2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 8月にお迎えした皆さん | トップページ | 初秋のガラボックリ »

2011年9月 4日 (日)

緑の兄弟

Photo

全国に被害をもたらしたノロノロ台風12号も、午後には日本海側へ抜け
ずっと荒れ模様だった名古屋の空も、曇は残るものの暴風雨は一段落。

さすがに今日は外出も控え、のん気にファーと遊んでいましたが
先月末に入手後、お気に入りのノスヒロガラモンが視界に入っちゃったせいで
我慢できずにこんな場面をセッティングhappy01


右のガラモンはM1号製のガラダマ付属版ですが、奇しくも今回入荷のノスヒロ版と
カラーリングがピッタリ同じで、さながら兄弟のようですねhappy01
着ぐるみや総天然色版の映像ソフトでは、ガラモンの体色は茶色っぽい赤ですが
今回入手の二体はたまたま緑色。
エメラルドの輝きを持つガラダマから生まれた、特別色とでもしておきましょうかhappy01

それにしても左のノスヒロ版、往年のマルサン電動歩行プラモのソフビ化だけあって
フォルム、ディテール共々、まさに個性のカタマリeye

右のガラダマ付属版も、往年のマルサンソフビの小型化らしき趣なので
こうして並べると’66年当時、マルサンがプラモとソフビで
立体化のコンセプトを明確に分けていたことが、よーく分かります。


プラモ、ソフビとも着ぐるみには全然似ていないんですがcoldsweats01
それがかえって、立体物としての個性となっている所が
現在に至るも、怪獣おもちゃファンの心を捉えて放さない理由なんでしょうね。

私も今回、このプラモ版ガラモンを手にしてみて
なぜコレが、時代を越えた人気を博しているのかがわかってきました。
唯一無二の、有無を言わせぬ味があるんですよね。このガラモンhappy02

この電動プラモがもし、劇中のガラモンと中途半端に似たフォルムだったら
今もこれほどの人気は続いていなかったでしょう。

それはもちろん、右のソフビ版にも言える事です。
その立体化コンセプトは意識的なものなのか、それとも原形師の個性なのか。
そんな造形の味が、マルサン怪獣おもちゃの奥深さなんでしょうね。
着ぐるみ再現フィギュアのリアリズムにやや食傷気味の私には
そんなユル怪獣独特の個性が、たまらない魅力として映るのでしたhappy01

マルサン電動版・ソフビ版ガラモンのえもいわれぬ迫力に
さすがのおてんばファーも、ちょっとおとなしめ。
仁王立ちする両雄を前にガラダマのごとくうずくまり、じっとしていますhappy01

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 8月にお迎えした皆さん | トップページ | 初秋のガラボックリ »

「怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

コメント

8月の酷暑以上に大暴走されましたね
こちらもご同様ですが買い物に一貫性ナシでありました
振り向けば・・・実写鉄人・ウルトラ怪獣・デビルマン・トイストーリー・フライディ・グレンダイザー
どれも格安でありましたが、暴走モードが止まりませんでした

ガラモンは劇中で複数登場しましたから、大人買いしちゃいたくなりますよね
少し前にノスヒロガラモンを1個放出しましたが、MIYUKIさんの10日分の食費で売れました
ウチには緑は1個しかありませんが赤いのは大中小まだ現存してます
赤の兄弟でまたこちらもそのうちUPしましょうかね

マルサンのプラモデルで似てないながら一番「らしさ」を持ってるのがガラモンですよね
本物を見た事ありますが、大きくて楽しいサイズでした
ソフビで良いから欲しいと願っていたら・・・
願いは叶いますよねえ~
カネゴンもまだ許せますが・・・
ゴメスになると泣けて来ますよ
今のところパゴスとレッドキング以外のソフビは手元にあるんですわ
バカに之繞がかかってますよ

珠恵様 いやーこの夏は豪快にやっちゃいましたcoldsweats01
相場よりちょっと安く出品されていると、後先考えずにロックオンの末
入札リミットギリギリで現れる伏兵相手に熱くなっちゃって
バトルの末に高額落札という、素人が陥りやすいおバカコースでお恥ずかしいcoldsweats01
珠恵さんの冷静な節度と鮮やかな引き際をもっと見習って、達人を目指しますhappy01

今回入手のノスヒロガラモンは二体セットでの出品だったので
ホントは一体でも良かったのですが、まあコレはあってもいいかなと。
未開封品は青なので、色違いで揃えるも良しというわけです。
憧れのノスヒロガラモンがやっと手に入りましたが
珠恵さんのガラモンコレクションにはまだまだかないませんねcoldsweats01
赤の兄弟のおひろめ、楽しみにしておりますhappy01

おっしゃる通り確かに、このガラモンは着ぐるみとは似てないのに
「らしさ」はあるんですよね。
特にサイドビューなんかを見ると、ガラモンの特徴をよく捉えていて
まさに造形のマジックとしか言いようがありませんhappy02
ノスヒロ版では珠恵さんとは逆に、パゴスは持っているんですが
わが家で現在、各メーカー品収集強化中のゴメスが無いんですよ。
以前、ゲイトウェイで手ごろな価格の品を見かけたのですが
残念ながら蓄光版だったのでスルーしましたsweat01
やっぱりゴメスは青じゃないとhappy01

レッドキングも出来の良さでは定評がありますから
一体は欲しいところですよねー。
まー先月の出費で今月は手も足も出ませんから、気長に出物を待つことにしますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104767/41501300

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の兄弟:

« 8月にお迎えした皆さん | トップページ | 初秋のガラボックリ »