2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私信等はこちらまで

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の記事

2011年10月31日 (月)

青い血の通り魔

Photo

闇を引き裂く怪しい悲鳴!悪魔が今夜も騒ぐのか!
森の平和を乱す奴は誰だ だれ~だ~ だれ~だぁ~♪


Photo_2

怪事件勃発の報を受け、緊急出動したのは
謎を追い怪奇をあばくわれらの科学研究所・S.R.I.!
きょうも万能専用車・トータス号でさっそうと駆けつけるぞ!


Photo_3

サイズはコンパクトながら、最新鋭の科学技術がギュッと詰まった本格カー。
おまけに写真のコレは、ベアモデルっていうメーカー製で
ボディはなんとクリアソフビなんだっ!

もともとラブリーな実車を、さらに可愛くデフォルメしたセンスは抜群ながら
いかんせん塗装が弱いので、こんな風に外で遊ばないほうが良いんだけど
今日のお天気の良さに負けちゃったぞcoldsweats01


Photo_4

さっそうとステアリングを切る人物の顔は三沢"勝呂 誉”京助さんっぽいけど
ココは私の好みでS.R.Iのエース、牧”岸田 森”史郎さんに決定happy01
そんなクールな牧さんの目が、何かを捉えたっhappy02


Photo_5

おおっ現れたのは孤独な鬼島老人の怨念が生んだ悪夢の人形使い、青い血の女!
昔なつかしいLPレコードのジャケットで登場だっhappy02
写真は正確には操られる人形の方だけど、諸般の事情でお許しをcoldsweats01
戦う相手がLPとはムリヤリながら、牧さんならなんとかしてくれるでしょう!
サンビーム500でもスペクトル破壊器でもなんでも使って下さいっpunch


Photo_6

お人形さんをやさしく説得し、おとなしく成仏させた牧さんが
次に向かった事件現場は、さらなる謎と恐怖の世界だったshock


Photo_7

おおー雨上がりの道路の真ん中で、不気味に発光するこの水たまりは
人間を襲う恐怖の光る通り魔、燐光人間の山本信夫さん!
牧さん気をつけろ!火炎ビンの準備は万全かっ!?

でも阿蘇の火口に向かうほど、身の危険より研究心を優先しちゃう牧さん。
その性格が災いし、水たまりにちょっと触れちゃったのが運の尽き
coldsweats01

Photo_8

うーむ円谷作品の水たまりには危険がいっぱいcoldsweats01
「ないっないっ!助けてクレー」の方でしたかーhappy02
あわれ牧さんはケムール星に電送。でも彼のことだから
ケムール人の科学技術に夢中で、毎日退屈しないだろうし
先に行った宇田川刑事とも、けっこう仲良くやってるかもしれませんね。

思えば岸田さんってもともと、ちょっと地球人離れしたキャラクターだったしhappy01
なーんて言ったら、彼のファンに怒られちゃうかなcoldsweats01



Photo_9

先日のトータス号入手からヒネリ出した「怪奇大作戦」遊びですが
何しろ怪奇のキャラクターなんてソフビ化されていませんから
配役などムリヤリもいいところで失礼しましたcoldsweats01

今回のキモはオチに使った燐光人間、つまり水たまりでしたが
LPやケムール人は準備できても、公園で人工的に水たまりを作るのは
自然の景観に手を加えない事がポリシーの私には、ちょっと気が引けたので
頼みの綱は、昨夜の雨が作った"天然物"のみでした。

もし見つからなければストーリーもボツでしたが
運よく手ごろなサイズがあって、ホントに良かったですhappy01
あの水たまりは今日の公園に残された、最後の一箇所だったんですよcoldsweats01

ちなみに今日の元ネタは他の「怪奇」エピソードではなく
「青い血の女」「光る通り魔」でなければなりませんでした。
なぜなら「青い血の女」の放送日は’68年10月27日。
「光る通り魔」は同年11月3日。

今日はその中間日の10月31日なので、43年前の両エピソードを偲んで
こんなおバカなネタを仕込んだというわけです。


下らないこだわりながら、コレも日記という側面を持ち
当日の天候や手持ちアイテムに内容が左右される、ブログならではのライブ感。
前述の両エピソードも、こんな気持ちよい秋の夜にお茶の間を賑わし
多くの子ども達を、人形嫌いや水たまり恐怖症にさせたんでしょうねhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月28日 (金)

ミラーマンの仮面を剥げ!

Photo

昨日に続き、爽やかな空気が心地良い名古屋の片隅。
かすかに広がる雲の下、いつもの池のほとりでは・・・


Photo_2

ああこれはどうした事でしょう!
かわいらしいパチモン怪獣三人組を相手に暴れているのは
正義の味方・ミラーマンぢゃありませんかっ!?


いくら相手が怪獣とはいえ、コレは明らかに行きすぎた暴力。
ヒーローらしからぬ行いに、池のカモたちもビックリですshock


Photo_3

悪い事などしていないのに、わけもわからず投げ飛ばされた
三人組を助けに現れたのは、仲本工事さんぢゃなかった
もう一人のミラーマン!

そうです暴れていたのはにせ者だったのですっ!


Photo_4

おおどっちがホンモノか?見ている私にも分からないっ!
ザラブ星人並みの変身能力!

ここまでソックリに化けるとは、油断ならない強敵だっ!
気を許すなミラーマン!
うしろへ回れなんて、敵の罠かもしれないぞっ!


Photo_5

用心深くうしろへ回ったミラーマン。
そこで彼が見たものは!?


Photo_6

にせミラーマンの正体は、皆さんおなじみのコールドン・・・ぢゃなくhappy01
先日入手のベアモデル製・人形怪獣キンダー。
ブルマァク製・ミラーマンソフビのお面を被って遊んでいたら
頭の角がひっかかって、脱げなくなっちゃったあわて者。
見た目はカッコイイんですけどねえcoldsweats01


Photo_7

手がこんな形なのに、どうやってお面を被ったのかは
横山あきお大先生も答えられない、宇宙の七不思議の一つですっ
coldsweats01

Photo_8

角のデッパリもさることながら、頭自体が大きいことも
脱げなくなった原因の一つでしょうっ!
パチモン三人組への暴力さわぎは、お面を彼らに取ってもらおうと
もがいていたのが真相だったようです。

苦しいわ後ろ向きで前が見えないわで、キンダーさんも災難でしたねcoldsweats01



Photo_9

必殺のミラー仮面はずしで、無事助かったキンダーさん。
パチモン三人組も、事件の解決にほっと一息です。
仮面遊びは今度から、矢島信男監督立ち会いの下でやりなさいと
的を得た指導を忘れない、事情通のミラーマンでしたhappy01



Photo_10

測定時刻の関係もありますが、ごらんの通り今日は
湿度は昨日と同じものの、気温はかなり高く
空気は乾いているのに、まるで夏のような発汗効果でした。
でも日照時間や太陽光の体感は、やはり秋のそれですね。
午後2時台で早くも伸び出す木々の長い影に、意外な苦戦を強いられた
今回のおバカ怪獣遊び
camera
サブタイや本編中にちりばめた細かいネタがお分かりになるのは
40代以上の方々とお見受けしますcoldsweats01

ああ70年代は遠くになりにけり。ちなみに今回出演のミラーマンは
本放送当時の富士銀行製・貯金箱でした
happy01happy01happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月27日 (木)

巨大なるパシン

Photo

今日のサブタイだけ見ると、ついこんな絵を妄想しがちですがhappy01
そういうことぢゃなくて。


Photo_3

でもやっぱり、スポンサー商品のパシン錠をアピールしつつ
大自然の中で雄叫びを上げる、あのお姿はっ!


