2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 11月にお迎えした皆さん | トップページ | ウルトラサインの間 »

2011年12月 3日 (土)

絶佳な朝食

肌を刺すような昨日の寒気も、今朝は緩んで快適な週末。
夜明け前から路面を濡らした、冷たい雨もようやく上がって
散歩する人の姿も、チラホラ現れました。

空模様はあい変らず、どんよりとはっきりしませんが
この曇り空から落ちてくるのが、雪でなく雨というぶん
まだ、寒さに身を固めずに済みますね。


換気で開けた窓から忍び込む、湿気まじりの冷たい空気も
心地良く頬をなでて
朝食のお供に楽しむコーヒーの味を、心なしか引き立ててくれますcafe


Photo_2

コーヒーはインスタントながら、いつも地味~にブラックなんですが
パンは各メーカーの新製品を、いろいろ試しています。
今朝のチャレンジは少し前に発売された、森永ミルクキャラメル食パンbread
敷島パンとのコラボ企画らしいですが、遅まきながら今回が初購入。
昔から慣れ親しんだ森永キャラメルの味が、どこまでパンに活かされているか
期待ハズレの場合を考えて、保険にブルーベリージャムを用意したのですが・・・

いやー思った以上にキャラメルテイストhappy02
トーストする必要もなく、ジャムなど別の味を加えなくても全然OK。
コレ一枚だけで充分、甘く深い味わいが楽しめます。

むしろ何か加えてしまうと、このキャラメル風味のジャマになりそう。
敷島パン独自のモッチリ感も健在で、私の中ではかなりのヒットですbell

割高なのが玉にキズですが、贅沢したい朝はコレでキマリかなとlovely

あまりの美味しさに結局、ジャムもつけずに二枚完食。
うーむさすが森永キャラメル。ロングセラーはダテぢゃない。
滋養豊富・風味絶佳の謳い文句は、パンになっても生きているんですねhappy01

テンションアップのついでに
昨日の集合写真に並べ忘れた怪獣ソフビ・やまなやネロンガを加えてパチリcamera
欠席扱いされたネロちゃんからは、さすがにクレームの嵐ですが
風味絶佳の四文字を呪文のごとく唱えながら、シャッターを押す私の姿に
怒りを通り越しちゃったのか、少々呆れ顔ですcoldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 11月にお迎えした皆さん | トップページ | ウルトラサインの間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 絶佳という言葉をここではじめてしったのですが、なるほどいい得て妙で的確な表現であります。
 
  「森永ミルクキャラメル食パン」を見て、数か月前に不二家から「ネクターロール」なるものが発売されていたことを思い出しました。缶ジュース「不二家ネクター」の果汁をクリームに混ぜ合わせたものなのですが、いざ買おうと思って最寄りの不二家の行ってみたらそこはいつの間にか閉店していて未だ味わう機会がなかったりと・・・

 それはさておき、懐かしのブランドがこのように形を変えて現れてくれるという点に、時代の移り変わりの面白さと人々に愛され続けるものの存在としての温かみを感じた次第であります。

松田 定幸様 調べてみると、「絶佳」という単語は本来
「風光」や「眺望」など風景を表す単語の後に続くらしいですが
それを味覚を表す『風味』に繋げた森永のコピーセンスは
なかなか秀逸だったと思いますねhappy01

ネクターロールは私も知らなかったのですが
たまたま先日、ヤマザキから発売された
「薄皮ネクターピーチクリームパン」なる菓子パンを食べまして。
コレは百円ちょっとという手ごろな価格ながら
あのトロリとした、ネクターピーチ味の風味がクリームに再現され
私には大ヒットの逸品でしたhappy01
ブランドやメーカーの垣根を越え、そういうヒット商品のコラボが実現するのも
元の商品の人気、ネームバリューの高さゆえでしょうねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43237461

この記事へのトラックバック一覧です: 絶佳な朝食:

« 11月にお迎えした皆さん | トップページ | ウルトラサインの間 »