を
ダメ元で価格据え置きを条件に取り寄せ依頼したら、なんとOKhappy02
おととい入荷の連絡があったので、取りに来たのでした。
体型維持の決意と共に、満を持して導入に走ったアイテムこそっ!


Photo_3

深夜のテレビショッピングでおなじみ、美脚を目指すエクササイズマシン
レッグマジック!・・・のパチモン

LEG美SION!
(とてつもなく恥ずかしいネーミングですがcoldsweats01

いや本家レッグマジックのテレショップに
以前お仕事で使った番組リポーターの女の子が、被験者として出てまして。

マシンに乗って、脚を開閉させるだけの運動なんですが
引き締め効果はけっこうあったような口ぶりだったので
以前から気にはなっていたアイテムだったのです。

それが今月三日、たまたまドンキを覗いたら
パチモンながらこの商品が、本家の三分の一以下という限定激安価格lovely
しかも売り切れという、なかなかそそる状況だったので
まあこの安さなら、効果がなくても笑い話で済むかなと取り寄せ発注。

それが今日、めでたく手に入った訳ですhappy01
もっとも帰宅後、ネットで相場価格を調べたら
期間限定を謳っていたドンキの価格も、全国店の底値程度だったことが
判明しちゃって
なーんだ店を選べばいつでも手に入る値段だったのかと、苦笑いでしたがcoldsweats01

以前から腹筋400回など、わずかながら毎日のトレーニングは続けていますが
体型維持のメインメニュー、ウォーキングは
ここ数日の極寒に根性が折れ、ついサボリがちのヘタレな私coldsweats01
そんな甘やかし放題の下半身に、ガツンとパンチを与え
冬でも気を抜かない為にも、このアイテムは必要でした。

この機会に太ももを引き締め、約1.5㎏の正月太りを解消するぞと気合いを入れ
いつもの公園で寒中撮影大会
camera
まー室内用の健康器具なので、外へ持ち出す意味は皆無なんですが
そこはそれノリという事で。お天気も良かったですしsun


Photo_4

フットレールを展開、ハンドルを伸ばしたエクササイズモード。
ホバーパイルダーで言えば、飛行状態というところですhappy02
特別ゲストとして、体型が気になるお年頃の
ネロンガ、ガボラコンビに乗ってもらいましたhappy01

それにしても外へ置くとシュールcoldsweats01 新進芸術家が作ったオブジェのようbleah
効くのかなと実際に試してみれば、規定の60秒1セットだけなのに
いやー太ももの内側が痛い痛いwobbly これ以上はももが攣りそうcoldsweats02

やっぱり歩くのを怠けちゃいけませんね。かなり効いてる感じがします。


Photo_5

フットレールをたたむとこんなにコンパクト。
まーパイルダーオンの形ですね。
コアファイターのブロック変形ギミックなんて、意地でも言いませんpunch

物のたとえで歳がバレますがcoldsweats01
ハンドルを90度回転させれば、部屋の隙間にもらくらく収納できるスグレモノ。
なんか通販の商品紹介みたいですけどcoldsweats01

このフットレールの可動ギミック、収納勝手から考えられたものでしょうけど
私のようなマジンガー世代にとっては、実にツボを突きまくりで。
ブレーンコンドルよりジェットパイルダーより、ホバーパイルダー派の私としては
今日も展開、収納のたびに、脳内に♪Zのテーマが鳴り響いていました。

もちろんメロオケVer.でhappy01



Photo_6

このアイテム、ホントに屋外撮影の意味は無いんですがcoldsweats01
今日の空はご覧の通り、ときどき雲が広がるものの気持ちよい晴天で
メタボ足のお二人も、心なしか爽やかな表情ですねhappy01

でもバラゴンベースの地底怪獣は、その力士体型、恰幅の良さが魅力ですから
足だけ痩せると、体のバランスが崩れちゃうよcoldsweats01
まー足の引き締めは私に任せて、キミたちはそのままで良いよねhappy01happy01happy01

