2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 初冬の別れ | トップページ | 11月にお迎えした皆さん »

2011年11月30日 (水)

おバカ賭博師丁半写真

今朝は5時起き。
例によってご近所の迷惑かえりみず、早朝から洗濯機をフル回転。
その後、かいがいしく作業する私の頭の上には、マタンゴのごとき黒い泡の塊が。
この状態で宅急便でも来ようものなら、配送のお兄さんは卒倒間違いなしでしょうcoldsweats01

それもそのはず。朝は一秒でも時間が惜しいので、複数作業の同時進行作戦で
洗濯が終わるまでの時間を使って
高島礼子さんのTVCMでおなじみの”泡で染めるヘアカラー”を決行したのです。

その同時進行の段取りは

まず洗濯機を起動、洗濯物を放り込んでスイッチオン。
洗濯の終了時間を逆算してヘアカラー開始。泡で髪をクシュクシュに。
クシュクシュ作業が終わるころ、計算どおり洗濯終了のブザーが鳴るので
ヘアカラーの泡が髪に浸透するまでの待ち時間をフル活用して
髪からの泡垂れを注意しながら、洗濯物をベランダに干す作業。
もちろんその間も頭には、固まりかけの黒い泡が乗っかったままですから
この状態がもっとも無防備、いやむしろ不審者のレベルでしょうcoldsweats01
干し終わった頃には、ちょうどいい感じで泡が髪に染み込んでいるので
その洗い流しのついでに朝風呂とシャレ込み、極上のリラックスタイムを
楽しむという、一瞬も気の抜けない時短プロジェクトなのです。

ヘアケア超兵器・サイオスで仕上げた髪にドライヤーを当てれば、あらフシギ。
歳には勝てず、髪にチラホラ交じった白いものもすっかり消えて
シルクの手触りとはいかないものの、色はシックなマロンブラウンに。

すでに何度か試しましたが、自分で作業する市販品ゆえ
ヘアサロンよりはるかに安い上
染めムラも皆無という仕上がり具合に、すっかり満足。

今や複数買いし、季節ごとに色を使い分けて
髪の表情の変化を楽しんでいるのでした。




ファーを失った心の穴は、まだ残ったままですが
いつまで塞ぎこんでいても、あの子が戻ってくるわけじゃなし
ここらで心機一転、リセットということで
ちょっとしたチャンスに乗じて、気合を入れてみましたpunch


そのチャンスとは、一ヶ月ほど前に届いた一枚のハガキ。
何のことは無い、運転免許証更新の案内でした。



奇特な読者の方には、すでにお祝い頂きましたが
先だっての日曜日・11月27日は私の誕生日でした。
で、今年は前回以来5年ぶりの免許切れ、更新の機会だったという訳です。
免許の更新手続き期間は、誕生日の前後二ヶ月間と決まっていますから
私の場合は10月27日~
12月27日の間だったのですが
12月はなにかと予定が立て込むでしょうから、この手の雑用は11月の内にと
思っていたのが、今月もついに末日を迎えてしまったというわけで。

つい後回しになってしまうという意味では、年賀状と同じですねコレもcoldsweats01

これだけは恵まれていますが、手続きを行う運転免許試験場は
わが家から15分という近場なので
今日のような暖かい日はまさに”衝動更新日和”。
ミニバイクのハンドルさばきも軽やかに、買い物気分で出かけました。

もっとも昨年の11月初旬、駐車禁止の憂い目に会った私は”講習組”。
申請後即座に新免許受け取りという、スピード処理は望めず
講習室に二時間クギ付けの後、やっと新免許にありつけたのですがcoldsweats01


まーその二時間は先刻承知、余裕は作ってあったものの
それ以上に私が懸念したのは、免許証に記載される本人写真の出来でした。


前述の通り、前回の更新は5年前。
私はその当時、すでにウォーキングダイエットを始めてはいたものの
言わば目標体重を目指して努力の途中で、中途半端な体型だったのです。
でも更新日だけ、特殊メイクで痩せるわけにもいかず
非常に納得の行かない顔写真を、撮られるハメになったわけですね。

ですからこの5年間、自分自身の体型は目標に向かっているのに
公文書ゆえ差し替えのきかない、この「5年前の私」だけが
どうしても気がかりだったのでした。

オマケに件の写真、撮影時にはヤケ気味でやや仏頂面の上
今見れば、白髪の手入れもなってないし。

いや歳を重ねれば、白髪が出来るのは仕方ないんですよ。
ましてや薄くなるより白くなる家系なので、ご先祖様に感謝しているくらいですから。
でも問題は白髪の位置や、髪全体から見た黒髪と白髪のバランス。
そこを考えず放っておいた感が、そのまま出ちゃってる。