Photo_4

そうです先日、一体720円でお越し頂いたマルサン復刻・ジャイアントゴリラ!
でもわが家ではマルサン当初の目論見どおり
ファロ島の巨大なるパシンならぬ魔神こと、キングコングと呼ばせて頂きますhappy01

それにしてもこのコング、初版の発売は今を去ること44年の’67年らしいですが
さすが版権取得を狙っただけあって
フォルム、ディテールともに非常に力の入ったリアル造形で
当時のマルサンの意気込みが込められた、素晴らしい逸品ですlovely


Photo_5

以前おひろめした、同時期発売のウルトラQ怪獣ソフビ・ゴローと較べれば
その造形テイストの違いは一目りょう然。
顔の表情一つとっても非常に猛々しく
このアイテムに関しての、マルサンのリアリティへのこだわりが感じられます。
白目が赤く塗られているせいもあって、ちょっと怖ささえ覚えますもんねcoldsweats01


Photo_6

最大の特徴は、お尻を後ろへ出し大きく反り返ったこのポーズ。
このポージングにより重心が前へ集中する為、地面の傾きによっては
正直、立たせにくいですcoldsweats01
コングのソフビは数あれど、ここまで前傾姿勢にこだわったものは
これ一体のみのような気もしますし
この反り返りによって独特の迫力も生まれていますから
私としては大いに満足、良いモノを見せてもらったわあと
佐原健二さんに助けられた浜美枝さんのごとく、感涙にむせんでおります
coldsweats01


Photo_7

さらにビックリなのが、このリアビューに顕著な左右非対称造形の妙。
可動部分を両腕と腰のみに限定し、両足の可動を断念したことで
筋肉の流れを表現した、このようなリアルポージングが可能となったわけですね。
体毛を細かく表現した表面ディテールも手伝って
マルサン屈指のリアリティを獲得した一体と思います。

ところでこのアイテム、勝手にファロ島バージョンにしちゃってますけど
発売時期から考えると、ひょっとして造形のモチーフは
『キングコングの逆襲』版のコング、つまりモンド島バージョンなんでしょうか?

ソフビの発売が’67年春。『逆襲』の公開日が同年の7月22日ですから
真偽は微妙なところですね。
オマケに♪うっほーうほうほうっほっほー おおきーなーやまーをひとまたぎ
主題歌でおなじみの、日米合作テレビアニメ版『キングコング』
同’67年の4月5日から放送されていて
’67年という年は、そうした一種のコングブームだったものですから
いったいどのコングがモデルなのか、不勉強な私には見当もつきませんcoldsweats01

でもフォルム、ディテールから推し量ると
アニメ版というよりは実写っぽい雰囲気がありますねー。
まー私が最も好きなコングは、なんと言ってもパシフィック製薬の広告塔にして
マイ・フェイバリットであるキンゴジと名勝負を繰り広げた
ソロモン群島の南100キロ・ファロ島に君臨する、巨大なる魔神ですから

やっぱり思い入れ優先で、そう決めちゃおーっと。
というよりすでに、記事の頭からその前提ですがcoldsweats01


Photo_8

というわけで、部屋の片隅に転がっていたパシン坊やのディスプレイを
キンゴジ仕様に模様替えして、いつもの公園でパチリcamera
コングが逃げなければきっと、パシン錠のこんな広告が雑誌を賑わせて
多湖"
有島一郎”宣伝部長も大喜びだったでしょうにhappy01
もっとも多湖氏の思惑に反して、コングは笑ってませんけどcoldsweats01


Photo_9

森に出たからにはもちろん、いつもの気温写真もcamera
ゴジラとコング、立ち位置を変えての登場ですhappy01
キンゴジをモチーフとした出来の良いソフビは、今やたくさんありますが
’67年原型のコングと合わせるなら、このマルサン第一号ゴジラかなと。

いつもながらの復刻版ですが、やっぱり並べるとシックリきますねhappy01
もっとも私、ゴジラのソフビってあんまり持ってないものですから
お見せできる物も限られちゃうんですがcoldsweats01

今日もまさに秋晴れの一日で、湿度も低く快適でしたが
風がほとんど吹かなかった為に、体感気温は昨日より高く
ご覧の通り、午後3時半近くで28度。汗もしっかりかきました。
でも発汗量や体力の消耗率、歩く気持ちよさのバランスは
一年を通じてたぶん、今ごろがベストなんでしょうね。
まさに運動の秋。パシン錠を片手にもうひとガンバリですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月26日 (水)

来たのは彼だ

Photo

今日はまさに秋本番。一点の曇りもなく晴れ渡った空の下・・・

Photo_2

森の木陰からあたりを窺う、不気味な影の正体は!?

Photo_3

ちわーす南米出身の歩く植物、ケロケロケロニア。
日本では後藤の名前でおなじみですhappy01


Photo_4

全身がおんなじ色なので、うしろを向いても目がないだけで
前と区別がつきませんcoldsweats01


日本にひとりっきりで寂しいケロちゃんにも
どうやら気になる女性ができました。
今日は愛しの彼女を連れて、森へおデートですheart04


Photo_5

彼女の名はミロガンダ。源氏名はミロちゃん。
独身仲間のいこいの場、スナック”ピンクモンス”の売れっ子ホステスrouge
遠くオイリス島から、怪獣横丁へ出稼ぎに来ています。

群がるライバルを出し抜いて、夜の蝶ならぬ夜の花を
お仕事明けにようやく誘い出したケロちゃん。
朝の公園でお散歩という作戦ですsmile


Photo_6

同じ植物仲間どうし、思いを伝えるなら今しかないpunch
今朝の雰囲気なら絶好のチャンス!
ガンバレケロちゃん!毎日200アクセスの「ネヴュラ」読者がついているぞhappy02


Photo_7

意を決した告白も、百戦錬磨の夜の花には柳に風。
そこだもう一押し!純情青年に栄光あれっpunchpunchpunch


Photo_8

朝から月の話題に持っていく捨て身のストロベリートークに
さしものミロちゃんも郷愁タップリ、ちょっと乗りかげんのご様子lovely
いいぞケロちゃんその調子!
そんな二人のうしろから、ひそかに迫る青い影shock


Photo_9

ああ夜の女に歴史あり、そして人生には涙ありweep
ミロちゃん母子の事情について、これ以上の詮索は止しましょう。
あわれケロちゃん撃沈の一幕。
これからはお客の一人として、お店で笑顔の花を見つめる事を
涙ながらに決意したのでしたweep

それにしても罪な女ねミロガンダkissmark
そんなわけで今夜もスナック”ピンクモンス”では
リクエストに応えて唄う、ミロちゃん哀切のカラオケが
止まり木に集うお客の頬を、ほんのり赤く染め上げるのでしたkaraoke

フラッシュビームがとてもきれいねヨコチョウ 怪獣ヨコ~チョウ~
あな~たと ふた~り 幸せ~よぉ~



Photo_12

この秋一番の冷え込みと言われたものの
朝9時半近くの名古屋は、この通りの夏日。
でもさすがに湿度は低いので、ウォーキングも本当に気持ち良いですrun
公園の広場では、地域幼稚園合同の大運動会が開かれ
深まりゆく秋の一日を、思う存分楽しんでいました
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月25日 (火)

