2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« ではまた来週まで | トップページ | ウルトラグッズ第一号 »

2011年10月16日 (日)

恐れ多くも3ショット

Photo

というわけで、長らく告知しておりました本日のウルトライベント

「天才科学者&名プランナー、大いにウルトラを語る!!!」ですが。

雨上がりの晴天の中、本日無事開催されました
考えてみれば、同じウルトラマンの出演者とはいえ
片や顔出しの出演者、片やマスクで顔を覆ったスーツアクターですから
このお二人が並ぶなんて、本編上ではついに見られなかった
ファン垂涎、奇跡の2ショットであるわけで。

その衝撃は予想をはるかに超え、興奮のあまり私も
お二人の間に割り込んで、写真に納まらせていただきました
撮影は本イベントスタッフ、司会に幹事にと奔走して下さった
お仲間の怪獣殿下・たま様
さすが見事なフレーミング、シャッターチャンス。
写るお二人の表情も見事です


でもなぜか壁の金城哲夫先生像は、私の悪ノリぶりが気に入らなかったのか
思わず傾き、目まで剥いてしまうほどご立腹の様子
それとも私の顔を見て、新怪獣の構想でも浮かんだのでしょうか

でもこれでとにかく私も、ウルトラの歴史の証人に
この日の為に、ウォーキングにターボをかけ体重を4㎏落としたおかげで
憧れの9号スーツで写真に映ることができました。
でもお二人を前に舞い上がってしまい、上半身を思いっきり前に出してしまった為
頭が異常に大きく見えちゃって、貴重な機会がただの恥さらしに

私の顔が、今や体重120㎏を誇る二瓶さんのお顔と
同じ大きさぢゃないですか
こーいう時こそ、撮影の瞬間にめいっぱいレンズから顔を遠ざける
「遠近法小顔マジック」を使うべきなのに、逆をやってるぢゃないの私


まーいーか。これも良い記念となりました
今回は過去最大の参加者数で、小さな会議室が満杯になる程の大盛況ながら
お父さん世代からお子さんまで楽しめる、和気あいあいの空気は同じでした。
その様子はまた、「ネヴュラ」でもお話しますので
期待しないで気長にお待ち下さい
恐れ多くも奇跡の3ショットを目の前に、目尻が下がって仕方の無い
田舎のおバカがお送りしました

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« ではまた来週まで | トップページ | ウルトラグッズ第一号 »

ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

コメント

御疲れ様でした。

でも、更に気になる右上の心霊写真のような坊主の姿。
現場にはいない事になっているのですが。

これで、次回からは正式に「たま」さんの主導でのイベントと
なっていきますです。

これからもMIYUKI様のブログはちょこちょこ覗かせていただきますので、
宜しくです。

坊主さん、迷わず成仏して・・・(^_^;)

いや、まだそんなこと言わせないでくださいな。

しかし今日の大盛況には驚きました。
K-POPのことなどもお話したかったのですが
初登場の二瓶さんに興味津々のご様子でしたので・・・・

こちらも古谷さんからご自身のカメラを渡され撮影を頼まれるは、
送迎はしなければならないはでいろいろありましたので。

というわけで次回、どんなことになるのか予想つきません。
ネットと口コミで来場者はうなぎのぼりになるのか?

来年のイベントに期待しましょう~。

てふてふはべる様 昨日は本当にお疲れ様でした
過去最高の大盛況は嬉しい悲鳴だったながら
貴公の影でのご尽力には、本当に頭が下がります
大人数の参加者をさばく苦労は、私も経験していますから

>現場にはいない事になっているのですが

そそそういうご事情だったのですか。そんな事とはつゆ知らず
もしご都合悪ければ、いつでもご連絡下さい。
画像修正にて対応させて頂きます

今回の盛況でイベントの知名度も上がったでしょうから
安心してたま様にバトンタッチできますね。
今後の活動に期待すると共に、非力ながらお力になれることがあれば
いつでもお手伝いさせて頂きます。
ブログの方もお気軽にお越し頂き、またからかってやって下さい

Koreanair様 昨日の大盛況には驚きましたね
私も参加人数はいつも程度だろうと予想していましたから
開始直前にドッと増えた瞬間には、自分が会場を間違えたのかと焦ったほどで

>お話したかったのですが

なにしろあの雰囲気に圧倒されてしまって、お相手できる余裕が無く
本当に失礼しました
今後はお時間もゆっくりとって、お話したいですね。
K-POPの話題も楽しみにしております

この一連の名古屋イベントは、これまで参加者が少なかったことが
奇しくもプラスに作用して
出演者と参加者の精神的距離感が、非常に近いところが良いですね。
ですから古谷さんも気軽に、近くに居た方に撮影を頼んだり
参加者との交流が流れ作業にならず、一人ひとりとじっくり話し込めて
短時間ながら中身の濃い、本当の意味での交流会になっていると思います。

参加者が増えるのは良い事ですが、このイベントならではの温かさや手作り感は
今後も大事にしていって欲しいと、切に願います。
古谷さんもたぶん、それを望んでいると思いますから

NIYUKI様

「心霊画像(笑)」は、そのままで宜しいです。

これも話のネタにいたしますので。
来年からは、たま さんに方向性などの

御指導、ご鞭撻など宜しくお願い申し上げます。

てふてふはべる様 ご了承ありがとうございました
じゃあいっそのこと、壁の金城先生やウルトラマンシルエットも含め
この写真は豪華メンバーによる、夢の6ショットという事で

来年のイベントでは、私も何かしらお手伝い出来れば幸いです。
とはいえたま様ほどのスキルも人徳も無いので
手持ちのおもちゃを持ち込んでの会場デコレーション程度が
関の山かもしれませんが

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐れ多くも3ショット:

« ではまた来週まで | トップページ | ウルトラグッズ第一号 »