2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 瞬間Let It Snow! | トップページ | ゆくウサくるタツ »

2011年12月26日 (月)

電人28号

Photo_6

今年のクリスマスも、何事も起こらず終わった翌朝。
白い息に震えながら、布団から抜け出し窓を開ければ
外はマンション前の道を除いて、きれいな雪化粧。

いつもの森も銀世界に染まっているかもと
期待が高まる7時33分。


Photo_5

不安定な空を見上げ、晴れ間を待って出かけた正午すぎ。
今シーズン初の積雪に、始まったばかりの冬休みを楽しむ子どもたちが
縦横に戯れる雪の大地に
満を持して降り立った、黒い影の正体は!?


Photo_6

そうですコレこそ、前々回の記事ラストで届いた今年最後の逸品アイテム
ロケットプロ製・電動メカニカル鉄人28号!
まー鋭い読者の皆さんなら、予想通りの展開と思いますが
coldsweats01

Photo_4

2003年リリース、ボディはプラスチック製ながら
意識的に施したブリキおもちゃ風のレトロテイストが
私のストライクゾーンど真ん中の、大迫力おもちゃでございますhappy01


Photo_7

幸運にも今回入手できたのは、未開封の新品。
こんなパッケージに入ってました。

タグには非売品の表示があったので、プライズ品かと思いますが
私はゲーム系やくじの類には縁が無いので、このジャンルは全く分かりませんcoldsweats01
よく覗くオタクショップなどでも、一度も見かけた事はありませんし
ブリキテイストや電動歩行など、魅力的な売りが満載のアイテムゆえ
ネットオークションに出品されても、ほとんどは高値の花。
そもそも開始価格からして高額で、私など指をくわえて見ているだけでしたweep

それが今回珍しく、入札バトルが盛り上がらず
送料込みで2,090円という、奇跡のような安値で落札できたので
こうしてお迎えしたというわけですhappy01


Photo_8

鉄人28号関係のアイテムは、今も非常に人気を呼んでいて
本物のブリキ製鉄人なら、オークションでも常に一万円を下らない現状ですから
近年のリリースとはいえ、新品でここまでリーズナブルなら大成功
happy02

Photo_9

リアルプロポーション全盛の時代に逆行するユルユルフォルム、このサイズ。
いにしえの今井科学製・電動歩行鉄人プラモを、さらに動きやすくした雰囲気です。
金型が今井版そのものでなく新規起こしである分、逆に貴重かもしれませんっlovely

あえてこのテイストにこだわったロケットプロの心意気に
私などただひれ伏すのみっhappy02


Photo_10

モーター内蔵による、電動二足歩行にこだわった所も素晴らしい!
今の時代、両腕を振って歩くレトロ風ロボットおもちゃなんて
完全に絶滅したジャンルですから
それが新品で手に入った日にはもう、クリスマスは終わったのに
盆と正月が一緒に来たような嬉しさ。
開発者は間違いなく、昭和30年代生まれでしょうhappy01


Photo_2

背部ロケット裏の電池ボックスに、単三電池二本を装着し
スイッチをエイとONに入れれば
体を大きく左右に傾け、両腕を力強く振りながら歩く大迫力のアクションが
眼前に展開します。

歩く際、ボディ左右の傾きがあまりに派手なので
最初は倒れるんじゃないかと両手で支えていたほどでcoldsweats01

動力部の組み付け精度が低いのか、動かない場合もあるなんて噂もあったので
ちょっと心配だったのですが
幸運にもそれは杞憂に終わり、順調に歩いてくれましたhappy01

その歩行フォルムの迫力もさることながら、何より驚いたのは
最近のモーターやギヤボックスの、音の静けさですね。
昔の今井製電動歩行システムは、ここまで静かじゃなかったなー。
足を動かすたびにギャンギャン言って、それはそれで迫力がありましたが
21世紀の鉄人は、動きは派手なのにサイレント仕様。
うーむコレも科学の進歩、マナーモード搭載型という事なんでしょうかsmile


Photo_9

冬の陽射しをバックに、こんなカットもパチリcamera
バストショットのシルエットだけで、一目で鉄人とわかりますから
鉄人28号というキャラクターのフォルムがいかに個性的かということが
再認識できる一枚です。

額や胸の微妙な照り返しがまた、いい味なんですよね。
いかにも”鉄の塊”って感じでlovely


Photo_7

わが家の鉄人系先輩、ゼンマイブリキおもちゃのX-25号
仲間のエールを交わす、鉄人28号の勇姿!

