2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 絶佳な朝食 | トップページ | ぶらぶらウルトラアート »

2011年12月 4日 (日)

ウルトラサインの間

Photo

昨日のぐずつき天気から一転、澄んだ青空に美しい朝日が輝いた今日。
寒さ復活かと思いきや、予想以上の陽光のおかげで
暖かいとは言えないまでも、爽やかな冬晴れとなりましたsun

せっかくの晴天なのに、今度は私の体調が曇り気味で。
朝からちょっと調子が悪く、これほどのウォーキング日和なのに
部屋でグッタリdown


今朝たまたま点けていた、TBS系健康情報番組
『週刊!健康カレンダー カラダのキモチ』によれば
健康維持に最適な運動も、適量を守らないとかえって体に良くないそうなので
その情報を言い訳に、今日は涙を飲んでウォーキングはお休み。

無理せず、たまったおもちゃの片付けなどをしています
coldsweats01

Photo_2

古谷”ウルトラマン”敏さんらウルトラ関係者の皆さんから
貴重なサインを頂いた怪獣ソフビが、少ないながらまとまってきたので
この機会に一同に集め、ガラスケースにディスプレイしてみました。
以前からやってみたかったんです。名づけて”ウルトラサインの間”。

昔から私は、怪獣ソフビは出来る限りガラス戸などに仕舞わず
カラーボックスなど、直接触れられる場所に飾りたい主義でした。
そして年末の大掃除で、一年の間に被った埃や汚れを
垢を落とすがごとく、一つ一つ拭き取ってあげるのが好きなんですhappy01


それが怪獣たちに対する、私の愛情表現の形ですし
わが家のほとんどのソフビには、そう接しているんですが
これらサイン入りの子たちに限っては、拭くとサインも薄くなる恐れがある上
ソフビに残ったかもしれないご本人の指紋まで、拭き取られちゃうような気がしてshock
まー握手した手を一生洗わない的な、ファン心理と言いましょうかcoldsweats01
そんな危惧からディスプレイの段階で、埃から守る必要に迫られていた訳です。
言わば特別待遇というわけですねhappy01


Photo_3

上段の四足バラゴン、パゴスを除いて
下段の怪獣たちには、そうそうたる方々のサイン入り。
古谷敏さん、桜井浩子さん、二瓶正也さん、西條康彦さん。
こうやって改めて書き出してみると、スゴいメンバーだなあhappy02

しかも頂いたのが全部ユルソフビってところが、またなんともsmile

本格ファンの皆さんから見れば、まだまだ少ないでしょうけど
あのイデ隊員に、バルタンの下半身へキレキレテ注入をお願いしたファンは
それほど多くはいないでしょうcoldsweats01

(この写真では見にくいので、ご覧になりたい方はコチラを)

加えてナメゴンには、原口智生監督のサインも頂けました。
直接お話した時の事も、懐かしく思い出されます。


思えばサインって、それ自体より、字面を見る度に
頂いたシチュエーションや、その際にご本人と交わした会話の内容
握手頂いた手のぬくもりなどを思い出せるという
記憶装置的な役割の方が、はるかに大きな価値を持ちますよね。

あのウルトラマンが、自分の質問に答えてくれた。握手してくれた。
自分の為だけに名前を記してくれたという事実。
そのメモリアルこそがお宝なんですよpresent

ですから、別の機会に他人が入手したサインを譲られる場合は
もちろん嬉しいながら
ご本人にお会いしていない分、感動はいささか割り引かれてしまう。
サインってそういうものじゃないかと、いつも感じています。

これらの怪獣たちを特別待遇するのも、当たり前かもしれません。
なんたって、その一体一体に
感動を与えてくれたご本人にお会いした記憶が、封じ込まれているわけですから。

そんな者たちを手元に置いて暮らせるなんて
考えてみれば、幸せな事ですね。
とっかえひっかえ、サインが最も見える角度や並びを考えるのも
楽しいものですhappy01

結局はガラスケースが狭くて、ご覧の通りギシギシに詰まっちゃったので
サイン怪獣がこれ以上増えてきたら、大きなケースに買い換えないと。
お財布には痛いですが、そんな散財なら嬉しいものですねmoneybag
古谷さんらウルトラスターとの、懐かしい思い出と戯れていたら
優れなかった体調も、少しずつ回復してきましたrock

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 絶佳な朝食 | トップページ | ぶらぶらウルトラアート »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

オイラもサイン関係はかなり増えましたが・・・
元来の不精が災いして放置の憂き目になっております
色紙だけでも10枚はあるよ
黒部さん古谷さんのサインが並んだソフビとウルトラマンマスクは一生の宝物ですよ
ウルトラマンアートの図録がサイン帖になってまして
蝮さんと森次さんがあればマンセブンのサインは勢揃いになるんですよ

田舎者のオイラにもサインが貰えるなんて夢のような時代になりましたね

怪獣殿下・たま様 私みたいな出不精が
これほど多くのビッグネームからサインを頂けたのは
たまさんやてふてふはべるさんのご尽力のおかげと、感謝していますhappy01
それにしても色紙だけで10枚以上とはまた、スゴいですね。
色紙派ではない私でさえ、名だたる方々のサイン色紙がズラリと並ぶ景観には
憧れるものがありますlovely

色紙はともかく、怪獣ソフビに書かれたマジックの油分は
直射日光や空気乾燥で揮発するような気がして
以前はサイン入り怪獣も、暗い場所で厳重に保管していたんですが
ネットオークションを賑わせる、数十年前の怪獣ソフビの中には
当時、親御さんの手により、足の裏などにマジックで書かれた子どもの名前が
今に至るもまったく消えず、堂々と出品されている物もありますからcoldsweats01
埃や汚れを落とす為などの、物理的な拭き取り消滅にさえ気をつければ
マジックの揮発性は、それほど気に病む必要は無いのかもと
ガラスケース展示に踏み切ったような次第です。
自らの身体にサインを頂いた怪獣たちの表情も、心なしか喜んでいるようなhappy01

蝮さんや森次さんのサイン、いつか頂けるといいですね。
もちろん私も欲しいですが、ウルトラQへの思い入れも人一倍強い私などは
いつか佐原健二さんにサインを頂き、ウルトラQトリオサインの揃い踏みを夢見ております。
由利ちゃんや一平くんをはじめ、ケムール人、ラゴンにまでサインを頂けたのですから
こうなったらもう、星川航空のエースにお会いしないのは片手落ちということでcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43251379

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラサインの間:

« 絶佳な朝食 | トップページ | ぶらぶらウルトラアート »