怪獣横丁新顔

前回のお話でおひろめしたベアモデル製・トータス号と同時に
4点セットで手に入った、格安特撮ソフビ。

これらのおひろめもホントなら一体ずつ、秋の太陽の下で
森をバックに遊びながらと考えていたのですが
所用でバタついていた上、今日の名古屋はお天気が今ひとつだったので
勿体ぶるほどのモノでもありませんし、まとめてお見せすることにしましたcoldsweats01


Photo

ごらんの通り、特に珍しくもないながら
ビミョーに店頭から姿を消した感もある円谷ライン・ユルソフビ4点。
開封済みの中古品ばかりでしたが、すべて程度は良く
当時物や復刻・新品や中古にこだわらない私としては
コレで送料込み2,880円なら文句なし、幸運に感謝したいほどですhappy01

前回ご紹介した前列のトータス号は除き

後列左から、ベアモデル製ウルトラマン怪獣・ケロニア
同じくベアモデル製ミラーマン怪獣・キンダー
マルサン製復刻・ジャイアントゴリラ。

いずれもスタンダードサイズですから、勢ぞろいさせるとけっこうなお買い得感happy01


ケロニアはもはや説明不要、一枚看板でグリーンモンスと双璧を成す

ウルトラマン登場植物怪獣の雄ですが
商品化は意外と少なく、ソフビもこの1998年リリース・ベアモデル製が初めて。

2001年には、M1号から背広タイプが出ましたが
私はやっぱりウルトラマンと並べて飾れる、この戦闘タイプが好きかなhappy01

コレは以前にお財布がピンチだった時、1,000円の安さで出品されていながら
それでも入札できないひもじさに泣いた、苦い経験があったので

今回の入手はまさにリベンジ成功、ケロケロケロニアと喜んでおりますhappy01



キンダーも、ミラーマン本放送時の’71年当時にはリリースされず
このベアモデル版が初の商品化だったようですが

当時のブルマァクっぽい雰囲気がレトロな味わいで、好きなテイストです。
私にとっては初めて入手したミラーマン怪獣だった上

登場エピソードの第16話「人形怪獣キンダーを追え!」は
本放送以来、不勉強ながら未見だったのでcoldsweats01

部屋のDVD棚をひっくり返し、久々に再見しました。
東條昭平監督の独特な映像感覚が光る、ミラーマン版「青い血の女」と

いったところですねhappy01

ゲストの博士役、潮 万太郎さんは’60年代の大映映画などでおなじみの
名バイプレイヤーですが
その恰幅の良さを活かし、どんな役でも器用にこなす芸達者な方ですね。
娘役の中山麻里さんも、子ども番組には似つかわしくないクールな容貌ながら
ミラーマンという作品のイメージには合っているように感じました。

ともあれ、エピソードの主役はインベーダーが変身した女の子の人形なので
そのクライマックスでバレたかぁ~と変身するキンダーについては
単にインベーダーの正体、格闘モードという印象をぬぐえず
その特異なフォルムを活かしきれているとは言いがたい印象もあったりしてcoldsweats01
でもミラーマンにスライサーH、シルバークロスの連続技を使わせるあたり
なかなかの強敵であった事は、キンダー氏の名誉の為に付け加えておきましょうhappy01



ジャイアントゴリラは’67年春発売・マルサンソフビの復刻版ということもあり
’60年代原型の雰囲気をそのまま残す、素晴らしい逸品です。

キングコングの版権云々は有名な裏話なので、ここでは控えますが
そんな顛末を除いても、このソフビには独特の魅力があって素敵happy02

このジャイアントゴリラ、マルサン独自の設定では
身長60メートル体重3万トンという事で、ゴジラより大きいんですねhappy01
アフリカのゴリラが放射能の影響で巨大化、時間旅行で欧州や日本に出現と
ありますが、時空間を自在に行き来できる能力でも持っているんでしょうかcoldsweats01
まさに生体タイムマシン!一人ロストワールド!
コリャ大伴昌司さんや中岡俊哉さんが放っときませんねhappy01


パッと見でもコレだけ楽しめる怪獣おもちゃが
一点720円なら安いものですhappy01
これでネヴュラ怪獣横丁にも、新しいユルユル仲間が増えました。
いずれ手持ちの怪獣たちと絡め、いつもの森で遊んでこようと企んでいますので
また呆れてやって下さい
smile

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月22日 (土)

朝から死神

お仕事や雑事に追われた、ここ二日ほどのバタバタ状態もようやく収束
久々にゆったりと、早朝のまどろみを楽しんでいた午前6時。

たまたま点けていたテレビから、ショッキングなBGMと共に映し出されたのは
青い波紋をバックに浮かび上がる、おなじみ「怪奇大作戦」のロゴ。
えーっCSのチャンネルNECOじゃ、こんな朝早くから「怪奇」やってるの?
承知で鑑賞する映像ソフトと違い、不意打ちみたいに流れるこのオープニングは
なかなかのインパクトですね。
寝ぼけ頭をシャキっとさせるにはもってこいと言うかeye
これで今朝のリビングは、平和なひとときから恐怖あふれる血染めの時間に
早変わりしたのでしたshock

暗く淀んだ海のファーストカットで、もう予測はついたんですが
今朝の不意打ちエピソードは第17話『幻の死神』でした。
あー比較的軽めのお話でまだ良かった。
これが実相寺監督作品や「光る通り魔」「青い血の女」「吸血地獄」なんかだったら
もう朝食トンカツ状態、胃がもたれちゃって大変ですよcoldsweats01
やっぱり朝には、朝にふさわしい作風というものがあります。
「殺人回路」あたりならまだ許せますが、「かまいたち」はキツいというかshock

でも今見れば、少々飛躍した犯罪アクションという趣の「幻の死神」も
子どもの頃に本放送で見た私には、なかなかのトラウマ作品で。
なにしろ初っ端から、海面から伸びた数本の腕が「おいでおいで」でしょ?
海上に忽然と浮かび上がった人影が、振り向くと骸骨でしょ?

年端もいかぬ子どもにとっては、ストーリーなんかもう関係なく
この映像だけで、充分に怖かったわけですよshock

まー言ってみれば、お化け屋敷的こけおどしなんですがcoldsweats01

これまで「ネヴュラ」でも何度かお話していますが
『怪奇大作戦』は本放送当時、本編の最後に
壁ぬけ男が階段の踊り場に沈んでいくカットなどを問題にした
「このカットはどんな特撮を使っているんでしょう?」的なクイズコーナーがあって
答えが分からなかった幼い私には、余計に怖かった記憶があります。

「ほほほんとにこの人、床にめり込んでるんぢゃないの?顔も凄いしshock
なんて父親にしがみつき、恐怖に震えていましたcoldsweats01

で、この『幻の死神』の「おいでおいで」「振り向けば骸骨」シーンも
その特撮クイズの問題になってまして。

キングアラジンの踊り場シーンが見抜けなかった子どもに
そんな問題が解けるはずもありません。
ですから当時の私にとってこの幽霊は事実。ドキュメント。あなたの知らない世界shock

加えて当時、子ども雑誌でよく特集されていた「コレが怪奇現象だ」なんて口絵で
「海で亡くなった人の亡霊が海面から腕を出し、船を海へ引きずり込む」
なんて記事を穴の空くほど読みあさり、思いっきり頭に残っているもんですから
その相乗効果で
「うわーこれがその亡霊なんだ。もう一生船には乗らないぞ私は」
なんて、固く誓ったものですhappy01
この「おいでおいで」と『悪魔くん』第4話「大海魔」海からひしゃくシーンは
私の二大「海の恐怖」トラウマです。

後年のスティーブン・スピルバーグ監督作品『JAWS』に於ける「海の怖さ」も
この二大トラウマに較べれば可愛いものでhappy01

そんな幼児体験から私は「巨大な手に摑まれる、引きずり込まれる」状態に
恐怖を植えつけられたみたいですね。
あ、そういう意味では『悪魔くん』第3話「ミイラの呪い」の開巻直後にも
根源的な恐怖感があって、まさに「体が締め付けられる思い」ですhappy01


お話を『幻の死神』に戻せば、冒頭の感想通り
その犯罪動機の割には、いささか怪奇現象に力を入れすぎの感もあり
コリャ密輸団のボスの趣味だったのかなーなんて、楽しい想像もできますが
happy01
新東宝映画好きの私には、なかなかそそられるエピソードでした。
早朝6時の不意打ちには、さすがに面くらいましたがcoldsweats01


Photo

タイムリーにも、おととい届いたばかりのオークション落札オタクグッズ
ベアモデル製ディフォルメソフビ・トータス号。ちゃんと牧さんも乗ってますhappy02
コレを含めた特撮ソフビ4個のセット出品で、落札価格と送料を合わせ2,880円。
一個平均720円という超特価でした。貧乏な私にも手が届く安心価格moneybag

たまーにこういう幸運にめぐり会えるから、オタクグッズ探索はやめられません。
怪奇大作戦ネタにあやかって「今日も買います」といったところでしょうかhappy01


ちょっとお休みした16日のウルトライベントネタ日記ですが
もう少し続けようと思っています。
今後の関連記事予定は私が古谷さん、二瓶さんに感じた雑感など。
例によって次回とは限りませんので、期待しないでお待ち下さいhappy01

いささか遅れましたが、イベント当日の様子は
運営スタッフや司会として活躍されたお仲間、怪獣殿下・たま様が
「古谷敏さん応援団&怪獣殿下・たまのブログ」にて
熱いリポート記事を書かれていますので、ソチラをご覧下さい。


http://ameblo.jp/btykj542/entry-11050338422.html

私などが書くよりも、はるかに思い入れと愛に溢れた
素晴らしいリポートです。
10月16日、名古屋はウルトラに燃えていたのですhappy02

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月19日 (水)

FSV入魂完了

Photo

昨日に続き、美しい朝焼けが雲を染め上げた秋の朝sun

Photo_2

深まりゆくセピアの季節を憂い、ひとり湖畔に佇む人妻は・・・

Ff_2

そうです深海の貴婦人こと、海底原人ラゴン。

その麗しい肢体を彩る流麗な筆使いの意味は
前回記事をご覧の方ならお察し頂けるでしょうhappy01


Photo_3

ご名答!
16日のイベントで、ラゴンのスーツアクター・古谷"ウルトラマン"敏さんから頂いた
直筆サインでございます。

今回はペンが太かったので、サインもご覧の力強さpunch
演じたご本人にしか書けない、自信タップリの一筆ですねlovely


S

ウルトラQで共演した万城目淳ちゃんも
サインでグッと女っぷりを上げたラゴン姐さんに、羨望のまなざしlovely

ラジオが奏でる最新ミュウジックをバックに
おデートにでもしゃれこみたい雰囲気ですnote
なんかトニー谷さんみたいな口調になってきましたがhappy01

さてそんなわけで。このラゴンさんにウルトラマン、ケムール人を加え
古谷さんが演じられたウルトラ三大スーツへのサインが揃いました。
名づけてFSV。フルヤ・スーツ・バリエーションhappy01


Photo_4

秋空の下揃いぶみした、サイン入りFSV。まさに入魂完了ですねhappy01
ウルトラマンだけお尻を向けているのは、ご愛嬌ですがcoldsweats01

古谷さんが名古屋へいらっしゃるごとに、一体ずつお書き頂きました。
ですから合計三回、古谷さん来名イベントに参加したことになります。
三体ともソフビが出てるんだから、各々にサインがあればなあなんて
漠然とは思っていましたが、まさかホントに揃っちゃうとはhappy02

コレも前回記事のキレキレテバルタン同様、良い記念ですねえ。

特撮キャストやスタッフのサインについては、私は昔から
基本的には怪獣ソフビ本体に頂くようにしているんですが
どーもイベント会場では、そういう方針のファンはあまり見かけない上
今回は新調したレディーススーツと、両手に抱えたラゴンやバルタンが
あまりにミスマッチだったので

自分の装いに関してなのか、ユルソフビを集めている部分になのか
怪獣のボディにサインをもらうという部分になのか
嗜好とこだわりの方向性を今ひとつ見失いがち
というていたらくでcoldsweats01
まー結論的には「いいや好きなんだもん」で納得できちゃうからいいんですけどhappy01


Photo_5

ラゴンにペンを走らせる古谷さんに
「コレで、古谷さんが演じられたヒーローと怪獣のソフビ全てにサインを頂けました。」
と声をおかけした時も
古谷さんは「そうかー。いつも来てくれてありがとう。」と喜ばれ
ご自分から握手を求めて下さいました。

厚みのある右手の温かさを感じるのも、もう三回目。
その力強いスペシウム効果は、私の右手にも確実に伝わっているようですhappy01


Photo_6

深まる秋とは言いながらここ数日、名古屋は夏日になるほどのポカポカ陽気で
朝9時半過ぎですでに、地表近くの気温はこの通り。
湿度の高さは意外でしたが、この数字ほど蒸す体感はありませんでした。
もしまた、古谷さんにお会いできる機会があったら
立ちポーズのウルトラマンに一筆頂こうと、ひそかに企んでいます。
もちろん今度は背中にではなく、前面にシッカリとpunch

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月18日 (火)

キレキレテ2011

Photo

今日も秋らしい平和な一日でした。気温も快適、湿度も快適。
そんな名古屋の片隅に!


Ff

とつじょ現れたのは、宇宙一有名な割には忍者を名乗るバルタン星人!
このお方はたしか、以前にご紹介したはずですが
よく見れば何かが違う!


Photo_2 

ややっ?おなかには怪しげな呪文のごとき「キレキレテ」の文字が!
ひょっとしてアレですか?例の宇宙語でしょうか?
とすれば、書き手はあのお方しかいませんっhappy02


Photo_3

と思って、陽気に挨拶するバルタンさんの後ろを見てみれば
案の定、背中で泣いてる唐獅子サインがっsmile


Photo_4

そうですコレこそ、おとといのトークショーで頂いた
二瓶"イデ隊員"正也さんのサイン!

前回お見せしたソノシート以外にも、ちゃっかりお願いしたのでしたhappy01
おなかに書かれたキレキレテも当然、ご本人の筆によるもの。
45年の時を越え、人類と宇宙生物の初コンタクトに用いられた
記念すべき言葉の一節が
それを口にしたイデ隊員ご自身によって、我がソフビに刻まれたのですっhappy02

なんか一人で盛り上がってますがcoldsweats01


Photo_5

おとといのイベントで、怪獣殿下・たまさんのお手製プロップ
「たマルス133」を構え、貫禄充分でご満悦のイデ隊員happy01

まーとにかくサービス精神旺盛な方で、ファンのあらゆるお願いに
全身全霊でお答え下さいました。

トークショーでは、バルタンがらみのお話もありまして。
「ウルトラマン」の最初の製作エピソードが
第2話「侵略者を撃て」であったことは有名ですが
二瓶さんがイデ隊員として初めて撮影されたカットは
ラストでベッドから落ち目の回りに黒アザを作る、あのカットだったそうです。

で、次はその直前の、ベッドで寝ているシーンだったとか。
「撮り順が、ドラマの流れと逆だったんだよねえ」なんて
ご本人は爆笑されていましたが、面白いお話ですねえhappy01

現場経験者の立場で考えると、別に順撮りにこだわる必要はないにせよ
目にアザというカットなら当然、アザのメイクが必要で
一秒でも時間の惜しい撮影スケジュールの中での撮り順なら
本来「アザなしのカット」を先に撮影し、その後でアザをメイクして
「アザ有りのカット」をまとめて撮るのがセオリーなんですが
わざわざアザ有りを先に撮り、アザを拭き取って再撮影という手順だったとは。

この時期のフィルム撮影なら、今より感度も低いでしょうから
演者は発色を良くする為、顔には下地にドーランを塗っていたはずで
ドーラン上の描き拭きは、予想以上に大変だったと思います。
女性ならお分かりと思いますが、メイク担当者にすれば
「アザを描いた後に拭き取る」よりも「アザを描き足す」方が
時間も手間もはるかに楽な
わけですから。
その手間を押してまでアザ有りを先に撮っていたとは、意外ですね。

あそこはカットの前後で、カメラ位置や照明が変わっていますから
それらのセッティング都合を優先したのでしょう。
それとも、寝ているカットは照明を落としている為、バレないだろうと
アザメイクのままで臨んじゃったのかも?画面上ではちょっと判別できませんがcoldsweats01


そんな風に現場には、いろいろなご苦労があったんでしょうね。
そういう貴重な証言が演者の口から聞けただけでも、参加した価値がありましたhappy01


お話を「キレキレテ」サインの顛末に移しますと。
実は二瓶さんにはまずバルタンの背中にサインを頂き、その後、胸の五分割部分に
それぞれ一文字ずつ「キ・レ・キ・レ・テ」と書いて下さいとお願いしたのです。

二瓶さんは最初、その意味が分からなかったようで
周りを囲む参加者に「おっ宇宙語だ」とウケたところで、やっとご理解いただけ
「あーあ分かった。最初さー、バルタンはハサミ持ってるから
『切れ切れ』って書くのかと思っちゃったよ」と爆笑happy01

胸ではちょっと書きにくいからとおなかに書いてもらったら
今度は端っこに書きすぎてバランスが悪くなっちゃったので
「もう一回書いてあげるよ」と、合計二回の「キレキレテ」になりましたhappy01

いやーバルタンソフビにキレキレテなんて
こんなお願いをするおバカは、私くらいのものなのかなーcoldsweats01
個人的にはイデ隊員とくればもう
「ケロケロ・ケロニア」「つくし誰の子
スギナの子」
「くそー今度は暗やみの世界か」「先生がもう帰ってもいいって言ったんだー」
なんて、イカすゼリフのオンパレードだけどなーlovely

加えてキレキレテは、ウルトラマン本放送当時
幼い私が生まれて初めて覚えた「宇宙語」ですから、他のセリフとは別格で
happy01
二瓶さんにお会いできると決まった瞬間、迷わず決めてましたflair
いやもう、ものすご~く良い記念です。
だってイデ隊員から私だけへの「トモダーチ」って事でしょ。
それも二回も下さってhappy02happy02happy02

では最後にバルタンさんに、このサインの感想をお訊ねしましょう。


Photo_6

いやー発音に問題があるんでしょうか?
45年ぶりにダメ出しをくらったキレキレテに・・・


Photo_7

なーんてhappy01 撃沈のイデ隊員でしたhappy01
いやコレは冗談ながら、トークショーではこんなに表情豊かに
参加者の心を自在に操り、楽しませてくれた二瓶さん。
そのアクターぶりは本当に素晴らしく、まだまだ現役を思わせてくれました。

その様子は今後も、記事でお話しますが
これこそ、映画やテレビが娯楽の主役だった時代の空気ですよね。
久々に、良質な時間を過ごすことができました。
このバルタンは一生の宝として大切にさせて頂きますよ。イデ隊員lovely


さてさてこんなユルーい調子で、トークショー関連日記はまだまだ続きます。
今回に続き、次回のご紹介は古谷さん絡みのアレsmile
バルタン同様、手持ちの怪獣ソフビです。ちょっと予想してみて下さい。
古谷ファンの皆さんなら、もうお分かりですねhappy01


にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月17日 (月)

ウルトラグッズ第一号

Photo

昨日のウルトライベントの興奮もさめやらぬ中
古谷さんと二瓶さんに頂いたサインを、さっそく豪華に装丁してみましたhappy01

サインをお願いする時、ご両人に「額に入れて飾ります」と約束しちゃった上
かなり大きくて見栄えがするので、飾らなきゃもったいないheart04

コレは、昨日の写真でご両人に持って頂いた
1966年のコダマプレス発売ソノシート『ウルトラマン決死の対決!』。

(朝日ソノラマ製ではないので、正確にはソノシートとは言いませんがcoldsweats01
本放送当時に親から買ってもらった、言わば私のウルトラグッズ第一号です。
「ネヴュラ」でも折りに触れ、何度かご紹介していますね。


入手したのは忘れもしない、昭和41年(ここはあえて昭和表記で)の冬。
愛知県は春日井市のデパート「清水屋」。
春日井市役所から歩いて行ける距離で、地域の人々から親しまれたお店です。
現在は近所に移転し、その敷地にはヤマダ電機が建っていますが。
年末も近く、店頭ではレコードワゴンセールが開かれており
私は群がる同世代の子どもたちをかきわけ、ソノシートの山の中から
この一枚を選びましたhappy01


放送開始と同時に爆発的人気を博し、あらゆる関連グッズが街中に溢れかえった
第一期ウルトラブームの渦中に発売された、象徴的アイテムですね。
毎週放送されるウルトラマンの各エピソードを「新作」として初見、興奮し
熱狂の狭間でこういうモノも日常的に手に入れられたということが
リアルタイム派の証と言えるのかもしれませんhappy01

「ウルトラマンの歌」・「特捜隊の歌」の間にオリジナルドラマ(脚本/上原正三)

が挟まれる、当時のソノシートの定番スタイルですが
このアイテムは、本編絵物語の中央綴じしろ4ページが折りたたまれていて
取り外すと裏面に、石原豪人画伯の手による迫力画報が印刷されているという
ちょっと変わったタイプの、見開きポスター風装丁でした。


ところがこの「ページを取り外して開く」という説明がどこにも記されていなかった為
子どもの頃は、絵物語ページの裏にチラチラ覗く赤い印刷面が気になるものの

物は大事に扱えとしつけられていた為、綴じしろを外す行為に抵抗感があり
この大画報を見る為には、ずいぶん気合が入ったものでしたcoldsweats01
四つ折りにされたページが開かれ、このリアル画が現れた時の感動は
45年の時を超え、今も鮮明に覚えていますhappy02


この画報、サイズはタテ37.5cm・ヨコ38cm。
絵物語ページを前後左右に開くわけですから、けっこうな大きさですね。
下に開いたソノシート本誌を加え、A2サイズのポスターフレームに
ピッタリ収まるサイズですが
石原画の持つ異様なほどの写実力は、そのサイズ以上にインパクト大で
幼児だった私は初見の瞬間、カカカッコイイと感涙の嵐happy02

マイ・フェイバリットウルトラマン怪獣がネロンガと決まった理由の何割かは
このイラストにあると言っても良いでしょうhappy01
加えて私の持つウルトラマンの印象も、このイラストに描かれた
「リアルAタイプスーツ」とも言えるイメージが、かなり影響しています。


ブラウン管や雑誌の口絵、さらにこういうソノシートなど
あらゆるメディアの総合印象でウルトラマンのイメージを決定づけていけたのも
本放送世代だけの感覚かもしれません。
私にとってウルトラマンのイメージは、1966年当時のメディア展開それぞれが
微妙に混ざり合ったもので、TV本編のみが「正解」ではないのでしょうねhappy01


思えば当時、ウルトラマンは誕生したばかりですから
見る者にとってこのキャラクターは、海のモノとも山のモノとも分からなかったわけで
受け手各自の中で、イメージが固まりきっていなかったわけです。
そんな中飛び込んできたのが、この石原Aタイプだったわけですね。
このイラストのインパクトが、私のウルトラマン像に影響したのでしょう。

ちなみにスペクトルマンで言えば、一峰大二さんの漫画がコレに当たりますがhappy01


ですからこの大画報は、私のウルトラ原体験の最たるもの。
この画報を傍らに、シスコウルトラマンチョコの包み紙を開いた記憶もあります。
そんな"ウルトラ心の故郷"のようなお宝ですから
ウルトラマンを演じたご本人と科特隊メンバーのサインが刻まれることは
まさに入魂の儀式、ダルマさんに目玉を入れるようなものでしたhappy01

45年後、まさかウルトラマンご本人にこれをお見せできるなんて
子どもの頃の私は、想像もしていませんでしたがhappy01

「コレ、私が初めて買ってもらったウルトラマングッズなんですよ」
サインを頂く時、こううちあけた私に感心してらっしゃった古谷さん。
ペンを走らせながら「ウヒヒヒ~」と嬉しそうだった二瓶さん。
3ショット写真をお願いした時も、お二人はこのお宝を大切にお持ち下さり
素晴らしい笑顔を下さいました。

45年間も、穴の空くほど見慣れたイラストも
こんな風に額装されると、何だか輝きが違って見えますねlovely
石原イラストの迫力はもちろんですが
中央に大きく書かれた、古谷さんと二瓶さんのサインが
この一枚に、特別の存在感を与えてくれていますhappy02


昨日のイベントの様子は、他の参加者の皆さんが
続々と素晴らしい記事を書かれていますから
進行の詳細はむしろ、それらをご覧頂いた方が分かりやすいと思います。
ですから細かい内容はそちらにお任せして、私は今回のように気ままに
ウルトラの思い出や思い入れを加えながら
折りに触れ、小出しに語っていこうと思っています。


まー考えてみれば、レビューやレポートとしてまとめて書く必要もありませんし
概略程度は書く必要性もあるでしょうが
イベントの時系列を追い、内容を網羅する作業に全力を傾けることは
記憶力の無い私にはいささか荷が重い上
クローズアップしたい場面やセリフ、自分の琴線に触れた「想い」の部分が
記事の行間からポタポタとこぼれ落ちてしまいそうな感覚もあって
私のスタイルには合わないような気がするんですよ
coldsweats01
大事な体験は腰を据え、琥珀を磨くようにじっくり語りたいのです。
何より自分のブログですから、そんなやり方があってもいいかなと。
それが今の私の、素直な心境ですhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月16日 (日)

恐れ多くも3ショット

Photo

というわけで、長らく告知しておりました本日のウルトライベント

「天才科学者&名プランナー、大いにウルトラを語る!!!」ですが。

雨上がりの晴天の中、本日無事開催されましたhappy01
考えてみれば、同じウルトラマンの出演者とはいえ
片や顔出しの出演者、片やマスクで顔を覆ったスーツアクターですから
このお二人が並ぶなんて、本編上ではついに見られなかった
ファン垂涎、奇跡の2ショットであるわけで。

その衝撃は予想をはるかに超え、興奮のあまり私も
お二人の間に割り込んで、写真に納まらせていただきましたhappy02
撮影は本イベントスタッフ、司会に幹事にと奔走して下さった
お仲間の怪獣殿下・たま様camera
さすが見事なフレーミング、シャッターチャンス。
写るお二人の表情も見事ですlovely


でもなぜか壁の金城哲夫先生像は、私の悪ノリぶりが気に入らなかったのか
思わず傾き、目まで剥いてしまうほどご立腹の様子pout
それとも私の顔を見て、新怪獣の構想でも浮かんだのでしょうかweep

でもこれでとにかく私も、ウルトラの歴史の証人にhappy01
この日の為に、ウォーキングにターボをかけ体重を4㎏落としたおかげで
憧れの9号スーツで写真に映ることができました。
でもお二人を前に舞い上がってしまい、上半身を思いっきり前に出してしまった為
頭が異常に大きく見えちゃって、貴重な機会がただの恥さらしにweep

私の顔が、今や体重120㎏を誇る二瓶さんのお顔と
同じ大きさぢゃないですかshock
こーいう時こそ、撮影の瞬間にめいっぱいレンズから顔を遠ざける
「遠近法小顔マジック」を使うべきなのに、逆をやってるぢゃないの私weep


まーいーか。これも良い記念となりましたhappy01
今回は過去最大の参加者数で、小さな会議室が満杯になる程の大盛況ながら
お父さん世代からお子さんまで楽しめる、和気あいあいの空気は同じでした。
その様子はまた、「ネヴュラ」でもお話しますので
期待しないで気長にお待ち下さいhappy01
恐れ多くも奇跡の3ショットを目の前に、目尻が下がって仕方の無い
田舎のおバカがお送りしました
coldsweats01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

2011年10月10日 (月)

ではまた来週まで

えー前回に続きこの三連休も、16日に迫ったイベント前の最後の追い込みで
朝夕二回のウォーキングとレディースショップでのグッズ探しに
ひたすら明け暮れておりまして。

ですから皆さんにお話できるような特別な話題は、何もありませんcoldsweats01

唯一のトピックスは今日、例のホワイトスーツとバッグ、パンプスを合わせてみて
本番用のコーディネートに、ほぼ納得できたというくらいでしょうか。

残りの課題はちょっと寂しく感じた、胸元のワンポイントのみ。
たぶんこのアクセサリー探しは、イベント前日まで目一杯続くでしょうから
精神・体力共に、日記を書いている余裕は無いでしょう。

というわけで今週いっぱいは、予想以上にイベントへの集中度が高いので
(理由を聞かれても「勢い」としか答えようが無いですがsweat01
このリズムを崩さないよう、16日のイベント後まで
記事更新をお休み致します。


例によってイベント後(直後とは限りませんが)
当日の様子や古谷さん、二瓶さんのお話など、おいおいお話できると思います。

まー私ごときのお話ですので、いつものように期待しないでお待ち下さいcoldsweats01
またイベントに参加予定の方々には、
楽しい時間を共有できる事を、楽しみにしておりますhappy01

ウォーキングを始めた数年前から、私が欠かさず聴いているBGM。
歩くスピードにピッタリのテンポ、モチベーションが上がる勇壮なメロディー。
大島ミチル氏の手によるゴジラBGMの中で、最も好きなナンバーであると共に
勢いと期待に満ちたこの曲は、今の私の気分そのものですpunch

2011年10月 7日 (金)

ご近所サファリパーク

ここ数日、更新を怠っていたのは
10日後に本番が迫った例のウルトライベントを前にしての、最後の体型調整。
加えてここへ来て、やや平均気温が上がった陽気のせいもあって
ウォーキングの真剣度ががぜんアップ、本気モードに入っていた為でした。
ましてや電波時計や怪獣ソフビなど、荷物を抱えて歩く体力があったら
それを少しでもウォーキングの距離・時間に使いたいという真剣度punch

そりゃ憧れのウルトラマンご本人とイデ隊員にお会いできるんですから
顔のヒドさは仕方なくてもcrying せめて見た目には気を配りたいのが女心というものheart04


Photo

今朝6時24分の日の出。
ごらんの通り今日の朝日は、大気の影響かエッジが大変クッキリ出ていて
まさに太陽にほえろな気分sun

こんな朝日を拝んじゃったら、今日も飛び出さないわけにはいきませんっrun


Photo_2

で、いつもの公園へさっそうと向かった午前7時20分。
ジョギングや散歩で出会う、常連さんへの挨拶も忙しく歩いていると
歩道の真ん中に、ちょっと見慣れない影が。
なんだありゃ?


Photo

よくよく見れば、たぬきさんぢゃありませんかhappy02
5年以上の早朝ウォーキング歴中、これまで二、三度見かけたことはありましたが
ホントに気が小さくて、人間が近づくとすぐ逃げちゃうので
ずっと撮影の機会に恵まれなかった、珍しい森の住民です。
でも今朝は、歩道の真ん中に堂々と。
何か心境の変化でもあったのでしょうか?

2メートルまでの接近に加え、撮影まで許してくれた末に
あっという間に走り去っちゃいました。

いやーラッキーhappy02
来週末の名古屋まつりに合わせ、この森で動物主催の秋まつりでもあるのかな?
その準備で現れたとしたら、ちょっと邪魔しちゃいましたね
sweat01

Photo_4

ついでに寄ったいつもの池でも・・・

Photo_5 

この季節にたまに見かける、サギさんの姿が。
池のメンバーで白いいでたちは、「ネヴュラ」常連の白鳥さん一羽なので
その他に白い影が現れると、やっぱり目立ちます。
さっきのたぬき氏といい、こうした新顔メンバーの登場でも
季節の移り変わりは感じられるんですねmaple



Photo_6

今日は時間があったので気合を入れて、夕方にウォーキング第二回戦run
絵ヅラが朝日とソックリですが、コレはホントに夕方撮ったんですよcoldsweats01

朝日と同じく、実にエッジが効いていて
看板や電線がなければ、さながら必殺シリーズの主題歌バックsun
森の動物たちも、夕方ではさすがに姿を消しているかと思ったら・・・


Photo_7

駐車場に停まる一台の車の下に、なにやら小さな影が。

Photo_8 

早くもお休みのニャーちゃんcat
この子はよく見かけますが、なんと座布団の上で寝るというVIP待遇eye
雨風をしのぐ車のひさしに布団のサービス。コリャ三ツ星ホテルですねhappy01

牧草を布団にしているわが家のファーより、はるかにゼイタクぢゃないですかhappy02

朝夕二回のウォーキングで、さすがに私も疲れてきちゃったsad
明日からは三連休。10日後はいよいよイベント本番ですから
風邪などひかないよう、体力も温存しておきましょう。
おやすみニャーちゃん。明日のウォーキングでまた会おうねhappy01

2011年10月 4日 (火)

ジャガーMIYUKI

Photo

以前入手したホワイトスーツに合わせ、周辺アイテムもいろいろ探しておりますが
今回めぐり会えたのは、写真左のパンプスに続き
豹柄デザインが強烈な個性を放つ、ご覧のバッグ!

バッグ選びにここまで苦労したことは、正直これまでありませんでした。
件のスーツはフォーマルとナイトシーン、両ユースの中間的デザインなので
パンプスもプレーンタイプより、光り物をワンポイント加えたタイプを選んだのですが
バッグはそれ以上に難関でshock

ご覧の通り今回のスーツは
全体が白ながら、細い縦ストライプとジャケット衿の黒がデザインを引き締め
セクシーな中にも、ほのかなフォーマル感を演出しています。

Photo

ですからバッグも上品さを失わないよう、大きすぎず小さすぎず
形もシンプルなものが良いでしょう。

さらにバッグは手元にある為、全身上の位置関係は
上半身の衿・足元のパンプスの中間。
全身を上から追うと、白いベースの中、髪・衿元・バッグ・靴の順に
差し色として機能するわけです。

さらに出てくるのが、靴とバッグは色を合わせるという昔ながらのセオリー。

そう言われて素直に、真っ黒なスクエアバッグなんぞを持って来ようものなら

冒険度ゼロ、ただの無難なコーディネートに終わってしまいます。
ですからここはこの写真のように、選ぶ色合いに「外し」が欲しい。
ボーイッシュ&ガーリー、ハード&フェミニンなど、異質なテイストを合わせることで
組み合わせに面白み、遊び心を持たせるファッションテクですね。
ボトムスがフレアースカートなら、ジャケットはライダースで「外す」とか。
私なんぞが今さら語る必要もない、コーディネートの常識です。
今回の場合は言ってみれば、フォーマル&セクシーといった所でしょうかhappy01
この「セクシー」を「外し」でどう演出するか。頭の痛いところですsweat01

なんかブランドショップのプレスリリースみたいですがcoldsweats01

ところがこの「外し」というのが難しい。外すのはどこまでが許容範囲か?
定番すぎれば面白みに欠ける一方、外しすぎたら目も当てられませんweep
そのOKラインの見極めに、アイテム選びのセンスが試されるわけです。
そんなセンスとはまったく無縁の私ですから、見極めに悩むの何のshock
統一感という意味で、黒という色はバッグにも残したい。
でもそれとは別に、何か目を引くポイントは欲しい。
季節感を取り入れて暖色系、素材もボアやファーテイスト。フェイクでもいいから。
もちろんバッグとしての最低限の機能、収納性は譲れない。

よし方向性は決まったpunch

ところが全ての要求を満たす一個が、絶望的に見つからないcrying
ネットショップは数え切れないほど検索、お店も近所から名古屋中心部まで
10軒近くは回ったでしょうか

おもちゃや怪獣ソフビと違い、ファッションアイテムは
よほどのヒット商品でない限り
言わば「きわめて発売情報が入手しにくい、超限定発売のガレージキット」
みたいな存在なのでcoldsweats01
お店ごとに品揃えはまったく異なり、希望の品にめぐり会えるかどうかは
運次第というほど、探すのは至難の技なのです。


コレも違うコレもイマイチと、手当たり次第に購入と返品を繰り返す日々に
いい加減疲れ果て
きっと私の望むバッグなど、世の中には存在しないんだろうなあと
諦めかけていた今日のことです。

サイズ的にちょっと納得行かないながら、店頭見本に傷があった為
完品入荷を待っていたバッグが入ったとの電話が入り
気乗りしないながら出かけたお店で。
「うーん今まで見た中では一番理想に近いけど・・・」
この「・・・」を残しながら、売れちゃうのも怖いしと一応購入。
帰りがてら何気なく覗いた店内の片隅、視線の端に映ったソレこそ!

すっかりお話が長くなっちゃいましたがcoldsweats01
その苦労の賜物が、写真のバッグです。
スクエアなシルエット、ベストなサイズ、黒地とアニマル地の面積比から
ショルダーベルトのチェーンまで
まさしく思い描いていた、理想のオータムバッグ!

豹柄というのが唯一の予想外でしたが、これこそ懸案事項の「外し」と考えれば
大した問題ではありません。
決して、スーツのモデルさんが持つバッグに合わせたわけじゃないんですよcoldsweats01
中仕切りの位置も若干の対策が必要ながら、これまでの苦労を考えたら
余裕でクリアできるでしょう。

このバッグ、ベース色が黒・ブラウン・キャメルの3タイプありましたが
コーディネート上、何が何でも黒が欲しかったので
黒をつかむが早いかレジへ直行、すすすいませんと平謝りしながら
さっき買ったばかりで包装したての「イマイチバッグ」との
交換を申し出たのでした。

ああ恥ずかしい。お店に迷惑かけまくりcoldsweats01

聞けばこの豹柄バッグ、今日入荷でさっき店頭に出したばっかりとの事。
そりゃそうですよねー初めて見たもん。まだ全色揃ってるし。

たぶん一番人気の黒が手に入っただけでも、ラッキーだったなー私happy02
スタッフのセールストークと疑うなかれ。ここは素直に信じておきましょうhappy01

探し始めてかれこれ三週間あまり。いやーめでたいhappy02happy02happy02
このバッグが正解とはとても思えませんが、私としては精一杯ですsweat01
人生初のアニマルアイテム。ジャガーMIYUKIと呼んで下さいwink

ファッションセンス皆無ゆえ、アイテム選びには毎度苦労するものの
これも女子の楽しみですねーhappy01

残る課題は、首元のワンポイントとなるアクセサリーくらいかな。
ウルトライベントに合わせ、流星マークデザインのネックレスなんかあったら
ベストなんですが、それこそ無い物ねだりの最たるものでしょうね。
逆に、あったら怖いと言うか
coldsweats01

2011年10月 3日 (月)

さすが!バルタン忍法

いよいよ10月。
現在、
ブログにトップ表示されているウルトライベントの開催月となりました。
というわけで今日は、もうすぐお会いできる二瓶正也氏演じたイデ隊員が
人類初の宇宙語交信に成功した相手にして
ウルトラマン最大のライバル、バルタン星人先生にご登場頂きましたrun


Photo

8月にネットオークションで入手した
ブルマァク復刻版、スタンダードサイズのこのソフビ。
超メジャーキャラクターゆえ流通数も多く、比較的入手しやすいアイテムながら
どうも私とはめぐり合わせが悪く、今回やっと手に入って嬉しい限りhappy01
ダークブルーの渋い色合いも、劇中の雰囲気っぽくてなかなか好みですheart04



Photo_2

秋も深まる中、未だ緑眩しい森の草陰で、不気味に輝く赤い眼の正体は・・・

Photo_3

恐怖の宇宙忍者・バルタン星人!
突然の登場に、公園で元気に遊ぶ子ども達も逃げ惑うばかりhappy01

でもコレ、ブルマァク復刻ながら
元々はウルトラマン本放送当時の、マルサン原型
ですよね?
マルサン・ブルマァクのソフビにはいつも思いますが
40年以上も前のおもちゃにしては、よく出来てますねーホントに
happy02

まー元のデザインが個性の塊ゆえ、特徴もつかみ易かったんでしょうが
どこから見てもバルタンというこの造形、さらに可動の為のパーツ分割は
当時にしてまさに正解としか言いようがありません。

加えて、着ぐるみではボディと一体に見えるよう造形されていた頭部を
あえて独立した首と解釈したアレンジセンスと
それによって生じた首分割部分の間着処理は特筆ものhappy01
こういうソフビ化に際しての首可動は、ガラモンなどの先例がありますが
それをバルタンにやっちゃうところに、子どものおもちゃという商品特性を熟知した
マルサン原型師さんの職人魂を感じますねー。

今日もあちこち首を回して遊んでましたが、楽しいですもんねやっぱりhappy01


Photo_4

後ろから見ても可愛いですねえhappy01
大きな頭とコンパクトな胸、長い手と短い足の絶妙なバランスが
このソフビに嫌味を感じない、大きな理由なんでしょうね。

バルタン星人のおもちゃやフィギュアは、それこそ星の数ほど世にありますが
子どもが楽しく遊べるソフビという点で、コレを超えるモノは難しいでしょう。
まーリアルフィギュアに飽きちゃった私の、ひいき目かもしれませんがcoldsweats01

せっかくこんなかわいいソフビを持ち出してるんですから
遊ばないのはもったいない。
というわけで今回は、森のあちこちで
お得意の宇宙忍法を使ってもらいました
happy01


Photo_5

森の木に飛び移れば、一瞬にして幹や葉っぱと同化する
バルタン忍法・木遁の術だ!
秋風にそよぐ木の葉の影に惑わされ、バルタンと木の見分けがつかないぞ!
でもなんかハマってますねこのポーズ。
バックの木も、このソフビ専用
CMのセットみたいでhappy01

Photo_6

池でのんびりしていた白鳥にブフォッと念力をかければ
なんと自分を馬と思い込み、ヒヒ~ンといななきはじめたぞ。

これぞバルタン忍法・白鳥操り!

この忍法で、アラシ隊員も操られたのでしょうかっ!?
私も長いことこの池には通ってますが、白鳥のこんな動きは初めて見たので
ビックリしたあまり思わず、自分の影が映り込んじゃいましたcoldsweats01


Photo_7

忍法とはいえ、森の動物たちにいたずらは許さないぞっ!
というわけでシュワッチと、せいぎのかい人ウルトラマン登場punch


今回は、バンダイ製の科特隊基地を科学センターに見立て
有名な、本放送当時の雑誌用特写カットをマネしてみましたcamera

さすがM1号製ウルトラマン。マルサン原型のバルタンとは相性もバッチリhappy01
バックの青空があまりに綺麗なので、書き割り使用の屋内撮影と思われないよう
あえて、特写には無い森を入れこんであります。
どうぞご愛嬌とお許しをcoldsweats01



Photo_8

今日はご覧の通り、地表近くの気温は非常に高かったながら
湿度が27%と低く、カラリとした気持ちよい秋晴れで

いつもの公園も、たくさんの親子連れで賑わっていました。

秋日和とは、こういう陽気を言うんでしょうね。
でも、何とか心と秋の空なんて言葉通り
こういう晴れ間も、いつまで続くか分かりませんから
バルタンの撮影を今日行うことができて、ラッキーでしたhappy01

コレもひょっとして、バルタン忍法・秋晴れの術だったんでしょうか?
16日に二瓶さんにお会いした時、バルタンにそんな能力があるのか
お訊ねする度胸はありませんが
happy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »