2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« タダチニ名古屋ヘ急行セヨ | トップページ | コンビナート破壊無計画 »

2011年11月19日 (土)

超動力のサイボーグ

さあやってまいりました。前回予告しましたスペクトルおもちゃhappy02
季節はずれの温かさと豪雨に祟られた名古屋へ、今日やってきたお宝は!?


Photo_6   

出ました!マーミット製ミニブリキおもちゃの
ゼンマイ動力・歩くスペクトルマン!


発売はわりあい近年ながら、ブリキトイという商品スタイルがあまりに渋すぎたのか
昨今はほとんど店頭で見かけなくなった、通にはたまらない逸品ですhappy02

ボディパーツ共通で、他にもウルトラヒーローやミラーマン
マジンガーシリーズら東映ロボットヒーローなども多数ラインナップされた
一大シリーズでしたから、ご存知の方も多いでしょうhappy01

お察しの通りスペクトルおもちゃ、ましてやブリキには目のない私ですから
新発売時にも、ノドから手が出るほど欲しかったのですが
全高16cmという小さめなサイズにも関わらず、4,800円という定価に恐れをなし
moneybagに「購入許可願います!」と懇願している間に
近所のお店から姿を消してしまいましたweep


とはいえさほどレア物でもないので、ネットオークションではときどき見ますし
目の飛び出るような価格に高騰することもありません。
まー今となればお手軽品と言えますが、今回は相場よりほんの少し安く
定価の半額程度で落札できたので、ちょっとおトク感がありましたhappy01

超レア物を期待されていた方々がいらっしゃったら、ガッカリされたでしょうね。
私ごとき貧乏人が、そんなに高い買い物はできませんので
その点は深くお詫び致しますcoldsweats01


Photo_3

パッケージをよくよく見れば。
版権の証、ピープロの証紙マークって
かのちびっこ怪獣・ヤダモンだったんですねhappy01

私にとって、頭にプロペラをつけた飛行スタイルは
昔からドラえもんより、圧倒的にコッチを支持していましたね。

後年、小学館の漫画版ドラえもんで初めてタケコプターを見た時
「コレってヤダモンのマネぢゃん!」なんて、えらく驚いた記憶があります。
それほど私は、コチコチのヤダモン派でした。
「怪獣」ってところがよかったんでしょうね。ツノや背びれもちゃんとあったしhappy01

ですから私は未だに、ドラえもんのタケコプターが今ひとつなじめませんsweat01
余談ながら、私にとってコミックテイストのロボットは
アニメなら「ス~パ~磁力の、おみまいだぁ~」のロボタン(旧モノクロ版)で
実写では「丸出ダメ夫」のボロットなど、ずん胴・なべ頭体型が原体験なので

前述のドラえもんや後年登場した「ロボ根性」のロボコンには
「かわいいけど、私の中でのロボットはコレぢゃないな」的違和感がありますcoldsweats01
まーいずれも、好きなことは好きなんですけどねhappy01

そう言えば頭のプロペラは、ロボタンにもあったことを思い出しました。
でも私にはやっぱり、プロペラと言えばヤダモン。
ツノにとりつけてブーンと回す独特のスタイルが、好みにピッタリだったのでしょうhappy01


Photo_4

もちろん未開封の新品。大きな頭とユル~いボディが素晴らしいlovely
おもちゃってモノは、やっぱりこうでなくちゃhappy01
しかも今年の国内事情を熟知した、電池不要のエコ動力・ゼンマイ内蔵!
両腕を振ってノシノシ歩くという、まさに超動力のサイボーグhappy02

かのアオシマ製ゼンマイ歩行プラモ、スペクトルマンが
’80年代初頭の再販時にラインナップされず、価格が凶悪に高騰している現在
「歩くスペクトルマン」というミラクルアクションを手軽に再現できるのは
このブリキおもちゃが唯一無二の存在、ああマーミットさん涙が止まりません
crying

さっそくいつもの森へ持ち出して・・・と言いたいのは山々なんですが
冒頭のお話どおり、コレが届いた今日はず~っと雨だったので
残念ながら撮影できずrain

屋外での勇姿は次回以降にご覧頂くということで、ご勘弁下さいhappy01

このマーミットのミニブリキシリーズ、入手したのは初めてなんですが
独特のレトロ風味がイイ感じで、他のキャラクターも欲しくなりますねーlovely
二体三体と並べて、昭和テイストに浸りたくなります。
とはいえ今回はスペクトルマン一体のみですから、外で並べる相手は
同じくゼンマイ動力の、アレしかないかな?

おおーブラウン管ではついに成しえなかった、夢の対決
heart04

今ネタや新商品レビューなど、魅力的な記事が何ひとつ無い上
ますます時代逆行に拍車がかかる、わがおバカブログ。
無理せずついてこれる方々のみ、おつき合い下さいhappy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« タダチニ名古屋ヘ急行セヨ | トップページ | コンビナート破壊無計画 »

「ピープロ特撮クラシック」カテゴリの記事

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43070721

この記事へのトラックバック一覧です: 超動力のサイボーグ:

« タダチニ名古屋ヘ急行セヨ | トップページ | コンビナート破壊無計画 »