この新規導入のレッグビジョンを駆使して
目標とするのは、現代美脚アーティストの代表グループ、少女時代。
その努力の結果を披露する日程は、奇しくも今日決まりました。
来月に迫った、幼なじみ連中6人での一泊旅行。

段取りしてくれたO君も、ちゃんと私を女性扱いしてくれ
宿を手配してくれましたhappy02
O君、キミには昔から頼ってばかりでごめんね。感謝していますhappy01

そのありがたい心遣いを励みにして、目指せ少女時代punchpunchpunch

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月10日 (火)

空の福怪獣選び

Photo_2

今朝8時56分。
ミニバイクで走っていたら、目の前にこんな雲がcloud


おおー晴天の海に泳ぐ魚の骨?
それとも、念仏の鉄っつあんに仕置される直前のアバラ骨?
綺麗な青空バックだったので
形が余計にクッキリ浮かび、ヘンな話ながら見栄えが良いcoldsweats01

写真なので迫力は今ひとつですが、実物は空の一角を占める大面積なので
思わずのけぞっちゃうほどのインパクトでしたeye
まさかこんな天然雲は有り得ないでしょうから
朝早くから、航空ショーのエキジビジョン訓練でもあったのかな?

左右の水平雲は見た感じ、7
機ぐらい並んで発進したような感じだけど。
天地の垂直雲は、1
機だけ交差して飛んだ感じですね。
全機揃って交差すれば、綺麗な碁盤雲になったのにhappy01

でもこんな珍しい雲に出会うと、いろいろ想像しちゃいますね。
参拝者一番乗りを賭け、全国の脚力自慢が集結して
兵庫は西宮神社で今朝行われた、十日えびすの福男選びに習って

怪獣横丁でも空飛ぶメンバー勢ぞろいで、新年恒例の「福怪獣選び」とか。
参加者は定番のラドン、モスラ、バラン、ガメラ、ギャオスに加え
今年の干支がらみでキングギドラ、冬の主役ペギラも入ってるかな?

おっと英一くんの説によると、昭和ギャオスはおやつ前には出ないから
やむをえず今回は平成版ってことでcoldsweats01

となると垂直雲はさしずめ、空に描かれたスタートラインでしょうね。
いずれ劣らぬ翼自慢が集結しての、一大空中短距離走。
でもって水平雲は、飛び立った選手怪獣たちの空の航跡。
担当宮司・ウルトラマンのスタートサイン一下
ガオーギャオーなんて咆哮が、空の彼方から聞こえてきそうです。
さあ毎年転倒者が続出する、魔のカーブを制するのは誰か?
一年の運気を約束される、今年の福怪獣の称号は誰の手に?

でも勝負はあくまでフェアに。翼チョップや光線の使用は禁止でね。
血の気の多い連中だから、そっちの方が心配だったりしてcoldsweats01

神聖な神事ながら空の競走なら、BGMはこの曲で決まりでしょう。
オリジナルぢゃないのが残念ですがcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

強制加湿作戦

Photo

歳のせいか、痩せて体質が変わったのか
床についてしばらく経った深夜二時、体中が強烈に痒み出し
ついに眠れなくなってしまいましたwobbly

これまでの人生で、痒みに眠りを邪魔されたのは初めてですshock
コレが乾燥肌という現象なんでしょうか。
顔の保湿は気をつけていても、首から下のケアはついおろそかになって。
そうでしょうねー。ここ数日は空気の乾燥がハンパじゃないし
毎年の事ながら手の平もカサカサ、その症状がついに全身に至ったわけですweep


あわてて部屋の加湿器を起動、室内の湿度を強制上昇させた後
洗顔とウガイの嵐で水分補給、コタツに座って一息ついたら
痒みも次第に引いていきました。
今は体調も正常に戻ったので、こうしてキーボードに向かえている訳ですがcoldsweats01