本家本元の登場に、パチモン25号もさすがに分が悪そう。
確かにこう並ぶと、オリジナル鉄人には独特の風格が漂いますよね。
でも私は25号も大好き!ガンバレ25号!
歩行音の迫力ではキミが勝っているぞhappy01


Photo_8

クリスマス寒波の襲来をまともに受けた名古屋ですが
午前中には雪も止み、午後はこれだけ晴れましたから
地表気温もご覧の通り、なんと14度もありますeye
雪中の撮影も思ったほど寒くはなく、終わった頃には汗ばむ程でした。
雪のハレーションって、想像以上に暑さを呼ぶんですねsweat01


写真の雪はやや少ないものの、バックがピーカンになったのは何よりも幸運。
こんな景観は、名古屋ではなかなか見られないので
待ち望んだ鉄人のおひろめには、またと無いお膳立てとなりました。
もっとも28号、25号共に動力内蔵ですから
撮影後の水分拭き取りは、いつもより念入りに行いましたが
happy01

« 瞬間Let It Snow! | トップページ | ゆくウサくるタツ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

雪と青空、そしてメタリック。
いつもにましてきれいな写真です。
楽しそうなロケ。
コレクションを雪の上に置いちゃうところもgoodです。

。YANTO 様 なかなか積雪に恵まれない名古屋では
こういう機会は絶好の撮影チャンスなので
毎年雪が降るたびに、屋外おもちゃ写真を楽しんでいるんですが
過去の撮影では、空も雲に覆われる事が多かった為
晴天と雪化粧が両立したバック絵は、意外に珍しいものでしたhappy01
おっしゃる通り確かに、メタリック塗装は太陽光に映えますね。
青空、銀世界とのマッチングも抜群で、楽しいロケでしたsun

唯一の苦労は、雪の下がフワフワの芝生だった事でcoldsweats01
雪の上にちょっと置くくらいでは足元がうまく固定できなくて
撮影の瞬間に倒れちゃうんですよweep
その度に雪に跡がついちゃうので、撮影場所を変えなければならない為
NGカットは記事に上げたカットの約二倍強。
合計で四十枚以上は撮ってますねcoldsweats01
その為、ラストの時計のカットでは、もはや足元を雪に埋め込んでいますcoldsweats01

でもそんな苦労も、屋外撮影の気持ちよさには勝てませんね。
雪だるまや雪合戦を楽しむ子どもたちを眺めながら、私もおもちゃと戯れて来ましたhappy01

これ、一時はメチャ高騰してたんですよね
オイラも安く買えたから良かったんですよ

しかし・・・これの歩かなさには泣けましたよ
しかも接触が悪くて一度分解してみたら脚部のダイキャストが破損
泣きながら修理した思い出があります

でもこの鉄人のいかにも正義の味方って顔を見ると嬉しくなって泣けたのもチャラになりますね
しかも・・・X25号と並べると凛々しさも際立ちますね!!!

怪獣殿下・たま様 以前、そちらで入手された記事を拝見してからずっと
私も、この電動鉄人との幸運な出会いを期待しておりましたが
年も押し迫ったここへ来て、やっとその機会が訪れてくれましたhappy01
確かに一時期の高騰に比べ、プレミア人気も収まっているようですね。
コアなマニアの皆さんには、おおむね行き渡ったという事でしょうかhappy01
私ごときが安く手に入れられたのも、そんな争奪戦の収束あったればこそかなとcoldsweats01

新品なのに動かないという、たまさんの記事を読んでいたので
私も恐る恐る起動させたのですが
モーター音、作動音とも非常にスムーズで、肩を撫で下ろしました。
たまさんのような分解修理技術は皆無なので、動かなかったらお手上げでしたしweep
確かに前進運動にはやや難がありますが
タオルなどを敷いて地面との摩擦を増やせば、なんとかなりそうですhappy01

>この鉄人のいかにも正義の味方って顔を見ると嬉しくなって

おっしゃる通りですね。
しかもこの鉄人、レトロ風アレンジのセンスも素晴らしくて
昔のブリキおもちゃと並べても、違和感がないんですよね。
いわば本当の当時物テイストが溢れていますから
最近の中国製パチモン、X25号の影が薄いのも頷けるところで。
ついにわが家も二大鉄人が揃い、おバカなおもちゃ遊びにも
ますます拍車がかかりそうですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43523127

この記事へのトラックバック一覧です: 電人28号:

« 瞬間Let It Snow! | トップページ | ゆくウサくるタツ »