手入れの行き届いていない盆栽みたいな、緊張感の無さなんですよ。
ああぜったい人には見せられない。
この免許証をひた隠しに生きて来た日陰暮らしの5年間が、まるで走馬灯のようweep

ですからとにかく今回は、この無残な写真のリベンジということで気合を入れ
5時起きヘアカラー、マロンブラウン作戦を決行したわけです。
ここ数日の気温ダウンで、ややリバウンドはあるものの
体重はまあ、5年前に較べればほぼ目標値ですから、悔いはありません。



手順通りに視力検査を終えたあと、係員に指示されて
「椿三十郎」ラストシーンのごとく、生死を賭けた果し合いの心持ちで座った
撮影室の椅子。

あくまで淡々とコトを進める係の女性に
「あのっ髪は乱れてません?」なんて、コチラの気合いを必死に訴える私。

しかし敵もさる者。「ワタシは良いと思いまぁ~す」なんて、上手くかわす手練の技。

そんな緊張感あふれる攻防の末、ついに「撮りますよぉ~」の宣告が。
ああ今後数年間、この免許を他人様に見せられるかどうかが
この一瞬で決まるのねっshock

パシャッというシャッター音に被って、私の脳内には
江波杏子さん発する「入りますッ」という声が、確かに響いたのでしたhappy02



耐えるがごとくの講習後、ようやく手にした免許証。
さあはたしてこの写真、丁と出るか半と出るか!


「勝負っ!ピンゾロの丁ッhappy02
(すみません最近すっかり
日本映画専門チャンネルの『女賭博師劇場』にハマってるもんでcoldsweats01


ともあれ、白髪交じりに下ぶくれの仏頂面はどこへやら。
あいも変らぬ、顔の作りのヒドさはさておきweep
ダイエットで少しは引き締まった頬と、下手ながら試したヘアカラーのおかげで
前回の写真から5年も経つのに、今回の方がはるかに若々しく見えますhappy02

この出来なら、語尾を伸ばす撮影担当のお姉さんにも感謝したい気分。
良かった良かった。いやー免許の写真一枚でこんなに気分が晴れるとはhappy01

でも今回、よ~く分かりました。
頭に白いものが目立ってきた皆さん、ちょっとお手間でも
免許更新に行く日の朝、早起きして市販のヘアカラーを試すだけで
最低5歳は、免許写真が若返りますよ。

経験者の私が言うんだから、まちがいありませんhappy01
あ、もう実践済み?失礼しましたcoldsweats01



というわけで。あまりにテンションが上がったものですから
気分一新は香りからということで、いつものコロンを変えてみました。
お店でいくつもテスターを試して、今の気分に一番合った一本。


Photo

ややクールながら、爽やかな残り香が大人っぽい
サムタイムス・ブルーソウル。
例によって超安価なコロンながら、貧乏な私にはコレで充分です。

挑んだ目的はいささか不純ながら
今日の免許更新は、いろんな意味で思い出に残るでしょうね。
ダイエットの結果としても、気分一新の機会としても。

これからの生活も、道を間違えたり外れたりはするでしょうが
スピードだけは出さず、のんびり安全運転で過ごしたいものです。
私の帰りを待つユルユル怪獣たちに、悲しい思いをさせない為にもhappy01

« 初冬の別れ | トップページ | 11月にお迎えした皆さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 運転免許証用の写真を納得いく出来で撮影してもらうのは至難の業ですが、正面以外のアングルでも撮影・可にしてもらえれば、ずいぶん出来栄えが良くなると思うんですよねえ。フリオ・イグレシアスのように、その人その人のベストアングルというものがあるでしょうから。
 履歴書用やお見合い用のように格式張る必要があるのでしょうか?

松田 定幸様 免許証やパスポート用の写真は
”本人が気に入るかどうか”よりも
”本人と確認できるかどうか”が主目的なので
撮られる側の意向は、まったく反映されないですよねーcoldsweats01

そういう意味では撮影時、ポーズやアングル、照明の位置は固定されてしまうので
撮られる側としては、ダイエットなど精一杯の努力で
顔をできる限り、理想のサイズや形に近づけ
あとはヘアスタイルや表情、着る物で、自分を演出するしかないかなとcoldsweats01

今回の免許写真が、ほぼ自分の意向に合った隠れた原因は
意外にも、更新当日のお天気と気温の高さにありました。
名古屋はこの日、11月とは思えないほどの小春日和で
ミニバイクで風を切っても、コートでは暑いくらいだったんです。
ですから表情も寒さにこわばらず、自然な感じに仕上がったというわけで。
こんな細かな要因も、写真には出るものなんですね。

まー私なんか顔はヒドいものですから、正面以外のアングルが撮影可能なら
迷わず後頭部をカメラに向けますがcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/43205272

この記事へのトラックバック一覧です: おバカ賭博師丁半写真:

« 初冬の別れ | トップページ | 11月にお迎えした皆さん »