でも怖いなー。強い光や騒音ならともかく、乾燥肌に安眠を妨害されるなんてshock
現在の室内湿度は46%。
肌も若干シットリしてきたので、コレ位が適正なのかな。
部屋の気温調節はこまめにしていますが、湿度調節はつい忘れがちなので
気をつけないといけませんねーcoldsweats01
ノドの痛みあたりが、空気乾燥のサインということでしょうか。
部屋の湿度アップには、洗濯物の部屋干しが効果的なんて言いますから
加湿器を点けっぱなしで寝るわけにいかない時には
湿らせたタオルなどを部屋に置いておくだけでも、効果は違うのかもしれません。


本当ならエアコンやコタツ、ハロゲンヒーターなどわが家の暖房器具も
空気乾燥の元凶のひとつなんでしょうけど
それらを使わないわけにはいきませんしcoldsweats01
昔実家で親がよく、石油ストーブにやかんを乗せてお湯を沸かしていましたが
アレも湯沸しと共に、湯気による部屋の湿度アップという
生活の知恵だったんでしょうね。


やがて五時。真冬の今では、まだ夜明けには早い時刻ですが
幸運にも睡魔が襲ってきました。
連休明けの早朝からお仕事の皆さんには申し訳ありませんが
私はこれから、もうちょっと寝かせて頂きますsleepy

写真はたまたま昨夜撮った、満月の空。
身も切る寒さというのに、デジカメが安物のせいか月もピンボケfullmoon
寝ていてもボケまくりの私には分相応、コレはコレでいいでしょうhappy01
皆さんも乾燥肌にはお気をつけて、心地良い睡眠をお楽しみ下さいhappy01

2012年1月 7日 (土)

激闘千鳥格子

発注以来、悶々とした日々が続いていましたが
それも今日でやっと決着、なんとか胸を撫で下ろしました
coldsweats01
年明け早々、全国の女子が目の色を変えて浮き足立った
レディースショップの冬物プライスオフセール。

以前もお話しましたが、私はウェアを選ぶ際には
手持ちアイテムとの着まわし勝手を徹底的に吟味するタイプなので
どんなに安くても中身が分からない福袋の類は、全く興味がありません。
でもその分、狙った獲物はとことんマークして
セール品となった瞬間に購入するタイミングの読みと勢いは
まさにバーゲンダッシュ並み、椿三十郎の居合い抜きのごとしでhappy01


そんなこんなで、今回めでたく入手できた逸品はコチラです。


Photo_3 

いつものネット通販ショップで、定価より驚異の59%OFFとなった
千鳥柄スカートスーツ。


クラシカルなトレンドパターン、千鳥格子を全身に配しながらも
フリンジやサテントリミング等、現代風の隠し味を施したノーカラージャケットと
こちらもシルエットや丈に絶妙な現代風アレンジが加えられた
台形スカートの組み合わせです。


千鳥格子スーツについては、苦い思い出がありまして。
ずいぶん昔に別のショップで売り出され、プライスオフを狙っていた
お気に入りの千鳥格子スーツがあったのですが、売り手も強気だったようで
シーズンのラストまで値が下がらぬまま販売終了。
結局、二度と手に入らなくなってしまったというweep

今回のこのスーツは件の物とは違うものの
デザインはすごく似ていて、まさにリベンジ購入にはうってつけ。
むしろ細部の味付けがより現代風な分、着やすいと言えます。



でも通販の場合、試着や素材感の確認が出来ないので
骨格が男性そのものの私には、購入への不安要素が二つほどありました。

一つ目は骨格の問題。

同じ身長、体重でも、男性の骨格は女性と比べ
肩幅は広く胸板は厚く、むしろ下半身は小さい為
男性の骨格でレディーススーツを身につける場合
運動などでウエストを絞ることによって、ボトムスはなんとかクリアできるのですが
肩の骨を削る事は出来ませんから
ジャケットの肩幅、バスト寸が小さくて入らないことがあるのですweep
とはいえ、肩幅がクリアできればまだ勝機はあって。
いわゆる背広風・ブレザータイプのジャケットなら
胸板の厚みで前が締まらなくても、ボタンを留めるのは一、二箇所ですから
留める前ボタンの数でなんとか調節が出来ますし
なんだったら一箇所も留めなくても問題ないので
太っていた頃は、その手でごまかしていた事もありましたcoldsweats01


ここ数年はダイエット効果か、そんな苦労もさほど感じなかったのですが
今回のジャケットは写真の通り、首元から裾まで全部留めるタイプ。
思えば私、このタイプのノーカラージャケットを買うのは初めてですから
”ブレザータイプジャケット用・ボタン調節作戦”が、通用しない訳です。
安全策として、予定より1号上のサイズを発注すれば確実なんでしょうが
それではジャケットは着られても、全体のシルエットが僅かながらユルくなり
このスーツ独特のタイトなラインが、再現できません。
それよりも何よりも、発注サイズを上げる事が
”自分への甘え””痩せる努力から一歩下がる事””服に対しての敗北”に思える
いつもの負けん気が頭をもたげcoldsweats01
どーしてもその策に踏み出せないわけです。

ほら、服のサイズを上げ始めたらリバウンド一直線というアレですよhappy01

服を買う時はいつも、このジレンマとの戦いがあります。
リスキーでもシャープなシルエットを追求するか、ユルい安全サイズで妥協するか。


二つ目は素材感の問題。

以前別の機会に、このお店の千鳥格子ウェアを発注した際
届いた品のあまりにお粗末な素材感に、速攻で返品した事がありまして。
ショップ側でもその品は返品が多かったのか、企業努力もあったのでしょう。
その後に購入した全てのウェアは品質が向上、素材への不満は無くなりました。
とはいえ千鳥格子ウェアの発注としては、その返品事件以来、今回が初。
他の商品がレベルアップしたとしても、千鳥格子の素材だけが以前通りだったら。
何しろ今回のスーツは、件の返品商品とまったく同じ色なんですからcoldsweats01

まー私がそれだけ、このモノトーン千鳥に執着している証とも言えますがhappy01


以上二つの不安を抱えながらも、59%OFFという好機には勝てず
いつものサイズをえいやで頼んでまる三日。
正午前にようやく届いた荷物を前に、ぜったい制覇してやるぞと宣戦布告rock
試着前に全身サイズが1ミリでも上がらないよう、準備した昼食さえ口にせずangry
スーツとの格闘が始まりましたimpact

絞り込んだウエストの効果か、スカートはユルいくらいhappy01
ここまでは予定通りながら、最大の敵は上半身、ノーカラージャケットです。
恐る恐る袖に腕を通し、身頃を合わせてみれば・・・



おおっと意外に無理せず入る。ボタン代わりの左右ホックもストレス無し。
一番上の首元ホックなんかむしろ、気を許せば外れそうな余裕happy02

いやー運が良かった。私の骨格は変えようが無いですから
たぶんジャケットサイズそのものが、多少大きめに作ってあるのでしょう。
たとえ、号数という全国共通の規格はあっても
メーカーやプランドはもとより、そのウェアが目指すシルエットによって
同じ号数とはいえ微妙にサイズが異なるのが、レディースウェアの世界。

こればっかりはホントに、試着無しの買い物が怖いアイテムですねえ。
今回みたいに運良くアタリならまだしも、ハズレたら目も当てられないcoldsweats01

そしてもう一つ、素材感に関しても
昔返品したアレからは考えられないくらい、しっかりした厚みある縫製で。
冬物ですから当然ながら、ジャケット・スカートとも風なんかヘイチャラなほど堅牢happy02

コレなら小寒を過ぎ、冬真っ盛りの今頃でも温かさは保証付きです。
こんなに厚みある縫製なのに、シルエットはよくここまでタイトに見えるなー。
これも、千鳥格子というデザインが生み出す視覚効果なんでしょうか。
着る方にとっては、細く見えて嬉しい限りですがhappy01



てなわけで、今回の二つの不安は無事に解消
ささやかながら嬉しい、三連休初日となりましたscissorsscissorsscissors
明日はコレを颯爽と着こなして、賑わう街中へ出かけましょうかhappy01
おっとその前に。
実はこのスーツには、別の着こなしバリエーションがあるんですよ。
それがコチラ。


