2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ネヴュラ・プライベートライン

無料ブログはココログ

« 真紅の科特隊専用車 | トップページ | 早朝ジャスミン »

2011年7月10日 (日)

不死身の身体を持つ男

Photo

今日もしっかり晴れ上がり、真夏の太陽がジリジリ照り注いだ名古屋
こまで暑いと、昼間に重装備でウォーキングなんかしようものなら
たちまち熱中症に襲われること間違いなしなので
多少は涼しくなった夕方を狙い、出てみたのはいいのですが

やっぱりこの通り。5時半過ぎで33.7度。

しかも湿度が高く撮影も汗だくで、とても人様にはお見せできません
その苦労が写真に表れないのが、なんとも悲しいところですが

今日7月10日は、45年前の1966年に
かの『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』
が放送された日だそうで。

リアルタイム派の私ですが、この放送だけは見落としていて
後に映像ソフトで初見した時は、こんな番組があったのねえなんて
ひたすら驚いていました

『ウルトラマン!はたして正体は何者か?
宇宙人か?それともロボットかぁ~!?』


番組中のこんな口上通り、ウルトラマンはこの時点では
まだまだ未知の存在として紹介されていたんですね。
今や、携帯電話のCMにまで出演する国民的ヒーローも
ブラウン管に初登場した時は、こんな謎のキャラクターだった訳です

そんな45年前の出来事を記念して、今日のウォーキングには
渋谷公会堂に設置された怪獣製造実験室の
自称「世界一の怪獣使い」にせ円谷英二さんの出動要請に応え
科学特捜隊のハヤタ隊員をお連れしました。

ちょっとミニサイズのところが、なんともラブリー

『僕は不死身の身体を持ち、ピンチになればなるほどファイトが湧く男です。』

さっそうと隊員服を着こなした黒部進さんの、こんな自己紹介が
なんともカッコ良かったですねー

『まるで力道山の生まれ変わりみたいな、強い男!』
『スペシウム光線を吐くと、すべての怪獣はみんなイチコロでやられちゃう!』


うわーすごいなーウルトラマンっ
この番組を見た当時の子ども達は、ウルトラマンについてのこんな紹介に
胸を躍らせた事でしょう。

特撮カラーテレビ映画、ウルトラマン!
毎週、怪獣がブラウン管で大暴れする、ウルトラマン!
光の国のヒーローの伝説は、ここに始まったのですね

ちなみに、写真のバックで遊ぶ親子連れは、真夏のゲイラカイト遊びに夢中です。
風がほとんど無かったので、上がりも今ひとつのようでしたが

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

« 真紅の科特隊専用車 | トップページ | 早朝ジャスミン »

怪獣おもちゃ」カテゴリの記事

ウルトラマンクラシック」カテゴリの記事

コメント

つい最近までは来週がウルトラマンの誕生日だったのに・・・
前夜祭に誕生日がすりかわってしまいましたね
今日は各所でウルトラマン誕生イベントがありました
大阪八尾ではハヤタ登場でしたよ
行くつもりだったけど・・・部屋の片づけがあって行けなかった
苦労の甲斐あり、電気屋さんが作業出来る空間だけは確保しました

昨日のコルベアの話
コルベアのエンジンはリアにあります
フロントがトランクになってます
ジャイアントロボ最終回、小林稔持さん演じるテロマンが乗ってました
草間大作くんがトランクに隠れるんですが、フロントにあるトランクに隠れるなんて・・・冒険だなあって思いましたよ

珠恵様 7月10日がウルトラマンの日になっていたなんて
まったく知りませんでした
まー今はモノクロフィルムでしか見られない前夜祭までがメジャーなほど
ウルトラマンは有名キャラクターになったという事なんでしょうね
当時、前夜祭につめかけた子ども達は、動くウルトラマンを初めて見て
どう思ったのでしょうか。
私はリアルタイム派ながら、ウルトラマン初見は第一話だったので
竜ヶ森セットで戦うウルトラマンを巨大ヒーローと認識できましたが
前夜祭では当然ながら、ウルトラマンが科特隊員と同サイズなので
第一話を見て、ちょっと混乱したかもしれませんね

黒部進さんも、暑い中ご苦労様と思います。
生誕45周年の今年は、何かとお忙しいでしょうから
お体だけはお大事に過ごして頂きたいものです
珠恵さんも、この猛暑で部屋の片付けとは大変ですね
熱中症は室内でも発症するそうですから、くれぐれもお気をつけ下さい。

>フロントにあるトランクに隠れるなんて

確認してみれば・・・あっホントだ
トランクが半開きになった時なんて、どうなるかと思いましたが
意外にバレずに済んじゃうところが、当時らしいと言うか
ブルーメタリックにホワイトルーフのコルベアも、科特隊専用車とはまた違った趣で
なかなかイイですね。
小林稔持さんも人の良さが出ちゃって、とても悪役には見えませんし。
なんとものどかな、ジャイアントロボ世界です

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不死身の身体を持つ男:

« 真紅の科特隊専用車 | トップページ | 早朝ジャスミン »