Photo_4

ジャケットは共通ながら
スカートはこの、シフォン素材のブラックプリーツも付いていまして
言わば1ジャケ・2スカートのセットという事なんです。

このシフォンスカートがまたフェミニンで、好みにピッタリlovely
試着してみれば、二段ティアードの下段側は丈、シースルー感とも絶妙で
清楚すぎずセクシーすぎず、ちょうど良い心持ちなんですよ。

これも計算かどうかは不明ながら、着る側にとっては嬉しい偶然でした。
ただ一枚目の千鳥格子スカートに較べると、さすがにちょっと薄手かな。
でも全身の配色バランスを考えたら、コレはコレで面白いし。

ま、いずれにしてもこの三点セット
デイリーにアフター5にと、かなり活躍してくれそうなアイテムです。
今年最初の買い物としては、価格といいプレイバリューといい
成功と言っていいでしょう。

コイツは春から縁起が良いhappy02この程度で喜んでるのもどうかと思いますが
coldsweats01


てなわけでその後も昼食そっちのけで、スカート違いの2パターンに加え
手持ちのパンプス、ブーツ、首元のネックレスまでとっかえひっかえ着けては外し
考えうる限りのコーディネート、ベストチョイスを探ること実に二時間clock

気がつけば部屋中が脱ぎっぱなしの服や靴、アクセサリーでひっくり返り
テレビでは、日本映画専門チャンネルの『ゼロの焦点』が佳境を迎えてました。
ちょっとやそっとじゃ動じそうもない主演女優、中谷美紀さんも
こんな光景を見たら、劇中のクライマックス以上に取り乱すことでしょうcoldsweats01


陽も高いうちから何やってるのかと、われながら呆れますが
コーディネートは出来るだけ、時間のある時に決めておくのが
いざ出かける際に慌てる必要がなく、合理的であることは
度重なる失敗から得た教訓ですcoldsweats01

こうして一通り試し、納得した後なら
毎度の粗末な昼食とはいえ、美味しさも倍増するようで。
時節がらヘルシーに、七草がゆでも良かったかなhappy01


ジャケットもスカートも、いつものサイズでユルいくらいなので
精神的にちょっと、余裕が出来ちゃいました。
この油断が体型維持の敵!
とりあえずの目標は、近日公開の『ALWAYS三丁目の夕日’64』。
せめて、恥ずかしくないプロポーションで劇場へ赴き
スクリーンで輝く掘北真希さんに、勝負を挑む事としましょう。

うーむロクちゃんが相手では、私の負けは最初から決まってますが
crying

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(MtF・MtX)へ

2012年1月 4日 (水)

氣合の4日

Photo_4

冷蔵庫並みの冷気に加え、晴れと曇りが30秒間隔で入れ替わる気まぐれな空。
昨夜はあまりの寒さに、足元が冷えすぎて眠れず
夜中2時に起きたきり、コタツで震えてましたshock

雪でも降り出しそうなこんな日でも、仕事始めはやってくる。
その日のお仕事の有無がモチベーションの基準となるフリーの私には
今ひとつ実感がありませんが
官公庁や地元企業の年始風景がニュースを賑わすようになると
つかの間のおとそ気分からの脱却を、なんとなく意識させられます。

もっともお酒、おせち、お餅にいっさい縁の無かった今年の三が日は
こまめに洗濯などしながらも、自宅でひたすら映画鑑賞cd


マット・デイモン主演「アジャストメント」のエンディングでは
SFアクションと見せかけたラブストーリーの小気味よさに唸り
ヒラリー・スワンク主演「ストーカー」
先読みできてしまうクライマックスには、ちょっと物足りなさを感じ
ひたすらドンパチの「世界侵略 ロサンゼルス決戦」には
さしずめこれは『インデペンデンス・デイ』や『宇宙戦争』の局地戦エピソード
もしくは市街地を舞台にした『エイリアン2』だななんて
いいかげんに納得してましたcoldsweats01

自宅飲酒の習慣が無い私にとっては、四六時中映画に浸るこんなひと時が
朝からお酒三昧の寝正月みたいなものでしょうね。

こたつに根が生え、みかんやおつまみは手放さなくても
テーブルの傍らに山と積まれるのは、ビールの空き缶ではなく
鑑賞済みのDVDというcd

でも個人営業の身ですから、節目は自らつけないとズルズルベッタリcoldsweats01
世間に足並みを合わせ、私も気分を一新。
お仕事、プライベート共に、気合を入れて頑張りますpunch

すでに昨夜の段階で、正月太りも2㎏近くshock
うーむやっぱり怠け癖はすぐ、体重に出ますね。

三が日中あちこちで見かけた、お正月もジョギングを休まなかった方々と
グータラを絵に描いたような私との差は大きいweep

前回記事のユルギドラから一転、今日は気合を入れる意味で
竜モチーフ怪獣の個人的ベスト、三つ首竜でビシッとpunch

バックが何も無い空では、画像編集ソフトの素材みたいに見えちゃうので
今回は意識的に、地上の建物を入れ込んでありますbuilding

ご存知の通りこの三つ首竜は、2008年発売のインスパイア製。
着ぐるみ以上に生物感溢れるそのフォルムと
劇中場面を切り取ったような絶妙のポージングで
リリース時、怪獣ソフビファンを驚愕させた逸品です。

ユルソフビに傾倒している私も、こういう高レベルの立体物を見ると
ついリアル方面に、浮気の虫が疼いてしまいます。
とはいえ私のおバカ写真の作風には、こういうリアル怪獣は合わないので
時々ご登場頂き、ヘタレな毎日に喝を入れてもらえればいいかなとcoldsweats01

この午前11時30分の空も、リアル三つ首竜に合ってますね。
暗雲・白雲・晴天がバランス良く揃ったお天気の表情に加え
主役たる三つ首竜にはうまく自然光が当たり、陰影の具合は絶妙。
抜けない正月気分を、大きく裂けた三つの口で食い尽くしてくれそうです。
私についた余分な脂肪も、食べていってくれないかなhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月 2日 (月)

ヘタ龍1月2日

Photo

前回の元旦記事で、初日の出をバックに大迫力のシルエットを見せた
今年の干支・轟龍キングギドラさんですが。
やっぱりお正月なのか、2日ともなるとすっかりユルんで
こんなにかわいくなっちゃいましたhappy01

昨夜からの曇り空を割いて、朝から降り出したにわか雨も上がり
青空が顔を出した、11時頃の空をバックにsun

ちなみに前回の写真はコチラ。


Photo_3

前回に較べると、今回は思いっきりヘタレフォルムですね。
全身隙だらけ、昼間からビールとテレビで寝正月のお父さんみたいでhappy01

前回のアートワークスに代わり、今回のギドラは以前記事にアップしたもので
2001年にバンダイから発売された、ゼンマイ歩行プラモです。

ボディは’70年代初頭、ブルマァクで作られた金型から起こされた
言わば復刻プラパーツ。
頭部は同ブルマァク製、ソフビギトラの頭部と同じものだそうです。
ボディ部の金型と試作品の写真だけが現存し、発売には至らなかったという
幻のキットという事で
復刻版発売の際には、好事家の間で話題になりましたね。
私も当時は興奮のあまり、ロゴ入りTシャツ付きで8,000円もしたのに
四個も買ってしまいましたcoldsweats01
それが今や市場でダブつき価格も暴落、相場価格は定価の四分の一ですから
自分の読みの浅はかさには、ただ涙するばかりでcrying


とはいえ、この完成品からは
味わい深い’70年代フォルム、ゼンマイでヨチヨチと歩くレトロ感覚に
たまらない魅力を感じますlovely

コレばっかりは未組立で寝かせておくより、こうして完成させるのが正解ですね。
劇中風にはほど遠い独特なフォルムですから、コレはコレでOKと。
パーティングラインも味として、あえて残す方がプラモっぽいですしhappy01

思えば私の子ども時代、お正月は今のように
元旦から営業しているお店は少なく
子どものお年玉を当て込んだおもちゃ屋さんも
年始の営業開始はせいぜい今日、1月2日頃でした。

元日にお年玉という、年に一度の大軍資金を手に入れた私は
2日の朝が待ち遠しくて
開店時刻の10時には、妹や二歳年下の従弟と共にお店へダッシュdash
普段は手の届かない、高額のプラモや怪獣おもちゃが
運良く手に入った時には、夢のようなお正月を過ごせたものですhappy02


とはいえ、考える事はみんな同じですから
お正月のおもちゃ屋さんは、同年代の子ども達でごったがえし
ここぞとばかりに、狙っていた高額プラモの争奪戦。
いつものお小遣いでは買えない1,000円近くの価格で
まず売れないだろうと油断していた
マルサンやブルマァクのモーターライズ・メジャー怪獣プラモが
お正月のこの時だけは、ちょっと出遅れると見事に無くなっていて
泣く泣くマルイや日東、クラウンあたりの200円プラモで我慢した事も数知れず。

だからなんですね。ゼンマイガメラやギャオスを作った記憶が多いのはweep


私が好きなプラモを複数買いする癖はきっと、その頃のトラウマゆえでしょう。
お店での仁義なき戦いに負けるともう、待っているのは売れ残りの
日東のガッパやマルイのスーパーロボしかないという、悲しい現実がweep

こんなうららかな1月2日にはそんな、ちょっとほろ苦い思い出が蘇ります。
復刻ギドラをベランダに持ち出す気になったのも、そんな郷愁ゆえでしょうか。

久しぶりに、ギドラをちょっと歩かせてみましたが
手巻きゼンマイ特有の、ジージーという作動音にも
あの遠い日の記憶を呼び起こす何かが、詰まっているようです。

凛とした朝。親戚筋の顔。お雑煮。お年玉。怪獣プラモ。
やっぱり子ども時代を思い出しちゃいますね。お正月ってhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2012年1月 1日 (日)

轟龍2012

Photo_3   

前回記事ラスト、しばしのお別れなんて舌の根も乾かぬうちに
早くもブログ年賀状という、いつものノープランぶりcoldsweats01
皆さま明けまして、おめでとうございますhappy01

夜中に少し雲が現れたので
名古屋で初日の出が拝めるかは、ちょっと心配されたのですが
ごらんの通り7時30分、見事なご来光が望め
昨日からのささやかな願い通り、穏やかな年明けとなりましたfuji

今年も幸先いいぞコリャと、アートワークスの実体化途中ギドラをあしらって一枚camera
オレンジのクリアボディが陽光に透け、なにやら厳かな雰囲気さえ漂います。

名づけて
轟龍。今年の干支・辰にちなんだ竜・龍怪獣フィギュアで
初日の出と絡めるなら、これ以上のモノは無いでしょう。

私の中では三つ首竜に続く二番手ながら
キングギドラという怪獣のフォルムにも、他の追従を許さない個性がありますねhappy01

こんな風に、撮りたてホヤホヤの初日の出写真を年賀状風にデッチ上げ
元旦中にアップできるのも、ネットならではの素晴らしさですね。

紙の年賀状では、このレスポンスの速さは不可能ですからhappy01


例年なら、妹宅や親戚宅でまったり過ごす元日ですが
今年は妹も従弟も都合が悪く会えないので、一人自宅でのんびりです。
妹分のハムちゃんも居ないせいか、ちょっと寂しいお正月ですがsad
まー三が日は予定も無いので、お天気の都合でブラブラと
あても無く出かけてもいいかななんて、ユル~く考えていますcoldsweats01

まーおとそ気分が抜けない内から
年頭の決意や思うところなんて、固い話題を語るのもなんですから
とりあえず今回は一年の門出、元旦のご挨拶ということで。
今年もこんな感じで、下らないおもちゃ遊びをはじめ
日々思う事をつらつらと綴って行きますので
皆さまどうぞ、ユル~くおつき合い下さいませhappy01
happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »